角谷由美子

J-GLOBALへ         更新日: 16/04/14 01:17
 
アバター
研究者氏名
角谷由美子
所属
神戸女学院大学大学院文学研究科
学位
修士(英文学)(神戸女学院大学大学院), 博士(文学)(神戸女学院大学大学院)

プロフィール

2005年、神戸女学院大学大学院より修士(英文学)取得。
2015年、同大学院より博士号(文学)取得。
現在は同大学の非常勤講師として、進化論および優生学が文学に与えた影響をD.H.ロレンス作品を中心に研究。

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
阪南大学 非常勤講師
 
2015年10月
 - 
現在
大阪学院大学 非常勤講師
 
2011年4月
 - 
現在
神戸女学院大学 非常勤講師
 
2007年4月
 - 
2013年3月
阪南大学 非常勤講師
 
2007年4月
 - 
2013年3月
兵庫医療大学 非常勤講師
 

書籍等出版物

 
今日の世界と文学の対話
分担翻訳 (平井雅子、和気節子監修)
大阪教育図書   2006年2月   ISBN:4271113107
国際シンポジウムの英日対訳。
Now, to Be! 『今、生きる!子規の世界』
分担翻訳 (平井雅子編著・監修)
遊タイム出版   2003年8月   ISBN:4860100409
正岡子規『仰臥漫録』の日英対訳。

論文

 
D. H. Lawrence's Confrontation of Eugenics: From Encounter with the Pre-Darwinian Theories
Yumiko Sumitani
Kobe College      2015年3月   [査読有り]
The Contagious Disease: From Jude the Obscure and to Sons and Lovers
Yumiko Sumitani
阪南論集   48巻(2号) 11-18   2013年3月   [査読有り]
D.H.Lawrence's Early Works Representing the Final Phase of Demographic Transition: Based on Thomas Robert Malthus's Population Theory
Yumiko Sumitani
The Edgewood Review   (37号) 21-34   2011年3月
Birth Conrol in Lady Chatterley's Lover: D. H. Lawrence's Contradictory Response to Eugenics
Yumiko Sumitani
D. H. ロレンス研究   (19号) 1-12   2009年3月   [査読有り]
『虹』における「魂の行方」―詩人テニスンへの言及の意味
角谷由美子
D. H. ロレンス研究   (17号) 55-67   2007年3月   [査読有り]
「赤子」のイメージに読み解く進化論の影響―テニスン『イン・メモリアム』とロレンス作品の比較
角谷由美子
文芸学研究   (11号) 17-29   2007年3月   [査読有り]
The Problem of "An Individual" in Sons and Lovers by D. H. Lawrence: In Response to Herbert Spencer
Yumiko Sumitani
第13回日韓美学研究会報告書   66-74   2006年7月
A Passion for Morality: Middlemarch by George Eliot and Education by Herbert Spencer
Yumiko Sumitani
The Edgewood Review   (32号) 17-28   2006年3月
D. H. Lawrence's Response to Herbert Spencer in Sons and Lovers
Yumiko Sumitani
修士論文      2005年2月

書評

 
2012年3月
【掲載誌】
『D.H.ロレンス研究』第22号,58-61

【書評対象書籍】
Carl Krockel著
『War Trauma and English Modernism: T. S. Eliot and D. H. Lawrence』
Palgrave Macmillan, 2011年出版
2010年3月
【掲載誌】
『D.H.ロレンス研究』第20号,86-89

【書評対象書籍】
Earl Ingersoll, Viginia Hyde 編集
『Windows to the Sun: D. H. Lawrence's "Thought-Adventures"』
Fairleigh Dickinson UP, 2009年出版

講演・口頭発表等

 
Yumiko Sumitani
13th International D. H. Lawrence Conference   2014年6月23日   
The Flowering of Motherhood Culture in D.H.Lawrence's The Plumed Serpent
Yumiko Sumitani
第12回国際D.H.ロレンス学会   2011年6月   
伝染する「病」―『日蔭者ジュード』から『息子と恋人』へ
角谷由美子
日本ロレンス協会第42 回大会   2011年6月   
"Birth Contol" in Lady Chatterley's Lover
角谷由美子
日本ロレンス協会第39回大会   2008年6月   
Evolution in the Image of "an Infant": Tennyson's In Memoriam and Lawrence's The Rainbow
角谷由美子
第31回神戸女学院大学英文学会   2006年11月   
『虹』におけるD. H. ロレンスの詩人テニスンへの言及意義とは
角谷由美子
第27回文芸学研究会   2006年7月   
『虹』におけるブラングウェン家の魂の軌跡―詩人テニスンへの言及意義を踏まえて
角谷由美子
日本ロレンス協会第37回大会   2006年6月   
The Problem of "An Individual" in Sons and Lovers by D. H. Lawrence: In Response to Herbert Spencer
Yumiko Sumitani
The 13th Conferernce of Korean-Japanese Aethetics Studies Society   2005年8月   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
夏期派遣研究(ケンブリッジ大学・クレアホール)
神戸女学院大学大学院: 文学研究科研究生の研修会参加補助
研究期間: 2013年8月 - 2013年9月    代表者: 角谷由美子
夏期派遣研究(ケンブリッジ大学・クレアホール)
神戸女学院大学大学院: 文学研究科研究生の研修会参加補助
研究期間: 2012年8月 - 2012年9月    代表者: 角谷由美子
夏期派遣研究(ケンブリッジ大学・クレアホール)
神戸女学院大学大学院: 私費研究
研究期間: 2004年7月 - 2004年9月    代表者: 角谷由美子

受賞

 
2015年3月
留学ジャーナル 2015年UCLA奨学生 Academic Intensive English Program Summer 2015