純丘 曜彰

J-GLOBALへ         更新日: 17/03/21 19:06
 
アバター
研究者氏名
純丘 曜彰
 
スミオカ テルアキ
ハンドル
Prof.Dr. SUMIOKA
eメール
sumiokaosaka-geidai.ac.jp
URL
http://www.hi-ho.ne.jp/sumioka-info/
所属
大阪芸術大学
部署
芸術学部
職名
教授
学位
博士(美術)(東京藝術大学), 文学修士(東京大学), 文学士(東京大学)

プロフィール

すみおか てるあき  大阪芸術大学 教授(芸術学部 教養課程、哲学)。美術博士(東京藝術大学、美学)、文学修士(東京大学、哲学)。東京生まれ。東京大学 教養学部 1組(類横断インタークラス)入学、同文学部 哲学科 卒業、東京大学大学院 人文科学研究科 哲学専攻 修了。テレビ朝日 報道局 報道制作部ブレーンとして『朝まで生テレビ!』を立ち上げ、玉川大学 講師、東海大学 准教授、ドイツ・グーテンベルク(マインツ)大学 客員教授を経て、現職に至る。専門は、哲学、メディア文化論。みずからも小説、作曲、デザインなどの創作を 数多く手がける。

最近のエントリー

RSS
 
 
11/01 06:00
 

研究分野

 
 

経歴

 
2010年
 - 
現在
大阪芸術大学 芸術学部 教授
 
2008年
 - 
2010年
東海大学 総合経営学部 准教授
 
2008年
 - 
2009年
グーテンベルク大学 メディア学部映画学科 客員教授
 
2003年
 - 
2008年
九州東海大学 応用情報学部 准教授
 
1998年
 - 
2003年
九州東海大学 工学部経営管理学科 専任講師
 

学歴

 
 
 - 
1990年
東京大学 人文科学研究科 哲学専攻
 
 
 - 
1987年
東京大学 文学部 哲学科
 
 
 - 
1980年
成城学園高等学校  
 

委員歴

 
2004年
 - 
2008年
熊本市  景観審議会委員
 
2001年
 - 
2008年
熊本朝日放送  番組審議会委員
 

受賞

 
2001年11月
東海大学 松前重義賞 松前重義生誕百年記念
 
1987年3月
産経新聞社 文部大臣賞 第二回論文募集「都市と自然」
 

論文

 
MOVIE STRIOTICS 0. INTRODUCTION
純丘 曜彰
   2017年3月
Japanese Western Movies
純丘 曜彰
GLOBAL WESTERN CONFERENCE      2013年   [招待有り]
Although Japan is not the West of the US, Japan has a similar frontier called Ura-kaido (the back society) for the outcasts and outlaws inside it. Setting the story in it, many sentimental and nostalgic historical/modern drama had been made. These...
Bricolage: Coco Chanel vs. Levi-strauss
純丘 曜彰
大阪芸術大学紀要「藝術」   35 79-91   2012年   [査読有り]
The word ‘bricolage’ became known academically by Levi-Strauss’ book. He defined it ‘the amateur-work applying only the materials in hand.’ Looking back to the real history, the bricolage in modern times began rather professionally with the appear...
The Invisible Beauty of Cinema
純丘 曜彰
大阪芸術大学紀要「藝術」   34 27-36   2011年   [査読有り]
The beauty of cinema consists not in the Physical image, but on a Metaphysical level in the story. By the Paragone problem, Aesthetic Metaphysics was lost, while the Stimulus Theory became superior instead. Especially Metz, denying Typage and Lang...
Critique of Art Interpretation
純丘 曜彰
東海大学総合経営学部紀要   2 21-28   2009年   [査読有り]
Do we need Art-Science that interprets art with word? Art should be by nature self-evident. However, in the face of an artwork that does not belong to us, we began to use Iconography to translate it into our culture. Such an interpretation depends...
アクション映画とはなにか
純丘 曜彰
九州東海大学応用情報学部紀要   (8) 1-12   2007年9月   [査読有り]
お笑いのレトリック
純丘 曜彰
九州東海大学応用情報学部紀要   (7) 1-10   2006年9月   [査読有り]
Isagogics for Cinema-Aesthetics
純丘 曜彰
九州東海大学応用情報学部紀要   (6) 1-8   2005年   [査読有り]
In this essay, we try to clear the way to the general aesthetic theory of film with the hint by Baumgarten. To review the antecedent researches, although Eisenstein and the French Nouvelle Vague challenged the theoretical artificiality in their ma...
Movie Grammer & Image Technique
純丘 曜彰
九州東海大学応用情報学部紀要   (5) 1-14   2004年   [査読有り]
We study here the movie grammar as the story structure, especially of Feature Movies. In the cognition of the movie, we do it at the level of the Understanding with the concepts. There are two types of the shots grammar: ‘one by one’ to explain th...
不純理性批判
純丘 曜彰
九州東海大学応用情報学部紀要   (4) 11-17   2003年9月   [査読有り]

Misc

 
ビジネスとしての映画:グーテンベルク大学講義録
純丘 曜彰
   2008年10月
https://researchmap.jp/murtodd2o-1769546/#_1769546
https://researchmap.jp/mugmbphcl-1769546/#_1769546
https://researchmap.jp/muv8n76jn-1769546/#_1769546
https://researchmap.jp/muz22r09l-1769546/#_1769546
https://researchmap.jp/mul0k151w-1769546/#_...
マンガとアニメ:グーテンベルク大学講義録
純丘 曜彰
   2008年4月
https://researchmap.jp/mue1cqfew-1769546/#_1769546
情報と12のメディア(連載)
純丘 曜彰
ウェブ東海      2004年1月   [依頼有り]
~2004年12月
総合教育ゼミ:体験型学習の試み
純丘 曜彰
東海大学教育研究所資料集   (7) 61-65   1999年9月
デジタル教材による講義のシステム化
純丘 曜彰
東海大学教育研究所資料集   (6) 127-131   1998年9月

書籍等出版物

 
近世ヨーロッパの思想と社会
純丘 曜彰
office SUMIOKA publishing   2012年   
『ハイジに会いたい!』
三修社   2006年   
『人気テレビ番組の文法』
フィルムアート社   2006年   
『エンターテイメント映画の文法』
フィルムアート社   2005年   
『きらめく映像ビジネス!』
集英社   2004年   

講演・口頭発表等

 
Japanese Western Movies [招待有り]
純丘 曜彰
Global Western Conference   2013年4月3日   
邦画と西部劇
純丘 曜彰
日本映画学会   2012年12月1日   
映画の美 [招待有り]
純丘 曜彰
日本映画学会   2010年12月4日   
小説の映画化における実践的諸問題
純丘 曜彰
日本映像学会   2007年6月2日   
テレビはなぜ「くだらない」か
純丘 曜彰
日本映像学会   2006年6月10日   

担当経験のある科目

 
 

Works

 
小説『アマテラスの黄金』
純丘 曜彰   芸術活動   2017年
小説『悪魔は涙を流さない』
純丘 曜彰   芸術活動   2014年
小説『夢見る幽霊』
純丘 曜彰   芸術活動   2013年
ミュージカル『火の城』脚本作曲
芸術活動   2003年
小説『死体は血を流さない』
純丘 曜彰   芸術活動   2009年

競争的資金等の研究課題

 
人間性と社会性における感性の機能
研究期間: 2010年   
哲学において、感性は、明晰判明ではないとして、理性よりも下位に位置づけられてきた。しかし、それは、合理性優位と効率性優先という近代のイデオロギーに基づくドグマであり、理念ではなく現実に即して考えるならば、むしろ不合理で無目的な自然の人間や社会においては、感性こそがその原理となっているのではないだろうか。そして、明晰判明ではないことによってこそ、ばらばらの事象をひとつの人生に結びつけ、共同体としてのつながりを生み出しているのではないだろうか。