杉原太郎

J-GLOBALへ         更新日: 18/08/16 23:41
 
アバター
研究者氏名
杉原太郎
URL
https://sites.google.com/site/tarosugiharaswebsite/
所属
岡山大学
部署
大学院ヘルスシステム統合科学研究科
職名
助教
学位
博士(工学)
Twitter ID
ts_pawn

研究分野

 
 

経歴

 
2013年4月
 - 
現在
岡山大学 大学院自然科学研究科 助教
 
2005年4月
 - 
2013年3月
北陸先端科学技術大学院大学 知識科学研究科 助教
 

受賞

 
2013年3月
ヒューマンインタフェース学会 第9回研究会賞
受賞者: 安藤昌也,杉原太郎,田中一丸
 
2012年3月
ヒューマンインタフェース学会 第13回学術奨励賞
 
2008年8月
情報処理学会 SS2008情報教育シンポジウム論文賞
受賞者: 三浦元喜,杉原太郎,國藤進
 

論文

 
Leroi I, Kitagawa K, Vatter S, Sugihara T
Neurodegenerative disease management      2018年7月   [査読有り]
Leroi I, Watanabe K, Hird N, Sugihara T
International journal of geriatric psychiatry      2018年5月   [査読有り]
Taro Sugihara
Proceedings of the Genetic and Evolutionary Computation Conference Companion, GECCO 2018, Kyoto, Japan, July 15-19, 2018   1849-1851   2018年   [査読有り]
松原貴史, 五福明夫, 杉原太郎
ヒューマンファクターズ   20(2) 45-62   2016年2月
In recent years, the number of younger operators increases in the Japanese industrial plants because of the alternation of generations. The operation manual becomes more important for the safe and stable operations. We analyzed the reported troubl...
Taro Sugihara,Yuji Hirabayashi,Kentaro Torii,Tetsuro Chino,Naoshi Uchihira
Universal Access in Human-Computer Interaction. Aging and Assistive Environments - 8th International Conference, UAHCI 2014, Held as Part of HCI International 2014, Heraklion, Crete, Greece, June 22-27, 2014, Proceedings, Part III   8515 387-394   2014年   [査読有り]
三宅貫太郎, 福森聡, 杉原太郎, 五福明夫, 佐藤健治
人工知能学会論文誌(Web)   30(1) 148-151 (J-STAGE)-151   2015年1月
This article discusses the potential of Captology, a concept of the persuasive technologies, for long-term rehabilitation. Continuous rehabilitations to patients with chronic regional pain syndrome are an essential way to ameliorate the pain. Alth...
Tadashi Kanehira,Taro Sugihara,Muneou Suzuki,Akio Gofuku,Kenji Araki
Digital Human Modeling: Applications in Health, Safety, Ergonomics and Risk Management - 7th International Conference, DHM 2016, Held as Part of HCI International 2016, Toronto, ON, Canada, July 17-22, 2016, Proceedings   9745 432-439   2016年   [査読有り]
Taro Sugihara,Tsutomu Fujinami,Rachel Jones,Kozo Kadowaki,Masaya Ando
AI Soc.   30(4) 509-518   2015年   [査読有り]
Taro Sugihara,Tsutomu Fujinami,Rachel Jones,Kozo Kadowaki,Masaya Ando
Shikakeology: Designing Triggers for Behavior Change, Papers from the 2013 AAAI Spring Symposium, Palo Alto, California, USA, March 25-27, 2013      2013年   [査読有り]
Sugihara T, Fujinami T, Phaal R, Ikawa Y
Dementia (London, England)   14(1) 80-103   2013年6月   [査読有り]
Motoki Miura,Taro Sugihara
Knowledge-Based and Intelligent Information and Engineering Systems - 15th International Conference, KES 2011, Kaiserslautern, Germany, September 12-14, 2011, Proceedings, Part III   6883 539-547   2011年   [査読有り]
Tsutomu Fujinami,Motoki Miura,Ryozo Takatsuka,Taro Sugihara
Toward Useful Services for Elderly and People with Disabilities - 9th International Conference on Smart Homes and Health Telematics, ICOST 2011, Montreal, Canada, June 20-22, 2011. Proceedings   6719 303-307   2011年   [査読有り]
Taro Sugihara,Tsutomu Fujinami
Ergonomics and Health Aspects of Work with Computers - International Conference, EHAWC 2011, Held as Part of HCI International 2011, Orlando, FL, USA, July 9-14, 2011. Proceedings   6779 149-158   2011年   [査読有り]
Taro Sugihara,Tsutomu Fujinami,Motoki Miura
The 6th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems (SCIS), and The 13th International Symposium on Advanced Intelligence Systems (ISIS), Kobe, Japan, November 20-24, 2012   685-690   2012年   [査読有り]
Motoki Miura,Taro Sugihara,Susumu Kunifuji
IEICE Transactions   E94-D(3) 456-464   2011年   [査読有り]
Taro Sugihara,Motoki Miura,Susumu Kunifuji
Knowledge-Based and Intelligent Information and Engineering Systems - 14th International Conference, KES 2010, Cardiff, UK, September 8-10, 2010, Proceedings, Part IV   6279 457-464   2010年   [査読有り]
Motoki Miura,Taro Sugihara,Susumu Kunifuji
ICALT 2010, 10th IEEE International Conference on Advanced Learning Technologies, Sousse, Tunesia, 5-7 July 2010   382-383   2010年   [査読有り]
Taro Sugihara,Takumi Miura,Motoki Miura,Susumu Kunifuji
ICALT 2010, 10th IEEE International Conference on Advanced Learning Technologies, Sousse, Tunesia, 5-7 July 2010   294-296   2010年   [査読有り]
三浦 元喜, 杉原 太郎, 國藤 進
日本教育工学会論文誌   34(3) 279-287   2010年12月
本稿では,一般教室における無線デジタルペンを利用した授業システムを,日常的な運用を可能とするために行った2つの改良について述べる.まず我々が構築してきた超音波方式ペンとPDAによるシステムの操作と準備作業を軽減するため,近年利用されているアノト方式によるデジタルペンを利用可能とし,両システムを比較した.その結果,後者のシステムによる簡便性および誤差の減少が,理解度の低い生徒の積極的参加を阻害せず,またシステムが筆記をチェックすることに対する,理解度の高い生徒の緊張感を緩和することを確認した...
Motoki Miura,Taro Sugihara,Susumu Kunifuji
Proceedings of the 14th Annual SIGCSE Conference on Innovation and Technology in Computer Science Education, ITiCSE 2009, Paris, France, July 6-9, 2009   141-145   2009年   [査読有り]
Motoki Miura,Taro Sugihara,Susumu Kunifuji
Human-Computer Interaction. New Trends, 13th International Conference, HCI International 2009, San Diego, CA, USA, July 19-24, 2009, Proceedings, Part I   5610 644-651   2009年   [査読有り]
杉原 太郎, 藤波 努, 高塚 亮三
社会技術研究論文集   7 54-65   2010年
本稿では,認知症高齢者をどのようにしてカメラシステムで支えるかという切り口で行った3軒のグループホームに対するアクションリサーチ,その中でもシステム開発および導入にまつわる問題ついて述べる.調査はインタビューにより行い,情報は介護者から収集した.調査結果から,カメラシステムは介護者の肉体的・精神的負担感を低減させ,提供する介護作業の最適化に寄与したことが明らかとなった.さらに,認知症を原因とする問題に対処するためには周囲の環境から支えることが重要であること,システムの開発・導入に当たっては...
Taro Sugihara,Kenichi Nakagawa,Xi Liu,Tsutomu Fujinami
Universal Access in Human-Computer Interaction. Addressing Diversity, 5th International Conference, UAHCI 2009, Held as Part of HCI International 2009, San Diego, CA, USA, July 19-24, 2009. Proceedings, Part I   5614 297-303   2009年   [査読有り]
國藤 進, 杉原 太郎, 三浦 元喜, 藤波 努, 金井 秀明, 伊藤禎宣, 劉曦, 高塚 亮三, 中田 豊久, 加藤 直孝, 山口 聖哉, 小柴 等
情報処理学会論文誌   50(12) 3272-3283   2009年12月
文部科学省知的クラスター創成事業金沢地域における5カ年プロジェクト「アウェアホームのためのアウェア技術の開発研究」(平成16〜20年度)における研究開発について述べる.グループホームの介護者の負担軽減を目的とし,そこに入居する認知症高齢者のためアウェア技術を駆使した"見守り" 介護支援システムの研究開発と実証実験が前進した.またスリッパで入居者の室内位置を知るRFIDマットシステムなどの研究が進展し,見守り介護支援システムに関する知見を得た.
Motoki Miura,Sadanori Ito,Ryozo Takatsuka,Taro Sugihara,Susumu Kunifuji
JNW   4(2) 133-139   2009年   [査読有り]
三浦 元喜, 杉原 太郎, 國藤 進
情報処理学会論文誌   50(10) 2396-2408   2009年10月
我々はJavaやC#などの静的な型付けを行うオブジェクト指向言語を学習するうえで比較的抽象度が高くつまずきやすい「型・変数・オブジェクトとデータ参照」の理解を促進するためのワークベンチAnchor Gardenを構築した.学習者はマウス操作により視覚的な表現を持つ"変数" や"オブジェクト" を生成したり,変数からオブジェクトにリンクを張る操作体験を通じて,プログラミング言語における独特の考え方に接近することができる.また本ワークベンチはモデルの操作に対応したコードを自動生成する機能を持つ...
Taro Sugihara,Kenichi Nakagawa,Tsutomu Fujinami,Ryozo Takatsuka
Knowledge-Based Intelligent Information and Engineering Systems, 12th International Conference, KES 2008, Zagreb, Croatia, September 3-5, 2008, Proceedings, Part II   839-846   2008年   [査読有り]
Kenichi Nakagawa,Taro Sugihara,Hitoshi Koshiba,Ryozo Takatsuka,Naotaka Kato,Susumu Kunifuji
Knowledge-Based Intelligent Information and Engineering Systems, 11th International Conference, KES 2007, XVII Italian Workshop on Neural Networks, Vietri sul Mare, Italy, September 12-14, 2007. Proceedings, Part II   4693 1261-1268   2007年   [査読有り]
中川健一, 杉原太郎, 小柴等, 高塚亮三, 加藤直孝, 國藤進
情報処理学会論文誌   49(1) 2-10   2008年11月
我々は産学官共同で認知症高齢者の介護を支援するシステムの開発をしている.超高齢社会を迎えた社会情勢をふまえ,情報通信技術やユビキタス技術による支援システムは多くの大学や機関で研究が進められている.しかし研究として成功しても死の谷(Wessener,2001)やダーウィンの海(Branscomb,et al.,2002)問題で指摘されるように,現場での利用に至らない例も多々ある.介護では人間中心のケア(Takatsuka,et al.,2005)が注目されているが,ユビキタスの研究で言われる...
杉原 太郎, 森本 一成, 黒川 隆夫
感性工学 : 日本感性工学会研究論文集 : journal of Japan Society of Kansei Engineering   7(4) 665-673   2008年
This paper discusses the issue of users' retrieval strategies in relation to development of a kansei-based music retrieval system. Little attention has been paid to this issue in this research area, even though it is important to build such system...
杉原太郎, 森本一成, 黒川隆夫
情報処理学会論文誌   46(7) 1560-1570   2005年7月
個人の感性特性に対応可能な音楽検索システムを提案するとともに, 個人特性の学習結果や検索結果に関する評価実験について述べる.本システムは学習によって個人の感性を標準的な感性に変換するニューラルネットワーク(NN)と, 検索キーとして与えられる感性値にマッチする楽曲を提示する音楽データベース(MD)より成る.個人の特定楽曲についての感性を40の感性語対に関する主観評価値を要素とする感性ベクトルで表し, 多数の楽曲の感性ベクトルを配置した感性空間により個人の感性を特徴づける.NNは個人の感性空...
杉原 太郎, 森本 一成, 河村 知典, 島田 雅之, 黒川 隆夫
感性工学研究論文集   5(3) 127-134   2005年5月

Misc

 
古橋龍一, 三宅貫太郎, 佐藤健治, 杉原太郎, 五福明夫
ヒューマンインタフェースシンポジウム論文集(CD-ROM)   2017 ROMBUNNO.5C2‐4   2017年9月
山岡晟造, 五福明夫, 杉原太郎
日本保全学会学術講演会要旨集   14th 262‐267   2017年8月
村上裕亮, 杉原太郎, 五福明夫
電子情報通信学会技術研究報告   117(73(MVE2017 1-13)) 115‐121   2017年5月
福田侑弥, 杉原太郎, 鈴木斎王, 金平唯, 五福明夫, 荒木賢二
情報処理学会全国大会講演論文集   79th(4) 4.383‐4.384   2017年3月
山岡晟造, 五福明夫, 杉原太郎
ヒューマンインタフェース学会研究報告集(CD-ROM)   19 ROMBUNNO.Vol.19No.9,23‐28   2017年
高田和磨, 杉原太郎, 五福明夫
日本感性工学会論文誌(Web)   16(3) 341‐349(J‐STAGE)   2017年
北岡朋展, 山岡晟造, 杉原太郎, 五福明夫
ヒューマンインタフェース学会研究報告集(CD-ROM)   19 ROMBUNNO.Vol.19No.5,47‐52   2017年
岡本康史, 杉原太郎, 三輪洋靖, 渡辺健太郎, 桑原教彰
ヒューマンインタフェース学会研究報告集(CD-ROM)   19 ROMBUNNO.Vol.19No.4,21‐26   2017年
北原亮宏, 五福明夫, 杉原太郎, 佐藤健治, 三宅貫太郎
ヒューマンインタフェースシンポジウム論文集(CD-ROM)   2016 ROMBUNNO.2B2‐4   2016年9月
山岡晟造, 杉原太郎, 五福明夫
ヒューマンインタフェースシンポジウム論文集(CD-ROM)   2016 ROMBUNNO.3A4‐1   2016年9月
杉原 太郎, 森山 治
システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集   60    2016年5月
三宅貫太郎, 杉原太郎, 北原亮宏, 五福明夫, 佐藤健治
システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集(CD-ROM)   60th ROMBUNNO.265‐1   2016年5月
鈴木斎王, 杉原太郎
システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集(CD-ROM)   60th ROMBUNNO.225‐2   2016年5月
村上裕亮, 杉原太郎, 五福明夫
人工知能学会全国大会論文集(CD-ROM)   30th ROMBUNNO.4E4‐OS‐24b‐3   2016年
三宅貫太郎, 五福明夫, 福森聡, 杉原太郎, 佐藤健治
日本遠隔医療学会雑誌   11(2) 64-70   2015年10月
金平唯, 杉原太郎, 鈴木斎王, 五福明夫, 荒木賢二
ヒューマンインタフェースシンポジウム論文集(CD-ROM)   2015 ROMBUNNO.2212   2015年9月
高田和磨, 杉原太郎, 五福明夫
システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集(CD-ROM)   59th ROMBUNNO.351-2   2015年5月
杉原 太郎
ヒューマンインタフェース学会誌 = Human interface = Journal of Human Interface Society   17(4) 281-284   2015年
高田 和磨, 杉原 太郎, 五福 明夫
人工知能学会全国大会論文集   29 1-4   2015年
村上 裕亮, 杉原 太郎, 五福 明夫
人工知能学会全国大会論文集   29 1-4   2015年
杉原太郎, 鈴木斎王, 荒木賢二, 梅本勝博
計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会講演論文集(CD-ROM)   2014 ROMBUNNO.SS19-1   2014年11月
杉原太郎, 鈴木斎王, 阪西秀紀, 五福明夫, 荒木賢二
Designシンポジウム講演論文集   2014 328-331   2014年11月
福尾吉剛, 杉原太郎, 五福明夫
ヒューマンインタフェースシンポジウム論文集(CD-ROM)   2014 ROMBUNNO.2214   2014年9月
Taro Sugihara, Tsutomu Fujinami, Rachel Jones, Kozo Kadowaki, Masaya Ando
AI & SOCIETY      2014年9月
Dementia care is becoming increasingly important in Japan as the elderly population grows. Care homes are designed so that caregivers can easily observe and subsequently respond to the needs of people with dementia. However, the layout of care hom...
杉原 太郎
情報処理学会研究報告. HCI, ヒューマンコンピュータインタラクション研究会報告   2014(28) 1-6   2014年3月
複数の関与者が研究に携わる場合,お互いの持つ研究のゴールに対するイメージや,背景知識への理解をすり合わせなくてはならない.HCI は学際的分野であるため,この種の課題に直面することがしばしばあるが,その解決法について本邦ではあまり議論されてこなかった.本研究では,筆者がこれまでに取り組んできた研究プロジェクトを俯瞰的に捉えて考察することで,この解決に向けての緒を模索することを目的とする.技術開発側と現場側の両者に益をもたらせられるよう腐心してきた経験を踏まえ,両側がともに進化できる方法論に...
杉原 太郎, 藤波 努, 森山 千賀子
人工知能学会全国大会論文集   28 1-3   2014年
三宅 貫太郎, 杉原 太郎, 五福 明夫
人工知能学会全国大会論文集   28 1-4   2014年
Naoshi Uchihira, Sunseong Choe, Kunihiko Hiraishi, Kentaro Torii, Tetsuro Chino, Yuji Hirabayashi, Taro Sugihara
2013 Proceedings of PICMET 2013: Technology Management in the IT-Driven Services   251-258   2013年12月
In light of the ongoing transformation from a traditional industrial society to a post-industrial society as a service society, it is unquestionably required to improve efficiency and quality of services. Especially, we focus on physical and adapt...
内山直志, 平石邦彦, 平林裕治, 杉原太郎, 鳥居健太郎
JST News   2013(Dec) 3-7   2013年12月
Taro Sugihara, Tsutomu Fujinami
Caregivers: Challenges, Practices and Cultural Influences   225-242   2013年12月
This article discusses potential role of assistive technologies for dementia care. Despite urgent needs for person-centered care, it is difficult for care houses in Japan to achieve it because of a lack of resources and fatigue caused by the short...
Akio Gofuku, Ikumi Matsuura, Taro Sugihara
IECON Proceedings (Industrial Electronics Conference)   8277-8282   2013年12月
Various manuals are used for plant operations and maintenance for plants. Adequate employment of manuals enables to decrease human errors in the workplace, and to ensure the quality of operator's/worker's performance not to heavily rely on the exp...
三宅貫太郎, 福森聡, 諫武賢志, 佐藤健治, 杉原太郎, 五福明夫
ヒューマンインタフェースシンポジウム論文集(CD-ROM)   2013 ROMBUNNO.1211S   2013年9月
藤原始史, 亀川哲志, 五福明夫, 杉原太郎
日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM)   31st ROMBUNNO.1J1-05   2013年9月
内平直志, 鳥居健太郎, 平林裕治, CHOE Sunseong, 平石邦彦, 知野哲朗, 杉原太郎
電子情報通信学会技術研究報告   112(457(MSS2012 59-86)) 43   2013年2月
看護や介護などの行動型サービスにおいて、患者・高齢者の状態に関する様々な気づきを音声つぶやきで簡単に捕捉し、そのつぶやきを蓄積するだけでなく、アセスメントや業務改善に活用できる形に自動変換することで、サービスの効率と質を向上するシステムを開発している。本報告では、これまで開発したシステムの概要および看護・介護現場での試行評価結果を含むプロジェクトの最新状況を紹介する。
杉原 太郎
ヒューマンインタフェース学会誌 = Journal of Human Interface Society : human interface   15(1) 31-42   2013年2月
本シリーズは、HI研究の評価において、最も基礎となる考え方についての稿である。初回は、初学者のためのリサーチデザインの導入として、実験・定量的調査・定性的調査(質的調査とも言う)の考え方、基本的なプロセスを、第2回目は定量的・定性的調査の特性、そのプロセス、各々で得られるデータの特性を、第3回は定量的調査および心理学的実験を概観した。本稿は、4回シリーズの最終回として、定性的調査の思想的基盤を説明した後に、調査的面接法と観察法を取り上げる。 HI研究では、人とのインタラクションを志向した技...
杉原太郎
ヒューマンインタフェース学会誌   15(1) 31-42   2013年2月
本シリーズは、HI研究の評価において、最も基礎となる考え方についての稿である。初回は、初学者のためのリサーチデザインの導入として、実験・定量的調査・定性的調査(質的調査とも言う)の考え方、基本的なプロセスを、第2回目は定量的・定性的調査の特性、そのプロセス、各々で得られるデータの特性を、第3回は定量的調査および心理学的実験を概観した。本稿は、4回シリーズの最終回として、定性的調査の思想的基盤を説明した後に、調査的面接法と観察法を取り上げる。 HI研究では、人とのインタラクションを志向した技...
三浦元喜, 杉原太郎
情報処理学会シンポジウムシリーズ(CD-ROM)   2013(1) ROMBUNNO.1EXB-24   2013年2月
杉原太郎, 三浦元喜
情報処理学会論文誌ジャーナル(CD-ROM)   54(1) 192-201   2013年1月
本研究では,無線デジタルペンを用いて学習者の紙への筆記を教師用計算機に集約し,集団授業におけるコミュニケーションを促進するシステムを構築・実践した.これまでの実践では,システムの持つインタラクティブシステムとしての効果を分析してこなかったため,筆記認識結果を学習者に逐次フィードバックする機能と筆記拡大による解答の一斉表示機能について高校の数学授業で実践を行い,その後15名の生徒に対してインタビュを実施した.その結果,教室内のインタラクション範囲の拡大,生の解答の開示,自分の状況の相対化とい...
杉原太郎, 平林裕治, 鳥居健太郎, 知野哲朗, 内平直志
人工知能学会全国大会論文集(CD-ROM)   27th ROMBUNNO.1I5-OS-11C-3   2013年
藤波 努, 杉原 太郎, 三浦 元喜, 高塚 亮三
社会技術研究論文集   10(0) 42-53   2013年
近年,radio frequency identi?cation (RFID) など非接触でタグを認識するセンシング技術が普及してきている. センシング技術を家庭に導入して居住者の健康維持や安全確保に役立てるスマートホームも現実味を帯びてきた.超高齢化社会となった日本では高齢者の見守りへの適用が有望視されているが,長期的にデータを蓄積した場合,どのような利点があるかは明らかではない.我々はRFIDを使った位置情報記録装置をグループホームに敷設し,入居者5名の位置情報を30ヶ月に渡って収集し...
Taro Sugihara, Tsutomu Fujinami, Motoki Miura
6th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems, and 13th International Symposium on Advanced Intelligence Systems, SCIS/ISIS 2012   685-690   2012年12月
This paper discusses the incorporation of assistive technologies into dementia care. Dementia care is difficult because it heavily depends on the context, for example, the caregivers involved in dementia care, the persons being cared for, and the ...
杉原太郎
ヒューマンインタフェース学会誌   14(4) 279-288   2012年11月
杉原 太郎
ヒューマンインタフェース学会誌 = Journal of Human Interface Society : human interface   14(4) 279-288   2012年11月
 本シリーズは、HI 研究の評価において、最も基礎となる考え方についての稿である。初回は、初学者のためのリサーチデザインの導入として、実験・定量的調査・定性的調査(質的調査とも言う)の考え方、基本的なプロセスを、第2回目は定量的・定性的調査の特性、そのプロセス、各々で得られるデータの特性について説明した。本稿は、4回シリーズの第3回として、定量的調査、その中でも多用される事が多い心理学的実験と質問紙法について述べる。
Yuji Hirabayashi, Yasuo Ikawa, Sigeru Aoki, Kunihiko Hiraishi, Tarou Sugihara, Shunsei Sai, Naoshi Uchihira, Tetsuro Chino, Kentarou Torii
2012 Proceedings of Portland International Center for Management of Engineering and Technology: Technology Management for Emerging Technologies, PICMET'12   3404-3409   2012年11月
In this study, we will discuss R & D management which share the timeline of achievements and issues of different business cases through questionnaires, assuming business cases at the beginning of projects in order to share goals among members of a...
Naoshi Uchihira, Yuji Hirabayashi, Taro Sugihara, Kunihiko Hiraishi, Yasuo Ikawa
2012 Proceedings of Portland International Center for Management of Engineering and Technology: Technology Management for Emerging Technologies, PICMET'12   3473-3480   2012年11月
This paper proposes a method of project management knowledge transfer in order to increase the success probability of R&D projects. Our method consists of knowledge externalization and knowledge internalization. "Structured project analysis" is a ...
Kazunori Mizushima, Taro Sugihara, Yasuo Ikawa
2012 Proceedings of Portland International Center for Management of Engineering and Technology: Technology Management for Emerging Technologies, PICMET'12   2274-2282   2012年11月
On March 11, 2011, a massive earthquake struck northeastern Japan and triggered the devastating tsunami and Fukushima nuclear disaster. A number of IT engineers collaborated and launched websites and web services to assist the victims immediately ...
Taro Sugihara, Tsutomu Fujinami, Robert Phaal, Yasuo Ikawa
2012 Proceedings of Portland International Center for Management of Engineering and Technology: Technology Management for Emerging Technologies, PICMET'12   3067-3072   2012年11月
A growing number of people are now entering the elderly age category in Japan; this raises the likelihood of more persons with dementia, as the probability of becoming cognitively impaired increases with age. There is an increasing need for caregi...
堀田耕一郎, 杉原太郎, 遠山亮子
研究・技術計画学会年次学術大会講演要旨集(CD-ROM)   27th ROMBUNNO.2B24   2012年10月
堀江宣裕, 杉原太郎, 井川康夫
研究・技術計画学会年次学術大会講演要旨集(CD-ROM)   27th ROMBUNNO.2J07   2012年10月
杉原 太郎
ヒューマンインタフェース学会誌 = Journal of Human Interface Society : human interface   14(3) 195-202   2012年8月
三浦元喜, 杉原太郎
情報教育シンポジウム2012論文集   2012(4) 15-20   2012年8月
杉原 太郎
ヒューマンインタフェース学会誌 = Journal of Human Interface Society : human interface   14(2) 115-120   2012年5月
4回にわたる本シリーズでは、初学者のためのリサーチデザインの導入と位置づけ、工学系研究と社会科学系研究の考え方の違い、定量調査と定性的調査と実験の各々の特徴について解説する。自ら実装したシステムの評価をしたいと考えたり、開発されたシステムを現場に持ち込み人々の営みがどのように変容するかを調査したいと企図したりする場合の、最も基礎となる部分についての原稿である。本稿はその第1回目として、調査と実験の基本的な考え方およびプロセスについて概観する。筆者は、工学系出身でありながら、社会科学の研究に...
内平直志, 鳥居健太郎, 知野哲朗, 平林裕治, 平石邦彦, 杉原太郎
人間生活工学   13(1) 34-37   2012年3月
内平 直志, 鳥居 健太郎, 平石 邦彦, 崔 舜星, 知野 哲朗, 平林 裕治, 杉原 太郎
電子情報通信学会技術研究報告. SS, ソフトウェアサイエンス   111(406)    2012年1月
看護や介護などの行動型サービスにおいては、従来型のPCベースの情報共有/コミュニケーション支援システムは適していない。本稿では、JSTの問題解決型サービス科学研究開発プログラムのプロジェクトとして研究開発を進めている行動型サービスのための時空間コミュニケーションシステムの概要を紹介し、そこでの時空間コミュニケーションのモデル化のための枠組みとして「情報スーパーバイザ制御」を提案し、その研究課題を明らかにする。
内平 直志, 鳥居 健太郎, 平石 邦彦, 崔 舜星, 知野 哲朗, 平林 裕治, 杉原 太郎
電子情報通信学会技術研究報告. SS, ソフトウェアサイエンス   111(406)    2012年1月
看護や介護などの行動型サービスにおいては、従来型のPCベースの情報共有/コミュニケーション支援システムは適していない。本稿では、JSTの問題解決型サービス科学研究開発プログラムのプロジェクトとして研究開発を進めている行動型サービスのための時空間コミュニケーションシステムの概要を紹介し、そこでの時空間コミュニケーションのモデル化のための枠組みとして「情報スーパーバイザ制御」を提案し、その研究課題を明らかにする。
内平 直志, 鳥居 健太郎, 平石 邦彦, 崔 舜星, 知野 哲朗, 平林 裕治, 杉原 太郎
電子情報通信学会技術研究報告. MSS, システム数理と応用   111(405)    2012年1月
看護や介護などの行動型サービスにおいては、従来型のPCベースの情報共有/コミュニケーション支援システムは適していない。本稿では、JSTの問題解決型サービス科学研究開発プログラムのプロジェクトとして研究開発を進めている行動型サービスのための時空間コミュニケーションシステムの概要を紹介し、そこでの時空間コミュニケーションのモデル化のための枠組みとして「情報スーパーバイザ制御」を提案し、その研究課題を明らかにする。
内平 直志, 鳥居 健太郎, 平石 邦彦, 崔 舜星, 知野 哲郎, 平林 裕治, 杉原 太郎
電子情報通信学会技術研究報告. MSS, システム数理と応用 : IEICE technical report   111(405)    2012年1月
杉原 太郎
ヒューマンインタフェース学会誌 = Human interface = Journal of Human Interface Society   14(2) 115-120   2012年
内平直志, CHOE Sunseong, 平石邦彦, 鳥居健太郎, 知野哲朗, 平林裕治, 杉原太郎
人工知能学会全国大会論文集(CD−ROM)   26th ROMBUNNO.1P2-OS-9A-10   2012年
杉原太郎, 藤波努, 三浦元喜
人工知能学会全国大会論文集(CD−ROM)   26th ROMBUNNO.1P2-OS-9A-9   2012年
寺井紀裕, 杉原太郎, 藤波努
人工知能学会全国大会論文集(CD−ROM)   26th ROMBUNNO.2A1-NFC-6-3   2012年
杉原 太郎
ヒューマンインタフェース学会誌 = Human interface = Journal of Human Interface Society   14(4) 279-288   2012年
 本シリーズは、HI 研究の評価において、最も基礎となる考え方についての稿である。初回は、初学者のためのリサーチデザインの導入として、実験・定量的調査・定性的調査(質的調査とも言う)の考え方、基本的なプロセスを、第2回目は定量的・定性的調査の特性、そのプロセス、各々で得られるデータの特性について説明した。本稿は、4回シリーズの第3回として、定量的調査、その中でも多用される事が多い心理学的実験と質問紙法について述べる。
杉原 太郎
ヒューマンインタフェース学会誌 = Human interface = Journal of Human Interface Society   14(3) 195-202   2012年
本シリーズは、HI 研究の評価において、最も基礎となる考え方についての稿である。前稿では、初学者のためのリサーチデザインの導入として、実験・定量的調査・定性的調査(質的調査とも言う)の考え方、基本的なプロセスを解説した。本稿は4回シリーズの第2回目として、定量的・定性的調査の特性、そのプロセス、各々で得られるデータの特性について説明する。前回述べたのは総括的なプロセスの説明であったが、今回は各調査と実験の特性を踏まえて、対比的に説明する。また、定量的調査あるいは実験と、定性的調査のいずれを...
内平直志, 平林裕治, 杉原太郎, 平石邦彦
研究・技術計画学会年次学術大会講演要旨集(CD−ROM)   26th ROMBUNNO.2C19   2011年10月
平林裕治, 青木滋, 内平直志, 杉原太郎
研究・技術計画学会年次学術大会講演要旨集(CD−ROM)   26th ROMBUNNO.2C18   2011年10月
堀江宣裕, 杉原太郎, 井川康夫
研究・技術計画学会年次学術大会講演要旨集(CD−ROM)   26th ROMBUNNO.2J12   2011年10月
丹羽武志, 杉原太郎
研究・技術計画学会年次学術大会講演要旨集(CD−ROM)   26th ROMBUNNO.2J05   2011年10月
石松宏和, 杉原太郎, 井川康夫
研究・技術計画学会年次学術大会講演要旨集(CD−ROM)   26th ROMBUNNO.2J18   2011年10月
MIURA Motoki, SUGIHARA Taro, KUNIFUJI Susumu
Educational technology research   34(1) 49-57   2011年10月
In this paper, we describe an improvement to AirTransNote, a student note-sharing system that facilitates collaborative and interactive learning during a regular lecture in conventional classrooms. The former AirTransNote system employed ultrasoni...
杉原太郎, 村岡拓也, 梅本勝博, 荒木賢二
ヒューマンインタフェースシンポジウム論文集(CD−ROM)   2011 ROMBUNNO.1413L   2011年9月
三浦元喜, 杉原太郎
情報処理学会シンポジウム論文集   2011(4) 43-49-49   2011年8月
杉原太郎, 藤波努
ヒューマンインタフェース学会研究報告集(CD−ROM)   13 VOL.13NO.8,1-8   2011年
内平直志, 鳥居健太郎, 知野哲朗, 田中俊明, 平林裕治, 平石邦彦, 杉原太郎
人工知能学会全国大会論文集(CD−ROM)   25th ROMBUNNO.1J1-OS9-4   2011年
藤波努, 杉原太郎, 山崎竜二, 高塚亮三, 寺井紀裕
人工知能学会全国大会論文集(CD−ROM)   25th ROMBUNNO.1A2-NFC1B-6-4   2011年
杉原太郎, 藤波努
人工知能学会全国大会論文集(CD−ROM)   25th ROMBUNNO.1A2-NFC1B-1-4   2011年
Yasuyoshi Aosaki, Taro Sugihara, Katsuhiro Umemoto
PICMET '10 - Portland International Center for Management of Engineering and Technology, Proceedings - Technology Management for Global Economic Growth   2910-2914   2010年11月
Internet services such as Twitter have emerged, and ordinary users are able to publish user-generated content that may involve primary information. User-generated content has begun to serve as an alternative to traditional information media. Since...
石松宏和, 杉原太郎, 井川康夫
研究・技術計画学会年次学術大会講演要旨集(CD−ROM)   25th ROMBUNNO.1H05   2010年10月
杉山大輔, 杉原太郎, 井川康夫
研究・技術計画学会年次学術大会講演要旨集(CD−ROM)   25th ROMBUNNO.2D24   2010年10月
堀江宣裕, 杉原太郎, 井川康夫
研究・技術計画学会年次学術大会講演要旨集(CD−ROM)   25th ROMBUNNO.2D22   2010年10月
山下智規, 杉原太郎, 小坂満隆, 井川康夫
研究・技術計画学会年次学術大会講演要旨集(CD−ROM)   25th ROMBUNNO.2F09   2010年10月
艸薙匠, 艸薙匠, 杉原太郎, 井川康夫
研究・技術計画学会年次学術大会講演要旨集(CD−ROM)   25th ROMBUNNO.1H03   2010年10月
青崎保好, 杉原太郎
研究・技術計画学会年次学術大会講演要旨集(CD−ROM)   25th ROMBUNNO.2C07   2010年10月
成瀬博, 杉原太郎, 井川康夫
研究・技術計画学会年次学術大会講演要旨集(CD−ROM)   25th ROMBUNNO.2D19   2010年10月
大西俊暢, 杉原太郎, 井川康夫
研究・技術計画学会年次学術大会講演要旨集(CD−ROM)   25th ROMBUNNO.2F11   2010年10月
杉原太郎, 村岡拓也, 荒木賢二
情報処理学会研究報告(CD−ROM)   2010(1) ROMBUNNO.HCI-138,2   2010年6月
杉原 太郎
ヒューマンインタフェース学会誌 = Journal of Human Interface Society : human interface   12(2) 148-149   2010年5月
杉原 太郎, 村岡 拓也, 荒木 賢二
情報処理学会研究報告. HCI, ヒューマンコンピュータインタラクション研究会報告 = IPSJ SIG technical reports   138(0) B1-B5   2010年5月
本研究では,医療工程管理ツールであるクリニカルパスに注目し,パス作成に関する知識と医療行為に関する知識がどのように流通しているかを調査した.従来の研究では,クリニカルパスが現場にもたらした知識循環の効果について調査は行っていないためである.インタビューと使用履歴により調査を行った.調査の結果,パスがコミュニケーション促進に有用であること,パスを多用している診療科では知識流通が働いている可能性が示唆された.一方で,パス作成担当者にノウハウ的に知識が蓄積されやすくなるリスクがあることも明らかと...
杉原 太郎, 村岡 拓也, 荒木 賢二
研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI)   2010(2) 1-5   2010年5月
本研究では,医療工程管理ツールであるクリニカルパスに注目し,パス作成に関する知識と医療行為に関する知識がどのように流通しているかを調査した.従来の研究では,クリニカルパスが現場にもたらした知識循環の効果について調査は行っていないためである.インタビューと使用履歴により調査を行った.調査の結果,パスがコミュニケーション促進に有用であること,パスを多用している診療科では知識流通が働いている可能性が示唆された.一方で,パス作成担当者にノウハウ的に知識が蓄積されやすくなるリスクがあることも明らかと...
杉原太郎, 三浦元喜, 國藤進
情報処理学会シンポジウム論文集   2010(4) 135-142   2010年2月
ZHENG Ru, 藤波努, 杉原太郎, 杉原太郎, 寺井紀裕
ヒューマンインタフェース学会研究報告集(CD−ROM)   12 VOL.12NO.12,27-34   2010年
杉原太郎, 内平直志, 井川康夫
人工知能学会全国大会論文集(CD−ROM)   24th ROMBUNNO.1G3-OS10-11   2010年
石松 宏和, 杉原 太郎, 井川 康夫
インテリジェンス・マネジメント   2(1) 17-27   2010年
Traditional research on competitive intelligence has not distinguished products from services clearly. In adjacent research areas, however, discussions about intersections and differences between products and services are very active. Affected b...
内平直志, 杉原太郎, 井川康夫
人工知能学会全国大会論文集(CD−ROM)   24th ROMBUNNO.2B2-3-4   2010年
杉原太郎, 門脇耕三, 安藤昌也, 藤波努
人工知能学会全国大会論文集(CD−ROM)   24th ROMBUNNO.1H1-NFC3A-4-4   2010年

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2012年 - 2012年    代表者: 杉原太郎
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 井川康夫
申請者らが開発した見守り介護支援システムを認知症対応型共同介護施設(グループホーム)に導入し、認知症高齢者を介護する者の行動特性をトイレ介助および夜間介護を中心に分析した。調査方法はインタビューとビデオ観察を採用し、システム導入前と導入後の変化を捉えるために導入前後でデータを取った。その結果、システム導入により介護者の行動については予備的動作(入居者がトイレを使う前にトイレ内を確認するなど)が減少したこと、また夜間は従来一箇所に留まっていたのが、居間など休憩をとりやすい場所にて作業する機会...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 梅本勝博
本研究は、宮崎大学付属病院で実践している電子クリニカルパスによる医療ナレッジマネジメントのアクションリサーチをおこない、その理論的モデルを構築するとともに、実務的な問題の解決案としてのガイドラインを作成することを目的としている。平成22年度は、宮崎大学病院の診療科・病棟で収集したアンケート調査データをSPSSで、書きおこしたインタビューデータはテキストマイニングのキーグラフ法(現象に隠れた因果律を大量データから顕在化する方法)で分析し、得られた知見を基に、現場の医療専門職やICT研究者、医...