水野 恒史

J-GLOBALへ         更新日: 19/11/29 04:04
 
アバター
研究者氏名
水野 恒史
 
ミズノ ツネフミ
eメール
mizunoastro.hiroshima-u.ac.jp
所属
広島大学
科研費研究者番号
20403579

委員歴

 
2014年10月
 - 
2016年9月
日本物理学会  日本物理学会 宇宙線・宇宙物理領域委員
 
2015年4月
 - 
2016年3月
高エネルギー宇宙物理連絡会(高宇連)  高宇連運営委員
 
2015年4月
 - 
2015年7月
高エネルギー宇宙物理連絡会(高宇連)  高宇連分野横断型プロジェクト推進委員会
 

受賞

 
2017年3月
一般社団法人日本機械学会宇宙工学部門部門長 日本機械学会宇宙工学部門  一般表彰スペースフロンティア
 
X線天文衛星「ひとみ」の開発において、10mを超えかつ伸展構造物を有する大型衛星の世界においても優れたアラインメント性能を実現し、日本の宇宙工学の発展に貢献したため。

論文

 
Kamae, Tuneyoshi; Andersson, Viktor; Arimoto, Makoto; Axelsson, Magnus; Bettolo, Cecilia Marini; Bjornsson, Claes-Ingvar; Bogaert, Gilles; Carlson, Per; Craig, William; Ekeberg, Tomas et al.
ASTROPARTICLE PHYSICS   30(2) 72-84   2008年9月   [査読有り]
We describe a new balloon-borne instrument (PoGOLite) capable of detecting 10% polarisation from 200 mCrab point-like sources between 25 and 80 keV in one 6-h flight. Polarisation measurements in the soft gamma-ray band are expected to provide a p...
Mizuno, T.; Kanai, Y.; Kataoka, J.; Kiss, M.; Kurita, K.; Pearce, M.; Tajima, H.; Takahashi, H.; Tanaka, T.; Ueno, M. et al.
NUCLEAR INSTRUMENTS & METHODS IN PHYSICS RESEARCH SECTION A-ACCELERATORS SPECTROMETERS DETECTORS AND ASSOCIATED EQUIPMENT   600(3) 609-617   2009年3月   [査読有り]
The energy response of plastic scintillators (Eljen Technology EJ-204) to polarized soft gamma-ray photons below 100 keV has been studied, primarily for the balloon-borne polarimeter, PoGOLite. The response calculation includes quenching effects d...
Atwood, W. B.; Abdo, A. A.; Ackermann, M.; Althouse, W.; Anderson, B.; Axelsson, M.; Baldini, L.; Ballet, J.; Band, D. L.; Barbiellini, G. et al.
ASTROPHYSICAL JOURNAL   697(2) 1071-1102   2009年6月   [査読有り]
The Large Area Telescope (Fermi/LAT, hereafter LAT), the primary instrument on the Fermi Gamma-ray Space Telescope (Fermi) mission, is an imaging, wide field-of-view (FoV), high-energy gamma-ray telescope, covering the energy range from below 20 M...
Abdo, A. A.; Ackermann, M.; Ajello, M.; Atwood, W. B.; Axelsson, M.; Baldini, L.; Ballet, J.; Barbiellini, G.; Bastieri, D.; Baughman, B. M. et al.
ASTROPHYSICAL JOURNAL   703(2) 1249-1256   2009年10月   [査読有り]
Observations by the Large Area Telescope (LAT) on the Fermi mission of diffuse gamma-rays in a mid-latitude region in the third quadrant (Galactic longitude l from 200 degrees to 260 degrees and latitude vertical bar b vertical bar from 22 degrees...
Ackermann, M.; Ajello, M.; Baldini, L.; Ballet, J.; Barbiellini, G.; Bastieri, D.; Bechtol, K.; Bellazzini, R.; Berenji, B.; Bloom, E. D. et al.
ASTROPHYSICAL JOURNAL   726(2)    2011年1月   [査読有り]
We report an analysis of the interstellar gamma-ray emission in the third Galactic quadrant measured by the Fermi Large Area Telescope. The window encompassing the Galactic plane from longitude 210 degrees to 250 degrees has kinematically well-def...

講演・口頭発表等

 
人工衛星を用いた天体観測の現場 [招待有り]
水野恒史
日本航空宇宙学会西部支部講演会   2015年12月4日   
宇宙ガンマ線を用いた宇宙線と星間ガスの研究 [招待有り]
水野恒史
天文・天体物理夏の学校   2015年7月29日   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費助成事業(基盤研究(B))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 水野 恒史
2013年7月に、PoGOLite偏光計を無事気球で打ち上げた。残念ながらデータ取得系に問題が生じ、フル観測には至らなかったが、3日間の科学観測と、2週間余りの動作実証には成功した。将来の気球による長時間観測を考えると、北極周回軌道で2週間という長時間フライトを成功させた意義は大きい。また地上では放球前に、散乱を用いて作り出した偏光信号を使い、100時間あまりの入念なキャリブレーションを行った。これらフライトデータとキャリブレーション試験の双方について、論文化を進めている。
ASTRO-H...
文部科学省: 科学研究費助成事業(若手研究(B))
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 片桐 秀明
フェルミ・ガンマ線衛星によって、星が死ぬ時の大爆発である超新星の残骸であるCygnus Loop、G8.7-0.1、W44の周辺を観測した。その結果、付随するガスに空間的に対応したギガ電子ボルトの高エネルギーガンマ線放射を発見した。ガンマ線データを詳細に調べた結果、どれも高エネルギーの原子核「宇宙線」が超新星残骸で加速されガスと反応していることを示唆していた。本研究によって、今後、系統的に宇宙線の加速・拡散過程を理解する上で有用となるデータが得られた。
文部科学省: 科学研究費助成事業(基盤研究(B))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 水野 恒史
銀河宇宙線のエネルギー分布と空間分布を明らかにするべく,最新のフェルミ衛星を用いたガンマ線データの解析を2009年度から3年間に渡り精力的に進めた.その結果[ 1]太陽系近傍の宇宙線スペクトルが,地球上で測られた物に近いことを観測的に明らかにした一方で[ 2]太陽系付近の数100pc以内で宇宙線強度が20%程度ばらつくことと[ 3]銀河系の外側の領域で,宇宙線強度が従来の予想に反してあまり弱くならないことを見出した.これらの成果のうち,[ 1][ 3]は執筆責任者として論文を出版し,[ 2...
文部科学省: 科学研究費助成事業(特定領域研究)
研究期間: 2008年 - 2008年    代表者: 水野 恒史
宇宙最大の爆発現象であるγ線バースト(GRB)の放射機構の解明には、FermiによるGRBのモニタ・解析体制(γ線領域)の立ち上げと、「すざく」衛星搭載WAM検出器(X線領域)および「かなた」望遠鏡(可視光領域)とをあわせた多波長同時観測の確立が鍵を握る。そこで[1]2008年6月のFermi衛星の打ち上げに合わせて米国スタンフォード線形加速器センターに長期滞在し、初期運用に貢献するとともに、データの解析方法についての情報収集を行い、[2]また日本国内でのFermi衛星の運用や、WAM検出...
文部科学省: 科学研究費助成事業(基盤研究(B))
研究期間: 2006年 - 2008年    代表者: 釜江 常好
「すざく」X線反射鏡の画像歪み修復するプログラムを開発するとともに、日本の次期X 線観測衛星で使われる予定のX線ミラーが生む人工的偏光の上限を実測した。また気球を使って「かに」星雲やブラックホール天体白鳥座X-1から観測される硬X線の偏光を測定する装置、PoGOLiteを開発した。画像修復のプログラムの成果は、Sugizaki, Kamae, Okajima, PASJ 61S (2009) 55、PoGOLiteの偏光観測装置は、Kamae et al.Astroparticle Phy...

社会貢献活動

 
恒星の中での元素合成
【講師】  広島大学理学部  2015年7月24日 - 2015年7月24日