角 康之

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/12 19:00
 
アバター
研究者氏名
角 康之
 
スミ ヤスユキ
URL
http://www.fun.ac.jp/~sumi/index-jp.html
所属
公立はこだて未来大学
部署
システム情報科学部
職名
教授
学位
博士(工学)(東京大学)
Twitter ID
y_sumi

プロフィール

情報学を専門とし、特に、知識や体験の共有を促すシステム、人のインタラクションの理解と支援にかかわるメディア技術に関する研究・教育に携わっています。

研究分野

 
 

経歴

 
2011年4月
 - 
現在
公立はこだて未来大学 システム情報科学部 教授
 
2003年4月
 - 
2011年3月
京都大学 情報学研究科 准教授
 
1995年4月
 - 
2003年3月
ATR(国際電気通信基礎技術研究所) 主任研究員
 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2010年 - 2013年    代表者: 角康之
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 角康之
聞き手の反応に着目した音声会話の解析と生成
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2010年 - 2014年    代表者: 河原達也
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 角康之
本研究は、オフィス、研究所、大学、博物館といった知識の創造・流通の場における、協調体験を介した知識の言語化と整理を支援するシステムの開発を目的とする。そこで、我々自身の研究室内での教員と学生、または学生同士の日常的な会話シーンをとらえ、本人もしくは興味を共有する他の研究室メンバーがそのシーンを振り返り、知識の言語化と整理を行えるシステムの研究開発を行っている。
(1) ミーティングキャプチャシステムの試作:4〜6人程度のメンバーが机を囲み、スライドをスクリーンに表示しながら行うような典型的...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(S))
研究期間: 2007年 - 2010年    代表者: 西田豊明
非言語コンポーネント,音声コンポーネント技術,言語コンポーネント技術,コーパスからの会話モデル合成,会話エージェント評価,システム化・標準モデル,協力研究機関でのGECA実証評価を行った.これにより次の成果を得た.(1)GECAを用いて,エージェントと会話している多人数ユーザの状態をセンスし,自然なコミュニケーション機能をもつ,気配りのできるといった印象をユーザに与えられるようにした.(2)人間どうしの自然な音声会話を収録して,あいづちや視線などのパラ言語・非言語情報に着目した分析を行い,...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2006年 - 2010年    代表者: 西田豊明
センサー・アクチュエータ技術によって拡張された物理的な生活空間において生じる人間・エージェント・環境の間の実世界インタラクションの理解と支援技術の研究開発を目的とし,3つの方向から研究開発を行う.
(1) 実世界インタラクションの計測と分析の研究.ユビキタスセンサ技術によって実世界インタラクションデータの自動獲得とタグづけを行い,インタラクションコーパスに収録することによって,実世界インタラクションの現象の分析と解明を行う.
(2) 実世界インタラクションの支援の研究.センサーや記録装置の...
互いの視点に「書き込む」ことによる体験共有支援システムの開発
(独)情報処理推進機構: 未踏ソフトウェア創造事業
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 角康之
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間: 2004年 - 2005年    代表者: 角康之
体験を共有した複数ユーザの視点で記録された映像・画像データを用いて、各ユーザの視点の相違を顕在化したり、また、各自の視点画像に注釈を加え合いながら、体験共有を通したコミュニケーションを支援したり、追体験の支援を行うシステムの試作を行った。
(1)漫画技法を用いた体験サマリを行うシステムの試作:同一イベントに参加した複数ユーザによる視点映像を利用し、各ユーザが主人公となる漫画形式の体験サマリを出力するシステムを試作した。システムは、注視対象認識データと発話データからハイライトシーンの抽出とそ...
状況に基づいたコミュニケーション支援システム
(財)みずほ学術振興財団: 工学研究助成金助成
研究期間: 2004年 - 2004年    代表者: 角康之
状況を共有するユーザ間のコミュニケーション支援を行うパーソナルエージェント
(財)栢森情報科学振興財団: 情報科学に対する研究助成
研究期間: 2003年 - 2003年    代表者: 角康之
超高速知能ネットワーク社会に向けた新しいインタラクション・メディアの研究開発
総務省通信情報研究機構: 民間基盤技術研究促進制度による受託研究
研究期間: 2002年 - 2006年    代表者: 萩田紀博

書籍等出版物

 
西田 豊明, 角 康之, 松村 真宏
オーム社   2009年6月   ISBN:4274207218
大澤 幸生, 松原 繁夫, 北村 泰彦, 角 康之, 西村 俊和, 山田 誠二
東京電機大学出版局   2002年7月   ISBN:4501534907

論文

 
Shota Kusajima,Yasuyuki Sumi
IEICE Transactions   101-D(4) 856-864   2018年   [査読有り]
Shota Kusajima,Takuya Takahashi,Yasuyuki Sumi
Proceedings of the 9th Augmented Human International Conference, AH 2018, Seoul, Republic of Korea, February 7-9, 2018   5:1-5:6   2018年   [査読有り]
Yasuyuki Sumi,Masaki Suwa,Koichi Hanaue
Proceedings of the 2018 CHI Conference on Human Factors in Computing Systems, CHI 2018, Montreal, QC, Canada, April 21-26, 2018   648   2018年   [査読有り]
Kai Toyama,Yasuyuki Sumi
Mobile Computing, Applications, and Services - 9th International Conference, MobiCASE 2018, Osaka, Japan, February 28 - March 2, 2018, Proceedings   40-55   2018年   [査読有り]
Array,Yasuyuki Sumi
Mobile Computing, Applications, and Services - 9th International Conference, MobiCASE 2018, Osaka, Japan, February 28 - March 2, 2018, Proceedings   277-281   2018年   [査読有り]
Kohei Matsumura,Yasuyuki Sumi,Takumi Gompei
JIP   25 352-360   2017年   [査読有り]
Kohei Matsumura,Yasuyuki Sumi,Mitsuki Sugiya
JIP   25 361-365   2017年   [査読有り]
Yuichi Watanabe,Kengo Terasawa,Yasuyuki Sumi
1st International Workshop on Human-Document Interaction, 14th IAPR International Conference on Document Analysis and Recognition, HDI@ICDAR 2017, Kyoto, Japan, November 9-15, 2017   15-19   2017年   [査読有り]
Yasuyuki Sumi
Proceedings of the 19th International Conference on Information Integration and Web-based Applications & Services, iiWAS 2017, Salzburg, Austria, December 4-6, 2017   76-84   2017年   [査読有り]
友広 歩李, 角 康之
情報処理学会論文誌デジタルコンテンツ(DCON)   4(2) 1-10   2016年8月
スケッチは観察により得た情報の記録,共有,そしてアイディアの発想のために様々な場面で行われている表現手法の1つである.しかし,刻一刻と変化する状況を記録するためには素早く簡素に描きとめたり,対象の立体的な構造を2次元の平面で表現する必要があり,絵を描きなれていない人には困難をともなう.本論文ではタブレットPCと深度情報付きカメラを用い,空間構造の理解やデザインを促すスケッチシステムを提案する.システムのねらいは,2次元の手描きスケッチでは表現しにくいものの立体構造に対する気付きを得やすくす...
Yasuyuki Sumi
JIP   24(6) 834   2016年   [査読有り]
Ayuri Tomohiro,Yasuyuki Sumi
Proceedings of the 29th Annual Symposium on User Interface Software and Technology, UIST 2016 Adjunct Volume, Tokyo, Japan, October 16 - 19, 2016   143-144   2016年   [査読有り]
松村 耕平, 角 康之
情報処理学会論文誌   56(4) 1258-1268   2015年4月
本研究は,自動車に乗って移動する際の車内会話を記録・提示することで,人と街の間に埋め込まれたタイムリーな知識を流通させることを目的とする.自動車に乗り合わせた人同士は,走行中の場所やその近辺について様々な会話をする.そのような会話は,その場限りの一過性のものではあるが,人がその時・その場にいることによって生起されることが多く,その場所や季節,時間帯と強く結び付いたタイムリーな情報が含まれる.これらは運転者に有用な気づきをもたらすだけでなく,街に関する知識ベースの構築を助け,街に関するニーズ...
Array,Tadashi Sakamoto,Haruo Noma,Yasuyuki Sumi
Adjunct Proceedings of the 7th International Conference on Automotive User Interfaces and Interactive Vehicular Applications, AutomotiveUI 2015, Nottingham, United Kingdom, September 1-3, 2015   26-31   2015年   [査読有り]
Ayuri Tomohiro,Yasuyuki Sumi
Proceedings of the 2015 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing and Proceedings of the 2015 ACM International Symposium on Wearable Computers, UbiComp/ISWC Adjunct 2015, Osaka, Japan, September 7-11, 2015   397-400   2015年   [査読有り]
Array,Yasuyuki Sumi
2015 IEEE 12th Intl Conf on Ubiquitous Intelligence and Computing and 2015 IEEE 12th Intl Conf on Autonomic and Trusted Computing and 2015 IEEE 15th Intl Conf on Scalable Computing and Communications and Its Associated Workshops (UIC-ATC-ScalCom), Beijing   352-355   2015年   [査読有り]
角 康之, 名生 圭佑, 松村 耕平
情報処理学会論文誌デジタルコンテンツ(DCON)   2(2) 1-9   2014年8月
本稿では,2次元の絵画作品をコンピュータグラフィクスによって3次元アニメーション化する試みを紹介する.対象とする絵画作品として浮世絵,具体的には歌川国芳の「みかけハこハゐがとんだいゝ人だ」を題材にする.この作品は,一見すると1人の男性を描いたように見えるが,よく見ると10数名の男性が寄り集まって大きな大人物を表現しているだまし絵になっている.本研究では,この作品を複数人物の登場する3次元CGアニメーションにする.そうすることで,特定の視点から描かれた浮世絵作品を異なる視点から見てみたり,作...
Array,Yasuyuki Sumi
5th Augmented Human International Conference, AH '14, Kobe, Japan, March 7-9, 2014   17:1-17:4   2014年   [査読有り]
Array,Yasuyuki Sumi
Proceedings of the 6th International Conference on Automotive User Interfaces and Interactive Vehicular Applications, Seattle, WA, USA, September 17 - 19, 2014   34:1-34:8   2014年   [査読有り]
Kohei Matsumura,Takumi Gompei,Yasuyuki Sumi
The 23rd IEEE International Symposium on Robot and Human Interactive Communication, IEEE RO-MAN 2014, Edinburgh, UK, August 25-29, 2014   300-305   2014年   [査読有り]
Array,Yasuyuki Sumi
IEEE Symposium on 3D User Interfaces, 3DUI 2013, Orlando, FL, USA, March 16-17, 2013   159-160   2013年   [査読有り]
Hayato Yokoi,Array,Yasuyuki Sumi
Active Media Technology - 9th International Conference, AMT 2013, Maebashi, Japan, October 29-31, 2013, Proceedings   37-45   2013年   [査読有り]
Kohei Matsumura,Yasuyuki Sumi
2013 ACM SIGCHI Conference on Human Factors in Computing Systems, CHI '13, Paris, France, April 27 - May 2, 2013, Extended Abstracts   1365-1370   2013年   [査読有り]
Shogo Okada,Mayumi Bono,Katsuya Takanashi,Yasuyuki Sumi,Katsumi Nitta
2013 International Conference on Multimodal Interaction, ICMI '13, Sydney, NSW, Australia, December 9-13, 2013   303-310   2013年   [査読有り]
Yong Xu,Yoshimasa Ohmoto,Shogo Okada,Kazuhiro Ueda,Takanori Komatsu,Takeshi Okadome,Koji Kamei,Yasuyuki Sumi,Toyoaki Nishida
Appl. Intell.   36(1) 208-228   2012年   [査読有り]
Array,Yasuyuki Sumi
11th International Conference on Mobile and Ubiquitous Multimedia, MUM '12, Ulm, Germany, December 4-6, 2012   46   2012年   [査読有り]
岡田 将吾, 坊農 真弓, 角 康之, 高梨 克也
社会言語科学   15(1) 38-56   2012年
本研究ではハンドジェスチャの量的な分析を支援するために,データマイニングのアプローチを紹介する.データマイニングの手順として,最初に手の動きをモーションキャプチャでセンシングし,時系列データとして抽出する.次に,時系列データから動作部分・無動作部分を自動分類し,ジェスチャパターンの候補となる頻出する系列パターンを発見・抽出する.データマイニングシステムの有用性を示すために,これを用いた分析事例を紹介する.分析対象には,二人が説明者,一人が聞き手という設定で行うアニメーション説明タスクにおけ...
Toshiya Nakakura,Yasuyuki Sumi,Toyoaki Nishida
IEICE Transactions   94-D(6) 1164-1172   2011年   [査読有り]
Yong Xu,Yoshimasa Ohmoto,Kazuhiro Ueda,Takanori Komatsu,Takeshi Okadome,Koji Kamei,Shogo Okada,Yasuyuki Sumi,Toyoaki Nishida
J. Intell. Inf. Syst.   37(1) 23-38   2011年   [査読有り]
Nobuo Kawaguchi,Nobuhiro Ogawa,Yohei Iwasaki,Katsuhiko Kaji,Array,Kazuya Murao,Sozo Inoue,Yoshihiro Kawahara,Yasuyuki Sumi,Nobuhiko Nishio
Proceedings of the 2nd Augmented Human International Conference, AH 2011, Tokyo, Japan, March 13, 2011   27   2011年   [査読有り]
Nobuo Kawaguchi,Ying Yang,Tianhui Yang,Nobuhiro Ogawa,Yohei Iwasaki,Katsuhiko Kaji,Array,Kazuya Murao,Sozo Inoue,Yoshihiro Kawahara,Yasuyuki Sumi,Nobuhiko Nishio
UbiComp 2011: Ubiquitous Computing, 13th International Conference, UbiComp 2011, Beijing, China, September 17-21, 2011, Proceedings   571-572   2011年   [査読有り]
Yasuyuki Sumi,Masaharu Yano,Toyoaki Nishida
Proceedings of the 12th International Conference on Multimodal Interfaces / 7. International Workshop on Machine Learning for Multimodal Interaction, ICMI-MLMI 2010, Beijing, China, November 8-12, 2010   44:1-44:4   2010年   [査読有り]
Yong Xu,Kazuhiro Ueda,Takanori Komatsu,Takeshi Okadome,Takashi Hattori,Yasuyuki Sumi,Toyoaki Nishida
AI Soc.   23(2) 201-212   2009年   [査読有り]
Yong Xu,Yoshimasa Ohmoto,Kazuhiro Ueda,Takanori Komatsu,Takeshi Okadome,Koji Kamei,Shogo Okada,Yasuyuki Sumi,Toyoaki Nishida
Active Media Technology, 5th International Conference, AMT 2009, Beijing, China, October 22-24, 2009. Proceedings   19-30   2009年   [査読有り]
Yong Xu,Yoshimasa Ohmoto,Kazuhiro Ueda,Takanori Komatsu,Takeshi Okadome,Koji Kamei,Shogo Okada,Yasuyuki Sumi,Toyoaki Nishida
Next-Generation Applied Intelligence, 22nd International Conference on Industrial, Engineering and Other Applications of Applied Intelligent Systems, IEA/AIE 2009, Tainan, Taiwan, June 24-27, 2009. Proceedings   576-585   2009年   [査読有り]
Toshiya Nakakura,Yasuyuki Sumi,Toyoaki Nishida
Proceedings of the 10th Workshop on Mobile Computing Systems and Applications, HotMobile 2009, Santa Cruz, California, USA, February 23-24, 2009      2009年   [査読有り]
伊藤禎宣, 岩澤昭一郎, 土川仁, 篠沢一彦, 角康之, 間瀬健二, 鳥山朋二, 小暮潔, 萩田紀博
情報処理学会論文誌   49(1) 83-95   2008年1月
ユビキタスコンピューティング研究に関わる実験環境構築のキーデバイスとしてIrIDシステムを実装,運用した.IrIDは実世界環境での対象物の特定と位置取得のための装置である.実験環境で人やモノに設置,装着して運用することを想定し,小型化や隠蔽化,運用負荷軽減を目的に機能設計と実装を行った.実際に,人々に装着して実世界環境の体験を記録するプロジェクトや,公共空間でロボットによる対象物位置取得のために用いるなどの運用がなされた.本論文では,実装したIrIDシステムの機能的特長や実装上の工夫,実際...
岡田 昌也, 鳥山 朋二, 多田 昌裕, 角 康之, 間瀬 健二, 小暮 潔, 萩田 紀博
電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム   91(1) 65-77   2008年1月
実世界での学習(例えば環境学習)における体験の効果を高めるためには,事後にその体験を振り返り,内省を行うことが大切である.本研究は,(1)実世界の学習者の体験情報(視界・発話・移動・体軸方向情報)を身体装着型センサで記録,(2)重要体験の抽出のために人の特徴的移動行動を観察,(3)重要体験を時空間的に再現し新たな事後学習を支援,する手法を提案する.提案手法を導入した環境学習プログラムの実践では,重要体験の高精度な抽出とその仮想的再現に成功した.そして,学習者が体験やその状況を想起しながら実...
Yasuyuki Sumi,Jun Ito,Toyoaki Nishida
Extended Abstracts Proceedings of the 2008 Conference on Human Factors in Computing Systems, CHI 2008, Florence, Italy, April 5-10, 2008   3237-3242   2008年   [査読有り]
久保田秀和, 齊藤憲, 角康之, 西田豊明
情報処理学会論文誌   48(12) 3703-3714   2007年12月
本論文は,個人の価値観に沿った形で会話を記録することを目的として,人が会話に参加しながら,会話中の特徴的な場面を映像として抽出するための装置である会話量子化器を提案する.会話量子は連続した会話の流れから切り出した意味的なまとまりを持つ最小の会話断片であり,会話量子化とはこの会話断片を持続的に蓄積することにより,元とは異なる会話の場において元の会話のエッセンスを再利用可能とする枠組みである.本論文では特に,会話量子の前提となる会話断片の獲得手法を検討するため,1ボタン型のプロトタイプ版会話量...
岡村剛, 久保田秀和, 角康之, 西田豊明, 塚原裕史, 岩崎弘利
情報処理学会論文誌   48(12) 3893-3906   2007年12月
本論文では,自動車内および車外における人々の活動を支援するために,車内会話を記録し再利用可能とする枠組みを提案する.まず,車内会話を構成する再利用可能な会話単位として,会話映像・車外映像のクリップに加え,GPSデータなどの周辺情報から構成される車内会話量子を定義し,手作業で会話量子化を行うことでその要件について検討する.次に,研究用のプラットフォームとしてドライビングシミュレータを開発し,シミュレータ上にユーザの指差し対象を検出・表示するシステムと,車内会話の量子化および再利用を行うシステ...
Sadanori Ito,Shoichiro Iwasawa,Yasuyuki Sumi,Kenji Mase
International Journal of Information Technology and Decision Making   6(3) 427-442   2007年   [査読有り]
Ryuuki Sakamoto,Yasuyuki Sumi,Kiyoshi Kogure
International Journal of Information Technology and Decision Making   6(3) 443-458   2007年   [査読有り]
Hidekazu Kubota,Satoshi Nomura,Yasuyuki Sumi,Toyoaki Nishida
J. UCS   13(2) 135-148   2007年   [査読有り]
Ken Saito,Hidekazu Kubota,Yasuyuki Sumi,Toyoaki Nishida
J. UCS   13(2) 177-185   2007年   [査読有り]
Kenji Mase,Yasuyuki Sumi,Sidney S. Fels
Personal and Ubiquitous Computing   11(4) 213-214   2007年   [査読有り]
Yasuyuki Sumi,Sadanori Ito,Array,Sidney S. Fels,Shoichiro Iwasawa,Kenji Mase,Kiyoshi Kogure,Norihiro Hagita
Personal and Ubiquitous Computing   11(4) 265-271   2007年   [査読有り]
Yasuyuki Sumi
User Modeling 2007, 11th International Conference, UM 2007, Corfu, Greece, June 25-29, 2007, Proceedings   3-4   2007年   [査読有り]
Kenji Mase,Yasuyuki Sumi,Tomoji Toriyama,Megumu Tsuchikawa,Sadanori Ito,Shoichiro Iwasawa,Kiyoshi Kogure,Norihiro Hagita
IEEE MultiMedia   13(4) 20-29   2006年   [査読有り]
Toyoaki Nishida,Kazunori Terada,Takashi Tajima,Makoto Hatakeyama,Yoshiyasu Ogasawara,Yasuyuki Sumi,Yong Xu,Array,Kateryna Tarasenko,Taku Ohya,Tatsuya Hiramatsu
IEICE Transactions   89-D(6) 1768-1780   2006年   [査読有り]
Hung-Hsuan Huang,Yasuyuki Sumi,Toyoaki Nishida
KES Journal   10(2) 169-180   2006年   [査読有り]
Hidekazu Kubota,Toyoaki Nishida,Yasuyuki Sumi
New Frontiers in Artificial Intelligence, JSAI 2006 Conference and Workshops, Tokyo, Japan, June 5-9 2006, Revised Selected Papers   19-32   2006年   [査読有り]
Tomoyuki Morita,Yasushi Hirano,Yasuyuki Sumi,Shoji Kajita,Kenji Mase
Proceedings of the 7th International Conference on Multimodal Interfaces, ICMI 2005, Trento, Italy, October 4-6, 2005   267-273   2005年   [査読有り]
Megumu Tsuchikawa,Shoichiro Iwasawa,Sadanori Ito,Kiyoshi Kogure,Norihiro Hagita,Kenji Mase,Yasuyuki Sumi
Ninth IEEE International Symposium on Wearable Computers (ISWC 2005), 18-21 October 2005, Osaka, Japan   27-33   2005年   [査読有り]
Sadanori Ito,Shoichiro Iwasawa,Megumu Tsuchikawa,Yasuyuki Sumi,Kenji Mase,Yasuhiro Katagiri,Kiyoshi Kogure,Norihiro Hagita
Ninth IEEE International Symposium on Wearable Computers (ISWC 2005), 18-21 October 2005, Osaka, Japan   130-137   2005年   [査読有り]
Ken Saito,Hidekazu Kubota,Yasuyuki Sumi,Toyoaki Nishida
New Frontiers in Artificial Intelligence, Joint JSAI 2005 Workshop Post-Proceedings   29-40   2005年   [査読有り]
Yasuyuki Sumi,Toyoaki Nishida
New Frontiers in Artificial Intelligence, Joint JSAI 2005 Workshop Post-Proceedings   351-352   2005年   [査読有り]
Ken Kumagai,Yasuyuki Sumi,Kenji Mase,Toyoaki Nishida
New Frontiers in Artificial Intelligence, Joint JSAI 2005 Workshop Post-Proceedings   377-388   2005年   [査読有り]
Ken Saito,Hidekazu Kubota,Yasuyuki Sumi,Toyoaki Nishida
Knowledge-Based Intelligent Information and Engineering Systems, 9th International Conference, KES 2005, Melbourne, Australia, September 14-16, 2005, Proceedings, Part III   296-302   2005年   [査読有り]
Hidekazu Kubota,Satoshi Nomura,Yasuyuki Sumi,Toyoaki Nishida
Knowledge-Based Intelligent Information and Engineering Systems, 9th International Conference, KES 2005, Melbourne, Australia, September 14-16, 2005, Proceedings, Part III   861-867   2005年   [査読有り]
Norman Lin,Kenji Mase,Yasuyuki Sumi,Tomoji Toriyama
Virtual Storytelling, Using Virtual Reality Technologies for Storytelling, Third International Conference, ICVS 2005, Strasbourg, France, November 30 - December 2, 2005, Proceedings   229-238   2005年   [査読有り]
Yasuyuki Sumi,Kenji Mase,Christof Müller,Shoichiro Iwasawa,Sadanori Ito,Masashi Takahashi,Ken Kumagai,Yusuke Otaka,Megumu Tsuchikawa,Yasuhiro Katagiri,Toyoaki Nishida
Intelligent Media Technology for Communicative Intelligence, Second International Workshop, IMTCI 2004, Warsaw, Poland, September 13-14, 2004, Revised Selected Papers   185-194   2004年   [査読有り]
Yoshikazu Koide,Takayuki Kanda 0001,Yasuyuki Sumi,Kiyoshi Kogure,Hiroshi Ishiguro
2004 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems, Sendai, Japan, September 28 - October 2, 2004   2500-2505   2004年   [査読有り]
Hung-Hsuan Huang,Yasuyuki Sumi,Toyoaki Nishida
Knowledge-Based Intelligent Information and Engineering Systems, 8th International Conference, KES 2004, Wellington, New Zealand, September 20-25, 2004. Proceedings. Part I   357-363   2004年   [査読有り]
Megumu Tsuchikawa,Shoichiro Iwasawa,Sadanori Ito,Atsushi Nakahara,Yasuyuki Sumi,Kenji Mase,Kiyoshi Kogure,Norihiro Hagita
Ubiquitous Computing Systems, Second International Symposium, UCS 2004, Tokyo, Japan, November 8-9, 2004, Revised Selected Papers   90-103   2004年   [査読有り]
Yasuyuki Sumi,Kenji Mase
Life-like characters - tools, affective functions, and applications.   405-428   2004年   [査読有り]
Yasuyuki Sumi,Kenji Mase
Systems and Computers in Japan   34(4) 21-33   2003年   [査読有り]
Norihiro Hagita,Kiyoshi Kogure,Kenji Mase,Yasuyuki Sumi
Proceedings of the 2003 IEEE International Conference on Robotics and Automation, ICRA 2003, September 14-19, 2003, Taipei, Taiwan   4166-4171   2003年   [査読有り]
Kiyoshi Kogure,Norihiro Hagita,Yasuyuki Sumi,Noriaki Kuwahara,Hiroshi Ishiguro
2003 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems, Las Vegas, Nevada, USA, October 27 - November 1, 2003   1826-1831   2003年   [査読有り]
Yasuyuki Sumi,Kenji Mase
Chance Discovery 2003   304-324   2003年   [査読有り]
Olivier Liechti,Yasuyuki Sumi
Int. J. Hum.-Comput. Stud.   56(1) 1-5   2002年   [査読有り]
Yasuyuki Sumi,Kenji Mase
Int. J. Hum.-Comput. Stud.   56(1) 127-146   2002年   [査読有り]
Yasuyuki Sumi,Kenji Mase
Interacting with Computers   14(6) 713-737   2002年   [査読有り]
Yasuyuki Sumi,Ryuuki Sakamoto,Keiko Nakao,Kenji Mase
UbiComp 2002: Ubiquitous Computing, 4th International Conference, Göteborg, Sweden, September 29 - October 1, 2002, Proceedings   16-32   2002年   [査読有り]
Yasuyuki Sumi, Kenji Mase
Proceedings of the Fifth International Conference on Autonomous Agents, AGENTS 2001, Montreal, Canada, May 28 - June 1, 2001   393-400   2001年   [査読有り]
This paper presents a system called AgentSalon, which facilitates face-to-face knowledge exchange and discussion by people having shared interests, in museums, schools, o#ces, academic conferences, etc. This system was designed as a sub-system of ...
Yasuyuki Sumi And, Yasuyuki Sumi, Kenji Mase
CHI '01 Extended Abstracts on Human Factors in Computing Systems, CHI Extended Abstracts '01, Seattle, Washington, USA, March 31 - April 5, 2001   191-192   2001年   [査読有り]
AgentSalon is a part of a bod y of research on personal guidnal system for exhibition tours. AgentSalon is a system that facilitates face-to-face knowledB exchange and dge'B"F" between users by tempting them to a chat via prompting by their person...
Yasuyuki Sumi,Kenji Mase
Ubicomp 2001: Ubiquitous Computing, Third International Conference Atlanta, Georgia, USA, September 30 - October 2, 2001, Proceedings   156-175   2001年   [査読有り]
Yasuyuki Sumi,Kenji Mase
Web Intelligence: Research and Development, First Asia-Pacific Conference, WI 2001, Maebashi City, Japan, October 23-26, 2001, Proceedings   163-174   2001年   [査読有り]
Kaoru Sumi,Yasuyuki Sumi,Kenji Mase,Shinichi Nakasuka,Koichi Hori
Systems and Computers in Japan   31(10) 41-55   2000年   [査読有り]
Yasuyuki Sumi,Kenji Mase
New Generation Comput.   17(4) 407-416   1999年   [査読有り]
Kunihiko Fujita,Susumu Kunifuji,Kazushi Nishimoto,Yasuyuki Sumi,Kenji Mase
Third International Conference on Knowledge-Based Intelligent Information Engineering Systems, KES 1999, Adelaide, South Australia, 31 August - 1 September 1999, Proceedings   58-61   1999年   [査読有り]
Yasuyuki Sumi,Koichi Hori,Setsuo Ohsuga
Knowl.-Based Syst.   11(7-8) 449-456   1998年   [査読有り]
Kazushi Nishimoto,Yasuyuki Sumi,Rieko Kadobayashi,Kenji Mase,Ryohei Nakatsu
Systems and Computers in Japan   29(14) 21-31   1998年   [査読有り]
Rieko Kadobayashi,Kazushi Nishimoto,Yasuyuki Sumi,Kenji Mase
Ninth International Workshop on Database and Expert Systems Applications, Vienna, Austria, August 24-28, 1998, Proceedings.   502-507   1998年   [査読有り]
Toyoaki Nishida,Geoffrey C. Bowker,Jon Mason,Toshiaki Miyashita,Katashi Nagao,Toshikazu Nishimura,Takeshi Ohguro,Charanjit Sidhu,Yasuyuki Sumi,Peter Van den Besselaar,Makoto Yokozawa
Community Computing and Support Systems, Social Interaction in Networked Communities [the book is based on the Kyoto Meeting on Social Interaction and Communityware, held in Kyoto, Japan, in June 1998]   11-15   1998年   [査読有り]
Yasuyuki Sumi,Tameyuki Etani,Sidney Fels,Nicolas Simonet,Kaoru Kobayashi,Kenji Mase
Community Computing and Support Systems, Social Interaction in Networked Communities [the book is based on the Kyoto Meeting on Social Interaction and Communityware, held in Kyoto, Japan, in June 1998]   137-154   1998年   [査読有り]
Rieko Kadobayashi, Kazushi Nishimoto, Yasuyuki Sumi, Kenji Mase
Tasks and Methods in Applied Artificial Intelligence, 11th International Conference on Industrial and Engineering Applications of Artificial In telligence and Expert Systems, IEA/AIE-98, Castellón, Spain, June 1-4, 1998, Proceedings, Volume II   648-657   1998年   [査読有り]
. Wehave proposed Meta-Museum as a new knowledge sharing environment where experts and novices can communicate with each other with agent support. Museum exhibitions are thoughttobe well organized representations of the expert knowledge of cura...
Kaoru Kobayashi,Yasuyuki Sumi,Kenji Mase
Knowledge-Based Intelligent Electronic Systems, 2nd International Conference, KES 1998, Adelaide, South Australia, 21-23 April 1998, Proceedings, Part I   375-383   1998年   [査読有り]
Kunihiko Fujita,Kazushi Nishimoto,Yasuyuki Sumi,Susumu Kunifuji,Kenji Mase
Knowledge-Based Intelligent Electronic Systems, 2nd International Conference, KES 1998, Adelaide, South Australia, 21-23 April 1998, Proceedings, Part I   417-422   1998年   [査読有り]
Yasuyuki Sumi,Koichi Hori,Setsuo Ohsuga
Artif. Intell.   91(1) 71-84   1997年   [査読有り]
Yasuyuki Sumi,Kazushi Nishimoto,Kenji Mase
Systems and Computers in Japan   28(10) 1-8   1997年   [査読有り]
Kazushi Nishimoto,Yasuyuki Sumi,Kenji Mase
Knowl.-Based Syst.   9(6) 377-384   1996年   [査読有り]
Kazushi Nishimoto,Yasuyuki Sumi,Kenji Mase
Coordination Technology for Collaborative Applications - Organizations, Processes, and Agents [ASIAN 1996 Workshop]   63-76   1996年   [査読有り]
Yasser Mohammad, Taku Ohya, Tatsuya Hiramatsu, Yasuyuki Sumi, Toyoaki Nishida
   [査読有り]
Abstract: Robots can do more for the human society than wandering around collecting garbage, entertaining children and playing soccer. In this paper we present an ongoing research toward the realization of robots as embodied knowledge media. In th...
Yasuyuki Sumi, Multimodal Perception, Smart Infill, Multiparty Conversation, Eye Tracker
   [査読有り]
through conversation
Yoshikazu Koide, Takayuki K, Yasuyuki Sumi, Kiyoshi Kogure, Hiroshi Ishiguro
   [査読有り]
Abstract — An interactive exhibition guide robot has been developed, that is integrated with ubiquitous sensors. The robot utilizes its human-like body properties to perform human-like gestures such as eye-contact and pointing. The ubiquitous sens...
Masashi Takahashi, Sadanori Ito, Yasuyuki Sumi, Megumu Tsuchikawa, Kiyoshi Kogure, Kenji Mase, Toyoaki Nishida
   [査読有り]
Ubiquitous system for recording and sharing human experiences Analyzing the structure of human interactions Building a new technology for human support systems Developing a new interface that exploits human contexts Layered model for automatically...
For Controlling And, Kenji Mase, Armin Bruderlin, Yasuyuki Sumi, Rieko Kadobayashi
   [査読有り]
An interface agent with a life-like character on apersonal and mobile computer based guidance system is a plausible interface design approach for supporting and mediating communication between the exhibitors and visitors of showcase places su...
Kenji Mase Yasuyuki, Yasuyuki Sumi, Rieko Kadobayashi
   [査読有り]
Weaved Reality is a novel concept extending so-called Augmented Reality and Mixed Reality. It is not just apresentation level mixture of computerized virtual material and real material. It essentially contains knowledge as media and context-...
Sidney Fels Yasuyuki, Yasuyuki Sumi, Tameyuki Etani, Nicolas Simonet, Kaoru Kobayashi, Kenji Mase
   [査読有り]
An interface agent with a life-likecharacter on a personal mobile computer based guidance system is a plausible interface design approach for supporting and mediating communication between exhibitors and visitors of museums, laboratory tours a...

Misc

 
Yuichi Watanabe, Kengo Terasawa, Yasuyuki Sumi
Proceedings of the International Conference on Document Analysis and Recognition, ICDAR   8 15-19   2018年1月
© 2017 IEEE. In this paper, we propose a system that supports its users to explore old maps by showing extracted areas having similar images with the character region traced by the user's fingers. Since Japanese old maps do not have a predetermine...
渡邉悠一, 寺沢憲吾, 角康之
情報処理学会研究報告(Web)   2018(CH-116) Vol.2018‐CH‐116,No.10,1‐8 (WEB ONLY)   2018年1月
松村耕平, 尾形正泰, 小野哲雄, 加藤淳, 阪口紗季, 坂本大介, 杉本雅則, 角康之, 中村裕美, 西田健志, 樋口啓太, 安尾萌, 渡邉拓貴
情報処理学会研究報告(Web)   2017(HCI-174) Vol.2017‐HCI‐174,No.13,1‐8 (WEB ONLY)   2017年8月
及川拓弥, 角康之
情報処理学会研究報告(Web)   2017(IFAT-127) Vol.2017‐IFAT‐127,No.6,1‐8 (WEB ONLY)   2017年7月
奥野茜, 角康之
情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)   2017(1) 1171‐1177   2017年6月
高橋拓也, 角康之
情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)   2017(1) 834‐840   2017年6月
渡邉悠一, 寺沢憲吾, 角康之
情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)   2017(1) 1068‐1074   2017年6月
遠山魁, 角康之
情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)   2017(1) 629‐635   2017年6月
北村貴広, 角康之
情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)   2017(1) 621‐628   2017年6月
角康之, 小関大河
情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)   2017(1) 1114‐1120   2017年6月
山本大貴, 角康之
情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)   2017(1) 1121‐1127   2017年6月
角 康之
情報処理学会論文誌   57(10) 2142-2142   2016年10月
栗原 聡, 塚本 昌彦, 角 康之, 長野 徹
情報処理   57(10) 952-957   2016年9月
栗原 聡, 塚本 昌彦, 角 康之, 長野 徹
人工知能   31(5)    2016年9月
栗原 聡, 塚本 昌彦, 角 康之, 長野 徹
人工知能 : 人工知能学会誌 : journal of the Japanese Society for Artificial Intelligence   31(5) 607-611   2016年9月
友広歩李, 角康之
情報処理学会論文誌トランザクション デジタルコンテンツ(Web)   4(2) 1‐10 (WEB ONLY)   2016年8月
友広歩李, 角康之
情報処理学会研究報告(Web)   2016(EC-41) Vol.2016‐EC‐41,No.10,1‐3 (WEB ONLY)   2016年7月
Kohei Matsumura, Yasuyuki Sumi
Proceedings - 2015 IEEE 12th International Conference on Ubiquitous Intelligence and Computing, 2015 IEEE 12th International Conference on Advanced and Trusted Computing, 2015 IEEE 15th International Conference on Scalable Computing and Communications, 20   352-355   2016年7月
© 2015 IEEE. Thanks to growth in the number of mobile devices such as smartphones and tablets, it becomes possible to enjoy a video on our hand. In this paper, we propose a novel method to share playlists with others. We developed a web-based play...
草島将太, 角康之
情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)   2016(1) 9‐17   2016年6月
高橋拓也, 赤坂尚衡, 松山昇一, 角康之
情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)   2016(1) 695‐702   2016年6月
Shota Kusajima, Yasuyuki Sumi
Communications in Computer and Information Science   647 1-16   2016年1月
© Springer Science+Business Media Singapore 2016. Twitter has been used in academic conferences and study meetings as a means of debating announcements and sharing information, alongside a real presentation. This paper discusses activating online ...
及川 拓弥, 角 康之
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   115(347) 81-86   2015年12月
及川拓弥, 角康之
電子情報通信学会技術研究報告   115(347(NLC2015 34-43)) 81‐86   2015年11月
北村貴広, 角康之
ヒューマンインタフェースシンポジウム論文集(CD-ROM)   2015 ROMBUNNO.2539D   2015年9月
及川拓弥, 角康之
ヒューマンインタフェースシンポジウム論文集(CD-ROM)   2015 ROMBUNNO.1506P   2015年9月
茶谷浩基, 角康之
ヒューマンインタフェースシンポジウム論文集(CD-ROM)   2015 ROMBUNNO.2518P   2015年9月
角 康之, Yasuyuki Sumi
人工知能 = journal of the Japanese Society for Artificial Intelligence   30(5) 691-696   2015年9月
角康之, 草野孔希, 大野健彦
情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)   2015(1) 609‐616   2015年7月
友広歩李, 角康之
情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)   2015(1) 701‐708   2015年7月
草島将太, 富山遼, 角康之
情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)   2015(1) 617‐623   2015年7月
草野 孔希, 大野 健彦, 角 康之
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   115(36) 103-108   2015年5月
草野孔希, 大野健彦, 角康之
電子情報通信学会技術研究報告   115(36(HIP2015 1-40)) 103-108   2015年5月
松村耕平, 角康之
情報処理学会論文誌ジャーナル(Web)   56(4) 1258-1268 (WEB ONLY)   2015年4月
岡田将吾, 坊農真弓, 高梨克也, 角康之, 新田克己
電子情報通信学会論文誌 A(Web)   J98-A(1) 63-75 (WEB ONLY)   2015年1月
鈴木孝宏, 角康之, 美馬義亮
情報処理北海道シンポジウム講演論文集   2014 248-253   2014年10月
友広歩李, 角康之, 松村耕平
情報処理学会研究報告(Web)   2014(UBI-44) VOL.2014-UBI-44,NO.22 (WEB ONLY)-6   2014年10月
スケッチはデザイナの情報記録,共有,そしてアイディアの発想のためのツールとして使用されている.本研究ではタブレット PC とデプス (depth) カメラを用い,空間構造の理解やデザインを促すスケッチインタフェースを開発する.手描きのスケッチに三次元構造を組み合わせ,奥行きのついたスケッチの世界を歩き回ることや.空間内に付箋を貼るようにメモやアイディアを描き加えることが可能となる.対象ユーザは建築デザインやサービスデザインを手がけるデザイナの人々である.複数人で同じ空間にスケッチを行うこと...
横井逸人, 角康之, 松村耕平
情報処理北海道シンポジウム講演論文集   2014 36-41   2014年10月
友広歩李, 角康之, 松村耕平
情報処理北海道シンポジウム講演論文集   2014 237-241   2014年10月
角康之
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2014 ROMBUNNO.BP-2-3   2014年9月
友広歩李, 角康之, 松村耕平
研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI)   2014(22) 1-6   2014年10月
スケッチはデザイナの情報記録,共有,そしてアイディアの発想のためのツールとして使用されている.本研究ではタブレット PC とデプス (depth) カメラを用い,空間構造の理解やデザインを促すスケッチインタフェースを開発する.手描きのスケッチに三次元構造を組み合わせ,奥行きのついたスケッチの世界を歩き回ることや.空間内に付箋を貼るようにメモやアイディアを描き加えることが可能となる.対象ユーザは建築デザインやサービスデザインを手がけるデザイナの人々である.複数人で同じ空間にスケッチを行うこと...
鈴木孝宏, 角康之, 美馬義亮
情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)   2014(1) 1378-1381   2014年7月
角康之, 松村耕平, 権瓶匠
情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)   2014(1) 1394-1399   2014年7月
松村耕平, 角康之
情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)   2014(1) 1236-1242   2014年7月
小関悠, 角康之, 西田豊明, 間瀬健二
コンピュータソフトウェア   24(3) 41-50   2007年7月
本稿では研究発表会や博物館見学といったイベント空間において取得可能な体験データを,ユーザーが閲覧・編集するためのシステムを提案・実装する.種々のカメラやセンサー機器の発達により大量の取得が可能となった体験データを,ユーザーの扱いやすい形にすることで,その編集や共有を促すことが狙いである.システムは大きく二つの部分に分けられる.一つは体験データを自動的に要約してユーザーに提示するシステムであり,特にセンサー情報を用いることで映像データを「ぱらぱらアニメ」,すなわち,シーンを表現する複数枚の特...
友広歩李, 角康之, 松村耕平
日本ソフトウェア科学会研究会資料シリーズ(Web)   (75) ROMBUNNO.1A‐10(WEB ONLY)   2014年
横井逸人, 角康之, 松村耕平
日本ソフトウェア科学会研究会資料シリーズ(Web)   (75) ROMBUNNO.2A‐11(WEB ONLY)   2014年
鈴木孝宏, 美馬義亮, 角康之
日本ソフトウェア科学会研究会資料シリーズ(Web)   (75) ROMBUNNO.3A‐12(WEB ONLY)   2014年
和田聖矢, 松村耕平, 角康之
電子情報通信学会技術研究報告   113(495(MoNA2013 71-84)) 305-311   2014年3月
本研究では,図書館での体験共有を促すために,ウェアラブルカメラにより撮影された,複数人の一人称視点映像を利用した図書館内の体験共有支援システムを提案する.本システムは,画像の特徴点を用い,一人称視点映像に写り込んだ本棚の判定を行う.写り込んだ本棚別に,一人称視点映像を合成することにより,本棚ごとの複数人体験映像を生成する.6 名に,図書館での一人称視点映像を撮影してもらい,その映像を用いシステムの動作実験を行った.その結果,複数人の身体が写り込んだ映像,本棚の前で本を読んでいる様子が写り込...
権瓶匠, 松村耕平, 角康之
電子情報通信学会技術研究報告   113(372(CNR2013 21-28)) 19-24   2013年12月
岡田将吾, 坊農真弓, 高梨克也, 角康之, 新田克己
人工知能学会言語・音声理解と対話処理研究会資料   68th 47-52   2013年9月
和田聖矢, 松村耕平, 角康之
研究報告モバイルコンピューティングとユビキタス通信(MBL)   2014(46) 1-7   2014年3月
本研究では,図書館での体験共有を促すために,ウェアラブルカメラにより撮影された,複数人の一人称視点映像を利用した図書館内の体験共有支援システムを提案する.本システムは,画像の特徴点を用い,一人称視点映像に写り込んだ本棚の判定を行う.写り込んだ本棚別に,一人称視点映像を合成することにより,本棚ごとの複数人体験映像を生成する.6 名に,図書館での一人称視点映像を撮影してもらい,その映像を用いシステムの動作実験を行った.その結果,複数人の身体が写り込んだ映像,本棚の前で本を読んでいる様子が写り込...
角康之, 名生圭佑, 松村耕平
情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)   2013(2) ROMBUNNO.1F-3-169   2013年7月
松村耕平, 池田政人, 角康之
情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)   2013(2) ROMBUNNO.8H-2-2035   2013年7月
横井逸人, 松村耕平, 角康之
情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)   2013(2) ROMBUNNO.2B-2-277   2013年7月
倉野大二郎, 松村耕平, 角康之
電子情報通信学会技術研究報告   112(493(MoMuC2012 69-73)) 185-192   2013年3月
タブレット型 PC やスマートフォンなどのモバイルデバイスの普及により,映像コンテンツを閲覧する形態が変わりつつある.そのため,外で歩きながらや家で寝転びながら端末を持って映像を閲覧することを可能とし,映像を見る際のデバイスと映像閲覧者との身体的関わりが深くなったといえる.本論文では,センサ群を備えたモバイルデバイスを用いて,映像閲覧者の無意識的な行動や発話,しぐさなどからその映像における閲覧者の興味の変化を推定し,映像閲覧者の反応から映像のハイライトとなるシーンを推定する方法を提案する....
横井逸人, 松村耕平, 角康之
情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)   2013(1) ROMBUNNO.1EXB-21   2013年2月
角 康之, Yasuyuki Sumi
人工知能学会誌 = Journal of Japanese Society for Artificial Intelligence   28(2) 224-229   2013年3月
倉野大二郎, 松村耕平, 角康之
情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)   2013(1) ROMBUNNO.2EXB-21   2013年2月
名生圭佑, 松村耕平, 角康之
情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)   2013(1) ROMBUNNO.1EXB-18   2013年2月
池田政人, 松村耕平, 角康之
情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)   2013(1) ROMBUNNO.3EXB-48   2013年2月
権瓶匠, 池上智之, 松村耕平, 角康之
情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)   2013(1) ROMBUNNO.3EXB-43   2013年2月
松村耕平, 角康之
情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)   2013(1) ROMBUNNO.2EXB-03   2013年2月
角康之, 松村耕平, 横井逸人
電子情報通信学会技術研究報告   112(233(CNR2012 5-12)) 7-10   2012年10月
人と情報サービスのインタラクションに一貫性の高さと活動空間の広がりを提供するために、サービスを提供する擬人化エージェントが仮想空間と実空間を行き来する枠組みを提案する。具体的には、観光地を案内する3次元CGキャラクタが仮想空間内の仮想ツアーの途中で実空間のロボットに乗り移り、プレイヤーの実空間体験を誘導するシステムを試作した。我々の試みは、あらかじめ用意されたサービスを提供するだけでなく、実空間での人とのインタラクションを取材し、それを仮想空間に持ち帰って新たなコンテンツとすることに特徴がある。
松村耕平, 角康之
電子情報通信学会技術研究報告   112(233(CNR2012 5-12)) 11-14   2012年10月
ミニチュアモデルを手で操作することで3DCG空間の現象やカメラワークを編集できる箱庭環境を提案する。箱庭内のモデル動作をモーションキャプチャすることで仮想空間のコンテンツ生成を容易にすると同時に、プロジェクションマッピングによって箱庭空間を情報強化する枠組みを提案する。
角康之
日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM)   30th ROMBUNNO.2M3-1   2012年9月
角康之
情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)   2012(1) ROMBUNNO.8A-1   2012年6月
角 康之, Yasuyuki Sumi
人工知能学会誌 = Journal of Japanese Society for Artificial Intelligence   27(4) 405-410   2012年7月
河口信夫, 渡辺穂高, YANG Tianhui, 小川延宏, 岩崎陽平, 梶克彦, 寺田努, 村尾和哉, 羽田久一, 井上創造, 川原圭博, 角康之, 西尾信彦
情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)   2012(1) ROMBUNNO.4H-4   2012年6月
岡田将吾, 坊農真弓, 角康之, 高梨克也, 新田克己
情報処理学会シンポジウム論文集   2012(3 (CD-ROM)) ROMBUNNO.3EXB-53   2012年3月
駒木定生, 角康之
電子情報通信学会技術研究報告   111(477(AN2011 84-92)) 161-167   2012年3月
スマートフォンやタブレットPCの普及に伴い,映像の閲覧形態が大きく変わりつつある.つまり,いつでもどこでも映像を見られるようになったため,短い時間に断片的に見たり,何かしながら気が向いたものにだけ目を向けたりする傾向が高くなってきた.また,受動的に与えられる映像を見るばかりでなく,検索あるいは探索的に好みの映像を選んで見たり,それに対して積極的にコメントを残して他の人に推薦したりする社会的な側面が強くなりつつある.さらに興味深いことは,映像デバイスと閲覧者との身体的関係の大きな変化である....
坊農真弓, 角康之, 高梨克也, 岡田将吾, 菊地浩平, 東山英治
情報処理学会研究報告(CD-ROM)   2011(4) ROMBUNNO.HCI-145,NO.6   2011年12月
Takatsugu Hirayama, Yasuyuki Sumi, Tatsuya Kawahara, Takashi Matsuyama
APSIPA ASC 2011 - Asia-Pacific Signal and Information Processing Association Annual Summit and Conference 2011   548-557   2011年12月
To close the wide gap between the exploding information world and individual human knowledge, we have investigated a multi-modal interaction strategy called Mind Probing in which a system proactively acts on the user and then estimates his/her int...
平山高嗣, 角康之, 河原達也, 松山隆司
電子情報通信学会技術研究報告   111(190(HCS2011 27-45)) 55-60   2011年8月
量的に爆発し,質的にも複雑さを増大する情報空間において,人は望みの情報に辿り着くことに苦難している.そこで,我々はユーザの状態に応じて息のあったタイミングで気の利いた情報を提供するマルチモーダルインタラクションシステム「情報コンシェルジェ」を開発している.本稿では,中核技術として導入したMind Probingに基づくユーザの心的状態の推定手法について概説し,インタラクションフロー,システム構成およびフィールドトライアルについて報告する.
角 康之, 小笠原 遼子, Yasuyuki Sumi, Ryoko Ogasawara
人工知能学会誌 = Journal of Japanese Society for Artificial Intelligence   26(5) 449-456   2011年9月
角康之
電子情報通信学会技術研究報告   111(178(CNR2011 9-23)) 19-23   2011年8月
本研究は、体験的知識のメディアとしてのロボット、また、体験的学習のパートナーとしてのロボットを実現することを目的とする。そのためのアプローチとして、「見ているもの・こと」を共有することによる人とロボットの超越的対話手法を提案し、人とロボットによる体験協創のための環境構築を行う。具体的には、写真とその上への書き込みを共有するコミュニケーション支援ツールPhotoChatをロボットに組み込み、人とロボットが互いに視界を共有し、そこへの書き込みによって対象世界の理解と行動指示を容易にする方法を提...
河口信夫, 小川延宏, 岩崎陽平, 梶克彦, 寺田努, 村尾和哉, 井上創造, 川原圭博, 角康之, 西尾信彦
情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)   2011(1) 69-75   2011年6月
河口信夫, 小川延宏, 岩崎陽平, 梶克彦, 寺田努, 村尾和哉, 井上創造, 川原圭博, 角康之, 西尾信彦
マルチメディア、分散協調とモバイルシンポジウム2011論文集   2011 69-75   2011年6月
井上卓, 角康之, 高梨克也
情報処理学会シンポジウム論文集   2011(3) 457-460   2011年3月
齊賀弘泰, 角康之, 西田豊明
情報処理学会シンポジウム論文集   2011(3) 247-250   2011年3月
勝木弘, 角康之
情報処理学会シンポジウム論文集   2011(3) 251-254   2011年3月
古谷翔, 森元俊成, 角康之
情報処理学会シンポジウム論文集   2011(3) 559-562   2011年3月
周藤沙月, 角康之, 塩瀬隆之
情報処理学会シンポジウム論文集   2011(3) 551-554   2011年3月
森元俊成, 古谷翔, 角康之, 西田豊明
電子情報通信学会技術研究報告   110(454(AN2010 73-83)) 287-293   2011年2月
写真と写真上の書き込みを共有することができるコミュニケーション支援ツールPhotoChatを用いて博物館見学の体験の強化を行うため,ユーザの状況に応じて,PhotoChat上で話題提供を行うエージェントの構築を行った.博物館説明員による展示ガイドを通して蓄積された過去の話題提供のシーンをコンテキストに応じて再利用する方法を提案する.またその方法によりある話題から関連する話題への遷移のリンクを獲得することができた.This paper describes the design of an a...
塩見昌裕, 岩井儀雄, 角康之, 中臺一博, 萩田紀博
日本ロボット学会誌   29(10) 883-886 (J-STAGE)-886   2011年12月
周藤 沙月, 角 康之, 塩瀬 隆之
JSAI大会論文集   2011(0) 1P29in-1P29in   2011年
<p>博物館における展示説明員は見学者の見学体験を豊かにする役割として重要な存在である。しかし、説明行動のノウハウが明確に言語化され説明員同士の間で共有されているとは言い難い。ここでは説明員の非言語行動の特に展示誘導での使い方の知見を得ることを目的とし、博物館での展示説明員と見学者2人の身体配置の違いによる影響を観察した。その結果、身体配置の違いが展示の誘導に影響を及ぼすことがわかった。</p>
齊賀弘泰, 角康之, 西田豊明
情報処理学会研究報告(CD-ROM)   2010(1) ROMBUNNO.UBI-26,1   2010年6月
角 康之
JSAI大会論文集   2011(0) 3L3OS177-3L3OS177   2011年
<p>会話や共同作業中に生ずる言語・非言語情報の社会的プロトコルを理解するために、多人数インタラクションにおける発話、身振り手振り、身体移動、視線、頭部運動といったマルチモーダルデータを計測し、それらの時空間的・意味的な構造の分析を行っている。非言語情報から会話参加の積極性を解釈する試みや、非言語情報発生の時系列パターンをマイニングする試みを紹介する。</p>
小笠原遼子, 角康之, 西田豊明
電子情報通信学会技術研究報告   109(474(CPSY2009 81-96)) 327-334   2010年3月
体験共有型のワークショップに注目し,各自の気づきを共有することで協調作業や他者の視点といったものをメタレベルで学ぶためのワークショップの設計と使用する情報システムに必要な要素の提案を行う.個人作業とインタラクションを繰り返し,相互作用を 2 種類に分けて組み込むといった設計を行い,実際に 2 種類のワークショップをデザインし実践した.これらの分析より,設計の有効性としてメタレベルの学習が起きたことが示唆され,さらに,時間や手順の設計に必要な要素を議論する.We focus on propo...
森元俊成, 角康之, 西田豊明
電子情報通信学会技術研究報告   109(474(CPSY2009 81-96)) 335-341   2010年3月
本研究では写真撮影と手書きメモの共有に基づいて興味や気づきの共有を行う PhotoChat 上にユーザが気づいていない情報を付加しながら,PhotoChat 上のチャットに参加するエージェントの導入を試みる.その際,エージェントは構造的に整理された情報を,ユーザの書き込んだキーワード,位置,書き込みの有無といったユーザの反応に従って提示するようにした.エージェントの導入により,ユーザが注目している対象について気づきを得ることができるだけでなく,コンテンツやサービスの提供者側の立場では,押し...
中田篤志, 角康之, 西田豊明
情報処理学会シンポジウム論文集   2010(4) 267-274   2010年2月
Yong Xu, Yoshimasa Ohmoto, Kazuhiro Ueda, Takanori Komatsu, Takeshi Okadome, Koji Kamei, Shogo Okada, Yasuyuki Sumi, Toyoaki Nishida
Proceedings - 2009 IEEE International Conference on Intelligent Computing and Intelligent Systems, ICIS 2009   3 647-651   2009年12月
In order to develop an adaptive agent that a human user may feel easy to adapt to, it is useful to establish an adaption loop between the user and the agent. A mutual adaptation phenomenon often occurs during establishment of such an adaption loop...
小内清, 大久保充宏, 岡本和久, 長谷川寛, 太田武司, 太田武司, 伊藤英樹, 伊藤英樹, 川角康之, 川角康之, 中村隆司, 森下めぐみ, 西本治美, 西本治美, 松尾拓哉, 上池伸徳, 白木央, 石浦正寛
日本遺伝学会大会プログラム・予稿集   81st 129   2009年8月
Toshiya Nakakura, Yasuyuki Sumi, Toyoaki Nishida
Proceedings of the 10th Workshop on Mobile Computing Systems and Applications, HotMobile'09      2009年7月
This paper proposes a system called Neary that detects conversational fields and is designed to run on mobile machines with a network module and a microphone. Neary operates on a simple algorithm and a light-weight process, so other systems can in...
齊賀弘泰, 角康之, 西田豊明
情報処理学会関西支部支部大会講演論文集(CD-ROM)   2010 ROMBUNNO.F-05   2010年9月

特許

 
塚原 裕史, 岩崎 弘利, 西田 豊明, 戸田 泰史, 平松 達也, 角 康之
塚原 裕史, 岩崎 弘利, 西田 豊明, 戸田 泰史, 平松 達也, 角 康之
塚原 裕史, 岩崎 弘利, 岡村 剛, 西田 豊明, 久保田 秀和, 角 康之
塚原 裕史, 岩崎 弘利, 岡村 剛, 西田 豊明, 久保田 秀和, 角 康之
岡田 昌也, 伊藤 禎宣, 岩澤 昭一郎, 鳥山 朋二, 角 康之, 間瀬 健二
小関 悠, 角 康之, 西田 豊明, 間瀬 健二
高橋 昌史, 角 康之, 西田 豊明, 岩澤 昭一郎, 土川 仁, 間瀬 健二, 小暮 潔
川口 洋平, 角 康之, 熊谷 賢, 西田 豊明, 間瀬 健二
クリストフ ミューラー, 角 康之, 間瀬 健二
角 康之, 岩澤 昭一郎, 大高 雄介, 伊藤 禎宣, 間瀬 健二
角 康之, 岩澤 昭一郎, 大高 雄介, 伊藤 禎宣, 間瀬 健二
ノーマン・リン, 間瀬 健二, 角 康之, 土川 仁
ノーマン・リン, 間瀬 健二, 角 康之, 土川 仁
小出 義和, 村上 裕介, 神田 崇行, 角 康之, 間瀬 健二, 小暮 潔, 石黒 浩
小出 義和, 村上 裕介, 神田 崇行, 角 康之, 間瀬 健二, 小暮 潔, 石黒 浩
神田 崇行, 角 康之, 間瀬 健二, 小暮 潔, 石黒 浩
角 康之, 間瀬 健二, 萩田 紀博
角 康之, 間瀬 健二, 萩田 紀博
角 康之, 出山 敦祥, 間瀬 健二
角 康之, 出山 敦祥, 間瀬 健二
角 康之, 坂本 竜基, 中尾 恵子, 間瀬 健二
角 康之, 坂本 竜基, 中尾 恵子, 間瀬 健二
坂本 竜基, 中尾 恵子, 角 康之, 間瀬 健二
坂本 竜基, 中尾 恵子, 角 康之, 間瀬 健二
角 康之, 竹内 勇剛, 間瀬 健二, 片桐 恭弘
角 康之, 竹内 勇剛, 間瀬 健二, 片桐 恭弘
片桐 恭弘, 竹内 勇剛, 高橋 徹, 角 康之, 間瀬 健二
野間 春生, 角 康之, 宮里 勉, 間瀬 健二
野間 春生, 角 康之, 宮里 勉, 間瀬 健二
西本 一志, 角 康之, 間瀬 健二
西本 一志, 角 康之, 間瀬 健二
角 康之, 西本 一志, 間瀬 健二
角 康之, 西本 一志, 間瀬 健二