基本情報

所属
明星大学 教育学部 常勤講師
学位
博士(教育学)(2017年3月 東北大学)

連絡先
toshiyuki.kambayashimeisei-u.ac.jp
研究者番号
70785279
J-GLOBAL ID
201401013305702610

外部リンク

研究テーマ

  • 「多忙である」「多忙化している」といわれる日本の公立学校教員の労働時間、負担感、メンタルヘルスについて、労働経済学や産業・組織心理学等で使用される分析方法を参考にしながら、実証研究(主に政府統計や調査データに対する多変量解析)を行ってきました。
  • 最近では、ワークライフバランスの観点から、教員の仕事のみならず、仕事以外の生活時間の過ごし方についても関心があり、教員が健康で幸福感をもって仕事と生活をうまく両立できるためには何が必要となるのかについて、探究を進めています。
    ※「ウェルビーイングを高める教員の働き方と生活に関する実証的研究」(2019-2022年度・科学研究費補助金(若手研究)採択課題)

受賞の御報告と御礼

  • 拙著『公立小・中学校教員の業務負担』が、日本教育行政学第53回大会(2018年10月13日、於:静岡大学)にて、学会賞を受賞しました。
  • 本書刊行にあたっては、多くの方から多大なる御支援を頂戴しました。この場をお借りして、厚く御礼申し上げます。本書が、教員の負担軽減と学校教育の改善に向けた議論のたたき台になれば幸いです。今後とも何卒よろしくお願いいたします。

著『公立小・中学校教員の業務負担』(大学教育出版、2017年)につきまして

  • 版第1刷に誤植がございました。誠に申し訳ございません。詳細は本ページ左記の「『公立小・中学校教員の業務負担』に関するページ」を御参照願います(2018年10月1日更新)。
  • 下記のとおり、書評を賜りました。御多用の中、書評をお引き受けくださった先生方に厚く御礼申し上げます。
    • 学事出版『学校事務』(2018年5月号)
      [Book Review] 押田 貴久 先生(兵庫教育大学)
    • 日本教育学会『教育学研究』第85巻第3号(2018年9月)
      [書評] 川上 泰彦 先生(兵庫教育大学)
    • 日本学校メンタルヘルス学会『学校メンタルヘルス』第21巻第1号(2018年9月)
      [書評] 高木 亮 先生(就実大学)
    • 日本教育制度学会『教育制度学研究』第25号(2018年11月)
      [書評] 雲尾 周 先生(新潟大学)
    • 日本教育社会学会『教育社会学研究』第103集(2018年11月)
      [書評] 児玉 英靖 先生(洛星中学校・高等学校)
    • 『教職研修』第556号(2018年12月号)(2018年12月)
      [Book Guide]
    • 『季刊教育法』第199号(2018年12月)
      [Book Review] 藤原 文雄 先生(国立教育政策研究所)
    • 日本学校改善学会『学校改善研究紀要』2019(2019年1月)
      [書評] 高木 亮 先生(就実大学)
    • 日本教育政策学会『日本教育政策学会年報』第26号(2019年7月)
      [書評] 波多江 俊介 先生(熊本学園大学)
    • 日本教育行政学会『日本教育行政学会年報』第45号(2019年10月)
      [書評] 高木 亮 先生(就実大学)
    • 全国私立大学教職課程協会編集委員会『教師教育研究』第32号(2019年)
      [書評] 高木 亮 先生(就実大学)
    • 日本教育経営学会『日本教育経営学会紀要』第62号(2020年)
      [書評]北神 正行 先生(国士舘大学)

受賞

  4

論文

  28

書籍等出版物

  7

講演・口頭発表等

  16

担当経験のある科目(授業)

  21

共同研究・競争的資金等の研究課題

  9

社会貢献活動

  17

メディア報道

  3