MISC

2016年

理科における資質・能力の育成を志向した授業実践:―Nature of Science の教授アプローチをもとに―

日本科学教育学会研究会研究報告
  • 鈴木 宏昭

31
4
開始ページ
107
終了ページ
110
記述言語
日本語
掲載種別
出版者・発行元
一般社団法人 日本科学教育学会

本研究の目的は,理科における資質・能力の育成を志向した理科授業の在り方に関する基礎的知見を得るため,理科授業において意図的に資質・能力を育成することに重点化した授業を実践することである.授業実践の対象は,小学校6 年生1 クラスとした.授業実践では,意図的に資質・能力を育成することを志向したから,Nature of Science の教授アプローチを用いることとした.授業実践の結果,約7 割の児童が資質・能力としての比較や関係付けの「思考スキル」を習得できた.

リンク情報
CiNii Articles
http://ci.nii.ac.jp/naid/130006655936
ID情報
  • CiNii Articles ID : 130006655936
  • identifiers.cinii_nr_id : 9000006364367

エクスポート
BibTeX RIS