鈴木 宏志

J-GLOBALへ         更新日: 19/11/27 15:11
 
アバター
研究者氏名
鈴木 宏志
 
スズキ ヒロシ
eメール
hisuzukiobihiro.ac.jp
所属
帯広畜産大学
部署
原虫病研究センター ゲノム機能学分野
職名
教授
科研費研究者番号
60333473

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2001年11月
 - 
現在
岐阜大学大学院連合獣医学研究科 教授
 
2001年4月
 - 
現在
帯広畜産大学 原虫病研究センター ゲノム機能学分野 教授
 
2010年4月
 - 
2014年3月
帯広畜産大学 原虫病研究センター  センター長
 
2002年11月
 - 
2007年10月
東京大学大学院 医学系研究科 発生・医療工学(三共)講座 客員教授
 
2003年11月
 - 
2007年1月
帯広畜産大学  学長補佐
 
1997年10月
 - 
2001年3月
中外製薬㈱創薬資源研究所 ゲノム創薬・発生工学グループ  グループリーダー・主任研究員
 
1997年4月
 - 
2001年3月
科学技術庁放射線医学総合研究所 客員研究官
 
1997年2月
 - 
1997年9月
中外製薬㈱探索研究所 主任研究員
 
1996年4月
 - 
1997年3月
科学技術庁放射線医学総合研究所 外来研究員
 
1996年4月
 - 
1997年1月
中外製薬㈱探索研究所 研究主査
 
1992年2月
 - 
1993年1月
中外製薬㈱前臨床研究所  研究主査
 
1985年4月
 - 
1992年1月
中外製薬㈱開発研究所実験動物センター
 

学歴

 
1995年2月
 - 
1995年2月
東京大学論文博士(獣医学博士)  
 
1984年4月
 - 
1985年3月
北里大学獣医畜産学部北里研究科畜産学専攻修士課程  
 
1979年4月
 - 
1983年3月
北里大学獣医畜産学部  
 

委員歴

 
2018年8月
 - 
現在
マラヤ大学  学位論文外部審査委員
 
2017年6月
 - 
現在
日本卵子学会  学会将来検討委員会委員
 
2017年3月
 - 
現在
日本卵子学会  代議員
 
2015年6月
 - 
現在
日本卵子学会  胚培養士認定委員会委員
 
2013年4月
 - 
現在
日本卵子学会  常任理事
 

受賞

 
2016年
THERIOGENOLOGY Outstanding Contribution in Reviewing
 
2010年
第150回日本獣医学会 日本獣医繁殖学・優秀発表賞 スキムミルクと糖を用いた凍結希釈液によるイヌ精液の凍結保存と人工授精
 
2009年
第147回日本獣医学会学術集会 ポスター賞 イヌ胚の凍結保存と移植
 
1997年
財団法人循環器学研究振興財団 内田賞(褒賞) A role for macrophage scavenger receptors in atherosclerosis and susceptibility to infection.
 
1996年
日本動脈硬化学会 奨励賞・最優秀賞 Impaired macrophage uptake and adhesion activities in mice lacking macrophage scavenger receptors.
 

論文

 
Umemiya-Shirafuji R, Mihara R, Fujisaki K, Suzuki H
Parasites & vectors   12(1) 205   2019年5月   [査読有り]
Guo H, Adjou Moumouni PF, Thekisoe O, Gao Y, Liu M, Li J, Galon EM, Efstratiou A, Wang G, Jirapattharasate C, Ringo AE, Mtshali K, Inoue N, Suzuki H, Xuan X
Ticks and tick-borne diseases      2019年4月   [査読有り]
Shichiri M, Ishida N, Hagihara Y, Yoshida Y, Kume A, Suzuki H
Journal of clinical biochemistry and nutrition   64(2) 129-142   2019年3月   [査読有り]
Adjou Moumouni PF, Guo H, Gao Y, Liu M, Ringo AE, Galon EM, Vudriko P, Umemiya-Shirafuji R, Inoue N, Suzuki H, Xuan X
Veterinary parasitology, regional studies and reports   14 137-143   2018年12月   [査読有り]
Kume A, Kasai S, Furuya H, Suzuki H
Parasitology research   117(10) 3177-3182   2018年10月   [査読有り]
Ringo AE, Adjou Moumouni PF, Lee SH, Liu M, Khamis YH, Gao Y, Guo H, Zheng W, Efstratiou A, Galon EM, Li J, Tiwananthagorn S, Inoue N, Suzuki H, Thekisoe O, Xuan X
Ticks and tick-borne diseases   9(6) 1437-1445   2018年9月   [査読有り]
Vudriko P, Umemiya-Shirafuji R, Okwee-Acai J, Tayebwa DS, Byaruhanga J, Bbira JS, Fujisaki K, Xuan X, Suzuki H
Ticks and tick-borne diseases   9(6) 1590-1593   2018年9月   [査読有り]
Hori T, Nedachi T, Suzuki H, Harakawa S
Bioelectromagnetics   39(7) 516-528   2018年8月   [査読有り]
Mihara R, Umemiya-Shirafuji R, Abe Y, Matsuo T, Horiuchi N, Kawano S, Fujisaki K, Suzuki H
Parasitology international   67(4) 465-471   2018年8月   [査読有り]
Umemiya-Shirafuji R, Hatta T, Okubo K, Sato M, Maeda H, Kume A, Yokoyama N, Igarashi I, Tsuji N, Fujisaki K, Inoue N, Suzuki H
Acta parasitologica   63(2) 433   2018年6月   [査読有り]
Vudriko P, Okwee-Acai J, Byaruhanga J, Tayebwa DS, Okech SG, Tweyongyere R, Wampande EM, Okurut ARA, Mugabi K, Muhindo JB, Nakavuma JL, Umemiya-Shirafuji R, Xuan X, Suzuki H
Ticks and tick-borne diseases   9(4) 945-955   2018年5月   [査読有り]
Ringo AE, Adjou Moumouni PF, Taioe M, Jirapattharasate C, Liu M, Wang G, Gao Y, Guo H, Lee SH, Zheng W, Efstratiou A, Li J, Inoue N, Suzuki H, Thekisoe O, Xuan X
Parasitology international   67(2) 144-149   2018年4月   [査読有り]
Adjou Moumouni PF, Aplogan GL, Katahira H, Gao Y, Guo H, Efstratiou A, Jirapattharasate C, Wang G, Liu M, Ringo AE, Umemiya-Shirafuji R, Suzuki H, Xuan X
Ticks and tick-borne diseases   9(3) 450-464   2018年3月   [査読有り]
Vudriko P, Okwee-Acai J, Byaruhanga J, Tayebwa DS, Omara R, Muhindo JB, Lagu C, Umemiya-Shirafuji R, Xuan X, Suzuki H
Ticks and tick-borne diseases   9(2) 254-265   2018年2月   [査読有り]
Abe Y., Yokozawa S., Umemiya-Shirafuji R., Moumouni P. F. A., Suwa Y., Suzuki H.
REPRODUCTION IN DOMESTIC ANIMALS   53(1) 237-242   2018年2月   [査読有り]
Vudriko P, Umemiya-Shirafuji R, Okwee-Acai J, Tayebwa DS, Byaruhanga J, Jirapattharasate C, Liu M, Adjou Moumouni PF, Fujisaki K, Xuan X, Suzuki H
Pesticide biochemistry and physiology   143 181-190   2017年11月   [査読有り]
Hori T, Inoue N, Suzuki H, Harakawa S
Bioelectromagnetics   38(4) 265-271   2017年5月   [査読有り]
Harakawa S, Hori T, Inoue N, Suzuki H
Bioelectromagnetics   38(4) 272-279   2017年5月   [査読有り]
Wakasa I, Hayashi M, Abe Y, Suzuki H
Reproduction in domestic animals = Zuchthygiene   52 Suppl 2 219-223   2017年4月   [査読有り]
Jirapattharasate C, Adjou Moumouni PF, Cao S, Iguchi A, Liu M, Wang G, Zhou M, Vudriko P, Efstratiou A, Changbunjong T, Sungpradit S, Ratanakorn P, Moonarmart W, Sedwisai P, Weluwanarak T, Wongsawang W, Suzuki H, Xuan X
Parasitology research   116(2) 751-762   2017年2月   [査読有り]
Zhou M, Cao S, Sevinc F, Sevinc M, Ceylan O, Ekici S, Jirapattharasate C, Moumouni PF, Liu M, Wang G, Iguchi A, Vudriko P, Suzuki H, Xuan X
Ticks and tick-borne diseases   8(2) 246-252   2017年2月   [査読有り]
Wang G, Efstratiou A, Adjou Moumouni PF, Liu M, Jirapattharasate C, Guo H, Gao Y, Cao S, Mo Zhou, Suzuki H, Igarashi I, Xuan X
Experimental parasitology   172 5-11   2017年1月   [査読有り]
Zhou M, Cao S, Sevinc F, Sevinc M, Ceylan O, Liu M, Wang G, Moumouni PF, Jirapattharasate C, Suzuki H, Nishikawa Y, Xuan X
The Journal of veterinary medical science   78(12) 1877-1881   2017年1月   [査読有り]
Application of Percoll density gradient centrifugation for separation of Babesia ovata infected erythrocytes.
Sato, M., Hatta, T., Maeda, H., Tsubokawa, D., Alim, M. A., Tsuji, N., Inoue, N., Suzuki, H. and Umemiya-Shirafuji, R.,
J. Protozool. Res.   27 8-12   2017年   [査読有り]
鈴木宏志, 横澤幸美, 橋本友樹, 伊藤美咲, 水上言, 高柳友子, 諏訪義典, 加藤淳一, 古橋博昭, 和田孝文
日本補助犬科学研究   10(1) 24‐27-27   2016年10月
【目的】身体障害者補助犬の社会への浸透を促進するためには、人獣共通感染症を含む補助犬の公衆衛生管理の充実および補助犬の能力に関与する遺伝的疾患の把握は、重要な要素であると考えられる。2008年、補助犬に汎用されているラブラドールレトリバーに好発する運動誘発性虚脱症候群(Exercise-induced collapse:EIC)は、ダイナミン1の突然変異による遺伝性の疾患であることが明らかとなった。補助犬では強い運動付加を求められることがほとんどないことから、特に盲導犬や介助犬としての使役...
Wang G, Efstratiou A, Adjou Moumouni PF, Liu M, Jirapattharasate C, Guo H, Gao Y, Cao S, Zhou M, Suzuki H, Igarashi I, Xuan X
Experimental parasitology   169 6-12   2016年10月   [査読有り]
Kume A, Anh DT, Shichiri M, Ishida N, Suzuki H
Malaria journal   15 472   2016年9月   [査読有り]
Liu M, Ruttayaporn N, Saechan V, Jirapattharasate C, Vudriko P, Moumouni PF, Cao S, Inpankaew T, Ybañez AP, Suzuki H, Xuan X
Parasitology international   65(4) 357-361   2016年8月   [査読有り]
Adjou Moumouni PF, Terkawi MA, Jirapattharasate C, Cao S, Liu M, Nakao R, Umemiya-Shirafuji R, Yokoyama N, Sugimoto C, Fujisaki K, Suzuki H, Xuan X
Ticks and tick-borne diseases   7(5) 828-833   2016年7月   [査読有り]
Liu M, Cao S, Vudriko P, Suzuki H, Soma T, Xuan X
The Journal of veterinary medical science   78(5) 863-865   2016年6月   [査読有り]
Zhou M, Cao S, Luo Y, Liu M, Wang G, Moumouni PF, Jirapattharasate C, Iguchi A, Vudriko P, Terkawi MA, Löwenstein M, Kern A, Nishikawa Y, Suzuki H, Igarashi I, Xuan X
Parasites & vectors   9 257   2016年5月   [査読有り]
Liu M, Cao S, Zhou M, Wang G, Jirapattharasate C, Moumouni PF, Iguchi A, Vudriko P, Suzuki H, Soma T, Xuan X
Ticks and tick-borne diseases   7(2) 298-305   2016年3月   [査読有り]
Iguchi A, Soma T, Suzuki H, Xuan X
The Journal of veterinary medical science   78(3) 489-491   2016年3月   [査読有り]
Zhou M, Cao S, Sevinc F, Sevinc M, Ceylan O, Moumouni PFA, Jirapattharasate C, Liu M, Wang G, Iguchi A, Vudriko P, Suzuki H, Xuan X
Ticks and tick-borne diseases   7(1) 126-134   2016年2月   [査読有り]
Jirapattharasate C, Adjou Moumouni PF, Cao S, Iguchi A, Liu M, Wang G, Zhou M, Vudriko P, Changbunjong T, Sungpradit S, Ratanakorn P, Moonarmart W, Sedwisai P, Weluwanarak T, Wongsawang W, Suzuki H, Xuan X
Parasitology international   65(1) 62-69   2016年2月   [査読有り]
Vudriko P, Okwee-Acai J, Tayebwa DS, Byaruhanga J, Kakooza S, Wampande E, Omara R, Muhindo JB, Tweyongyere R, Owiny DO, Hatta T, Tsuji N, Umemiya-Shirafuji R, Xuan X, Kanameda M, Fujisaki K, Suzuki H
Parasites & vectors   9 4   2016年1月   [査読有り]
Kume A, Herbas MS, Shichiri M, Ishida N, Suzuki H
Parasitology research   115(1) 69-75   2016年1月   [査読有り]
Hariya, M. and Suzuki, H.
J. Mamm. Ova. Res.   33 69-75   2016年   [査読有り]
Hayashi M, Hariya M, Kayano M, Suzuki H
Cryobiology   71(3) 514-517   2015年12月   [査読有り]
Aboge GO, Cao S, Terkawi MA, Masatani T, Goo Y, AbouLaila M, Nishikawa Y, Igarashi I, Suzuki H, Xuan X
The Journal of parasitology   101(5) 536-541   2015年10月   [査読有り]
Adjou Moumouni PF, Aboge GO, Terkawi MA, Masatani T, Cao S, Kamyingkird K, Jirapattharasate C, Zhou M, Wang G, Liu M, Iguchi A, Vudriko P, Ybanez AP, Inokuma H, Shirafuji-Umemiya R, Suzuki H, Xuan X
Parasites & vectors   8 496   2015年9月   [査読有り]
Hori T, Inoue N, Suzuki H, Harakawa S
Bioelectromagnetics   36(4) 302-308   2015年4月   [査読有り]
Ichikawa-Seki M, Aita J, Masatani T, Suzuki M, Nitta Y, Tamayose G, Iso T, Suganuma K, Fujiwara T, Matsuyama K, Niikura T, Yokoyama N, Suzuki H, Yamakawa K, Inokuma H, Itagaki T, Zakimi S, Nishikawa Y
Parasitology international   64(2) 161-166   2015年4月   [査読有り]
Terkawi MA, Cao S, Herbas MS, Nishimura M, Li Y, Moumouni PF, Pyarokhil AH, Kondoh D, Kitamura N, Nishikawa Y, Kato K, Yokoyama N, Zhou J, Suzuki H, Igarashi I, Xuan X
Infection and immunity   83(1) 8-16   2015年1月   [査読有り]
Herbas MS, Shichiri M, Ishida N, Kume A, Hagihara Y, Yoshida Y, Suzuki H
PloS one   10(8) e0136014   2015年   [査読有り]
Gong H, Qin S, Wan X, Zhang H, Zhou Y, Cao J, Xuan X, Suzuki H, Zhou J
Parasitology research   113(12) 4387-4395   2014年12月   [査読有り]
原川信二, 堀卓也, 井上昇, 岡野英幸, 根立隆樹, 鈴木宏志
日本統合医療学会誌   7(2) 60-66   2014年10月
電界処置の日常的な実施の骨密度へ及ぼす影響の検証を目的とし、骨粗鬆症薬の使用歴のない女性467名、男性136名、計603名を対象に後ろ向きのコホート研究を実施した。骨密度測定には超音波法を用いた。超音波の伝搬速度と減衰率から算出されるスティフネス値が骨密度を反映するとの前提で、日本人の同性同年代健常人の標準値を100%とする同年代比較値を用い、骨密度における電界処置の関与を検討した。結果として、男性被験者の同年代比較値は平均105.5%であり標準値を有意に上回った(P<0.01)。70〜9...
Abdel-Ghani MA, Shimizu T, Suzuki H
Reproduction in domestic animals = Zuchthygiene   49(5) 734-739   2014年10月   [査読有り]
Molecular and seroepidemiological survey of Babesia bovis and Babesia bigemina infections in cattle and water buffaloes in the central region of Vietnam.
Li Y, Luo Y, Cao S, Terkawi MA, Lan DT, Long PT, Yu L, Zhou M, Gong H, Zhang H, Zhou J, Yokoyama N, Suzuki H, Xuan X
Tropical biomedicine   31(3) 406-413   2014年9月   [査読有り]
Komaki H, Oi M, Suzuki H
Theriogenology   82(4) 652-656   2014年9月   [査読有り]

Misc

 
Suzuki H, Kume A, Herbas MS
International journal of molecular sciences   20(1)    2018年12月   [査読有り]
七里元督, 石田規子, 久米愛子, 鈴木宏志
日本酸化ストレス学会学術集会プログラム・抄録集   71st 121   2018年4月
ブルキナファッソサヘリアン地域における牛のマダニ・マダニ媒介病原体の分子疫学調査(Survey of ticks and tick-borne pathogens of cattle in the Sahelian region of Burkina Faso)
Adjou Moumouni P.F., 鈴木 宏志, 玄 学南
衛生動物   69(Suppl.) 68-68   2018年3月
原虫病研究センターにおけるマダニ研究の展開
白藤 梨可, 井上 昇, 岡戸 清, 横山 直明, 藤崎 幸蔵, 鈴木 宏志, 玄 学南
衛生動物   69(Suppl.) 90-90   2018年3月
白藤(梅宮)梨可, 國寄真希, 八田岳士, 岡戸清, 辻尚利, 藤崎幸蔵, 鈴木宏志
日本寄生虫学会大会プログラム・抄録集   87th 92   2018年2月
久米愛子, 笠井俊二, 鈴木宏志
日本獣医学会学術集会講演要旨集   160th 341-341   2017年8月
富張 瑞樹, 鈴木 宏志
MPアグロジャーナル   (30) 3-6   2017年7月
白藤(梅宮)梨可, 白藤(梅宮)梨可, 三原涼, 阿部靖之, 阿部靖之, 松尾智英, 堀内雅之, 川野優, 藤崎幸蔵, 鈴木宏志, 鈴木宏志
日本寄生虫学会大会プログラム・抄録集   86th 88   2017年
鈴木宏志, 阿部靖之, 諏訪義典
日本補助犬科学研究   10(1) 76-76   2016年10月
中島永実, 富張瑞樹, 上田裕貴, 薦岡勇気, 新保すみれ, 柳川将志, 阿部靖之, 鈴木宏志, 大石明広
北海道獣医師会雑誌   60(8) 414-414   2016年8月
ベナン国のコイタマダニ(Boophilus)浸潤地域で生育した野生または家畜の牛における獣医学的に重要なダニ媒介病原体の保有率(Prevalence of veterinary important tick-borne pathogens in exotic and indigenous cattle reared in Rhipicephalus(Boophilus) microplus invaded areas in Benin)
Adiou Moumouni Paul Franck, 鈴木 宏志, 玄 学南
日本獣医学会学術集会講演要旨集   159回 339-339   2016年8月
七里元督, 石田規子, 萩原義久, 久米愛子, 鈴木宏志
ビタミン   90(4) 188-188   2016年4月
七里元督, 鈴木宏志
化学と生物   54(5) 305‐307-306   2016年4月
鈴木宏志
日本畜産学会大会講演要旨   121st 138-138   2016年3月
白藤(梅宮)梨可, 中村昇太, 元岡大祐, 按田瑞恵, 飯田哲也, 堀井俊宏, 三原涼, 藤崎幸蔵, 井上昇, 鈴木宏志
日本寄生虫学会大会プログラム・抄録集   85th 63   2016年2月
三原涼, 白藤(梅宮)梨可, 阿部靖之, 川野優, 松尾智英, 藤崎幸蔵, 鈴木宏志
日本ダニ学会誌   25(1) 56   2016年
白藤(梅宮)梨可, 中村昇太, 元岡大祐, 按田瑞恵, 飯田哲也, 堀井俊宏, 三原涼, 鈴木宏志, 井上昇, 藤崎幸蔵
日本ダニ学会誌   25(1) 56   2016年
鈴木宏志, 横澤幸美, 橋本友樹, 伊藤美咲, 水上言, 高柳友子, 諏訪義典, 加藤淳一, 和田孝文
日本補助犬科学研究   9(1) 91-91   2015年9月
井口愛子, 相馬武久, 鈴木宏志, 玄学南
日本獣医学会学術集会講演要旨集   158th 398-398   2015年8月
鈴木宏志, 針谷円
日本実験動物学会総会講演要旨集   62nd 143   2015年4月
久米愛子, DANG Anh Trinh Minh, HERBAS Maria Shirley, 鈴木宏志
日本寄生虫学会大会プログラム・抄録集   84th 68   2015年2月
根本誓哉, 大島なつみ, 茅野光範, 高木しのぶ, 小林菜々恵, 横澤幸美, 姜興起, 鈴木宏志
日本補助犬科学研究   8(1) 104-104   2014年9月
七里元督, SHIRLEY Herbas Costas Maria, 石田規子, 鈴木宏志
日本酸化ストレス学会学術集会プログラム・抄録集   67th 70   2014年8月
川野優, 白藤(梅宮)梨可, 藤崎幸蔵, 鈴木宏志
日本獣医学会学術集会講演要旨集   157th 363-363   2014年8月
堀卓也, 井上昇, 鈴木宏志, 原川信二
日本生体磁気学会誌   27(1) 74-75   2014年5月
七里元督, SHIRLEY Herbas Costas Maria, 石田規子, 鈴木宏志
ビタミン   87(4) 231-231   2013年4月
小牧春菜, 大井真矢, 鈴木宏志
日本獣医学会学術集会講演要旨集   155th 247-247   2013年3月
エジプトとケニアの牛および水牛より単離されたBabesia bovisとB.bigeminaの分子学的性状解析(Molecular characterizations of Babesia bovis and B. bigemina isolated from cattle and water buffalo in Egypt and Kenya)
Moumouni Paul Franck Adjou, Aboge Gabriel, Hany Ibrahim, Terkawi Alaa, 正谷 達謄, 曹 世諾, Kamyingkird Ketsarin, Moussa Ahmed, 西川 義文, 鈴木 宏志, 玄 学南
日本獣医学会学術集会講演要旨集   155回 212-212   2013年3月
新田あかね, 白砂孔明, 松本茜, 鈴木宏志
日本寄生虫学会大会プログラム・抄録集   82nd 65   2013年2月
新田あかね, 白砂孔明, 松本茜, 鈴木宏志
J Reprod Dev   58(Suppl Japanese Issue) J141-j141   2012年8月
【目的】マラリアは年間5億人の罹患者,100万人以上の死亡者を出す感染症であり,その大半が子ども及び妊婦である。妊娠時のマラリア感染は非妊娠時より重度の症状を呈し,胎児の流産・低体重の誘発が知られる。異物を許容する免疫寛容が正常な妊娠維持に重要である一方,マラリア原虫も同様に免疫寛容を誘導することで宿主の免疫応答を回避する戦略をとると考えられている。本研究では「妊娠時のマラリア感染では,妊娠と原虫による相乗的な免疫抑制が母体症状を重篤化させる」という仮説のもと,妊娠時マラリア原虫感染が病態...
寄生虫Babesia M17ロイシンアミノペプチダーゼの分子薬剤標的としての有効性の検証(Validating M17 leucine aminopeptidase of Babesia parasite as a molecular drug target)
Aboge Gabriel Oluga, 曹 世諾, Terkawi Alaa, 正谷 達謄, 具 潤景, 横山 直明, 五十嵐 郁男, 西川 義文, 鈴木 宏志, 玄 学南
日本獣医学会学術集会講演要旨集   154回 216-216   2012年8月
マウス拘束ストレスモデルの血中コルチコステロン濃度に及ぼす電界影響の用量依存性
堀 卓也, 原川 信二, 井上 昇, 鈴木 宏志
日本生体磁気学会誌   25(1) 222-223   2012年6月
針谷円, 鈴木宏志
J Mamm Ova Res   29(2) S22-S22   2012年4月
大井真矢, 山田圭介, 早川宏之, 鈴木宏志
日本獣医学会学術集会講演要旨集   153rd 255-255   2012年3月
野崎中成, 藤森浩彰, 鈴木宏志, 渡邉昌俊, 大浦清, 益谷美都子
日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   35th 4P-0423 (WEB ONLY)   2012年
GALAY Remil L., KYAW MIN Aung, 白藤(梅宮)梨可, 前田大輝, 松尾智英, 川口博明, 三好宣彰, 鈴木宏志, XUAN Xuenan, 望月雅美, 藤崎幸蔵, 田仲哲也
日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   35th 2P-0080 (WEB ONLY)   2012年
林理美, 浅野智由, 鈴木宏志
J Mamm Ova Res   28(2) S82-S82   2011年4月
高井泰, 浅野智由, 鈴木宏志, 香川則子, 桑山正成, 井上太綬, 竹田省, 石原理, 関博之
日本生殖医学会雑誌   55(4) 310-310   2010年10月
大嶋なつみ, 浅田理央, 白砂早織, 小林菜苗, 植田佳子, 諏訪義典, 鈴木宏志
日本獣医学会学術集会講演要旨集   150th 316-316   2010年9月
浅野智由, 阿部靖之, 諏訪義典, 鈴木宏志
日本獣医学会学術集会講演要旨集   150th 264-264   2010年9月
イヌ卵子のin vitro成熟に与えるウシ及びイヌ顆粒層の影響(The effect of bovine and canine granulosa monolayers on in vitro maturation of canine oocytes)
Ali Mohammed, 清水 隆, 浅野 智由, 鈴木 宏志
日本獣医学会学術集会講演要旨集   150回 263-263   2010年9月
イヌとネコの生殖子に関する最新技術 イヌ胚の凍結保存と非外科的移植
鈴木 宏志
日本獣医学会学術集会講演要旨集   149回 157-157   2010年3月
鈴木宏志
優良補助犬の効率的育成と普及に関する生殖工学的研究 平成19-21年度 総合研究報告書   163P   2010年
鈴木宏志
優良補助犬の効率的育成と普及に関する生殖工学的研究 平成21年度 総括研究報告書   64P   2010年
鈴木宏志
日本獣医学会学術集会講演要旨集   149th 157   2010年
鈴木宏志
日本生殖内分泌学会雑誌   14 44-47   2009年9月
鈴木宏志
日本補助犬科学研究   3(1) 67   2009年9月
鈴木宏志
日本補助犬科学研究   3(1) 9-16   2009年9月

書籍等出版物

 
Nagy Andras, Gertsenstein Marina, Vintersten Kristina, Behringer Richard, 山内 一也, 豊田 裕, 岩倉 洋一郎, 佐藤 英明, 鈴木 宏志
近代出版   2005年   ISBN:9784874021156

講演・口頭発表等

 
イヌ精子の凍結保存における平衡時間の短縮
阿部靖之、浅野智由、若狭一紅、久米愛子、横澤幸美、白藤(梅宮)梨可、鈴木宏志
第38回 動物生殖工学研究会   2019年11月   
イヌ凍結融精子の運動性に及ぼすDMSO及びQuercetinの効果
川﨑雄大、吉原達哉、海鉾聖恵、吉田まどか、鈴木宏志
第38回 動物生殖工学研究会   2019年11月   
Potential of induced Vitamin E Deficiency in Murine Malaria infection.
鈴木 宏志
2020 Keystone Simposia Conference.   2019年11月   
Induced vitamin E deficiency confers resistance against murine malaria infection. [招待有り]
鈴木 宏志
4th World Summit & Expo on Food Technology and Probiotics.   2019年10月   
Gender and age differences in the suppressive effect of a 50 Hz electric field on the immobilization-induced increase of plasma glucocorticoid in mice.
Hori, T., Nedachi, T., Suzuki, H. and Harakawa, S.
BioEM 2019.   2019年6月   
ビタミンE誘導体のマウスマラリアにおける有効性
久米愛子、笠井俊二、鈴木宏志
第59回 日本熱帯医学会大会   2018年11月   
Positive effect of vitamin E derivatives on rodent malaria.
Kume, A., and Suzuki, H.
ICOPA 2018 14th International Congress of Parasitology.   2018年8月   
Fertilizing ability of cryopreserved canine spermatozoa with brief equilibration in skim milk-based extender.
Abe, Y., Asano, T., Wakasa, I., Kume, A., Yokozawa, S., Umemiya-Shirafuji, R. and Suzuki, H.
51st Annual Meeting of the Society for the Study of Reproduction.   2018年7月   
Characterization of the suppressive effects of extremely-low-frequency electric fields on a stress-induced increase in the plasma glucocorticoid level in mice.
Hori, T., Nedachi, T., Suzuki, H. and Harakawa, S.
BioEM2018.   2018年6月   
Babesia ovata感染フタトゲチマダニの卵形成過程における遺伝子発現変化
白藤(梅宮)梨可、国寄真希、八田岳士、岡戸清、辻尚利、藤崎幸蔵、鈴木宏志
第87回 日本寄生虫学会大会   2018年3月   
Effect of hyperbaric oxygen therapy on the xenotransplantation of cryopreserved canine ovarian tissues with even distribution of follicles.
Wakasa, I. and Suzuki, H.
4th World Congress of Reproductive Biology.   2017年9月   
Application of probucol as a prophylactic strategy in murine malaria.
Kume, A., Shichiri, M., Ishida, N., Shirafuji-Umemiya, R. and Suzuki, H.
26th International Conference of the World Association for the Advancement of Veterinary Parasitorogy.   2017年9月   
凍結融解イヌ卵巣組織の異種移植における高圧酸素療法の卵胞数減少抑制効果
若狭一紅、鈴木宏志
第14回 北海道実験動物研究会   2017年7月   
マウスにおけるマラリア感染に対するビタミンE誘導体の有用性の検証
久米愛子、笠井俊二、鈴木宏志
第14回 北海道実験動物研究会   2017年7月   
Effect of three-dimensional culture with matrigel basement membrane matrix in canine ovarian tissue.
Wakasa, I., Yamazaki, Y. and Suzuki, H.
50th Annual Meeting of the Society for the Study of Reproduction.   2017年7月   
Anti-stress effects of exposure to a 50-Hz electric field in immobilized mice.
Hori, T., Nedachi, T., Suzuki, H. and Harakawa, S.
BioEM 2017.   2017年6月   
Distribution of follicles in canine ovarian tissues.
Wakasa, I., Hayashi, M. and Suzuki, H.
8th International Symposium on Canine and Feline Reproduction with XIX EVSSAR Congress.   2016年6月   
The fertility of canine spermatozoa cryopreserved with skim milk based extender.
Abe, Y., Yokozawa, S., Suwa, Y. and Suzuki, H.
8th International Symposium on Canine and Feline Reproduction with XIX EVSSAR Congress.   2016年6月   
The influence of maternal malaria infection on normality of fetal development in mice.
Furuya, H., Nitta, A. and Suzuki, H.
49th Annual Meeting of the Society for the Study of Reproduction.   2016年6月   
スキムミルクを用いたイヌ精子の凍結保存にける平衡時間短縮の可能性
阿部靖之、浅野智由、岡春香、林瑞木、成島右京、若狭一紅、横澤幸美、鈴木宏志
第12回 北海道実験動物研究会   2015年7月11日   

競争的資金等の研究課題

 
マダニによる原虫病媒介機構の解明と新規制御法の開発
日本学術振興会: 二国間交流事業共同研究(中国)
研究期間: 2017年 - 2019年    代表者: 鈴木 宏志
アフリカ大陸におけるマダニ媒介性動物原虫感染症の流行実態の解明と予防対策
日本学術振興会: 科研 基盤研究B(海外学術)
研究期間: 2014年 - 2017年    代表者: 鈴木 宏志
マダニとマダニ媒介原虫感染症の征圧に向けた日中共同研究
日本学術振興会: 二国間交流事業共同研究(中国)
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 鈴木 宏志
優良盲導犬の効率的育成と普及率の向上
科学技術振興機構: 戦略的創造研究推進事業
研究期間: 2012年 - 2015年    代表者: 鈴木 宏志
インプランテーションウインドウ制御因子の探索
日本学術振興会: 科研(挑戦的萌芽)
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 鈴木 宏志
優良補助犬の効率的育成と普及に関する生殖工学的研究
厚生労働省: 厚労科研費
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 鈴木 宏志
生殖腺・配偶子保存を中心とした悪性腫瘍患者の妊孕性温存
国立成育医療センター: 生育医療研究委託事業
研究期間: 2006年 - 2008年    代表者: 鈴木 宏志
遺伝子多型解析による伴侶犬の適性診断技術の開発
JSTイノベーションプラザ北海道: 地域イノベーション創出総合支援事業シーズ発掘試験
研究期間: 2007年 - 2007年    代表者: 鈴木 宏志
優良盲導犬の育成に関する生殖工学的研究
文部科学省: 科学技術総合研究委託
研究期間: 2004年 - 2006年    代表者: 鈴木 宏志

特許

 
特許第5023331号 : 盲導犬に適した犬を選別する方法
鈴木 宏志 植田 佳子
特許第6087095号 : 吠えるイヌ、吠えないイヌの選別方法
鈴木 宏志
特許第6083534号 : マラリアの予防または治療薬及びそのスクリーニング方法
鈴木 宏志  ヘルバス・コスタス・マリア・シェルリー
特許第5763882号 : 移植臓器保護剤
鈴木 宏志 斉籐 英樹
特許第5234896号 : イヌ精子の凍結保存剤および凍結保存方法
鈴木 宏志 阿部 靖之