小川哲也

J-GLOBALへ         更新日: 19/05/07 07:54
 
アバター
研究者氏名
小川哲也
 
オガワ テツヤ
URL
https://kaken.nii.ac.jp/d/r/60586460.ja.html
所属
東京大学
部署
大学院総合文化研究科 広域科学専攻生命環境科学系
学位
博士(人間科学)(早稲田大学)

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
国立障害者リハビリテーションセンター(研究所) 運動機能系障害研究部
 
 
   
 
早稲田大学スポーツ科学学術院 次席研究員
 
 
   
 
日本学術振興会 特別研究員PD
 

受賞

 
 
第5回Motor Control研究会 優秀発表賞
 

論文

 
Yokoyama H, Kaneko N, Ogawa T, Kawashima N, Watanabe K, Nakazawa K
iScience      2019年4月   [査読有り]
Ogawa T, Obata H, Yokoyama H, Kawashima N, Nakazawa K
Experimental brain research      2018年2月   [査読有り]
Yokoyama H, Sato K, Ogawa T, Yamamoto SI, Nakazawa K, Kawashima N
PloS one   13(4) e0194875   2018年   [査読有り]
Obata H, Ogawa T, Milosevic M, Kawashima N, Nakazawa K
Journal of electromyography and kinesiology : official journal of the International Society of Electrophysiological Kinesiology   38 151-154   2017年12月   [査読有り]
Yokoyama H, Hagio K, Ogawa T, Nakazawa K
Physiological reports   5(22)    2017年11月   [査読有り]
Effects of aquatic pole walking on reduction of spastic hypertonia in a patient with hemiplegia: a case study.
Hiroki Obata, Tetsuya Ogawa, Motonori Hoshino, Chiho Fukusaki, Yohei Masugi, Hirofumi Kobayashi, Hideo Yano, Kimitaka Nakazawa
International Journal of Physical Medicine & Rehabilitation   5 401   2017年7月   [査読有り]
Yokoyama H, Ogawa T, Shinya M, Kawashima N, Nakazawa K
Proceedings. Biological sciences   284(1851)    2017年3月   [査読有り]
Yokoyama H, Ogawa T, Kawashima N, Shinya M, Nakazawa K
Scientific reports   6 36275   2016年11月   [査読有り]
Ogawa T, Kawashima N, Obata H, Kanosue K, Nakazawa K
The Journal of experimental biology   218(Pt 20) 3192-3198   2015年10月   [査読有り]
Obata H, Ogawa T, Kitamura T, Masugi Y, Takahashi M, Kawashima N, Nakazawa K
The European journal of neuroscience   42(6) 2283-2288   2015年9月   [査読有り]
Ogawa T, Sato T, Ogata T, Yamamoto S, Nakazawa K, Kawashima N
Physiological reports   3(3)    2015年3月   [査読有り]
Ogawa T, Kawashima N, Obata H, Kanosue K, Nakazawa K
PloS one   10(3) e0121951   2015年3月   [査読有り]
Masugi Y, Kitamura T, Kamibayashi K, Ogawa T, Ogata T, Kawashima N, Nakazawa K
Neuroscience letters   584 337-341   2015年1月   [査読有り]
Ogawa T, Kawashima N, Ogata T, Nakazawa K
Journal of neurophysiology   111(4) 722-732   2014年2月   [査読有り]
Ogawa T, Kawashima N, Suzuki S, Nakazawa K
European journal of applied physiology   112(10) 3641-3648   2012年10月   [査読有り]
Ogawa T, Kawashima N, Suzuki S, Nakazawa K
Journal of motor behavior   44(1) 63-68   2012年   [査読有り]
Ogawa T, Kawashima N, Ogata T, Nakazawa K
PloS one   7(9) e46349   2012年   [査読有り]
Ogata H, Ogata T, Hoshikawa S, Ogawa T, Uematsu A, Saitou S, Kitamura T, Nakazawa K
Clinical autonomic research : official journal of the Clinical Autonomic Research Society   20(2) 101-103   2010年4月   [査読有り]
Kamibayashi K, Nakajima T, Fujita M, Takahashi M, Ogawa T, Akai M, Nakazawa K
Experimental brain research   202(2) 385-395   2010年4月   [査読有り]
Ogata H, Ogata T, Hoshikawa S, Uematsu A, Ogawa T, Saitou S, Kitamura T, Nakazawa K
Clinical autonomic research : official journal of the Clinical Autonomic Research Society   20(1) 47-50   2010年2月   [査読有り]
Ogawa T, Kim GH, Sekiguchi H, Akai M, Suzuki S, Nakazawa K
European journal of applied physiology   105(2) 199-205   2009年1月   [査読有り]

Misc

 
信岡 沙希重, 樋口 貴俊, 中田 大貴, 小川 哲也, 加藤 孝基, 中川 剣人, 土江 寛裕, 礒 繁雄, 彼末 一之
体育学研究   60(2) 497-510   2015年
  The aim of this study was to clarify the relationship between maximal running speed, step frequency, step frequency index, step length, step length index, foot contact time, and aerial time during sprinting in elementary school children. The par...
小川 哲也, 河島 則天, 彼末 一之, 中澤 公孝
日本生理人類学会誌   19(3) 185-189   2014年8月
小川 哲也, 河島 則天, 緒方 徹, 赤居 正美, 中澤 公孝
バイオメカニズム学会誌 = Journal of the Society of Biomechanisms   37(2) 110-114   2013年5月
【歩行トレーニングを見直す】 歩行運動を実現する神経システム
河島 則天, 小川 哲也
理学療法   29(7) 727-734   2012年7月
1.環境に応じた柔軟な歩行運動制御の背景には、運動パターンの生成を脳幹・脊髄の低位の階層が担い、運動の計画や開始/終了、調節や学習を高位の階層が担うという中枢神経系の階層性制御が存在する。2.歩行運動を実現する神経システムについての正確な理解は、歩行機能の停滞、異常歩行の原因を見極めるために必要不可欠である。3.歩行運動の適応性と学習性、脊髄の可塑性に関する知見は、歩行機能回復のための具体的なアプローチを考える上で重要な手がかりとなる。(著者抄録)

書籍等出版物

 
ロジャー・M. エノーカ (担当:共訳)
西村書店   2017年1月   ISBN:4890134700
彼末 一之, 小川 哲也, 深野 真子, 福林 徹
Springer   2015年   ISBN:9784431553175

競争的資金等の研究課題

 
ヒトの走行動作における運動記憶の人為的操作
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2018年 - 2022年    代表者: 小川哲也
機能的電気刺激の治療効果とその神経機序
日本学術振興会: 科学研究費補助金 国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))
研究期間: 2018年 - 2021年    代表者: 中澤公孝
ヒトの歩行と走行を区別する行動科学的決定要因の同定
日本学術振興会: 科学研究費補助金 若手研究(B)
研究期間: 2016年 - 2018年    代表者: 小川哲也
スポーツスキル学習における運動イメージの役割と脳機構の解析
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(A)
研究期間: 2014年 - 2018年    代表者: 彼末一之
異なる速度のランニング動作を司る中枢神経機構の解明
ヤマハ発動機スポーツ振興財団: スポーツチャレンジ研究助成
研究期間: 2016年 - 2017年    代表者: 小川哲也