竹下 哲文

J-GLOBALへ         更新日: 19/05/21 14:51
 
アバター
研究者氏名
竹下 哲文
 
タケシタ テツフミ
eメール
takeshita.tetsufumi.44zkyoto-u.jp
URL
https://www.stromateis.info/
所属
京都大学
部署
大学院文学研究科 文献文化学専攻 西洋古典学専修
学位
修士(文学)

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
2019年3月
日本学術振興会特別研究員(DC2)
 

学歴

 
2016年4月
 - 
現在
京都大学大学院 文学研究科 博士課程  
 
2014年4月
 - 
2016年3月
京都大学大学院 文学研究科 修士課程
 
2010年4月
 - 
2014年3月
立命館大学 文学部 
 

論文

 
竹下 哲文
天野惠先生退職記念論文集   279-299   2018年3月   [招待有り]
竹下 哲文
神話学研究   1 29-45   2017年5月   [査読有り]
竹下 哲文
西洋古典論集   24 21-46   2016年9月   [査読有り]

Misc

 
書評:逸身喜一郎『ギリシャ・ラテン文学――韻文の系譜をたどる15章』Pp. xvi+438, 研究社,2018
竹下 哲文
西洋古典学研究   67 107-109   2019年3月
書評:S. J. Green, Disclosure and Discretion in Roman Astrology: Manilius and his Augustan Contemporaries. Oxford 2014.
竹下 哲文
西洋古典学研究   66 98-101   2018年3月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
マーニーリウス『アストロノミカ』における百科全書主義
竹下 哲文
京都大学西洋古典研究会 例会   2019年4月27日   
Man. Astr. 5.604と語源的あや
竹下 哲文
第17回 フィロロギカ年次研究集会   2018年10月13日   
『農耕詩』から『アストロノミカ』へ――「自然」との闘い――
竹下 哲文
京都大学西洋古典研究会 例会   2016年12月23日   
ラッハマンの方法とイタリア文献学:ティンパナーロ『ラッハマンの方法の誕生』を通して [招待有り]
竹下 哲文
第22回 関西イタリア学研究会   2016年5月29日   
マルクス・マーニーリウス『アストロノミカ』(1. 1 - 24)――詩と題材の共鳴―― [招待有り]
竹下 哲文
第13回 ギリシア・ローマ神話学研究会   2015年8月1日   

その他

 
2018年5月
情報処理技術者試験 基本情報技術者