カウンタ
0 0 2 9 4 1 9 6 9
研究ブログ

研究ブログ

「立憲民主党の代表選挙」で4人の候補者に求められるのは何か

11月19日(金)に告示された立憲民主党の代表選挙は、11月30日(火)に投開票を迎えます。


立候補した4人、すなわち逢坂誠二氏、小川淳也氏、泉健太氏、西村智奈美氏はテレビ番組への出演や全国各地での遊説を行うなど、精力的な選挙活動をしています。


確かに、創設者であり国民的な知名度も高い枝野幸男代表の後任となるには知名度や存在感に乏しい4氏だけに、積極的な選挙活動は自らの主義や主張を代表選の有権者だけでなく広く国民に知らしめるためにも重要な機会となります。


それとともに、10月31日(日)に投開票が行われた第49回衆議院議員総選挙で公示前勢力を下回る事実上の敗北を喫した立憲民主党にとって、野党第一党にもかかわらず注目の度合いが高まらない中で、代表選を通して党の存在が広く知られることは大きな意味を持ちます。


従って、今回の代表選は立憲民主党にとって格好の宣伝の機会という性格を備えています。


その一方で、4人の候補者の主張を見る限りでは、果たして代表となった後に独力で衆議院の過半数を制して政権を獲得する意志と戦略があるのか心もとなく思われるのも事実です。


党内外の多様な意見を尊重するのは旧民主党以来続く立憲民主党の美風ではあるものの、同時に党の方針が決定した後も種々の意見が示されて一致した行動をとれない場面が散見されるのは弊風と言えます。


その様な状況をいかに改めるかを具体的に提起することは党風の刷新にも繋がる重要な点ながら、具体的な話題とならないことは、各候補者の遠慮ないし状況の理解の不確かさを推察させます。


あるいは、現在の国政においては保守勢力の一層の保守化と革新勢力のさらなる革新化が進むだけに、本格的な中道勢力の登場は政界の活性化だけでなく有権者の政治に対する関心をより高めるためにも不可欠です。


党内に保守勢力と革新勢力を抱える立憲民主党の性格からすれば、中道勢力として議論の幅を広げることは党勢の回復の面でも重要な対策となります。


それにもかかわらず、今回の代表選挙では共産党との協力を含む「野党共闘」の継続の有無や日本維新の会との連携の可否といった現在の中央政界の枠組みを前提とした議論が行われ、立憲民主党そのもののあり方が問われる機会は多くありません。


こうした状況は、国民の信頼を獲得するには程遠いものであり、国民の信頼を得られなければ政権の獲得だけでなく、今後の選挙で勢力を伸張することも難しくなりかねません。


もとより、代表選挙で実際に投票するのは一人ひとりの国民ではなく、国会議員や各都道府県の代表者、党員、協力党員など、限定されています。従って、各候補者もこうした代表選の有権者の注意と関心を集める話題を積極的に取り上げようとするの当然かもしれません。


しかし、代表選の後には来夏の参議院選が控えており、政局の動向によっては総選挙もいつ行われるか分かりません。


それだけに、候補者がそれぞれ党の政策や運営の方針、あるいは目指すべき社会や国家の像を明確に示し、各点について真摯な議論が行われていないということは、人々の注目と関心が集まる代表選という機会が適切に活用されていないことを示します。


われわれが今回の立憲民主党の代表選挙を残念に思うのも、まさにこうした点を理由とするのです。


<Executive Summary>
Can the Candidates for the Presidential Election of the Constitutional Democratic Party Japan Aplly an Opportunity to Show Their Policy? (Yusuke Suzumura)


The Presidential Election of the Constitutional Democratic Party of Japan will be held on 30th November 2021. In this occasion we examine a possiblity for them to apply this opportunity to exapnd the party power and show their own policy.

0

【書評】伊東潤『夜叉の都』(文藝春秋、2021年)

去る11月22日(月)、伊東潤先生の小説『夜叉の都』(文藝春秋、2021年)が上梓されました。


「武士の府を築く」という大義のために生涯を捧げた源頼朝とその志を貫徹しようとする北条政子の姿を描いた『修羅の都』(文藝春秋、2018年)を受け、前作が断片的に描いた頼朝の亡き後の鎌倉府の様子が主題となります。舞台となるのは第2代将軍源頼家の治世である1199(建久10)年から、藤原頼経が第4代将軍となる1226(嘉禄2)年までの27年間です。


夫である源頼朝の築いた「武士の府」を守るため、時に政敵を排除し、時に後鳥羽上皇という超人的英雄を擁する朝廷と対決し、さらに肉親にも非情な態度で臨む北条政子は、「私は死ぬまで夜叉の道を行くのか」と疑念を抱きつつも、己に課せられたと信じる道を歩み続けます。


源頼家の独裁的な統治を抑えるために13人の宿老の合議制が確立された鎌倉府は、相次ぐ政争や宿老の引退や死没を経て、次第に北条政子の弟である北条義時に権力が集中します。


このような歴史的な出来事を背景に、北条政子が「武士の府」の維持のために迫られる決断の数々と人の親ゆえの懊悩、さらにわずかな土地でも所領を増やすためには肉親をも裏切る鎌倉武士たちの餓狼のような姿が、恬淡とした筆致で書き進められます。


また、入念な文献の調査と最新の研究成果を取り込み、「ちなみに」の一語とともにそれらの内容を挿話的に紹介することは物語に奥行きと広がりを与えます。


その一方で、源頼家の遺児である公暁が源実朝を暗殺した経緯のような、学界で定説が確立されていない問題を作品の中に組み入れることで一つの答えを示すとともに物語の展開の重要な要素とする点は、歴史上の話題を取り上げ、時代の雰囲気を可能な限り再現しつつ、作者の歴史に対する見方を示すという意味での歴史小説の真骨頂と言えるでしょう。


特に、物語の終盤で政子と義時という実の姉弟を待ち受ける展開は読者の予想を超えるものであるとともに、そうした状況へと至る伏線の設定は、『鳴門秘帖』や『剣難女難』における吉川英治の洗練された手腕を彷彿とさせるものです。


あるいは、人物の造型や構成だけでなく、後鳥羽上皇の挙兵の報を受けて御家人たちに呼びかける北条政子の様子を描く五級の階の場面は『修羅の都』と直接に結び付くもので、前作の読者にとってはひときわ感慨深いものとなることに違いありません。


そして、「餓狼」とも表現される鎌倉武士たちが見せる快活な笑顔や、源頼家や源実朝が自己との苦闘の末に凛然とした姿を示す様子は多くの惨劇とも言うべき出来事とともに紡がれる物語だけにますます印象深く、読み手に強い印象を与えます。


最後に「夜叉」の持つ真の意味を了解した北条政子の姿を含め、『夜叉の都』は歴史小説の魅力に満ち、読者の注意を引いて逸らさない傑作です。


<Executive Summary>
Book Review: Jun Ito's "Yasha no Miyako" (Yusuke Suzumura)


Mr. Jun Ito published a book titled Yasha no Miyako (literally The City of Yaksha) from Bungeishunju on 22nd November 2021.

0

NHK交響楽団第1944回定期公演

昨日、NHK FMでNHK交響楽団の第1944回定期公演を鑑賞しました。会場はサントリーホール大ホールでした。


今回は、前半にパガニーニのヴァイオリン協奏曲第1番、後半にチャイコフスキーの交響曲第5番が取り上げられました。ヴァイオリン独奏はフランチェスカ・デゴ、指揮はファビオ・ルイージでした。


パガニーニは技巧性と抒情性の高さで広く知られる作品を、独奏のデゴが正確な譜面の理解を基礎としつつ細やか緩急の揺らぎを添わせることで、聞きごたえのある演奏に仕立てました。


また、NHK響による伴奏は時に独奏と対峙し、時に独奏を支えることで豊かな背景を用意し、デゴの色鮮やかな演奏を一層際立たせました。


一方、後半の交響曲は、悠然とした作りの中で旋律と和声の妙というチャイコフスキーの持ち味を存分に描き出す、情感豊かな演奏でした。


この時効果を発揮したのは打楽器で、鋭いながらも抑制された演奏によって音楽全体が冗漫になることを防ぎ、躍動感を生み出すために大きく寄与したと言えるでしょう。


一貫して集中力を途切れさせなかった奏者たちの活躍もあり、通俗的な名曲の代表作であるチャイコフスキーの交響曲第5番の持つ多用な表情が活き活きと描き出されました。


<Executive Summary>
Stage Review: NHK Symphony Orchestra the 1944th Subscription Concert (Yusuke Suzumura)


The NHK Symphony Orchestra held the 1944th Subscription Concert at the Suntory Hall on 24th November 2021 and broadcasted via NHK FM. In this time they performed Paganini's 1st Violin Concerto and Tchaikovsky's 5th Symphony. Solo violin was Francesca Dego and conductor was Fabio Luisi.

0

「大谷翔平選手の国民栄誉賞辞退」で考える栄典制度とその問題

11月22日(月)、2021年の大リーグのアメリカン・リーグ最優秀選手(MVP)となったロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が、日本政府から国民栄誉賞の授賞を打診され、辞退していたことが分かりました[1]。


今回の打診は2001年のイチロー選手(当時シアトル・マリナーズ)以来20年ぶり2人目となる日本生まれの大リーグ選手によるMVP受賞を受けたものでした。


これに対し、大谷選手は「これからピークを迎える5-7年くらいが、もっともっと勝負じゃないかと思う」[1]と、1回のMVPの受賞を理由とした表彰は時期尚早であるという趣旨の意向を示しました。


確かに大リーグにおけるMVP受賞はその年の全ての選手の中で最も価値ある活躍をした証拠ですし、日本だけでなく大リーグの愛好家からも広く支持されている大谷選手は、「この表彰は、広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与えることに顕著な業績があったものについて、その栄誉を讃えることを目的とする。」[2]という国民栄誉賞の目的にも合致します。


しかし、これまでの受賞者を眺めると、功成し名を遂げながら、文化勲章や文化功労者、あるいは叙勲の対象となりにくい人たちが選ばれているという傾向があるのは疑い得ないところです。


また、受賞しても、すでに確立された社会的名声を有する人にとっては、さらなる社会的地位の向上をもたらす余地が少なく、積極的な意義が十分ではないことも推察されます。


その意味で、むしろ必要なのは1回受賞したら終わりとなる国民栄誉賞のような表彰制度ではなく、現在は廃止されている生前叙位の再開などを含む、功績を適時適切に繰り返し評価できる制度の設計かも知れません。


2001年に栄典制度が変更されてから20年を経た現在だからこそ、授与する側にとっても受け取る側にとってもよりよい制度のあり方が模索されることが期待されます。


[1]MVPでも「まだ早い」. 日本経済新聞, 2021年11月23日朝刊31面.
[2]国民栄誉賞表彰規程. 第1条.


<Executive Summary>
What Is a Meaning of Mr. Shohei Ohtani's Declination of Accepting the People's Honour Award? (Yusuke Suzumura)


Mr. Shohei Ohtani of the Los Angeles Angels declines to accept the People's Honour Award on 22nd November 2021. In this occasion we examine a meaning of his reaction and the future of Japanese Honour System.

0

「『クラシック音楽館』のブロムシュテット」が持つ大きな意味

去る11月21日(日)、21時から23時までNHK教育テレビの『クラシック音楽館』でヘルベルト・ブロムシュテットの指揮の様子が放送されました。


今回は、今年10月16日(土)に東京芸術劇場で行われたNHK交響楽団の第1939回定期公演と2013年9月11日(水)にサントリーホールで行われた第1760回定期公演の実況録画が紹介されました。


第1939回定期公演については、公演当日の実況中継に基づく寸評を本欄でご案内した通り、求心力の高い演奏でした[1]。耳を通して了解された公演の特徴は、今回の放送で映像により視覚的に確認されました。


特に、入退場時の足取りの確かさや椅子に座らず指揮をする様子からは、一般には余生を楽しむ時期とされる94歳となっても音楽界の第一線で活躍する背景に、良好な健康が大きな役割を果たしていることが推察されました。


その一方で、「現役最年長」、「94歳」と高齢にもかかわらず活躍する様子が注目されることは、譜面そのものに向き合い続けるブロムシュテットの音楽作りへの理解を妨げかねないものです。


むしろ、「94歳」といった言葉が不要な、説得力のある演奏は、研鑽や発展とは物理的な年齢とは関係なく、そのような取り組みを行おうとする意欲や意思の存する限り進歩は続くことをわれわれに示していると言えるでしょう。


その意味でも、今回の放送は現在のブロムシュテットがわれわれに何を教えるかを伝えるものであったと考えられた次第です。


[1]鈴村裕輔, NHK交響楽団第1939回定期公演. 2021年10月17日, https://researchmap.jp/blogs/blog_entries/view/76353/eefd64c6d84c8d649eae15d2479a7ca8?frame_id=435622 (2021年11月23日閲覧).


<Executive Summary>
Blomstedt on "Classical Music Hall" Is an Important Lesson for Us (Yusuke Suzumura)


A TV programme Classical Music Hall broadcasted by NHK Educational featured selected concerts conducted by Herbert Blomstedt on 21st November 2021. It is remarkable opportunity for us to understand a meaning of Blomstedt and his activities.

0

【実施報告】岐阜県立瑞浪高等学校における模擬講義

去る11月18日(木)、岐阜県瑞浪市に所在する岐阜県立瑞浪高等学校において、模擬授業を担当しました。


今回は「歴史で読み解く国際社会の「いま」」と題し、現在の国際社会にとって重要な課題の一つである気候変動問題について、過去の具体的な事例や歴史的な推移を踏まえながらお話をしました。


受講された1年生の皆さんのよりよい学びに何らかの寄与が出来れば、大変に喜ばしいものです。


そして、今回の機会を提供して下さった関係者の皆さんのお力添えに感謝する次第です。


<Executive Summary>
A Trial Lecture at the Gifu Prefectural Mizunami High School (Yusuke Suzumura)


I held a trial lecture at the Gifu Prefectural Mizunami High School on 18th November 2021. In this time topic was "Current Issues of International Society Seen from Historical Aspect" and I lectured the climate change issue focusing on its historical examples and changes.

0

【開催4週間前】野球文化學會第5回研究大会

来る12月19日(日)、私が会長を拝命している野球文化學會の第5回研究大会が開催されます。


今回も前回に引き続きオンライン形式により、第1部の研究報告と第2部のシンポジウムの2部構成で実施いたします。


概要は以下の通りですので、ご興味、ご関心のある方はぜひご参加ください。


*************************
野球文化學會第5回研究大会「野球と記録」


[開催日]
2021年12月19日(日)


[開催時間]
13時から17時


[開催方式]
Zoomによるオンライン形式


[大会プログラム]
第1部
研究報告(13時から15時)


第2部
シンポジウム「野球と記録」
(1)基調講演
芝山幹郎(評論家・翻訳家)/基調講演「野球の記録との付き合い方」(仮題)


(2)報告
室靖治(読売新聞社・山内以九士令孫)「山内以九士と野球の記録の発展」(仮題)
山川誠二(NPB公式記録員)/「NPBにおける記録のあり方」(仮題)


[参加費]
野球文化學會会員:2,000円
非会員:3,000円
学生:1,000円(会員、非会員とも)


[詳細情報]
野球文化學會公式ウェブサイト
https://baseballogy.jp/conference/2021/468/
*************************


<Executive Summary>
First Announcement: The Forum for Researchers of Baseball Culture the 5th Research Conference (Yusuke Suzumura)


The Forum for Researchers of Baseball Culture (FRBC) will hold the 5th Research Conference via Zoom on 19th December 2021.

0

「大谷翔平の満票でのMVP選出」の持つ意味は何か

現地時間の11月18日(木)、大リーグで2021年の最優秀選手(MVP)が発表され、ナショナル・リーグはフィラデルフィア・フィリーズのブライス・ハーパー選手、アメリカン・リーグはロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が選出されました。ハーパー選手は2回目、大谷選手は初の受賞です。


大谷選手はMVPの選考を行う全米野球記者協会に属する30名の記者の全員が1位の票を投じており、1931年にMVPが制定されてから史上19人目、アメリカン・リーグとしては2014年のマイク・トラウト選手(エンゼルス)以来7年ぶり11人目の満票での選出となりました。


今回のアメリカン・リーグのMVPについて、打撃に限れば投票結果で第2位となったブラディミール・ゲレーロ・ジュニア選手(トロント・ブルージェイズ)や第3位のマーカス・セミエン選手(トロント・ブルージェイズ)も十分な成績を残しています。


そのため、大谷選手の選出は当然の結果というものではありませんでした。


しかし、大谷選手は投手としても1年を通して活躍し、勝利数、投球回数、奪三振数のいずれにおいても球団最高の成績を残しています。


このように、打者としても投手としても優れた成果を上げたことが高く評価された結果が、今回のMVP受賞となったといえるでしょう。


近年の大リーグでは野球統計学の発展と多様化により、ある選手が同じ守備位置の控え選手に比べてどの程度勝利に貢献したかを推計するWARなどの指標が選手の評価のために活用されています。


投打のいずれにおいても活躍した大谷選手は、そうした新しい指標の枠組みそのもので評価できる部分と、そのような手法では覆いきれない部分とが何であるかをわれわれに教えます。


それとともに、どれほど野球統計学的な手法が発達しても、最終的に球を投げ、打ち、拾うのは一人ひとりの選手であること、そしてこうした一つ一つの取り組みの総体が野球の試合であることを、改めて示したと言えるでしょう。


その意味でも、今回の大谷選手のMVP受賞の持つ意味は、野球史の観点からも決して小さくないのです。


<Executive Summary>
What Is a Meaning of Mr. Shohei Ohtani's Efforts for Unanimous American League MVP? (Yusuke Suzumura)


Mr. Shohei Ohtani of the Los Angeles Angels won 2021 American League MVP on 18th November 2021. In this occasion we examine a meaning of this result seen from the Baseball History.

0

NHK交響楽団第1943回定期公演

昨日は、19時30分から20時50分までNHK FMでNHK交響楽団の第1943回定期公演の実況中継を鑑賞しました。会場は東京芸術劇場コンサートホールでした。


今回は、ブルックナーの交響曲第4番「ロマンティック」が取り上げられました。指揮はファビオ・ルイージでした。


どのような曲を指揮しても疲れを見せず、しかも曲の勘所を押さえて外さない堅実さが持ち味であるルイージの手腕は、この日のブルックナーでも遺憾なく発揮されました。


金管楽器の力強さと木管楽器の躍動感に打楽器の重量感はもとより、弦楽器の細部まで入念に手入れされた演奏を通して、ルイージの作り上げるブルックナーは山並みかの間から差し込む太陽の光のような明朗で快活なものとなります。


ブルックナーの内省的な作品の数々の中で、「ロマンティック」という副題の印象と演奏時間の手頃さから代表的な交響曲として親しまれる第4番を取り上げ、十分な聞き応えだけでなく、新たな魅力をも引き出したのはルイージの作品への理解と音楽作りの能力の高さを改めて示すものです。


その意味で、2022年9月からパーヴォ・ヤルヴィの後任として首席指揮者に就任することが発表されてから最初の出演となったルイージの様子からは、楽団の人選の絶妙さが窺われるとともに、両者の間柄がこれからどのようなものへと発展するかが期待されました。


<Executive Summary>
Stage Review: NHK Symphony Orchestra the 1943rd Subscription Concert (Yusuke Suzumura)


The NHK Symphony Orchestra held the 1943rd Subscription Concert at the Tokyo Metropolitan Theatre on 18th November 2021 and broadcasted via NHK FM. In this time they performed Bruckner's 4th Symphony. Conductor was Fabio Luisi.

0

「文通費問題」の何が問題か

現在、国会では今年10月31日(日)に行われた第49回衆議院議員総選挙で当選した新人と元職の議員について、10月分の文書通信交通滞在費(文通費)の返還や法律の改正を目指す動きが活発になっています[1]。


これは、現行の国会議員の歳費、旅費及び手当等に関する法律(国会議員歳費法)では1日でも在職した議員には月額の文通費100万円が全額支給されることについて日本維新の会が疑問を呈し、文通費を寄付する方針を示したことを契機として起きたものです。


確かに、感覚は様々ですから、在職期間が1日の新人議員や元職議員が文通費を全額受け取ることに違和感を覚える人がいるとしても不思議ではありません。


また、「永田町の常識は世間とかけ離れている」という指摘[2]にも何らかの真実が含まれているかも知れません。


その一方で、文通費が国会議員が政治活動を円滑に行うことを目的として支給されるものであることを考えれば、現在の各党の動きは必ずしも妥当とは言えません。


すなわち、もし文通費の支給がなければ、新人議員や元職議員が選出直後から速やかに政治活動を行うためには、各政党が相応の資金を提供するか、各人が十分な資金を手元に蓄えていなければならないことになります。


この場合、資金力のない政党や議員は十分な政治活動を行うことが難しくなりかねず国民の負託を受けて国政に臨む各議員が行動を制約を受けかねません。


このように考えれば、「世間の常識」と「永田町の常識」との乖離を防ぐことも重要ながら、制度が作られた趣旨を改めて確認し、改めるべきは変えつつ維持すべきものは保つという態度が必要でしょう。


「身を切る改革」といった耳心地のよい言葉に惑わされて、特定の政党の支持者に向けた実績作りのために国会議員の活動が制限されるということがあってはならないのです。


[1]文通費問題、与野党協議へ. 日本経済新聞, 2021年11月17日朝刊4面.
[2]維新の新人議員文通費全額寄付. 日本経済新聞, 2021年11月16日朝刊4面.


<Executive Summary>
Is a Monthly Transportation and Communication Allowance a True Problem for the Lawmakers? (Yusuke Suzumura)


In these days giving a Monthly Transportation and Communication Allowance for lawmakers who serve just one day after the 49th General Election conducted 31st October 2021 is considered as inadequate custom and they discuss to revise concerning law. It seems important idea, however it is not a true problem for the lawmakers. Since they compete only changing the law but they do not pay their attention to the meaning of the law.

 

0