杉本寿史

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/10 13:31
 
アバター
研究者氏名
杉本寿史
所属
金沢大学附属病院
部署
耳鼻咽喉科・頭頸部外科
職名
講師
学位
博士(医学)(金沢大学)
科研費研究者番号
20547179

論文

 
Nakamura K, Dias MS, Sasaki T, Sugimoto H, Hatano M, Ito M
Auris, nasus, larynx   45(5) 1103-1106   2018年10月   [査読有り]
Yoshizaki T, Kondo S, Endo K, Nakanishi Y, Aga M, Kobayashi E, Hirai N, Sugimoto H, Hatano M, Ueno T, Ishikawa K, Wakisaka N
Cancer science   109(2) 272-278   2018年2月   [査読有り]
Sugimoto H, Hatano M, Noda M, Hasegawa H, Yoshizaki T
European archives of oto-rhino-laryngology : official journal of the European Federation of Oto-Rhino-Laryngological Societies (EUFOS) : affiliated with the German Society for Oto-Rhino-Laryngology - Head and Neck Surgery   275(1) 323   2018年1月   [査読有り]
Seishima N, Kondo S, Wakae K, Wakisaka N, Kobayashi E, Kano M, Moriyama-Kita M, Nakanishi Y, Endo K, Imoto T, Ishikawa K, Sugimoto H, Hatano M, Ueno T, Koura M, Kitamura K, Muramatsu M, Yoshizaki T
Scientific reports   8(1) 918   2018年1月   [査読有り]
Hasegawa H, Hatano M, Sugimoto H, Ito M, Kawasaki H, Yoshizaki T
Auris, nasus, larynx   44(6) 690-699   2017年12月   [査読有り]

Misc

 
杉本 寿史, 吉崎 智一, 伊藤 真人
耳鼻咽喉科臨床   109(8) 532-533   2016年
脇坂 尚宏, 平井 信行, 阿河 光治, 中西 庸介, 杉本 寿史, 室野 重之, 吉崎 智一
耳鼻咽喉科臨床   109(12) 883-888   2016年
<p>Introduction: Individualized maximum repeatable dose (iMRD) is the maximum dose at which a drug can be repeated in an individual to maintain the toxicity grade at 1 or lower. In this phase I study, the starting dose to estimate the iMRD in week...
野田 昌生, 杉本 寿史, 波多野 都, 伊藤 真人, 吉崎 智一
耳鼻咽喉科臨床   109(6) 425-432   2016年
Among head and neck tumors, adenoid cystic carcinoma (ACC) of the external auditory canal (EAC) is very rare. However, this disease needs to be treated early and completely because of its characteristics, including its tendency to recur locally, i...
嘉藤 秀章, 波多野 都, 杉本 寿史, 中村 謙一, 島田 茉莉, 伊藤 真人
耳鼻咽喉科臨床   108(10) 755-761   2015年
Care must be taken to identify cochleovestibular malformations and facial nerve anomalies in the patients undergoing cochlear implantation (CI). Canal wall down mastoidectomy gives excellent visibility and access during surgery in difficult tempor...
波多野 都, 伊藤 真人, 杉本 寿史, 吉崎 智一
小児耳鼻咽喉科   36(1) 8-14   2015年
&nbsp;&nbsp;真珠腫性中耳炎に病変の進展範囲に応じて外耳道を拡げるように乳突削開した後(Retrograde mastoidectomy on demand),側頭筋膜片を用いた軟組織にて鼓膜・外耳道を再建する術式を当科では用いている。削開範囲は外耳道を拡大し鼓室の開放にとどまるものから外耳道後壁骨を削除するものまで真珠腫の進展範囲に応じ決定される。長期経過後の術後聴力,真珠腫再発率,最終的な外耳道形態,聴力改善不良例について検討をおこなった。過去の報告と比較し,本術式では聴力経...

講演・口頭発表等

 
石川県における「いしかわ赤ちゃんきこえの相談支援センター」の活動報告
杉本 寿史, 波多野 都
第13回日本小児耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会   2018年6月   
進行期聴器扁平上皮癌に対する放射線併用超選択的動注化学療法
杉本 寿史, 波多野 都, 野田 昌生, 吉崎 智一
第119回日本耳鼻咽喉科学会総会   2018年5月   
Combined microscopic/endoscopic-assisted approachを施行した錐体部真珠腫の2例
杉本 寿史, 波多野 都, 吉崎 智一
第27回日本耳科学会総会・学術講演会   2017年10月   
石川県における難聴児支援体制
杉本 寿史, 波多野 都
第12回日本小児耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会   2017年5月   
Endoscopy assisted surgery for petrous apex cholesteatoma
杉本寿史
2nd WORLD CONGRESS on ENDOSCOPIC EAR SURGERY   2017年