坪内俊憲

J-GLOBALへ         更新日: 18/04/09 15:04
 
アバター
研究者氏名
坪内俊憲
 
ツボウチトシノリ
eメール
t_tsubouchiseisa.ac.jp
所属
星槎大学大学院
部署
教育学研究科
職名
専任教授
学位
獣医学学士(北海道大学獣医学部), 獣医学修士(北海道大学大学院獣医学研究科)

プロフィール

星槎大学大学院で主に途上国と呼ばれる地域において自然保全、野生生物保全管理分野の国際協力プロジェクトに従事してきた現場型教員として、環境教育特論他、星槎大学において地球環境と共生する方法、多様な生物を保全する方法などの科目を担当しています。モンゴル、ボルネオに学生さんたちを連れて行く共生実習も実施しています。

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
星槎大学大学院 教育学研究科 教授
 
2013年4月
 - 
2015年3月
星槎大学大学院 教育学研究科 准教授
 
2007年4月
 - 
2013年3月
星槎大学 共生科学部 准教授
 
2007年2月
 - 
2007年3月
シー・ディー・シー・インターナショナル 海外事業部 上級顧問
 
2003年2月
 - 
2007年2月
国際協力事業団 BBECプログラム派遣専門家 生息域管理専門家
 
2000年9月
 - 
2003年1月
国際協力事業団 モンゴル国自然環境量派遣専門家 野生生物持続管理専門家
 
1993年2月
 - 
2000年7月
自然環境研究センター 海外事業部 上級研究員
 
1988年8月
 - 
1993年7月
国際協力事業団 フィリピン国長期派遣専門家 ワニ養殖研究所プロジェクト病理学専門家
 
1983年6月
 - 
1988年7月
大塚製薬株式会社 徳島研究所 研究員
 
1983年2月
 - 
1983年4月
北海道庁江別保健所 角山食肉検査事務所 食肉検査員
 
1980年8月
 - 
1982年12月
国際協力事業団 青年海外協力隊 青年海外協力隊員
 

学歴

 
1994年4月
 - 
1997年3月
京都大学大学院 人間環境学研究科 環境保全発展講座
 
1978年4月
 - 
1980年6月
北海道大学大学院 獣医学研究科 形態機能学専攻
 
1974年4月
 - 
1978年3月
北海道大学 獣医学部 獣医学科
 

受賞

 
 
モンゴル政府自然環境省 環境保全功労者賞
 

論文

 
高大連携授業「いのちの授業」教育実践における成果と課題
坪内俊憲
星槎大学紀要共生科学研究   (13) 3-9   2018年3月   [査読有り]
熱帯雨林との共生実践最前線
坪内俊憲
共生科学   7 87-95   2016年12月

書籍等出版物

 
共生科学概説 人と自然が共生する未来を創る
坪内俊憲
星槎大学出版会   2018年3月   
地球環境と人間活動ー次代を担う子どもたちに伝えたいこと 第5版
坪内俊憲 (担当:分担執筆, 範囲:地球システムの理解、人間活動と地球環境問題)
星槎大学   2015年3月   
共生への学び
坪内俊憲 (担当:分担執筆, 範囲:私の共生社会構築の実践ー旭山動物園とともに伝える命の授業)
ダイヤモンド社   2014年3月   
地球環境と人間活動ー次代を担う子どもたちに伝えたいこと 第3版
坪内俊憲
星槎大学   2012年3月   
共生科学研究序説
坪内俊憲 (担当:分担執筆, 範囲:保護、保全、保存、そして、共生)
なでしこ出版   2012年2月   
地球環境と人間活動ー次代を担う子どもたちに伝えたいこと
坪内俊憲 (担当:分担執筆, 範囲:人間活動と地球環境問題)
星槎大学   2009年3月   
村落開発と国際協力ー住民の目線で考える
坪内俊憲 (担当:分担執筆, 範囲:厳しく脆弱な自然環境への村落社会の適応ーモンゴル遊牧民の自然との共生)
古今書院   2002年2月   
国際環境協力の現場から
坪内俊憲 (担当:分担執筆, 範囲:フィリピンのワニ保護計画ー保護と持続可能な利用)
公職研   1996年11月   

担当経験のある科目