基本情報

所属
静岡文化芸術大学 文化政策学部 芸術文化学科 教授
学位
修士(哲学)(慶應義塾大学)

研究者番号
70460516
J-GLOBAL ID
201801003003712394

外部リンク

芸術に関われる、特に芸術イベントをマネジメントする職業に就きたいという気概のある人材を、文化的芸術的感性を持った実務家として社会に送り出すことがひとつの使命だと考えます。もちろん芸術業界のみならず、企業社会や教育界でも学んだことを生かして、文化と芸術をとおして社会貢献のできる人材となってほしいと思います。
西洋美術史の授業においては、古代ギリシア・ローマからルネッサンス、バロック、ロココ、そして近現代の多様な美術作品の魅力を伝えることのほか、芸術のパトロネージ、芸術と国家、芸術と政治など、それぞれの美術作品が成立した背景を多角的に取り上げます。例えば「パリの変化・発展にともなう美術の変化」「絵の大きさの変化」「不況下におけるアメリカの巨大絵画の誕生」など、美術史の基本的な知識や理論に加え、美術を広い視点から見渡して、歴史や社会、文化の脈絡の中で理解し、貴重な文化遺産の継承と、これからの日本の文化の発展の一翼を担える能力を習得することを期待します。
また、作品と芸術家にとって最良の環境を整え鑑賞者に提供するアートマネジメントのプロフェッショナル、つまり芸術活動の基盤を支える仕事は、まず人とのコミュニケーションが好きで他者への眼差しを持つことのできる姿勢を持たないと務まりません。および、芸術家や鑑賞者との時には相容れない主張や要求をつなぎ、そこから新しい可能性を生み出すことのできる心の広さを持つことも必要でしょう。これらには修業が必要です。授業内で美術館・展覧会の見学・調査等の課題にもとづいた発表・討論の機会を増やすことで、社会に出てからも人前で物怖じしない骨太の精神を養ってほしいと思います。また日常の交流においても、学園祭や課外活動などへ積極的に参加をして広い視野を持つようにしてください。さらに「獣身を成して人心を養う」の如く、知力だけではなく体力的にも優れたバランスを持ち、あきらめず、ねばり強い忍耐力を身につけてください。

経歴

  3

論文

  6

MISC

  9

書籍等出版物

  7

講演・口頭発表等

  2

共同研究・競争的資金等の研究課題

  2

その他

  2
  • 2019年10月 - 2019年10月
    日伯交流事業。(代表は池上重弘副学長)。立入は展覧会のキュレーター担当。 浜松在住の日系ブラジル人写真家、ジュニオル・マエダ氏の、主として浜松のブラジル人コミュニティの姿を撮影した写真90点を紹介。日本における外国人受け入れの歴史と、ブラジル人社会の30年を振り返った。会期中、赤津ストヤーノフ樹里亜氏との日伯コンサートと、日本におけるブラジル人コミュニティの過去と未来をテーマとしたシンポジウムを開催した。写真展図録あり。
  • 2018年6月 - 2018年6月
    浜松発祥と言われる機械染色技術「籠(篭)付け」に使用された型紙を展示した。 静岡文化芸術大学と浜松市博物館は、平成29年度から「籠(篭)付け」に使用された型紙を通して、浜松の選書君荻法とデザインに関する共同研究を進めた。この展覧会は、研究に参加する学生による中間報告として実施した。 機械染色の型紙を通して、近代から現代の機械染色の歴史やデザインを振り返るきっかけとなった。