杉本達應

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/06 16:42
 
アバター
研究者氏名
杉本達應
 
スギモトタツオ
URL
http://lab.sugimototatsuo.com/
所属
佐賀大学
部署
芸術地域デザイン学部
職名
准教授
学位
修士(学際情報学)(東京大学)
Twitter ID
sugi2000

プロフィール

佐賀大学芸術地域デザイン学部准教授。

1975年熊本県生まれ。佐賀県在住。デジタルコンテンツ・デザイン、メディアアート、ワークショップデザイン、メディア研究などの複数領域を移りつつ活動。とくに非専門家のメディア表現を支援する活動に焦点をあてたシステム開発に取り組む。現在はデータ分析のための可視化の表現技術と文化に関心をもつ。第5回・第9回文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品。未踏ソフトウェア創造事業「天才プログラマー/スーパークリエータ」認定。共著書に『メディア技術史』(北樹出版)。共訳書に『Processing』『Generative Design』(ビー・エヌ・エヌ新社)。(274文字)

実践と研究をしています。情報デザイン。データビジュアライゼーション。ジェネラティブアート。ワークショップデザイン。メディアアート。メディア・リテラシー。メディア文化史。

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
佐賀大学 芸術地域デザイン学部 准教授
 
2018年4月
 - 
2018年9月
福岡女学院大学 人文学部 非常勤講師
 
2014年4月
 - 
2016年3月
札幌大谷大学 芸術学部 非常勤講師
 
2013年9月
 - 
2016年3月
東海大学 国際文化学部 非常勤講師
 
2013年4月
 - 
2016年3月
札幌市立大学 デザイン学部 講師
 
2010年4月
 - 
2016年3月
東京大学大学院 学際情報学府 博士課程
 
2008年4月
 - 
2017年3月
名古屋学芸大学 メディア造形学部 非常勤講師
 
2010年4月
 - 
2013年3月
福山大学 人間文化学部 メディア情報文化学科 講師
 
2011年4月
 - 
2012年3月
新潟大学 非常勤講師
 
2008年4月
 - 
2010年3月
東京大学大学院 学際情報学府 修士課程
 

研究分野

 
 

受賞

 
2017年10月
国土地理院 G空間EXPO 2017 Geoアクティビティコンテスト 部門賞 デザイン賞
 
2017年3月
LODチャレンジ2016 データビジュアライゼーション部門 最優秀賞
 
2001年
アジアデジタルアート大賞 インタラクティブ部門大賞
 
2001年
文化庁メディア芸術祭 審査委員会推薦作品
 

論文

 
杉本 達應
福山大学人間文化学部紀要   11 23-41   2011年3月
杉本 達應
名古屋学芸大学メディア造形学部研究紀要 = Nagoya University of Arts and Sciences, School of Media and Design research bulletin   1 106-113   2008年3月

書籍等出版物

 
Benedikt Gross, Hartmut Bohnacker, Julia Laub (担当:共訳)
ビー・エヌ・エヌ新社   2018年6月   ISBN:4802510977
飯田豊, 大久保遼, 木暮祐一, 柴野京子ほか, 杉本達應, 谷口文和, 溝尻真也, 和田敬 (担当:共著)
北樹出版   2017年4月   ISBN:4779305322
ベン・フライ, ケイシー・リース (担当:共訳)
ビー・エヌ・エヌ新社   2015年9月   ISBN:4861009502
Hartmut Bohnacker, Benedikt Gross, Julia Laub (担当:共訳)
ビー・エヌ・エヌ新社   2016年2月   ISBN:4802510136

講演・口頭発表等

 
DataMapp データ駆動型地図表現ツールの開発 [招待有り]
杉本達應
九州G空間フォーラム in 鹿児島   2017年11月9日   
ワークショップ活用のススメ [招待有り]
杉本達應
Workshoppers 2017: GCLグローバルデザインワークショップ第4回報告会   2017年2月28日   
杉本 達應
日本デザイン学会研究発表大会概要集   2016年   
本研究は、データ可視化の手法を手軽に比較検討できるWebアプリケーション(以下、Webアプリ)の開発を目的とする。  筆者は、データを出発点にビジュアルを生成しデザインすることを、既存のデザインツールによる視覚デザインと区別し、「データ駆動型デザイン(Data-driven Design)」と名づけ、その教育プログラムの構築と可視化のための視覚デザインやインタラクションデザインの指針の策定を目指している。その活動の一環として、本Webアプリを開発している。  開発するWebアプリは、データ...

担当経験のある科目

 
 

Works

 
稲川豊、杉本達應   芸術活動   2017年8月 - 2018年1月
《みんなでつくろう天の川》
杉本達應   芸術活動   2017年7月 - 2017年8月
《コロガル公園 in ネイチャー》 メディアディレクション
杉本達應   芸術活動   2014年7月 - 2014年9月
《bounce street──弾む街角》
みやばら美か+すぎもとたつお   芸術活動   2001年 - 2002年

競争的資金等の研究課題

 
情報を効果的に可視化する「データ駆動型デザイン」の教育プログラムの開発
科学研究費: 基盤研究(C)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 杉本達應
インタラクティブメディア表現
創造的ワークショップのためのシステム開発

学歴

 
2010年4月
 - 
2016年3月
東京大学大学院 学際情報学府 学際情報学専攻 博士課程
 
2008年4月
 - 
2010年3月
東京大学大学院 学際情報学府 学際情報学専攻 修士課程
 
2000年4月
 - 
2002年3月
岐阜県立 国際情報科学芸術アカデミー アートアンドメディア・ラボ科 インタラクティブメディア表現
 
1994年4月
 - 
1998年3月
佐賀大学 教育学部 総合文化過程 造形文化コース 環境造形専攻