野崎 達生

J-GLOBALへ         更新日: 19/05/31 22:38
 
アバター
研究者氏名
野崎 達生
 
ノザキ タツオ
URL
http://egeo1.geosys.t.u-tokyo.ac.jp/kato/nozaki.html
所属
国立研究開発法人海洋研究開発機構
部署
海洋機能利用部門海底資源センター
職名
グループリーダー代理 / 研究員
学位
博士(工学)(東京大学)
その他の所属
東京大学神戸大学千葉工業大学
科研費研究者番号
10553068
ORCID ID
0000-0001-6523-6231

研究分野

 
 

経歴

 
2019年4月
 - 
現在
海洋研究開発機構 海洋機能利用部門海底資源センター グループリーダー代理 / 研究員
 
2017年10月
 - 
現在
千葉工業大学 次世代海洋資源研究センター 招聘研究員
 
2016年4月
 - 
2019年3月
海洋研究開発機構 海底資源研究開発センター グループリーダー代理
 
2015年10月
 - 
現在
神戸大学大学院理学研究科 惑星学専攻 客員准教授
 
2014年4月
 - 
2019年3月
海洋研究開発機構 海底資源研究開発センター 研究員
 

学歴

 
2005年10月
 - 
2008年9月
東京大学大学院 工学系研究科 地球システム工学専攻博士課程
 
2003年4月
 - 
2005年9月
東京大学大学院 工学系研究科 地球システム工学専攻修士課程
 
2001年4月
 - 
2003年3月
東京大学 工学部 システム創成学科環境・エネルギーシステムコース
 
1999年4月
 - 
2001年3月
東京大学 教養学部 理科II類 
 
1996年4月
 - 
1999年3月
新潟県立新潟高等学校 普通科 
 

受賞

 
2018年9月
日本地質学会 柵山雅則賞
 
2016年9月
Tech Planter 2016 ディープテックグランプリ部門 最優秀賞およびヤンマー賞
 
2015年4月
海洋研究開発機構 平成26年度研究開発功績賞 (業績表彰)
 
2014年9月
日本地球化学会 奨励賞
 
2014年9月
日本地質学会 小藤文次郎賞
 

論文

 
Tatsuo Nozaki, Takashi Nikaido, Tetsuji Onoue, Yutaro Takaya, Keiko Sato, Jun Ichi Kimura, Qing Chang, Daisuke Yamashita, Honami Sato, Katsuhiko Suzuki, Yasuhiro Kato, Atsushi Matsuoka
Journal of Asian Earth Sciences: X   1    2019年6月
© 2018 The Author(s) Pelagic cherts preserved in accretionary complexes represent former seafloor sediment that can retain geochemical evidence of paleoceanographic conditions that predate the oldest extant oceanic crust. The ratio of Os isotopes...
Totsuka Shuhei, Shimada Kazuhiko, Nozaki Tatsuo, Kimura Jun-Ichi, Chang Qing, Ishibashi Jun-ichiro
CHEMICAL GEOLOGY   514 90-104   2019年6月   [査読有り]
Takaya Yutaro, Wang Meiqi, Fujinaga Koichiro, Uchida Etsuo, Nozaki Tatsuo, Kato Yasuhiro
MINERALS   9(4)    2019年4月   [査読有り]
Fuchida Shigeshi, Ishibashi Jun-ichiro, Shimada Kazuhiko, Nozaki Tatsuo, Kumagai Hidenori, Kawachi Masanobu, Matsushita Yoshitaka, Koshikawa Hiroshi
GEOCHEMICAL TRANSACTIONS   19(1) 15   2018年12月   [査読有り]
Kashiwabara Teruhiko, Toda Ryuichi, Nakamura Kentaro, Yasukawa Kazutaka, Fujinaga Koichiro, Kubo Sayuri, Nozaki Tatsuo, Takahashi Yoshio, Suzuki Katsuhiko, Kato Yasuhiro
GEOCHIMICA ET COSMOCHIMICA ACTA   240 274-292   2018年11月   [査読有り]

Misc

 
野崎 達生, 藤永 公一郎, 加藤 泰浩
地質学雑誌   124(12) 995-1020   2018年
<p>日本列島は主に過去4億年以降の付加体から構成されており,付加体中には古海洋底で生成した様々な鉱床が胚胎している.本論文では,別子型硫化物鉱床,層状鉄マンガン・マンガン鉱床に関する成因論の進展と未解明の課題をレビューする.三波川帯に分布する別子型鉱床は遠洋域の中央海嶺で生成し,ジュラ紀後期海洋無酸素事変によって保存された.現地性緑色岩を伴う四万十帯北帯の別子型鉱床は,白亜紀後期の海嶺沈み込み現象に付随して生成した.他のメランジュ中に胚胎する別子型鉱床については未解明の点が多い.層状鉄マ...
実松 健造, 野崎 達生, 高橋 亮平, 安川 和孝
資源地質 = Resource geology   68(2) 63-65   2018年
野崎 達生, 実松 健造, 高橋 亮平, 安川 和孝
地球化学   52(4) 145-148   2018年
<p>Through the 4.6 Gyr of Earth's history, ore deposit has been formed via close linkage with the evolution of this planet. Ore deposit is an abnormally enriched material of targeted elements and its enrichment mechanism macroscopically controlled...
石井輝秋, 石井輝秋, 町田嗣樹, 飯島耕一, 山本浩文, 野崎達生, 金子純二, 大田隼一郎, 藤永公一郎, 藤永公一郎, 安川和孝, 安川和孝, 下村遼, 高谷雄太郎, 南澤智美, 藤島恵介, 黒崎智雄, 梅原淑行
深田地質研究所年報   (17) 1‐28   2016年12月
冨松由希, 尾上哲治, 野崎達生, 野崎達生
地質学雑誌   122(6) 267‐273   2016年6月

特許

 
高井 研, 猿橋 具和, 宮崎 淳一, 澤田 郁郎, 渋谷 岳造, 川口 慎介, 石橋 純一郎, 野崎 達生, 柏原 輝彦, 中村 謙太郎, 鈴木 勝彦
高井 研, 猿橋 具和, 宮崎 淳一, 澤田 郁郎, 渋谷 岳造, 川口 慎介, 石橋 純一郎, 野崎 達生, 柏原 輝彦, 中村 謙太郎, 鈴木 勝彦