論文

査読有り
2019年

農業データの連携における農作業の標準語彙体系の構築

農業情報研究
  • 朱 成敏
  • ,
  • 小出 誠二
  • ,
  • 武田 英明
  • ,
  • 法隆 大輔
  • ,
  • 竹崎 あかね
  • ,
  • 吉田 智一

28
3
開始ページ
143
終了ページ
156
記述言語
日本語
掲載種別
DOI
10.3173/air.28.143
出版者・発行元
農業情報学会

<p>本研究では農業ICTシステムのデータ連携における標準語彙として農作業基本オントロジーを提案する.農作業基本オントロジーは,様々な農作業に対して記述論理に基づく定義と構造化を⾏うことで,農作業名称が持つ意味の多様性を明確に記述している.また,同義語や関連情報も収録されており,データ間の連携や統合における基準情報として活⽤することができる.これにより,異なる農業ICTシステムからのデータを連携させて分析することが可能となる.さらに,農作業同⼠の意味関係を論理的に定義することにより,農業データの意味把握と分析も容易となる.農作業基本オントロジーはLinked Open Data(LOD)形式でも公開されており,相互運⽤性と機械可読性が確保されている.農作業基本オントロジーは農作物に関する情報や国内外の農業に関連する情報体系とも連携されており,⾼度な知識処理が可能な農業分野における知識基盤としての利活⽤が期待される.最後に農作業基本オントロジーの応⽤事例として統計調査の⾃動化とオントロジーによる農作業の推論を紹介し,その有⽤性と可能性について検討する.</p>

リンク情報
DOI
https://doi.org/10.3173/air.28.143
CiNii Articles
http://ci.nii.ac.jp/naid/130007722230

エクスポート
BibTeX RIS