坂下智恵

J-GLOBALへ         更新日: 18/04/06 15:25
 
アバター
研究者氏名
坂下智恵
 
サカシタ トモエ
所属
青森県立保健大学
部署
健康科学部 社会福祉学科
職名
准教授
学位
博士(社会福祉学)(岩手県立大学), 修士(人間科学)(立命館大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
青森県立保健大学 健康科学部  准教授
 
2006年4月
   
 
青森県立保健大学 健康科学部 専任講師
 
2005年4月
   
 
岩手県立大学社会福祉学部 実習講師
 

論文

 
Oyama H, Sakashita T
Psychological medicine   47(8) 1500-1509   2017年6月   [査読有り]
Oyama H, Sakashita T
Psychological medicine   47(8) 1514   2017年6月   [査読有り]
山田伸, 坂下智恵, HEIMISDOTTIR Thelma Run, 大山博史, 石田賢哉, 工藤英明, 三浦洋子
青森県立保健大学雑誌   17 15‐22   2017年3月
重度統合失調症者の生活機能に及ぼす動物介在療法の影響 予備的研究
石田 賢哉, 坂下 智恵, 山田 伸, 北條 敬, 前田 優子, 高橋 加奈子
最新精神医学   21(5) 377-382   2016年9月
動物介在療法(Animal Assisted Therapy:AAT)は、慢性統合失調症者の生活機能を改善させる可能性がある。今回、犬を用いたAATが長期入院中の慢性統合失調症患者の生活機能に及ぼす影響を前後比較デザインにより予備的に評価し、その影響と関連する患者の行動特性を探索した。専門スタッフが訓練犬を用いる構造的なAATを32名の長期入院者(年齢43±13歳)に6ヵ月間実施した。生活機能を社会適応機能尺度により評価し、総得点ならびに道具的な生活技能とセルフケア、衝動コントロールおよび...
Oyama H, Sakashita T
The American journal of geriatric psychiatry : official journal of the American Association for Geriatric Psychiatry   24(4) 287-296   2016年4月   [査読有り]
Sakashita T, Oyama H
Aging & mental health   20(2) 231-239   2016年2月   [査読有り]
地域における自殺予防の取り組み-地域福祉援助と公衆衛生学的予防介入の統合-
坂下智恵
社会福祉研究   122 57-67   2015年4月   [招待有り]
Oyama H, Sakashita T
The Journal of nervous and mental disease   202 280-286   2014年4月   [査読有り]
Oyama H, Sakashita T
Social psychiatry and psychiatric epidemiology   49 251-258   2014年2月   [査読有り]
Sakamoto S, Tanaka E, Kameyama A, Takizawa T, Takizawa S, Fujishima S, Nara M, Sakashita T, Oyama H, Ono Y
The International journal of social psychiatry      2014年1月   [査読有り]
うつ病スクリーニングを用いた中高年者自殺予防のための地域介入―北東北地方における知見より
大山博史,坂下智恵,千葉敦子,石田賢哉,戸沼由紀
日本社会精神医学会雑誌   22(3) 322-331   2013年8月
高齢者のうつ病と自殺
大山博史,坂下智恵
Aging & Health   22(1) 19-22   2013年4月
坂下 智恵
ソーシャルワーク研究   38(3) 185-193   2012年10月
坂下 智恵, 大山 博史
地域ケアリング   13(6) 14-21   2011年6月
坂下 智恵
月刊ゆたかなくらし   350 50-55   2011年6月
Erlangsen A, Nordentoft M, Conwell Y, Waern M, De Leo D, Lindner R, Oyama H, Sakashita T, Andersen-Ranberg K, Quinnett P, Draper B, Lapierre S, International Research Group on Suicide Among the Elderly
Crisis   32 106-109   2011年   [査読有り]
千葉 敦子, 大山 博史, 坂下 智恵
保健師ジャーナル   66(3) 252-261   2010年3月
Oyama H, Sakashita T, Hojo K, Ono Y, Watanabe N, Takizawa T, Sakamoto S, Takizawa S, Tasaki H, Tanaka E
Crisis   31 100-108   2010年   [査読有り]
坂下 智恵
月刊ゆたかなくらし   46-51   2009年4月
Oyama H, Sakashita T, Ono Y, Goto M, Fujita M, Koida J
Community mental health journal   44 311-320   2008年10月   [査読有り]
大山 博史, 渡邉 直樹, 大野 裕, 坂下 智恵
精神神經學雜誌 = Psychiatria et neurologia Japonica   110(9) 731-738   2008年9月
大山 博史, 坂下 智恵
老年精神医学雑誌   19(2) 153-161   2008年2月
坂下 智恵
月刊ゆたかなくらし   17-22   2007年2月
Outcomes of community-based screening for depression and suicide prevention among Japanese elders.
Oyama H, Fujita M, Goto M, Shibuya H, Sakashita T
The Gerontologist   46 821-826   2006年12月   [査読有り]
大山 博史, 渡邉 洋一, 坂下 智恵
ストレス科学   21(1) 1-10   2006年7月
大山 博史, 渡邉 洋一, 坂下 智恵, 駒田 亜衣, 千葉 敦子, 森本 しげみ
青森県立保健大学雑誌   7(1) 157-160   2006年6月
国立情報学研究所の「学術雑誌公開支援事業」により電子化されました。
Oyama H, Ono Y, Watanabe N, Tanaka E, Kudoh S, Sakashita T, Sakamoto S, Neichi K, Satoh K, Nakamura K, Yoshimura K
Psychiatry and clinical neurosciences   60(1) 110-114   2006年2月   [査読有り]
Oyama H, Goto M, Fujita M, Shibuya H, Sakashita T
Crisis   27 58-65   2006年   [査読有り]
坂下 智恵
月刊ゆたかなくらし   27-31   2005年9月
坂下 智恵
総合ケア   15(6) 51-56   2005年6月
Oyama H, Watanabe N, Ono Y, Sakashita T, Takenoshita Y, Taguchi M, Takizawa T, Miura R, Kumagai K
Psychiatry and clinical neurosciences   59(3) 337-344   2005年6月   [査読有り]
Oyama H, Koida J, Sakashita T, Kudo K
Community mental health journal   40 249-263   2004年6月   [査読有り]

Misc

 
青森県自殺対策検証研究会報告書
大山博史,坂下智恵,石田賢哉,吉村治正,船木昭夫
   2018年3月
介護予防生活機能評価を活用したうつ病スクリーニングによる高齢者自殺予防活動の効果評価
坂下智恵,大山博史,千葉敦子,石田賢哉,清水健史,工藤英明,戸沼由紀,山田伸
2017年度青森県保健医療福祉研究発表会/日本ヒューマンケア科学学会第10回学術集会合同集会,青森      2017年12月
Community-based prevention interventions for suicide among general population in Japan. A focus on depression screening interventions for elderly people in rural areas with high suicide rates
Oyama Hirofumi, Sakashita Tomoe
International Conference for suicide prevention. Suwon Center for Suicide Prevention, Korea      2017年9月

書籍等出版物

 
大塚俊弘他編.ワンストップ支援における留意点
坂下智恵, 大山博史
日本うつ病センター   2017年3月   
本橋 豊 (担当:分担執筆, 範囲:青森県におけるうつ病スクリーニングと健康教育を用いた地域介入)
ぎょうせい   2015年4月   ISBN:4324099367
高齢者のこころ・からだ事典
日本老年行動科学会監修 (担当:分担執筆, 範囲:意識障害.pp110-111)
中央法規出版   2014年9月   
第16回精神保健福祉士国家試験問題解答・解説集
日本精神保健福祉士協会編 (担当:分担執筆, 範囲:精神保健福祉に関する制度とサービス.pp98-106)
へする出版   2014年6月   
第15回精神保健福祉士国家試験問題 解答・解説集
日本精神保健福祉士協会編 (担当:分担執筆, 範囲:精神保健福祉に関する制度とサービス.pp93-100)
へるす出版   2013年6月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
地域における中高年自殺予防システムの構築:地域福祉援助技術を用いた多層的予防介入
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2017年4月 - 2022年3月    代表者: 坂下智恵
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 坂下 智恵
青森県自殺防止取り組み検証事業
青森県: 青森県自殺防止取り組み検証事業
研究期間: 2011年4月 - 2018年3月    代表者: 大山博史
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 坂下 智恵
地域ベースのうつ病スクリーニングと健康教育が小地域ネットワークの活用によって高齢者の高い参加率を得て実施することが可能なこと、および、その成果として高齢者自殺死亡率が低下することが示唆された。また、同プログラムは小地域ネットワークの活用によって郡部の壮年者でも実行可能であることが示唆された。