Yukari Onishi

J-GLOBAL         Last updated: Jul 15, 2019 at 13:50
 
Avatar
Name
Yukari Onishi
Affiliation
The University of Human Environments
Section
Faculty of Nursing

Published Papers

 
セルフヘルプ・グループに参加するがん患者の体験
末貞 晶子, 友永 咲季, 西山 支帆子, 成田 花奈, 石神 友佳, 大西 ゆかり, 内田 雅子
高知女子大学看護学会誌   43(1) 169-178   Dec 2017
本研究の目的は、セルフヘルプ・グループ(以下、SHG)に参加するがん患者の体験を明らかにすることである。SHGに参加する女性生殖器がん患者5名を対象に半構成的面接を行い、質的帰納的分析を行った。SHGに参加するがん患者の体験は、8つのカテゴリーが抽出され、その体験は3つの段階に分類された。がん罹患による衝撃から適応に向けて歩みだしていく段階では【自分1人が苦しみを抱えているわけではないと自覚できる】などの体験をし、同病者同士で交流することにより、改めて生き方を考える段階では【同病者の病状悪...
がん診療連携拠点病院におけるリンパ浮腫ケアに関する実態調査 日本がん看護学会教育・研究活動委員会報告(平成27〜28年度)
奥 朋子, 藤田 佐和, 井沢 知子, 大西 ゆかり, 熊谷 靖代, 保坂 ルミ, 増島 麻里子, 小松 浩子
日本がん看護学会誌   31 124-129   Apr 2017
がん診療連携拠点病院におけるリンパ浮腫ケアの実態を明らかにすることを目的に、全国の当該病院を対象にリンパ浮腫ケアの状況を把握している看護師へ自由記述を含む質問紙調査を行い、200施設より回答を得た。その結果、がん診療連携拠点病院では、リンパ浮腫の予防指導だけでなく、リンパ浮腫発症後の治療体制も徐々に充実してきている状況が窺えた。一方、自由記述の内容分析から、リンパ浮腫ケアにおける課題として、【リンパ浮腫ケアを行う人、時間、場所の確保が難しい】【患者のニーズに対応できる体制がない】が挙げられた。
大西 ゆかり, 藤田 佐和
日本がん看護学会誌   30(1) 82-92   May 2016
本研究の目的は,社会的認知理論を基盤に「リンパ浮腫セルフマネジメントプログラム」を開発し,短期的評価を行い,よりよいプログラムに修正することである.研究協力の得られたA施設で,1群事後テストデザインによる準実験研究を行った.対象者は乳がん,子宮がん,卵巣がんと診断され,リンパ節郭清術を受けた31名である.対象者にリンパ浮腫セルフマネジメントプログラムを用いた介入を行い,質問紙調査による教育目標の達成度と教育方法の適切性,およびリンパ浮腫の初期徴候の有無からプログラムの短期的評価を行った.質...
がんサバイバーのためのリンパ浮腫セルフマネジメントプログラムの開発過程
大西 ゆかり, 藤田 佐和
高知女子大学看護学会誌   38(2) 50-61   Jun 2013
本研究の目的は、社会的認知理論を基盤とし、がんの治療後リンパ浮腫発症のリスクがある患者のための「リンパ浮腫セルフマネジメントプログラム」(以下、プログラム)を開発することである。本稿では、開発過程について報告する。文献検討を基にプログラム原案を作成し、リンパ浮腫ケアに精通する学術専門家及びケア実践者6名を対象にインタビューを行い、プログラムを洗練化した。開発したプログラムは3回のセッションで構成し、リンパ浮腫発症のリスクがある患者が、リンパ浮腫の予防的管理に必要な知識と技術を身につけ、意図...
慢性の経過をたどる患者のセルフマネジメントの概念分析 リンパ浮腫のあるがん患者への活用
大西 ゆかり
高知女子大学看護学会誌   35(1) 27-53   Jul 2010
セルフマネジメントは、看護の領域で頻繁に用いられている用語だが、その概念規定はあいまいである。本稿では、セルフマネジメントの概念を明確化し、リンパ浮腫患者の理解や援助に有用な概念かどうかを検討するために概念分析を行った。医学、心理学、社会福祉学、看護学の領域から抽出した50の文献と辞書やテキストを対象とし、Walker & Avantの手法を参考に分析した。分析の結果、セルフマネジメントとは、患者が自分の能力を活用して、疾患の管理という個人の目標に向けて意図的に行う取り組みであり、取り組み...
続発性リンパ浮腫を発症した患者に対する介入方法の検証
大西 ゆかり, 野本 ひさ
日本看護学会論文集: 成人看護II   (38) 62-64   Feb 2008
続発性リンパ浮腫を発症した10例を無作為に2群に分けて、患者が自宅で実施するセルフケア方法の指導を行い、その効果を検証した。指導内容は複合的理学療法に基づく4項目(感染予防を目的としたスキンケア。鬱滞したリンパを正常に機能しているリンパ節へ誘導するマッサージの方法。弾性包帯や既製のスリーブ・ストッキングを用いた圧迫の仕方。圧迫下での運動)とした。指導を受け4週間実施した効果は、9例(90%)で浮腫の減少が認められた。指導を4回受けた群(5例)と1回しか受けなかった群(5例)とで浮腫の減少率...

Misc

 
【がん患者のリンパ浮腫ケア】 (Part6)がん患者のセルフマネジメントを引き出し高める教育的支援
大西 ゆかり
看護技術   62(2) 155-158   Feb 2016
【がん患者のリンパ浮腫ケア】 (Part4)リンパ浮腫のセルフモニタリング
大西 ゆかり
看護技術   62(2) 125-129   Feb 2016
【基礎から最新知識まで 最前線のリンパ浮腫ケア】 リンパ浮腫のクリニカルパス
河村 進, 大西 ゆかり, 浅野 尚美, 渡辺 弘美, 中岡 初枝
臨床看護   36(7) 900-906   Jun 2010

Conference Activities & Talks

 
リンパ浮腫のリスクリダクションを推進する患者教育における看護師の取り組みと課題
大西 ゆかり, 庄司 麻美, 藤田 佐和
日本がん看護学会誌   Jan 2017   
リスクリダクションに関する文献検討 リンパ浮腫発症のリスクがあるがんサバイバーの患者教育への活用
大西 ゆかり, 青木 美和, 藤田 佐和
日本がん看護学会誌   Jan 2016   
がん診療におけるリンパ浮腫治療・リンパ浮腫外来に対する認識についての職員アンケート調査とその後の取り組み
清藤 佐知子, 河村 進, 大西 ゆかり, 浅野 尚美, 渡部 弘美, 中岡 初枝, 水木 恵子, 中岡 加代子, 川口 由美子
日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集   Jun 2012   
リンパ浮腫基本クリティカルパスの公開によるリンパ浮腫標準治療(複合的治療)の啓発
河村 進, 大西 ゆかり
国立病院総合医学会講演抄録集   Oct 2011   
リンパ浮腫クリティカルパスの公開によるリンパ浮腫標準治療の啓発
河村 進, 大西 ゆかり, 浅野 尚美, 渡部 弘美, 中岡 初枝
日本医療マネジメント学会雑誌   Jun 2011   
多施設共同によるリンパ浮腫クリニカルパスの作成 リンパ浮腫保存的治療の標準化を目指して
渡部 弘美, 河村 進, 大西 ゆかり, 浅野 尚美, 中岡 初江
日本クリニカルパス学会誌   Nov 2010