住田 朋久 / SUMIDA Tomohisa

J-GLOBALへ         更新日: 18/03/13 23:39
 
アバター
研究者氏名
住田 朋久 / SUMIDA Tomohisa
eメール
sumidatomohisagmail.com

プロフィール

sumidatomohisa@gmail.com, 080-5389-0523
http://facebook.com/sumidatomohisa http://twitter.com/sumidatomohisa
http://sumidatomohisa.blogspot.jp/ http://d.hatena.ne.jp/sumidatomohisa

宅配物は自宅住所(渋谷区)にお送りください。
できればメールでデータをお送りいただけるとありがたく存じます。

以下のメールアドレスはお使いいただけません。
tomohisa.sumida@maruzen.co.jp, sumida@he.u-tokyo.ac.jp, sumidatomohisa@berkeley.edu, t-sumida@miraikan.jst.go.jp, sumidatomohisa@hotmail.com, sumidatomohisa@softbank.ne.jp, sumidatomohisa@ezweb.ne.jp, sumidatomohisa@docomo.ne.jp

経歴

 
2014年6月
 - 
現在
東京大学出版会 編集局 勤務
 
2015年10月
 - 
現在
電気通信大学 情報理工学部 非常勤講師(「科学という文化」)
 
2017年4月
 - 
現在
慶應義塾大学 文学部 非常勤講師(「人間科学特殊XXVA」)
 
2013年4月
 - 
2014年6月
丸善出版 編集部 勤務
 
2012年9月
 - 
2013年3月
東京大学 大学総合教育研究センター 特任研究員
 

研究分野

 
 

論文

 
住田朋久
哲学・科学史論叢   13 (45)-(73)   2011年3月   [査読有り]
反応など: http://d.hatena.ne.jp/sumidatomohisa/20110411/1302530802
中尾麻伊香・住田朋久
UTCP「脳科学と倫理」プログラム編『脳科学時代の倫理と社会』   239-260   2010年3月   [査読有り]
言及された文献:
佐倉統(2010)「疑似科学を謳歌する文化人たちはなぜ増殖するのか―脳科学の事例を中心に」、南後由和・加島卓編『文化人とは何か』東京書籍、112-131.
Takako Ohata, Atsushi Tsuchiya, Maiko Watanabe, Tomohisa Sumida, Fumio Takada
Journal of Human Genetics   54(4) 203-208   2009年3月   [査読有り]
言及された文献
Neil E Lamb et al., Personalized Medicine 6(6): 681-690 (2009). ほか
http://scholar.google.co.jp/scholar?cites=8661397541868921545
日本の生態学と自然保護 1906-1975 1959年の2つの転換を中心に
住田 朋久
修士論文      2009年1月
2009年3月23日 修士(学術)修総合第3554号
土屋敦、大畑尚子、渡部麻衣子、住田朋久、高田史男
ソシオロゴス   (32) 40-57   2008年9月   [査読有り]

書籍等出版物

 
『ルネサンス・バロックのブックガイド』
工作舎   2018年   
トマス・D・カウフマン『綺想の帝国―ルドルフ二世をめぐる美術と科学』
化学史学会編
化学同人   2017年4月   ISBN:4759818391
「加鉛ガソリン」「環境保護庁」「スモン」「ダイオキシン」「パターソン」「マスキー法」「ミジリー」
コンデナスト・ジャパン   2015年12月   
「はじめてのAI―シンギュラリティ年譜+用語解説」156-163
塚田有那・飯島和樹・住田朋久
シーラ ジャサノフ/渡辺千原・吉良貴之監訳
勁草書房   2015年7月   ISBN:4326403047
共訳、第6章担当 http://jj57010.web.fc2.com/jasanoff.html
大場 裕一
くもん出版   2013年7月   ISBN:477432177X
企画協力
第60回 青少年読書感想文全国コンクール 課題図書(中学生の部)
http://www.j-sla.or.jp/contest/youngr/60thkadaitosho.html
岩波書店   2012年12月   
「日本科学史学会創設70周年記念シンポジウム 四日市公害裁判と研究者・市民 判決後40年の節目に 」
パネリスト:宮本憲一・澤井余志郎・野呂汎
企画:小川眞里子・黒田光太郎・住田朋久・高山進・財部香枝
丸善出版   2012年1月   ISBN:4621083872
翻訳 「カーソン, レイチェル」、「生態学/エコロジー」、「非政府組織」、「マートン, ロバート」、「ミード, マーガレット」、「レオポルド, アルド」
http://kw.maruzen.co.jp/nfc/featurePage.html?requestUrl=este/
原書房   2011年11月   ISBN:4562047194
「脳ブームの社会的背景とマスメディア」
住田朋久・礒部太一
『新通史 日本の科学技術 世紀転換期の社会史/1995年〜2011年』第3巻 568-576 2011年11月
スティーヴ・フラー / 村上陽一郎・岡橋毅・住田朋久・渡部麻衣子訳
青土社   2009年12月   ISBN:4791765214
共訳
http://bit.ly/6OGb2B (青土社のサイト)
紹介:
土屋敦(2010)(週間図書館・話題の新刊)『週刊朝日』4990(2010.1/29号): 78.
橋本大也「情報考学 Passion For The Future」2010年5月9日 http://www.ringolab.com/note/daiya/2010/05/post-1216.html
須藤 斎
くもん出版   2008年11月   ISBN:4774314366
企画協力
http://www.geocities.jp/restingspace2/TimeMachine.html
第56回産経児童出版文化賞・大賞
上田昌文・渡部麻衣子 編
社会評論社   2008年7月   ISBN:4784506152
共訳(スティーヴン・ローズ「脳を得る」(66-75)、ジョン・ターネイ「さらなる命を」(94-102)を中心に)
http://www.shahyo.com/mokuroku/gendai_shahyo/science/ISBN978-4-7845-0615-6.php
書評:
植原亮(2009)『社会と倫理』23: 119-124. http://www.nanzan-u.ac.jp/ISE/japanese/publications/index.html
養老 孟司, 本川 達雄, 藤田 紘一郎, セキ ユリヲ, しりあがり 寿, 五箇 公一, さとう あきら, 松田 裕之
ダイヤモンド社   2007年4月   ISBN:4478871108
協力
http://www.thinktheearth.net/jp/ikimonogatari/
山本 良一, Think the Earth Project
ダイヤモンド社   2006年4月   ISBN:4478871086
協力
http://www.thinktheearth.net/jp/climatechange/
毛利 衛 監修
岩崎書店   2004年3月   ISBN:4265044964
共著
http://www.iwasakishoten.co.jp/products/4-265-04496-4.html

講演・口頭発表等

 
Nature’s Experts in the Era of Pollution: Ecology and Public Health in 1960s Japan
住田 朋久 / SUMIDA Tomohisa
Hayama STS Workshop   2012年2月   
http://researchmap.jp/evhz27pj4-66/
Scientific controversies and pollution trials in Japan, 1967–1973: formation of epidemiological causation
住田 朋久 / SUMIDA Tomohisa, 廣野 喜幸 / HIRONO Yoshiyuki
Society for Social Studies of Science (4S) / Japanese Society for Science and Technology Studies (JSSTS) Joint Meeting   2010年8月   
http://www.4sonline.org/meeting, http://convention3.allacademic.com/one/ssss/4s10/
8月28日(土)
Ecological Science and Nature Conservation in Japan, 1906–1975: Focusing on Two Transitions in 1959
住田 朋久 / SUMIDA Tomohisa
International Congress of History of Science and Technology   2009年7月   
http://www.conferences.hu/ichst09/
Transitions of the Relationship between Ecological Scientists and Conservation of Nature in Japan to 1970
住田 朋久 / SUMIDA Tomohisa
International Conference on the History of Science in East Asia   2008年7月   
http://www.hopkinsmedicine.org/histmed/news/eastm.index.html

Misc

 
橘宗吾『学術書の編集者』(書評・紹介)
住田 朋久 / SUMIDA Tomohisa
『科学史研究』(掲載決定)      2017年
「ISIS 特集「アーカイブズの歴史と科学史」」(紹介)
藤本大士・住田朋久・平井正人・伊東真知子・古俣めぐみ・升元健太郎
44(1) 41-43   2017年3月
「 ISIS 特集「概念をつなぐ―科学史・技術史・経済史の結合とグローバル化」」(紹介)
古俣めぐみ・坂本邦暢・住田朋久・藤本大士・中尾暁
化学史研究   44(1) 39-41   2017年3月
「ISIS特集「人文学史と科学史」」(紹介)
古俣めぐみ・片岡雅知・住田朋久・平井正人
『化学史研究』   43(1) 50-51   2016年3月
「ISIS(2014) 特集「海洋を知る:科学史における役割」」(紹介)
片岡雅知・藤本大士・中尾暁・住田朋久
『化学史研究』   42(3) 167-169   2015年9月
「ISIS 特集「科学のグローバル・ヒストリー」ISIS 101(2010)」(紹介)
坂本邦暢・柴田和宏・中尾暁・住田朋久・中野弘喜
『化学史研究』   42(1) 34-37   2015年3月
「Isis特集 :「科学史の未来」」(紹介)
森脇江介、住田朋久、橋本雄太、伊藤憲二、坂本邦暢、藤本大士
『化学史研究』   41(2) 94-96   2014年6月
「特集「応用科学」Isis 103 (2012): 515–563.」(紹介)
中尾暁、藤本大士、住田朋久、坂本邦暢、矢野厚、柴田和宏
『化学史研究』   40(2) 74-76   2013年6月
住田 朋久 / SUMIDA Tomohisa
Wellcome history   48 11-12   2011年12月
http://www.wellcome.ac.uk/About-us/Publications/Wellcome-History/Previous/WTVM053813.htm
http://wellcomehistory.wordpress.com/2011/12/12/public-health-experts-on-yokkaichi-asthma/
「中根美知代・佐藤賢一・小山俊士・三村太郎・矢島道子・中澤聡・隠岐さや香・河野俊哉・有賀暢迪・溝口元・大谷卓史(2009)『科学の真理は永遠に不変なのだろうか サプライズの科学史入門』」(紹介)
住田 朋久 / SUMIDA Tomohisa
『化学史研究』   38(4) 229-230   2011年12月
「梶雅範・西條美紀・野原佳代子 共編(2009)『科学・技術の現場と社会をつなぐ科学技術コミュニケーション入門』」(紹介)
住田 朋久 / SUMIDA Tomohisa
『化学史研究』   37(2) 79-80   2010年6月
「話題提供報告「科学コミュニケーションと科学史」」
住田 朋久 / SUMIDA Tomohisa
『科学史サマースクール2009報告書「どう教えよう? 科学史・数学史」』数学史研究会有志   27-28   2010年5月
「生態学者に期待されたもの:1960年代の日本自然保護協会調査報告」
住田 朋久 / SUMIDA Tomohisa
『生物学史研究』   (83) 41-44   2010年3月
「第23回国際科学技術史会議(ブダペシュト、ハンガリー)参加報告」
住田 朋久 / SUMIDA Tomohisa
『生物学史研究』   (83) 67-68   2010年3月
「第1回世界環境史会議(コペンハーゲン、デンマーク)参加報告」
住田 朋久 / SUMIDA Tomohisa
『生物学史研究』   (83) 73-75   2010年3月
"The Rhetoric and Reality of "Greening" in the Shōwa Period (1926-1989)"
住田 朋久 / SUMIDA Tomohisa
The proceedings of the third BESETO young-scholar conference of philosophy   323-327   2010年1月
「第23回国際科学技術史会議(ブダペシュト)雑感 博士課程学生にとっての国際学会」
住田 朋久 / SUMIDA Tomohisa
『第23回国際科学史会議(Budapest)報告集』   30-31   2009年
「1960年代末、「エコロジー」の盛り上がりのなかでのバリー・コモナー」
住田 朋久 / SUMIDA Tomohisa
『生物学史研究』   (76) 70-72   2006年6月

その他

 
2017年6月~ ダーウィンルーム読書会 キュレーター
2018年
4月18日 石牟礼道子『椿の海の記』河出文庫、2013年(1973年)
4月4日 ヴィクトール・E・フランクル『新訳 夜と霧』みすず書房、2002年(1946年)
3月7日 福澤諭吉(齋藤孝訳)『現代語訳 学問のすすめ』ちくま新書、2009年
2月7日・28日 チャールズ・ダーウィン『種の起源』(上・下)渡辺政隆訳、光文社古典新訳文庫、2009年
2017年
12月6日 橋本毅彦『図説 科学史入門』ちくま新書、2016年
11月1日 國分功一郎『中動態の世界—意志と責任の考古学』医学書院、2017年
10月4日 広井良典『ポスト資本主義―科学・人間・社会の未来』岩波新書、2015年
9月6日 アンドレア・ウルフ『フンボルトの冒険―自然という〈生命の網〉の発明』NHK出版、2017年
7月12日 石牟礼道子『苦海浄土―わが水俣病』(新装版)講談社文庫、2004年(1969年)
6月21日 ユヴァル・ノア・ハラリ『サピエンス全史―文明の構造と人類の幸福』河出書房新社、2016年
2016年6月13日、2017年4月17日 東京大学「現代科学技術概論I」ゲスト講師
2012年10月 平成25年度 日本学術振興会 特別研究員(PD) 採用内定予定(受入:慶應義塾大学・鈴木晃仁研究室、辞退)
2012年5月27日 企画・進行 日本科学史学会創立70周年記念シンポジウム「四日市公害裁判と学術・市民―判決後40年の節目に」、日本科学史学会、三重大学、2012年5月(登壇者は澤井余志郎氏(四日市再生「公害市民塾」))、野呂汎氏(弁護士)、宮本憲一氏(滋賀大学元学長))(小川眞里子氏・黒田光太郎氏・高山進氏らとともに)
2012年4月14日 企画・進行 金森修編(2011)『昭和前期の科学思想史』合評会、2012年4月(奥村大介氏とともに)
2011年12月5日 隠岐さや香氏講演会(サントリー学芸賞受賞記念)、東京大学(柴田和宏氏とともに)
2011年11月19日 企画・進行 「中山茂、学問を語る―科学史と歩んだ60年」、東京大学(柴田和宏氏とともに)
2011年2月 編集・執筆 『SYNAPSE: Academic Groove』2、東京大学 http://synapse-ag.tumblr.com/post/3211120749/synapse-vol-02-light-2-25
2010年7月 編集 『SYNAPSE: Academic Groove』1、東京大学 http://d.hatena.ne.jp/sumidatomohisa/20100803/1280805327 HITSPAPERインタビュー(2010年9月29日) http://antenna7.com/interview/2010/09/synapse-interview.html
2010年3月28日 話題提供 スティーヴ・フラー『知識人として生きる』について、STS Network Japan、東京工業大学
http://blog.stsnj.org/2010/03/sts-network-japan-s.html
2010年1月13日 話題提供 「自然保護論の展開と生物学」、Evolution勉強会、名古屋大学
2010年1月12日 話題提供 「大学における 科学コミュニケーションの 課題と可能性. ~東京大学アウトリーチイニシアティブ(UtoI)などの経験から~」、プレサイエンスカフェ in Craig's Cafe、名古屋大学
2009年11月14日 企画 ワークショップ「科学書籍研究の視座」(日本科学技術社会論学会第8回年次大会、東京・早稲田大学)
http://d.hatena.ne.jp/sumidatomohisa/20091009/1255093458
2009年11月2日 企画 サイエンスアゴラ「科学本が生まれるまで 著者、編集者、そして…」
http://d.hatena.ne.jp/sumidatomohisa/20090923/1253713732
2009年8月28日 コメント 書評会「中島秀人『社会の中の科学』を読む」東京工業大学
http://www.venus.dti.ne.jp/~ootani/nakajima_ken/seminar_announcement.htm
2009年8月27日 話題提供「科学コミュニケーションと科学史」、科学史サマースクール「どう教えよう? 科学史・数学史」立教大学
http://homepage3.nifty.com/michiyo-nakane/
2009年8月2日・3日 ワークショップ参加 2009 World Congress of Environmental History pre-conference Ph.D. Workshop: "Integration of historical Research in Interdisciplinary Environmental and Resource Management - How Past Experiences Can Help Mold Future Solutions" at Roskilde University (Denmark) http://wceh2009.org/
2008年11月 サイエンスアゴラ「大学アウトリーチの可能性」(東京大学アウトリーチイニシアティブ)企画 
http://scienceportal.jp/scienceagora/agora2008/081122/1-2.html
2007年11月 東京大学創立130周年記念事業 学生企画コンテスト 優秀賞(上位1~3位)(加村啓一郎・住田朋久・林洋平「東京大学アウトリーチイニシアティブ」)

競争的資金等の研究課題

 
日本学術振興会: 科学研究費補助金特別研究員奨励費
研究期間: 2009年 - 2012年    代表者: 住田 朋久 / SUMIDA Tomohisa

委員歴

 
2015年7月
 - 
現在
日本科学史学会  全体委員(和文誌編集委員、科学史文献データベース委員(2015年10月より委員長))
 
2013年7月
 - 
2015年7月
日本科学史学会  和文誌編集委員(委嘱)
 
2012年5月
 - 
2013年5月
日本科学史学会  選挙管理委員(坂本邦暢氏・多久和理実氏・舘江栃郎氏・山崎正勝氏とともに)
 
2009年4月
 - 
2013年3月
日本科学史学会 生物学史分科会  月例会係/研究会係(奥村大介氏・藤本大士氏とともに)