神戸 崇

J-GLOBALへ         更新日: 18/09/12 12:17
 
アバター
研究者氏名
神戸 崇
 
カンベ タカシ
所属
北海道大学
部署
大学院農学研究院
職名
学術研究員
学位
博士(農学)(北海道大学), 修士(農学)(北海道大学)

研究分野

 
 

論文

 
Mizumoto Hiroki, Urabe Hirokazu, Kanbe Takashi, Fukushima Michio, Araki Hitoshi
LIMNOLOGY   19(2) 219-227   2018年4月   [査読有り]
Naoki Matsuda, Takashi Kanbe, Shin-ichi Akimoto, Hideharu Numata
Journal of Insect Physiology   101 1-6   2017年8月   [査読有り]
Wonhoon Lee, Takashi Kanbe, Shin–ichi Akimoto
ZooKeys   417 37-44   2014年6月   [査読有り]
Yao I, Kanbe T
Ecology and evolution   2(9) 2315-2324   2012年9月   [査読有り]
Ogawa K, Ishikawa A, Kanbe T, Akimoto S, Miura T
Zoomorphology   131(3) 197-207   2012年9月   [査読有り]
Ishikawa A, Ogawa K, Gotoh H, Walsh TK, Tagu D, Brisson JA, Rispe C, Jaubert-Possamai S, Kanbe T, Tsubota T, Shiotsuki T, Miura T
Insect molecular biology   21(1) 49-60   2012年2月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
セミの脱皮殻を利用した非侵襲的なDNA採取法
神戸 崇
日本昆虫学会第78回大会   2018年9月10日   
遺伝子解析におけるセミの脱皮殻の利用可能性
神戸 崇
日本応用動物昆虫学会・日本昆虫学会共催北海道支部大会   2013年1月22日   
Evolution of asexuality in the pea aphid, Acyrthosiphon pisum [招待有り]
Kanbe T, Akimoto S
第24回国際昆虫学会議   2012年8月22日   
核遺伝子の解析から推定された無性生殖型アブラムシの起源
神戸 崇, 秋元信一
日本昆虫学会第71回大会   2011年9月18日   
無性生殖型エンドウヒゲナガアブラムシは交雑起源か―核遺伝子の解析から― [招待有り]
神戸 崇
日本アブラムシ研究会第1回研究集会   2011年8月5日   

Works

 
神戸 崇, 佐野正和   その他   2012年10月
「チョウとガ」が超わかる本
大原昌宏, 佐野正和, 神戸 崇   その他   2011年6月
昼行性のレピドプテラ・夜行性のレピドプテラ(ポスター)
北海道大学総合博物館, 神戸 崇   その他   2011年

競争的資金等の研究課題

 
セミの抜け殻から集団構造と大発生のメカニズムを探る
日本学術振興会: 科学研究費助成事業(若手研究(B))
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月    代表者: 神戸 崇
エンドウヒゲナガアブラムシの無性生殖系統におけるMeselson Effectの検証
北海道大学グローバルCOEプログラム「統合フィールド環境科学の教育研究拠点形成」: グローバルCOE若手研究者公募研究助成
研究期間: 2008年11月 - 2009年3月    代表者: 神戸 崇

その他

 
2011年
北海道大学総合博物館 企画展示「LEPDOPTERA 空を舞う昆虫たち チョウとガの世界」(7月2日~10月2日)
展示制作