論文

査読有り 筆頭著者 最終著者 責任著者 本文へのリンクあり 国際誌
2020年6月

Language and Imagined Gesellschaft: Émile Durkheim’s Civil-linguistic Nationalism and the Consequences of Universal Human Ideals

Theory and Society
  • Tada, Mitsuhiro

49
4
開始ページ
597
終了ページ
630
記述言語
英語
掲載種別
研究論文(学術雑誌)
DOI
10.1007/s11186-020-09394-1

リンク情報
DOI
https://doi.org/10.1007/s11186-020-09394-1 本文へのリンクあり
共同研究・競争的資金等の研究課題
戦後社会学理論の言語観の解明ー国民社会化からその終焉までの社会史的背景に照らして
共同研究・競争的資金等の研究課題
国民社会から世界社会への変動のなかの言語と社会理論――その時代的背景と理論的進化
URL
http://link.springer.com/content/pdf/10.1007/s11186-020-09394-1.pdf 本文へのリンクあり
URL
http://link.springer.com/article/10.1007/s11186-020-09394-1/fulltext.html 本文へのリンクあり
ID情報
  • DOI : 10.1007/s11186-020-09394-1
  • ISSN : 0304-2421
  • eISSN : 1573-7853

エクスポート
BibTeX RIS