高橋 明彦

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/15 13:11
 
アバター
研究者氏名
高橋 明彦
 
タカハシ アキヒコ
通称等の別名
半魚文庫
URL
http://hangyo.sakura.ne.jp/
所属
金沢美術工芸大学
部署
美術工芸学部 一般教育等
職名
教授

研究分野

 
 

経歴

 
2011年4月
 - 
現在
金沢美術工芸大学 美術工芸学部 教授
 
1998年4月
 - 
2011年3月
金沢美術工芸大学 美術工芸学部 助教授・准教授
 
1995年4月
 - 
1998年3月
金沢美術工芸大学 美術工芸学部 講師
 
1994年4月
 - 
1995年3月
東京都立大学 人文学部(国文学研究室) 助手
 
1993年4月
 - 
1994年3月
日本学術振興会 特別研究員
 

学歴

 
1989年4月
 - 
1993年3月
東京都立大学 人文科学研究科博士課程 国文学
 
1987年4月
 - 
1989年3月
東京都立大学 人文科学研究科修士課程 国文学
 
1982年4月
 - 
1986年3月
明治大学 文学部 日本文学
 

委員歴

 
 
   
 
日本近世文学会  委員、常任委員
 
2012年8月
 - 
2014年7月
日本近世文学会  近世文藝編集委員
 

受賞

 
2017年10月
日本児童文学学会 日本児童文学学会特別賞 『楳図かずお論』により
 

論文

 
描線と偶然性― 倉多江美試論
高橋 明彦
ビランジ   (42) 22-33   2018年9月   [査読有り]
浮世草子における《やつし》の変奏― 古典世界の拡充と世界交差同定
高橋 明彦
金沢美術工芸大学紀要   (62) 165-178   2018年3月
三つの連続と一つの切断― みなもと太郎『風雲児たち』のマンガ表現と歴史洞察①『解体新書』一件
高橋 明彦
ビランジ   (40) 4-15   2017年9月   [査読有り]
《理を責める》考―八文字屋本浮世草子の人物と作劇
高橋 明彦
金沢美術工芸大学紀要   (60) 155-180   2016年3月
何を藩版として認めるのか―蔵版の意味するもの
高橋 明彦
鈴木俊幸編『書籍の宇宙』   231-266   2015年5月   [招待有り]

Misc

 
(追悼特集)木越治の浮世草子研究
高橋 明彦
北陸古典研究   (33) 55-60   2018年12月   [依頼有り]
恐怖と正義― 『妖怪人間ベム』のアイロニー
高橋 明彦
怪   (51) 59-64   2017年10月   [依頼有り]
忍者的、革命論的― 白土三平『忍者武芸帳』のマンガ表現と影丸の複数性
高橋 明彦
怪   (50) 82-90   2017年3月   [依頼有り]
高橋 明彦
北陸古典研究   (31) 46-49   2016年11月
妖怪的、革命論的― 2015年に『悪魔くん』を再読する
高橋 明彦
怪   (48) 178-189   2016年7月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
高橋 明彦
青弓社   2015年6月   ISBN:4787292285
八文字屋本全集索引
井上和人、倉員正江、花田富士夫、藤原英城、高橋明彦 (担当:共編者)
汲古書院   2013年3月   ISBN:978-4762933233
近世奇談集成(1)
高田衛 (担当:共著)
国書刊行会   1992年12月   ISBN:978-4336030122

講演・口頭発表等

 
藩版研究とその課題 [招待有り]
高橋 明彦
公開研究会「幕末維新期の藩版と官版を考える」   2018年3月24日   

競争的資金等の研究課題

 
浮世草子の研究
日本近世の出版機構の研究
楳図かずおの研究