正木 哲

J-GLOBALへ         更新日: 18/05/16 09:43
 
アバター
研究者氏名
正木 哲
eメール
masakiariake-nct.ac.jp
所属
有明工業高等専門学校
部署
創造工学科(建築)
職名
助教
学位
博士(人間環境学)(九州大学)

研究分野

 
 

委員歴

 
2016年10月
 - 
現在
荒尾市空家等対策審議会  会長
 
2016年9月
 - 
現在
大牟田市中心市街地活性化協議会  委員
 
2016年7月
 - 
現在
大牟田市空家等対策協議会 副会長
 
2016年7月
 - 
現在
大牟田市居住支援協議会  委員
 
2016年6月
 - 
現在
街なかストリートデザイン事業推進委員会 副委員長
 

論文

 
Study on the Institution regarding Wood Utilization in Construction in Minato Ward, Japan
Akito Doi and Tetsu Masaki
Proceedings of 11th International Symposium on Architectural Interchanges in Asia   2016 1672-1675   2016年9月   [査読有り]
地域木質化技術を適用した多材積型住宅構法の開発研究 ―供給システムの構築にむけての課題―
正木 哲
日本建築学会学術講演梗概集   2016(建築計画) 807-810   2016年7月   [査読有り]
正木 哲, 石川 亮平, 竹下 輝和
都市・建築学研究 : 九州大学大学院人間環境学研究院紀要   (29) 55-64   2016年1月   [査読有り]
多材積型木造住宅の開発に関する計画的研究
正木 哲
九州大学   -tetsumasaki   2013年3月   [査読有り]
Development of High-Volume Timber House
Tetsu Masaki and Terukazu Takeshita
Proceedings of 9th International Symposium on Architectural Interchanges in Asia   2012 -tetsumasaki   2012年9月   [査読有り]
正木 哲, 冨田 昌平, 竹下 輝和
日本建築学会技術報告集   18(39) 683-686   2012年6月   [査読有り]
正木 哲, 堂脇 吉典, 時政 康司, 志波 文彦, 竹下 輝和
都市・建築学研究 : 九州大学大学院人間環境学研究院紀要   (21) 7-14   2012年1月   [査読有り]
This study focuses on two advanced cases of public wooden facilities in case of split order and consider their mutual influences in respect to the change of quantity of timber procurement and wooden facilities design process. As a result further f...
正木 哲, 冨田 昌平, 竹下 輝和
都市・建築学研究   (20) 47-52   2011年7月   [査読有り]
This paper aims to obtain the appropriate policy about Harvested Wood Products in the way to clarify the movement of carbon in the life cycle of wooden detached houses. This study revealed that: 1) The amount of the carbon of the wooden house is 2...
正木 哲, 播磨 信二朗, 竹下 輝和
都市・建築学研究   (18) 39-45   2010年7月   [査読有り]
In this paper, we introduce a new method of wooden house-construction named as P-WooD system using wooden panels, which is improved from traditional log cabin construction. With this development, it is possible to make a new wooden house design ne...
正木 哲, 冨田 昌平, 竹下 輝和
都市・建築学研究   (15) 73-78   2009年1月   [査読有り]

Misc

 
被災地・被災者への寄り添いと計画の役割ー熊本・大分での調査・支援活動から(建築計画部門PD/2017年度日本建築学会大会(中国)の概要報告)
正木 哲
建築雑誌   133(1707) 44-44   2018年2月
部分の大きさ、全体の大きさ
酒村祐志, 正木 哲
日本建築学会建築デザイン発表梗概集   (2017) 220-221   2017年7月
地域住宅生産者の連携による住宅デザイン活動の動向に関する研究
正木 哲
日本建築学会大会学術講演梗概集   2016(0) 335-336   2016年7月
石川 亮平, 正木 哲, 竹下 輝和
日本建築学会研究報告. 九州支部. 3, 計画系   (53) 209-212   2014年3月

講演・口頭発表等

 
BP材の建築的魅力 [招待有り]
正木 哲, 佐藤利昭, 竹下輝和
2017年10月16日   
空き家を利活用する
正木 哲
体験型観光等里山スモールビジネス担い手育成セミナー   2017年9月27日   

担当経験のある科目

 

所属学協会

 
 

Works

 
T団地市営住宅集会所
正木 哲, 大牟田市建築住宅課   建築作品   2017年7月
響きの家(モデルハウス)
正木 哲   建築作品   2008年
竹下輝和,TAC環境デザインとの共同設計

社会貢献活動

 
大牟田市市営高泉住宅(1期・2期)建替事業に伴う 団地コミュニティ再生支援業務
【企画, 報告書執筆, その他】  2017年4月 - 2018年3月15日
まちの課題解決アイデアコンテストー学生が考える!新・空き家論~若者が描くこれからの百年~
【パネリスト】  まちの課題解決実行委員会  2018年1月28日
大牟田市制100周年記念事業/まちの課題解決事業ー学生が考える!新・空き家論~若者が解決し、描くこれからの百年~
【講師, 助言・指導, 企画, 運営参加・支援】  まちの課題解決実行委員会  2017年6月25日 - 2017年9月23日
大牟田市市営高泉住宅(1期)建替事業に伴う団地コミュニティ再生支援業務
【企画, 報告書執筆, その他】  2016年10月4日 - 2017年3月15日
市営住宅空家を活用した新婚・子育世帯向けのDIYモデルルーム作成業務
【企画, 報告書執筆, その他】  2016年10月4日 - 2017年3月15日