鈴浦秀勝

J-GLOBALへ         更新日: 18/01/19 15:52
 
アバター
研究者氏名
鈴浦秀勝
 
スズウラ ヒデカツ
URL
http://kaken.nii.ac.jp/d/r/10282683.ja.html
所属
北海道大学
職名
准教授
学位
博士(工学)(東京大学)

経歴

 
2008年
 - 
現在
北海道大学 工学(系)研究科(研究院) 准教授
 

論文

 
Tsuneya Ando, Hidekatsu Suzuura
Journal of the Physical Society of Japan   86    2017年1月
© 2017 The Physical Society of Japan.Two formulas are obtained for the weak-field Hall conductivity based on different configurations of a magnetic field in the long-wavelength limit: σ(x)xy and σ(y)xy for the field-variation in the x- and y-direc...
Tsuneya Ando, Hidekatsu Suzuura
Journal of the Physical Society of Japan   86    2017年1月
© 2017 The Physical Society of Japan.Electron-hole asymmetry present in the band structure of graphene in a higher-order k · p scheme is shown to cause a discrete jump in the orbital susceptibility at zero energy. Trigonal band-warping appearing a...
Tsuneya Ando, Hidekatsu Suzuura
Journal of the Physical Society of Japan   86    2017年1月
© 2017 The Physical Society of Japan.The magnetic susceptibility and transport quantities are calculated in a three-dimensional system with a giant Rashba spin-orbit interaction for scatterers with short-range potential in a self-consistent Born a...
Hiroshi Akera, Hidekatsu Suzuura, Yoshiyuki Egami
Physical Review B - Condensed Matter and Materials Physics   95    2017年1月
© 2017 American Physical Society.The coefficient α of the Rashba spin-orbit interaction is calculated in an asymmetric quantum well consisting of Ga0.47In0.53As (well), Al0.48In0.52As (left barrier), and AlxGa1-xAsySb1-y (right barrier) as a funct...
Hidekatsu Suzuura, Tsuneya Ando
Physical Review B - Condensed Matter and Materials Physics   94    2016年8月
© 2016 American Physical Society.The magnetic susceptibility of a disordered two-dimensional system with strong Rashba spin-orbit interaction is calculated in a self-consistent Born approximation. In an ideal system, the response exhibits a delta-...
Hidekatsu Suzuura, Tsuneya Ando
Physical Review B - Condensed Matter and Materials Physics   94    2016年7月
© 2016 American Physical Society.The weak-field Hall conductivity of disordered two-dimensional systems with strong Rashba spin-orbit interaction is studied in a self-consistent Born approximation. Explicit numerical results are obtained for scatt...
Hiroshi Akera, Hidekatsu Suzuura, Yoshiyuki Egami
Physical Review B - Condensed Matter and Materials Physics   92    2015年11月
© 2015 American Physical Society.The spin relaxation due to the spin-orbit interaction (SOI) is studied theoretically in a quantum well with electrons occupying only the ground subband. First, it is shown that the coefficient of the Rashba SOI is ...
Yuhei Miyauchi, Yuhei Miyauchi, Yuhei Miyauchi, Zhengyi Zhang, Zhengyi Zhang, Mitsuhide Takekoshi, Yuh Tomio, Hidekatsu Suzuura, Vasili Perebeinos, Vasili Perebeinos, Vikram V. Deshpande, Vikram V. Deshpande, Chenguang Lu, Chenguang Lu, Stéphane Berciaud, Philip Kim, James Hone, Tony F. Heinz
Physical Review B - Condensed Matter and Materials Physics   92    2015年11月
© 2015 American Physical Society.Electronic many-body correlation effects in one-dimensional (1D) systems such as carbon nanotubes have been predicted to strongly modify the nature of photoexcited states. Here we directly probe this effect using b...
Effects of Dynamic Screening on Excitons in Metallic Carbon Nanotubes
Tomio, Yuh; Suzuura, Hidekatsu;
JPS Conference Proceedings   4 12006   2015年   [査読有り]
Akera, Hiroshi; Suzuura, Hidekatsu; Egami, Yoshiyuki;
Physical Review B   89 75314   2014年   [査読有り]
Tomio, Yuh; Suzuura, Hidekatsu; Uryu, Seiji; Ando, Tsuneya;
THE PHYSICS OF SEMICONDUCTORS: Proceedings of the 31st International Conference on the Physics of Semiconductors (ICPS) 2012   133-134   2013年   [査読有り]
Tomio, Yuh; Lee, Byoung-young; Suzuura, Hidekatsu;
THE PHYSICS OF SEMICONDUCTORS: Proceedings of the 31st International Conference on the Physics of Semiconductors (ICPS) 2012   137-138   2013年   [査読有り]
Akera, Hiroshi; Suzuura, Hidekatsu;
Physical Review B   87 75301   2013年   [査読有り]
Kawai, Ryota; Suzuura, Hidekatsu; Tomio, Yuh;
Journal of Physics: Conference Series   400 42030   2012年   [査読有り]
Yoshita, Masahiro; Kamide, Kenji; Suzuura, Hidekatsu; Akiyama, Hidefumi;
Applied Physics Letters   101 32108   2012年   [査読有り]
Tomio, Yuh; Suzuura, Hidekatsu; Ando, Tsuneya;
Physical Review B   85 85411   2012年   [査読有り]

Misc

 
山本拓, 西田寛太郎, 鈴浦秀勝, 秋山英文, 金光義彦
日本物理学会講演概要集(CD-ROM)   72(2) ROMBUNNO.24aA28‐10   2017年9月
西田寛太朗, 鈴浦秀勝
日本物理学会講演概要集(CD-ROM)   72(1) ROMBUNNO.17aB21‐7   2017年3月
西田寛太朗, 鈴浦秀勝, 秋山英文
日本物理学会講演概要集(CD-ROM)   71(2) ROMBUNNO.16aAC‐1   2016年9月
安藤恒也, 鈴浦秀勝
日本物理学会講演概要集(CD-ROM)   71(2) ROMBUNNO.16aBG‐7   2016年9月
鈴浦秀勝, 安藤恒也
日本物理学会講演概要集(CD-ROM)   71(1) ROMBUNNO.21PAG‐8   2016年3月
安藤恒也, 鈴浦秀勝
日本物理学会講演概要集(CD-ROM)   71(1) ROMBUNNO.21PAG‐7   2016年3月
西田寛太朗, 鈴浦秀勝, 明楽浩史
日本物理学会講演概要集(CD-ROM)   70(2) ROMBUNNO.16AAG-2   2015年9月
鈴浦秀勝, 安藤恒也
日本物理学会講演概要集(CD-ROM)   70(2) ROMBUNNO.18AAE-1   2015年9月
明楽浩史, 鈴浦秀勝, 江上喜幸
日本物理学会講演概要集(CD-ROM)   70(1) ROMBUNNO.24AAM-5   2015年3月
西田寛太朗, 鈴浦秀勝, 明楽浩史
日本物理学会講演概要集(CD-ROM)   70(1) ROMBUNNO.24AAL-8   2015年3月
明楽浩史, 鈴浦秀勝, 江上喜幸
固体物理   49(11) 645-652   2014年11月
明楽浩史, 埴山遂, 鈴浦秀勝, 江上喜幸
日本物理学会講演概要集   69(2) 314   2014年8月
明楽浩史, 鈴浦秀勝, 江上喜幸
日本物理学会講演概要集   69(1) 691   2014年3月
河合遼太, 鈴浦秀勝
日本物理学会講演概要集   69(1) 699   2014年3月
河合遼太, 鈴浦秀勝
日本物理学会講演概要集   68(2) 619   2013年8月
明楽浩史, 鈴浦秀勝, 江上喜幸
日本物理学会講演概要集   68(2) 607   2013年8月
鈴浦秀勝, 吉田正裕, 上出健仁, 秋山英文
日本物理学会講演概要集   68(2) 698   2013年8月
明楽浩史, 鈴浦秀勝, 江上喜幸
日本物理学会講演概要集   68(1) 783   2013年3月
冨尾祐, LEE Byoung‐Young, 鈴浦秀勝
日本物理学会講演概要集   68(1) 904   2013年3月
冨尾祐, LEE Byoung‐Young, 鈴浦秀勝
日本物理学会講演概要集   67(2) 780   2012年8月
冨尾 祐, 鈴浦 秀勝, 安藤 恒也
日本物理学会講演概要集   66(1)    2011年3月
冨尾 祐, 鈴浦 秀勝, 安藤 恒也
日本物理学会講演概要集   65(1)    2010年3月
鈴浦 秀勝, 安藤 恒也
日本物理学会講演概要集   61(2)    2006年8月
明楽 浩史, 鈴浦 秀勝
日本物理学会講演概要集   59(2)    2004年8月
金丸 貞義, 明楽 浩史, 鈴浦 秀勝
日本物理学会講演概要集   59(2)    2004年8月
中川 貴広, 明楽 浩史, 鈴浦 秀勝
日本物理学会講演概要集   59(1)    2004年3月
金丸 貞義, 前田 貴史, 明楽 浩史, 鈴浦 秀勝
日本物理学会講演概要集   59(1)    2004年3月
安藤 恒也, 鈴浦 秀勝
日本物理学会講演概要集   58(1)    2003年3月
酒井 英明, 鈴浦 秀勝, 安藤 恒也
日本物理学会講演概要集   58(1)    2003年3月
鈴浦 秀勝, 安藤 恒也
日本物理学会講演概要集   56(1)    2001年3月
鈴浦 秀勝, 安藤 恒也
日本物理学会講演概要集   55(1)    2000年3月
鈴浦 秀勝, 安藤 恒也
日本物理学会講演概要集   54(2)    1999年9月
Svirko Y.P., 鈴浦 秀勝, 五神 真
日本物理学会講演概要集   54(1)    1999年3月
鈴浦 秀勝, 安藤 恒也
日本物理学会講演概要集   53(2)    1998年9月
白根 昌之, 鈴浦 秀勝, 島野 亮, 五神 真, 染谷 隆夫, 榊 裕之, SVIRKO Y.P., RANKUMAR C.
日本物理学会講演概要集   53(1)    1998年3月
白根 昌之, 井上 慎, 島野 亮, 染谷 隆夫, 榊 裕之, 鈴浦 秀勝, 五神 真
日本物理学会講演概要集   52(1)    1997年3月
鈴浦 秀勝, 白根 昌之, 井上 慎, 島野 亮, 五神 真
日本物理学会講演概要集   52(1)    1997年3月
鈴浦 秀勝, 永長 直人
日本物理学会講演概要集   52(1)    1997年3月
鈴浦 秀勝, 永長 直人
日本物理学会講演概要集. 秋の分科会   1996(3)    1996年9月
市場 冬樹, 鈴浦 秀勝, 花村 榮一
日本物理学会講演概要集. 秋の分科会   1996(2)    1996年9月
花村 榮一, 鈴浦 秀勝, 安居院 あかね, 辛 埴
日本物理学会講演概要集. 秋の分科会   1996(2)    1996年9月
市場 冬樹, 鈴浦 秀勝, 花村 榮一
日本物理学会講演概要集. 年会   51(2)    1996年3月
鈴浦 秀勝, 辻川 智子, 時弘 哲治
日本物理学会講演概要集. 年会   50(2)    1995年3月
太田 泰広, 鈴浦 秀勝, 時弘 哲治
日本物理学会講演概要集. 秋の分科会   1993(4)    1993年9月
鈴浦 秀勝, 時弘 哲治
日本物理学会講演概要集. 年会   48(2)    1993年3月
小笠原 剛, 江馬 一弘, 鈴浦 秀勝, 五神 真
秋の分科会講演予稿集   1992(2)    1992年9月
五神 真, 鈴浦 秀勝, 小笠原 剛, 島野 亮, 江馬 一弘
年会講演予稿集   47(2)    1992年3月

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 鈴浦 秀勝
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2008年 - 2013年    代表者: 五神 真
総括班では、分光学・量子光学、半導体デバイス工学、ナノ材料化学、理論物理の4つの研究項目間の分野横断的かつ緊密な連携を図り、領域全体を協力的・活発・円滑に運営し、若手育成、自己および外部評価、情報発信など、新学術領域研究を有効に進める支援活動を行った。総括班主催で、公開シンポジウム、国際ワークショップ、他領域との合同シンポジウム、一般向け公開フォーラム、若手道場、理論ワークショップ、研究討論会を企画・運営し、ニュースレター、ホームページなどの作成を行った。
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2008年 - 2012年    代表者: 鈴浦 秀勝
カーボンナノチューブ・グラフェンに代表される炭素原子の蜂の巣格子平面ネットワークにより構成されるカーボンナノ構造における電子は,通常の半導体とは異なり,質量ゼロのディラック方程式に従う特異な状態を形成している.電気伝導に関しては,非常に高い伝導率を示すなどの様々な特徴的振る舞いが知られており,光学応答においても他の物質には見られない特異性を示すと期待される.実際,カーボンナノチューブの光学応答は,構造の擬一次元を反映して,光励起により生成された電子と正孔の束縛状態である励起子に支配されるが...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 鈴浦 秀勝
スピン軌道相互作用を有する半導体やグラフェンなどで実現する,有効質量がゼロの特異な伝導電子が示す電気伝導の量子効果を理論的に評価した.任意の不純物密度における数値計算の結果から,電極を付けた2次元半導体において有限のスピンホールコンダクタンスが残る事,グラフェンにおいて散乱が弱い場合は質量ゼロのディラック電子の特徴が見られるのに対して,散乱が強い場合は通常の2次元電子系と同様のアンダーソン局在が起きる事を,それぞれ,明らかにした.
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2005年 - 2007年    代表者: 鈴浦 秀勝
カーボンナノチューブの不純物散乱に起因する磁気伝導度を強束縛模型に基づき数値的に計算した.常に金属であるアームチェア型と金属と半導体のどちらかの伝導性を示すジグザグ型について調べた結果,金属と半導体で結果を分類できるとした研究計画時の予想とは異なり,アームチェアとジグザグという型による分類が可能であることが明らかになった.磁場がチューブ軸と平行な場合,常に金属となるアームチェアナノチューブに対しては磁場を増大することにより伝導率が低下,つまり,正の磁気抵抗が得られた.これは,ゼロ磁場におい...