只木進一

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/16 11:18
 
アバター
研究者氏名
只木進一
 
タダキ シンイチ
eメール
tadakicc.saga-u.ac.jp
URL
http://kaken.nii.ac.jp/d/r/00202169.ja.html
所属
佐賀大学
部署
理工学部
職名
教授
学位
理学博士(東北大学)
科研費研究者番号
00202169
ORCID ID
0000-0002-9375-1713

プロフィール

北海道出身。東北大学大学院理学研究科博士課程修了。理学博士。
大学院在籍時は、ブラックホールなどの強い重力場中の量子論、熱力学などの研究を行った。佐賀大学への着任後は、知的教育システム、学術情報システムの運用技術の研究をおこなうとともに、交通流の物理モデルについて研究を行ってきた。交通流については、モデル、シミュレーション、実測データ解析、実験と様々な側面から研究を行っている。

研究分野

 
 

経歴

 
2013年10月
 - 
現在
佐賀大学 工学系研究科 教授
 
2006年4月
 - 
2014年3月
佐賀大学 総合情報基盤センター センター長
 
2000年10月
 - 
2013年9月
佐賀大学 学術情報処理センター 教授
 
2000年4月
 - 
2000年9月
佐賀大学 理工学部 教授
 
1990年4月
 - 
2000年3月
佐賀大学 理工学部 助教授
 

学歴

 
1982年4月
 - 
1987年4月
東北大学大学院 理学研究科 物理学第二専攻
 
1978年4月
 - 
1982年3月
東北大学 理学部 物理学科
 

論文

 
吉賀夏子, 只木進一
情報処理学会論文誌   59(2) 257-266   2018年2月   [査読有り]
Shin-ichi Tadaki, Macoto Kikuchi, Akihiro Nakayama, Akihiro Shibata, Yuki Sugiyama and Satoshi Yukawa
New Journal of Physics   18 083022   2016年8月   [査読有り]
Nakayama A, Kikuchi M, Shibata A, Sugiyama Y, Tadaki S.-I, Yukawa S.
New Journal of Physics   18(4)    2016年   [査読有り]
S. Tadaki, M. Kikuchi, M. Fukui, A. Nakayama, K. Nishinari, A. Shibata, Y. Sugiyama, T. Yosida and S. Yukawa
Traffic and Granular Flow '13   505   2015年1月   [査読有り]
Yoshiaki Watanabe, Makoto Otani, Hirofumi Eto, Kenzi Watanabe, Shin Ichi Tadaki
15th Asia-Pacific Network Operations and Management Symposium: "Integrated Management of Network Virtualization", APNOMS 2013      2013年12月
The authors have been developing a Web based network user authentication system 'Opengate'. In the system, a user is required to type his/her password through the Web page before connecting to the Internet. Recently, types of terminal devices have...
S. Tadaki, M. Kikuchi, M. Fukui, A. Nakayama, K. Nishinari, A. Shibata, Y. SUgiyama, T. Yosida and S. Yukawa
New Journal of Physics   15(10) 103034   2013年10月   [査読有り]
MATSUBARA Yoshitsugu, HIEIDA Yasuhiro, TADAKI Shin-Ichi
Eur Phys J B Condens Matter Complex Syst   86(9) 1-5   2013年9月
Kenzi Watanabe, Makoto Otani, Shin Ichi Tadaki, Yoshiaki Watanabe
Proceedings - 26th IEEE International Conference on Advanced Information Networking and Applications Workshops, WAINA 2012   1027-1030   2012年5月
Open gate is an access control system of the captive portal type for mobile LAN users. Open gate has benefits such as simple user interface, easy administration and so on. It supports IPv6 and Shibboleth single-sign-on authentication. We have been...
Shin Ichi Tadaki
Computer Physics Communications   182 237-239   2011年1月
Improvement in time resolution sometimes introduces fast (short-range) random noises into temporal data sequences. These noises affect the results of power-spectrum analyses and the detrended fluctuation analysis (DFA). The DFA is one of useful me...
大谷 誠, 江藤博文, 渡辺 健次, 只木 進一, 渡辺 義明
情報処理学会論文誌   51(3) 1031-1039   2010年3月
近年,大学などにおいて,情報提供や各種情報サービスを目的として,Webを用いた情報システムが運用されるようになってきた.このようなWeb情報システムは用途ごとに構築される場合が多い.そのため,通常は利用者が利用するサービスに対応した情報システムにアクセスし,それぞれのシステムで認証して利用することになるため不便である.我々はシングルサインオンに対応したネットワーク利用者認証システムの開発を行った.これにより,ネットワークの利用認証の後に,再認証なしに各Web情報システムが可能となるため,利...

Misc

 
吉賀 夏子, 渡辺 健次, 只木 進一
人工知能学会全国大会論文集   29 1-4   2015年
吉賀 夏子, 渡辺 健次, 只木 進一
人工知能学会全国大会論文集   28 1-4   2014年
吉賀 夏子, 渡辺 健次, 只木 進一
研究報告情報基礎とアクセス技術(IFAT)   2013(5) 1-8   2013年9月
歴史的文献等の貴重書の書誌は、現代書誌に用いられている Dublin Core などの汎用メタデータでは十分に記述できない。それは貴重書の利用者が現代書の書誌データ項目に加え、文化財としての書物の成立過程を含む書誌学的なデータ項目により強い関心があるためである。このような情報は、しばしば 「注記」 と呼ばれる項目に記載されている。そこには、利用者が参考にする書肆や序作成者などのデータが多数含まれている。また、貴重書書誌データ全般に、客観的なデータだけでなく、データ登録者の主観的判断や推論に...
吉賀 夏子, 渡辺 健次, 只木 進一
人工知能学会全国大会論文集   27 1-4   2013年