論文

2016年11月25日

本学付属病院小児歯科外来における初診患者の実態調査―2007年から2011年の5年間について―

小児歯科学雑誌
  • 沖殿ちひろ
  • ,
  • 大場英和
  • ,
  • 三木崇裕
  • ,
  • 池田英史
  • ,
  • 江田康輔
  • ,
  • 吉原幸司郎
  • ,
  • 棚瀬康介
  • ,
  • 川上詠理
  • ,
  • 小口寛子
  • ,
  • 中村昭博
  • ,
  • 井出令奈
  • ,
  • 荻原孝
  • ,
  • 渡辺幸嗣
  • ,
  • 渡部茂

54
4
開始ページ
476‐481
終了ページ
481
記述言語
日本語
掲載種別
出版者・発行元
一般財団法人 日本小児歯科学会

<p>小児を取り巻く環境の変化に応じて様々な情報が飛び交う今日,口腔疾病構造の変化を分析し,適切な情報を発信することは重要なことである。当分野では,1992 年から1996 年までの5 年間,1997 年から 2001 年までの5 年間,2002 年から2006 年までの5 年間における初診患者の実態について報告してきたが,今回は2007 年から2011 年の5 年間調査を行い,以下の結論を得た。</p><p>1 .初診患者の年間平均来院数は629 名で,過去3 回の調査(第1 回調査324 名,第2 回調査462 名,第3 回調査569 名)よりも増加していた。</p><p>2 .初診時年齢は3 歳が最も多く(12.2%),6 歳未満が全体の約55%を占めていた。</p><p>3 .通院距離は半径5km以内が最も多く(30.5%)占めていた。しかしながら半径15 km 以上の者も26.0 %を占めていた。</p><p>4 .初診時主訴は齲蝕・痛みが約40%と最も多かったが,前回調査(約50%)より大幅に減少していた。</p><p>5 .df 歯数は歯科疾患実態調査の結果より高い値を示した。</p><p>6 .紹介患者は全体の34.2%を占め,前回調査(33.4%)よりやや増加していた。年齢では4 歳児,通院距離では半径5~10 km が最も多かった。</p><p>7 .心身障害者は全初診患者の2.0%を占めた。</p>

リンク情報
J-GLOBAL
https://jglobal.jst.go.jp/detail?JGLOBAL_ID=201602251106648511
CiNii Articles
http://ci.nii.ac.jp/naid/130006219717

エクスポート
BibTeX RIS