TOSHIYO TANIGUCHI

J-GLOBAL         Last updated: Jun 5, 2018 at 11:53
 
Avatar
Name
TOSHIYO TANIGUCHI
E-mail
t-taniguchiu-shimane.ac.jp
Affiliation
The University of Shimane
Research funding number
10310830

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Hirokawa K, Fujii Y, Taniguchi T, Takaki J, Tsutsumi A
International journal of behavioral medicine   25(3) 362-367   Jun 2018   [Refereed]
Hirokawa K, Taniguchi T, Fujii Y, Takaki J, Tsutsumi A
International journal of behavioral medicine   23(4) 464-472   Aug 2016   [Refereed]
Hirokawa K, Miwa M, Taniguchi T, Tsuchiya M, Kawakami N
Industrial health   54(3) 194-203   Jun 2016   [Refereed]
Takaki J, Taniguchi T, Fujii Y
International journal of environmental research and public health   13(5)    Apr 2016   [Refereed]
Taniguchi T, Takaki J, Hirokawa K, Fujii Y, Harano K
Industrial health   54(2) 131-138   2016   [Refereed]

Misc

 
基礎講座 質的分析(第1回) 介護福祉に関する質的研究の取り組みと留意点
谷口 敏代
介護福祉学   24(1) 49-57   Oct 2017
米原 あき, 谷口 敏代
日本認知症ケア学会誌 = Journal of Japanese Society for Dementia Care   15(4) 785-795   Jan 2017
本研究の目的は、管理者のサービス評価に対する認識と関連要因を明らかにし、今後のサービス評価のあり方を検討することである。中国地方5県の事業所から、層化二段無作為抽出法により400事業所を抽出し、自記式質問紙の調査項目の欠損を除く108人を分析対象とした。調査項目は、基本属性、サービス評価の認識、介護観、仕事のコントロールとサポート、ワーク・エンゲイジメントとした。年齢、性別、認知症ケア経験年数、管理職経験年数、介護観、サポート、仕事のコントロール、ワーク・エンゲイジメントを独立変数、サービ...
介護福祉職のワーク・エンゲイジメントに関する文献検討
時實 亮, 谷口 敏代
介護福祉学   23(2) 161-166   Apr 2017
[目的]介護福祉職を対象に、ワーク・エンゲイジメント(WE)の研究動向を整理し、今後の研究への示唆を得ることを目的に文献検討を行った。[方法]2015年10月31日までに発表された文献を対象に、医学中央雑誌、CiNiiおよびPubMedを用いて検索し、重複文献、会議録、総説、文献レビュー、尺度開発を目的とした文献と対象に介護福祉職が含まれていない文献を除いた、日本語文献6本、英語文献5本の計11本が分析対象となった。[結果]年齢、同僚サポート、仕事のコントロール、働く目的が高いことがWEを...
谷口 敏代, 若崎 淳子
インターナショナルnursing care research   15(4) 1-10   Nov 2016
本研究は乳がん患者のQOLと知覚されたソーシャル・サポートとの関連を明らかにすることである。乳がんと診断され2002年4月から2010年7月に乳房手術を受けた20〜64歳の707名に質問紙票を配布し、477名(67.5%)から回収され、欠損値のない351名(49.6%)を分析対象とした。調査項目はQOL-ACD尺度、QOL-ACD-B尺度の医療に対する満足感と病気に対するコーピングとJichi Medical schoolソーシャルサポートスケールを用いた。サポート源を、「配偶者・家族・友...
齋藤 誠二, 谷口 敏代, 迫 明仁, 高橋 徹, 福濱 嘉宏, 京林 由季子, 吉原 直彦
岡山県立大学教育研究紀要 = Bulletin of Higher Education and Liberal Arts and Sciences Research, Okayama Prefectural University   1(1) 53-62   Mar 2017
The number of enrolled students and the enrollment rate of students with disabilities in universities are increasing yearly; support for students with disabilities is an urgent issue to be addressed extensively, and it is crucial to enlist more su...