炭竈享司

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/30 13:04
 
アバター
研究者氏名
炭竈享司
 
スミカマ タカシ
eメール
sumistaff.kanazawa-u.ac.jp
所属
金沢大学
部署
ナノ生命科学研究所
学位
博士(理学)(名古屋大学)
科研費研究者番号
30579412
ORCID ID
0000-0003-3696-5720

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
金沢大学 新学術創成研究機構ナノ生命科学研究所 博士研究員
 
2010年2月
 - 
2018年3月
福井大学 医学部 特命助教
 
2008年10月
 - 
2010年1月
分子科学研究所 博士研究員
 
2008年4月
 - 
2008年9月
名古屋大学 理学研究科 G-COE研究員
 

委員歴

 
2018年1月
 - 
2018年12月
日本生物物理学会  分野別専門委員(イオン透過)
 
2016年1月
 - 
2016年12月
日本生物物理学会  分野別専門委員(イオン透過)
 

受賞

 
2018年3月
日本生理学会 入澤宏・彩記念若手研究奨励賞
 
2017年7月
福井大学 医学部教員・学生による最優秀論文賞
 
2017年3月
日本生物物理学会中部支部 最優秀発表賞
 
2016年11月
福井大学 医学部教員・学生による優秀論文賞
 

論文

 
Katsuhiro Ajito, Yuko Ueno, Jae-Young Kim, Takashi Sumikama(イコール・コントリビュータ)
JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   140 13793-13797   2018年10月   [査読有り]
Kazuko Mizuno, Takashi Sumikama, Yoshinori Tarnai, Masahiko Tani
2018 43rd International Conference on Infrared, Millimeter, and Terahertz Waves (IRMMW-THz)      2018年9月   [査読有り]
An alternative permeation mechanism through the K+ channel
Takashi Sumikama, Shigetoshi Oiki
JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENCES   68 S74   2018年3月   [査読有り]
Kalathingal Mahroof, Sumikama Takashi, Mori Toshifumi, Oiki Shigetoshi, Saito Shinji
PHYSICAL CHEMISTRY CHEMICAL PHYSICS   20(5) 3334-3348   2018年2月   [査読有り]
Takashi SUMIKAMA
Seibutsu Butsuri   58(2) 108   2018年   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
Towards elucidating the physical origin of force in AFM measurements and a method analyzing dynamics observed by HS-AFM [招待有り]
炭竈享司
WPI-NanoLSI workshop “Trends in Computational Molecular Biophysics”   2018年11月   
K+チャネルでのイオンの透過と選択性の誤謬:どこで何を間違えたか? [招待有り]
炭竈享司
蛋白研研究会「構造情報に基づいた膜イオン輸送タンパク質の生理機能の解明に向けて 」   2018年9月   
KcsAチャネルでのK+とNa+の選択的透過のMDシミュレーションによる再現 [招待有り]
炭竈享司
第3回イオンチャネル研究会チャネルフェニックス   2018年7月   
Water orientation in nanocavity of the Kv1.2 channel and its role in ion permeation: A molecular dynamics study [招待有り]
炭竈享司
Workshop on Reaction and Structural Dynamics in Condensed Phases   2017年11月   
何がK+チャネルでのイオンの透過速度を決めるか?:分子動力学シミュレーションによる研究 [招待有り]
炭竈享司
ナノ計測勉強会2017   2017年10月   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
イオンチャネルの多量体化の機構の解明とその生理的意義
日本学術振興会: 若手研究B
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 炭竈享司
Revealing the physical origin of AFM images on soft matters: a computational and experimental study
金沢大学: ナノ生命科学研究所融合研究推進グラント
研究期間: 2018年10月 - 2019年3月    代表者: 炭竈享司
チャネル機能発現における膜上集合・離散動態の新しい機構の解明
日本学術振興会: 基盤研究A
研究期間: 2014年4月 - 2018年3月    代表者: 老木成稔
種々のカリウムチャネルを通るイオン透過機構の統一的 理解
福井大学: 学長裁量経費
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月    代表者: 炭竈享司
カリウムチャネルにおけるイオン選択性と透過機構を統一的に記述する 理論の開発
日本学術振興会: 若手研究B
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 炭竈享司

特許

 
特許5704630 : 晶析過程制御方法および装置
味戸克裕、上野祐子、久々津直哉、芳賀恒之、斉藤真司、炭竈享司