基本情報


連絡先
sumidatomohisagmail.com
J-GLOBAL ID
201101026180063043

10月26日(月) Workshop "The Socio-Material History of Masked Societies in East Asia," Max-Planck Institute for the History of Science
11月25日(水) East Asian Studies Seminar, University of Manchester

花粉症の歴史と人類学 https://sites.google.com/view/pollenallergyjp
マスクの歴史と人類学 https://sites.google.com/view/hamask2020


sumidatomohisa@gmail.com, 080-5389-0523
http://facebook.com/sumidatomohisa http://twitter.com/sumidatomohisa
http://sumidatomohisa.blogspot.jp http://d.hatena.ne.jp/sumidatomohisa

以下のメールアドレスはお使いいただけません。
sumidatomohisa@utp.or.jp, tomohisa.sumida@maruzen.co.jp, sumida@he.u-tokyo.ac.jp, sumidatomohisa@berkeley.edu, t-sumida@miraikan.jst.go.jp, sumidatomohisa@hotmail.com, sumidatomohisa@softbank.ne.jp, sumidatomohisa@ezweb.ne.jp, sumidatomohisa@docomo.ne.jp


書籍等出版物

  17

論文

  5

講演・口頭発表等

  7

MISC

  24

その他

  19
  • 2017年6月~ ダーウィンルーム読書会 キュレーター 2019年 12月4日 アナ・チン『マツタケ―不確定な時代を生きる術』みすず書房、2019年 8月21日 藤原辰史『給食の歴史』岩波新書、2018年 4月3日 スベトラーナ・アレクシエービッチ『チェルノブイリの祈り―未来の物語』岩波現代文庫、2011年(1997年) 3月6日 クロード・レヴィ=ストロース『悲しき熱帯』中公クラシックス、2001年(1955年) 2月20日 チャールズ・ダーウィン『種の起源』(上・下)渡辺政隆訳、光文社古典新訳文庫、2009年 2月6日 チャールズ・ダーウィン『新訳 ビーグル号航海記』平凡社、2013年 1月21日 ユヴァル・ノア・ハラリ『サピエンス全史』2016年 2018年 12月5日 久保明教『機械カニバリズム―人間なきあとの人類学』講談社選書メチエ、2018年 11月5日 隠岐さや香『文系と理系はなぜ分かれたのか』星海社新書、2018年 10月3日 クロード・レヴィ゠ストロース『悲しき熱帯』中公クラシックス、2001年(1955年) 7月18日 ヤーコプ・フォン・ユクスキュル『生命の劇場』講談社学術文庫、2012年(1950) 7月4日 ヴィクトール・E・フランクル『夜と霧 新版』みすず書房、2002年(1946年) 6月6日 バックミンスター・フラー『宇宙船地球号 操縦マニュアル』ちくま学芸文庫、2000年(1968年) 4月18日 石牟礼道子『椿の海の記』河出文庫、2013年(1973年) 4月4日 ヴィクトール・E・フランクル『夜と霧 新版』みすず書房、2002年(1946年) 3月7日 福澤諭吉(齋藤孝訳)『現代語訳 学問のすすめ』ちくま新書、2009年 2月7日・28日 チャールズ・ダーウィン『種の起源』(上・下)渡辺政隆訳、光文社古典新訳文庫、2009年 2017年 12月6日 橋本毅彦『図説 科学史入門』ちくま新書、2016年 11月1日 國分功一郎『中動態の世界—意志と責任の考古学』医学書院、2017年 10月4日 広井良典『ポスト資本主義―科学・人間・社会の未来』岩波新書、2015年 9月6日 アンドレア・ウルフ『フンボルトの冒険―自然という〈生命の網〉の発明』NHK出版、2017年 7月12日 石牟礼道子『苦海浄土―わが水俣病』(新装版)講談社文庫、2004年(1969年) 6月21日 ユヴァル・ノア・ハラリ『サピエンス全史―文明の構造と人類の幸福』河出書房新社、2016年
  • 2010年3月28日 話題提供 スティーヴ・フラー『知識人として生きる』について、STS Network Japan、東京工業大学 http://blog.stsnj.org/2010/03/sts-network-japan-s.html

共同研究・競争的資金等の研究課題

  1