上村 匡

J-GLOBALへ         更新日: 18/08/07 18:00
 
アバター
研究者氏名
上村 匡
URL
http://www.lif.kyoto-u.ac.jp/labs/cellpattern/
所属
京都大学
部署
大学院生命科学研究科
職名
教授
学位
京都大学理学博士

研究分野

 
 

経歴

 
2004年5月
   
 
京都大学大学院 生命科学研究科 教授
 
1999年8月
 - 
2004年
京都大学 ・ウィルス研究所 教授
 
1999年4月
 - 
1999年
京都大学大学院 生命科学研究科 助教授
 
1995年
 - 
1999年
京都大学 大学院・理学研究科・助手
 
1989年
 - 
1995年
京都大学 理学部 助手
 

受賞

 
2009年
第26回井上学術賞
 
2004年
第1回日本学術振興会賞
 

論文

 
Koji Kikuchi, Akira Nakamura, Masaki Arata, Dongbo Shi, Mami Nakagawa, Tsubasa Tanaka, Tadashi Uemura, Toshihiko Fujimori, Akira Kikuchi, Akiyoshi Uezu, Yasuhisa Sakamoto, and Hiroyuki Nakanishi
EMBO reports   in press.   2018年6月   [査読有り]
Onodera K, Baba S, Murakami A, Uemura T, Usui T
eLife   6    2017年10月   [査読有り]
Masaki Arata, Kaoru Sugimura, and Tadashi Uemura.
Developmental Cell   42(5) 479-497.e10   2017年9月   [査読有り]
Taiichi Tsuyama, Asako Tsubouchi, Tadao Usui, Hiromi Imamura, and Tadashi Uemura.
Journal of Cell Biology   216(3) 815-834   2017年3月   [査読有り]
Watanabe K, Furumizo Y, Usui T, Hattori Y, Uemura T
Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms   22(1) 105-114   2017年1月   [査読有り]
Dongbo Shi, Fumiko Usami, Kouji Komatsu, Sanae Oka, Takaya Abe, Tadashi Uemura, Toshihiko Fujimori
Mechanisms of Development   141 78-89   2016年8月   [査読有り]
Hiroshi Koyama, Dongbo Shi, Makoto Suzuki, Naoto Ueno, Tadashi Uemura, Toshihiko Fujimori.
The Biophysical Journal   111(3) 650-665   2016年8月   [査読有り]
Terada S, Matsubara D, Onodera K, Matsuzaki M, Uemura T, Usui T
eLife   5(FEBRUARY2016)    2016年2月   [査読有り]
石 東博, 藤森 俊彦, 上村 匡
生体の科学 増大号   66(5) 446-447   2015年10月   [査読有り]
Shi D, Komatsu K, Hirao M, Toyooka Y, Koyama H, Tissir F, Goffinet AM, Uemura T, Fujimori T
Development (Cambridge, England)   141(23) 4558-4568   2014年12月   [査読有り]
上村匡, 服部佑佳子
生体の科学   65(5) 472-473   2014年10月   [査読有り]
Mouri K, Nishino Y, Arata M, Shi D, Horiuchi SY, Uemura T
Developmental dynamics : an official publication of the American Association of Anatomists   243(6) 791-799   2014年6月   [査読有り]
Takayama Y, Itoh RE, Tsuyama T, Uemura T
Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms   19(6) 464-477   2014年6月   [査読有り]
Shimono K, Fujishima K, Nomura T, Ohashi M, Usui T, Kengaku M, Toyoda A, Uemura T
Scientific reports   4 4415   2014年3月   [査読有り]
Hattori Y, Usui T, Satoh D, Moriyama S, Shimono K, Itoh T, Shirahige K, Uemura T
Developmental cell   27(5) 530-544   2013年12月   [査読有り]
GBAの機能喪失によりパーキンソン病モデルショウジョウバエの神経変性は増悪する
鈴木 マリ, 藤掛 伸宏, 和田 圭司, 上村 匡, 永井 義隆
臨床神経学   53(12) 1525-1525   2013年12月
Tsuyama T, Kishikawa J, Han YW, Harada Y, Tsubouchi A, Noji H, Kakizuka A, Yokoyama K, Uemura T, Imamura H
Analytical chemistry   85(16) 7889-7896   2013年8月   [査読有り]
Shi D, Fujimori T, Uemura T
Developmental cell   26(1) 1-2   2013年7月   [査読有り]
Satoh D, Suyama R, Kimura K, Uemura T
Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms   17(12) 939-951   2012年12月   [査読有り]
Mouri K, Horiuchi SY, Uemura T
Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms   17(6) 509-524   2012年6月   [査読有り]
Yanagihashi Y, Usui T, Izumi Y, Yonemura S, Sumida M, Tsukita S, Uemura T, Furuse M
Journal of cell science   125(Pt 8) 1980-1990   2012年4月   [査読有り]
Uemura T, Sugimura K
Journal of neurogenetics   26(1) 22-24   2012年3月   [査読有り]
D. Matsubara; S.-Y. Horiuchi; K. Shimono; T. Usui; T. Uemura
Genes and Development   25(18) 1982-1996   2011年9月   [査読有り]
S. Hakeda-Suzuki; S. Berger-Müller; T. Tomasi; T. Usui; S.-Y. Horiuchi; T. Uemura; T. Suzuki
Nature Neuroscience   14(3) 314-323   2011年3月   [査読有り]
T. Uemura
Developmental cell   20(3) e3   2011年3月   [査読有り]
D. Shi; K. Komatsu; T. Uemura; T. Fujimori
Genes to Cells   16(3) 282-290   2011年3月   [査読有り]
A.M. Mowafy; T. Kurihara; A. Kurata; T. Uemura; N. Esaki
Applied and Environmental Microbiology   76(18) 6032-6037   2010年9月   [査読有り]
T. Harumoto; M. Ito; Y. Shimada; T.J. Kobayashi; H.R. Ueda; B. Lu; T. Uemura
Developmental Cell   19(3) 389-401   2010年9月   [査読有り]
神経細胞樹状突起パターンの再編・維持を制御する分子の探索(Hunting for genes that regulate remodeling and life-long maintenance of dendritic arbors)
下野 耕平, 野村 尚史, 碓井 理夫, 上村 匡
神経化学   49(2-3) 710-710   2010年8月
F. Tissir; Y. Qu; M. Montcouquiol; L. Zhou; K. Komatsu; D. Shi; T. Fujimori; J. Labeau; D. Tyteca; P. Courtoy; Y. Poumay; T. Uemura; A.M. Goffinet
Nature Neuroscience   13(6) 700-707   2010年6月   [査読有り]
D. Sato; K. Sugimura; D. Satoh; T. Uemura
Genes to Cells   15(5) 485-500   2010年5月   [査読有り]
K. Shimono; K. Sugimura; M. Kengaku; T. Uemura; A. Mochizuki
Genes to Cells   15(2) 137-149   2010年2月   [査読有り]
A. Tsubouchi; T. Tsuyama; M. Fujioka; H. Kohda; K. Okamoto-Furuta; T. Aigaki; T. Uemura
Development   136(22) 3757-3766   2009年11月   [査読有り]
K. Shimono; A. Fujimoto; T. Tsuyama; M. Yamamoto-Kochi; M. Sato; Y. Hattori; K. Sugimura; T. Usui; K.-I. Kimura; T. Uemura
Neural Development   4(1) 37   2009年10月   [査読有り]
Hsu SN, Yonekura S, Ting CY, Robertson HM, Iwai Y, Uemura T, Lee CH, Chiba A
PLoS genetics   5(4) e1000441   2009年4月   [査読有り]
D. Satoh; D. Sato; T. Tsuyama; M. Saito; H. Ohkura; M.M. Rolls; F. Ishikawa; T. Uemura
Nature Cell Biology   10(10) 1164-1171   2008年10月   [査読有り]
K. Kousaka; H. Kiyonari; N. Oshima; A. Nagafuchi; Y. Shima; O. Chisaka; T. Uemura
Genesis   46(5) 246-255   2008年5月   [査読有り]
【神経の分化、回路形成、機能発現】 神経の発生と分化 神経細胞の形態制御 多様な樹状突起パターンの形成とリモデリング
佐藤 大祐, 古知 美暁[山本], 藤本 梓, 服部 佑佳子, 上村 匡
蛋白質・核酸・酵素   53(4) 393-399   2008年3月
近年、樹状突起の分岐の複雑度、伸長、維持、あるいは刈込みなどをコントロールする分子群が発見されてきている。しかしながら、さまざまなニューロンがそれぞれ特徴的な樹状突起パターンを、どのように形づくり、そしてリモデリングするかについては、われわれの理解はまだ断片的なレベルにとどまっている。この総説では、ショウジョウバエのdendritic arborization neuron(da neuron)をモデル系とした研究を中心に紹介する。(著者抄録)
[Generation and remodeling of diverse dendritic patterns].
D. Satoh; M. Yamamoto-Kochi; A. Fujimoto; Y. Hattori; T. Uemura
san koso. Protein, nucleic acid, enzyme   53(4 Suppl) 393-399   2008年3月   [査読有り]
K. Sugimura; K. Shimono; T. Uemura; A. Mochizuki
PLoS Computational Biology   3(11) 2143-2154   2007年11月   [査読有り]
Y. Shima; S.-Y. Kawaguchi; K. Kosaka; M. Nakayama; M. Hoshino; Y. Nabeshima; T. Hirano; T. Uemura
Nature Neuroscience   10(8) 963-969   2007年8月   [査読有り]
M.E. Hughes; R. Bortnick; A. Tsubouchi; P. Bäumer; M. Kondo; T. Uemura; D. Schmucker
Neuron   54(3) 417-427   2007年5月   [査読有り]
M.M. Rolls; D. Satoh; P.J. Clyne; A.L. Henner; T. Uemura; C.Q. Doe
Neural Development   2 7   2007年4月   [査読有り]
eda; K. Takahashi; K. Saigo; T. Uemura
Current Biology   16(16) 1678-1683   2006年8月   [査読有り]
Ang LH, Chen W, Yao Y, Ozawa R, Tao E, Yonekura J, Uemura T, Keshishian H, Hing H
Developmental biology   293(1) 178-190   2006年5月   [査読有り]
H. Kimura; T. Usui; A. Tsubouchi; T. Uemura
Journal of Cell Science   119(6) 1118-1129   2006年3月   [査読有り]
Y. Shimada; S. Yonemura; H. Ohkura; D. Strutt; T. Uemura
Developmental Cell   10(2) 209-222   2006年2月   [査読有り]
Cadherins in “Encyclopedic Reference of Neuroscience”. EDT: Binder, Marc D.; Hirokawa, Nobutaka; Windhorst, Uwe; Hirsch, Martin Christian.
Hiroshi Kimura, and Tadashi Uemura.
Springer-Verlag.      2006年   [査読有り]
平面内細胞極性--グローバルな非対称性と単一細胞レベルの極性化を結ぶロバストなシステム (発生システムのダイナミクス) -- (細胞の極性,振舞い)
碓井 理夫;上村 匡
蛋白質核酸酵素   50(6) 601-607,494   2005年5月   [査読有り]
K. Ishihara; H. Yamaguchi; T. Omori; T. Uemura; N. Nakajima; N. Esaki
Bioscience, Biotechnology and Biochemistry   68(10) 2120-2127   2004年10月   [査読有り]
K. Sugimura; D. Satoh; P. Estes; S. Crews; T. Uemura
Neuron   43(6) 809-822   2004年9月   [査読有り]
コフィリン脱リン酸化酵素Slingshotの活性制御機構
太田 裕作, 永田 恭子[大橋], 千葉 秀平, 森 玲子, 後藤 一路, 西田 満, 大橋 一正, 高坂 和芳, 岩松 明彦, 丹羽 隆介, 上村 匡, 水野 健作
生化学   76(9) 1234-1234   2004年9月
ニューレグリン刺激依存的なコフィリンの脱リン酸化制御機構
千葉 秀平, 後藤 一路, 大橋 恭子[永田], 太田 裕作, 西田 満, 大橋 一正, 高坂 和芳, 岩松 明彦, 丹羽 隆介, 上村 匡, 水野 健作
生化学   76(9) 1234-1234   2004年9月
Shima Y, Kengaku M, Hirano T, Takeichi M, Uemura T
Developmental cell   7(2) 205-216   2004年8月   [査読有り]
単一細胞レベルの神経発生 樹状突起のパターン形成の調節(Single Cell Neurogenesis: Extrinsic and intrinsic control of dendritic shaping)
上村 匡, 島 康之, 杉村 薫, 佐藤 大祐, 山本 美暁, 木村 宏史, 碓井 理夫, Crews Stephen, 竹市 雅俊
神経化学   43(2-3) 340-340   2004年8月
樹状突起のパターンの多様性を支える分子機構(Development of morphological diversity of dendrites of Drosophila sensory neurons by the BTB-zinc finger protein Abrupt)
杉村 薫, 佐藤 大祐, Crews Stephen, 上村 匡
神経化学   43(2-3) 524-524   2004年8月
Nagata-Ohashi K, Ohta Y, Goto K, Chiba S, Mori R, Nishita M, Ohashi K, Kousaka K, Iwamatsu A, Niwa R, Uemura T, Mizuno K
The Journal of cell biology   165(4) 465-471   2004年5月   [査読有り]
7回膜貫通型カドヘリンによる樹状突起伸長
上村匡
ブレインサイエンス・レビュー   2004 145-156   2004年3月   [査読有り]
Nishita M, Wang Y, Tomizawa C, Suzuki A, Niwa R, Uemura T, Mizuno K
The Journal of biological chemistry   279(8) 7193-7198   2004年2月   [査読有り]
【神経回路の機能発現のメカニズム】 神経回路形成の分子的基盤 樹状突起のパターンの多様性を支える機構の解明に向けて
杉村 薫, 木村 宏史, 上村 匡
蛋白質・核酸・酵素   49(3) 310-316   2004年2月
ニューロンは樹状突起と軸索の2種類の突起を伸長させる.近年,多くの樹状突起のパターン形成制御因子が同定されてきたが,どのようにして様々なニューロンが各々に特徴的な樹状突起を形作るかについては,殆ど明らかにされていない.そこで,ショウジョウバエのdendritic arborization neuronをモデル系に用いて,樹状突起のパターンの多様性を生み出す機構の解明に取り組んでいる一連の研究について紹介した
コフィリンフォスファターゼ Slingshot と発生における細胞の形態調節
丹羽隆介、上村匡
「細胞骨格・運動がわかる ―その制御機構とシグナル伝達ネットワーク―」羊土社、編集:三木裕明,p108-113      2004年   [査読有り]
T. Uemura; Y. Shimada
Journal of Biochemistry   134(5) 625-630   2003年11月   [査読有り]
Ohta Y, Kousaka K, Nagata-Ohashi K, Ohashi K, Muramoto A, Shima Y, Niwa R, Uemura T, Mizuno K
Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms   8(10) 811-824   2003年10月   [査読有り]
Kaji N, Ohashi K, Shuin M, Niwa R, Uemura T, Mizuno K
The Journal of biological chemistry   278(35) 33450-33455   2003年8月   [査読有り]
A. Subramanian; A. Prokop; M. Yamamoto; K. Sugimura; T. Uemura; J. Betschinger; J.A. Knoblich; T. Volk
Current Biology   13(13) 1086-1095   2003年7月   [査読有り]
K.-A. Senti; T. Usui; K. Boucke; U. Greber; T. Uemura; B.J. Dickson
Current Biology   13(10) 828-832   2003年5月   [査読有り]
Sugimura K, Yamamoto M, Niwa R, Satoh D, Goto S, Taniguchi M, Hayashi S, Uemura T
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   23(9) 3752-3760   2003年5月   [査読有り]
Endo M, Ohashi K, Sasaki Y, Goshima Y, Niwa R, Uemura T, Mizuno K
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   23(7) 2527-2537   2003年4月   [査読有り]
Reuter JE, Nardine TM, Penton A, Billuart P, Scott EK, Usui T, Uemura T, Luo L
Development (Cambridge, England)   130(6) 1203-1213   2003年3月   [査読有り]
上村 匡
実験医学   21(4) 444-446   2003年3月   [査読有り]
島田裕子、碓井理夫、上村匡
実験医学   21(4) 452-459   2003年3月   [査読有り]
【細胞の接着と極性形成】 細胞の非対称性を生み出し,増幅・維持するメカニズム
上村 匡
実験医学   21(4) 444-446   2003年3月
丹羽隆介、上村匡
実験医学   20(16) 2354-2356   2002年11月   [査読有り]
S. Hayashi; K. Ito; Y. Sado; M. Taniguchi; A. Akimoto; H. Takeuchi; T. Aigaki; F. Matsuzaki; H. Nakagoshi; T. Tanimura; R. Ueda; T. Uemura; M. Yoshihara; S. Goto
Genesis   34(1-2) 58-61   2002年9月   [査読有り]
プロテインホスファターゼ研究の新展開 新規コフィリンホスファターゼSlingshotによるアクチン細胞骨格の制御
大橋 恭子[永田], 丹羽 隆介, 大橋 一正, 上村 匡, 水野 健作
生化学   74(8) 710-710   2002年8月
Y. Shima; N.G. Copeland; D.J. Gilbert; N.A. Jenkins; O. Chisaka; M. Takeichi; T. Uemura
Developmental Dynamics   223(3) 321-332   2002年3月   [査読有り]
Y. Iwai; Y. Hirota; K. Ozaki; H. Okano; M. Takeichi; T. Uemura
Molecular and Cellular Neuroscience   19(3) 375-388   2002年3月   [査読有り]
Control of actin reorganization by slingshot, a family of phosphatases that dephosphorylate ADF/cofilin
Cell   108(2) 233-246   2002年1月   [査読有り]
Y. Shimada; T. Usui; S.-I. Yanagawa; M. Takeichi; T. Uemura
Current Biology   11(11) 859-863   2001年6月   [査読有り]
Y. Kataoka; M. Takeichi; T. Uemura
Genes to Cells   6(4) 313-325   2001年4月   [査読有り]
碓井理夫;上村匡
細胞工学   19(11) 1627-1633   2000年11月   [査読有り]
【Wntシグナルと形態形成】 平面内細胞極性形成の分子機構
碓井 理夫, 上村 匡
細胞工学   19(11) 1627-1633   2000年10月
多くの器官形成において,上皮細胞は頂部-基部極性だけでなく,平面内細胞極性(PCP)と呼ばれる極性を発達させる.平面内極性の形成はPCP経路と呼ばれるシグナルカスケードが制御しており,7回膜貫通型レセプターFrizzledが重要な役割を担っている.著者等はPCP経路に属する新しい因子として,7回膜貫通型カドヘリンFlamingoを発見した.Flamingoの細胞内分布は著しい偏りを示し,しかもこの偏在様式が正常な極性化に必須であるらしい
多細胞系構築の基盤となる細胞の接着と極性化のダイナミクス 神経系と上皮のsingle-cell patterning 7回膜貫通型カドヘリンによる調節
上村 匡, 島田 裕子, 島 康之, 竹市 雅俊, 碓井 理夫
生化学   72(8) 680-680   2000年8月
M. Takeichi; S. Nakagawa; S. Aono; T. Usui; T. Uemura
Philosophical Transactions of the Royal Society B: Biological Sciences   355(1399) 885-890   2000年7月   [査読有り]
Lu B, Usui T, Uemura T, Jan L, Jan YN
Current biology : CB   9(21) 1247-1250   1999年11月   [査読有り]
T. Usui; Y. Shima; Y. Shimada; S. Hirano; R.W. Burgess; T.L. Schwarz; M. Takeichi; T. Uemura
Cell   98(5) 585-595   1999年9月   [査読有り]
【ニューロンネットワークを生み出す分子機構の解明】 軸索ガイダンスとマップ形成 (1)カドヘリンスーパーファミリー 細胞間接着を介するメカニズム
岩井 陽一, 上村 匡
細胞工学   18(1) 27-32   1999年1月
M. Watabe-Uchida; N. Uchida; Y. Imamura; A. Nagafuchi; K. Fujimoto; T. Uemura; S. Vermeulen; F. Van Roy; E.D. Adamson; M. Takeichi
Journal of Cell Biology   142(3) 847-857   1998年8月   [査読有り]
Uemura T
Cell   93(7) 1095-1098   1998年6月   [査読有り]
S.-I. Yanagawa; J.-S. Lee; T. Haruna; H. Oda; T. Uemura; M. Takeichi; A. Ishimoto
Journal of Biological Chemistry   272(40) 25243-25251   1997年10月   [査読有り]
Y. Iwai; T. Usui; S. Hirano; R. Steward; M. Takeichi; T. Uemura
Neuron   19(1) 77-89   1997年7月   [査読有り]
Takeichi M, Uemura T, Iwai Y, Uchida N, Inoue T, Tanaka T, Suzuki SC
Cold Spring Harbor symposia on quantitative biology   62 505-510   1997年   [査読有り]
M. Takeichi; T. Uemura; Y. Iwai; T. Inoue; S.C. Suzuki; T. Tanaka; N. Uchida
FASEB Journal   11(9) A1285   1997年   [査読有り]
Tanaka-Matakatsu M, Uemura T, Oda H, Takeichi M, Hayashi S
Development (Cambridge, England)   122(12) 3697-3705   1996年12月   [査読有り]
ダイナミックな器官形成におけるカドヘリンの機能
上村 匡
生化学   68(7) 572-572   1996年7月
T. Uemura; H. Oda; R. Kraut; S. Hayashi; Y. Kataoka; M. Takeichi
Genes and Development   10(6) 659-671   1996年3月   [査読有り]

Misc

 
スムースセプテイトジャンクションに局在する新規膜タンパク質の同定(Identification of a novel integral membrane protein localizing at smooth septate junctions)
柳橋 祐一, 碓井 理夫, 米村 重信, 月田 承一郎, 上村 匡, 古瀬 幹夫
日本細胞生物学会大会講演要旨集   61回 202-202   2009年5月
微小管がつかさどる細胞ダイナミクス 平面上において全組織非対称性をどのようにして細胞極性へと関連させるのか(How to connect global tissue asymmetry to cell polarity on the plane)
上村 匡, 春本 敏之, 島田 裕子, 上田 泰己, 小林 徹也
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   81回・31回 1S23-5   2008年11月
細胞内ロジスティクス:病態の理解に向けた細胞内物流システム研究 樹状突起におけるRab5エンドソームの機能と輸送(Function and transport of Rab5 early endosomes in the dendritic arbors of neurons)
佐藤 大祐, 上村 匡
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   81回・31回 3S3-5   2008年11月
カドヘリンスーパーファミリーの多様性 7回膜貫通型カドヘリンは姉妹樹状突起間の相互反発を制御する(Versatile functions of the cadherin superfamily Control of Dendritic Self-Avoidance by Seven-Pass Transmembrane Cadherin in Drosophila Sensory Neurons)
碓井 理夫, 堀内 伸也, 松原 大祐, 下野 耕平, 木村 宏史, 上村 匡
日本細胞生物学会大会講演要旨集   60回 86-86   2008年6月
ダイニンはRab5エンドソームを輸送して樹状突起の分岐位置を調節する
佐藤 大祐, 佐藤 太一, 津山 泰一, Rolls Melissa M., Doe Chris Q., 大倉 洋之, 斉藤 基輝, 石川 冬木, 上村 匡
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   80回・30回 2T9-13   2007年11月
生命現象にみられるゆらぎ・振動・波 樹状突起が空間を埋めるための自己組織化機構(Self-organizing Mechanism for Development of Space-filling Dendrites)
杉村 薫, 上村 匡, 望月 敦史
日本発生生物学会・日本細胞生物学会合同大会要旨集   40回・59回 25-25   2007年5月
EBF/Olf-1ファミリーの転写制御因子Knot/Collierの選択的発現によるクラス特異的樹状形態形成(Selective Expression of Knot/Collier, a Transcriptional Regulator of the EBF/Olf-1 Family, Endowed a Class-specific Dendritic Morphogenesis)
服部 佑佳子, 杉村 薫, 上村 匡
日本発生生物学会・日本細胞生物学会合同大会要旨集   40回・59回 158-158   2007年5月
ショウジョウバエの知覚ニューロンにおける7回膜貫通型カドヘリンによる樹状細胞回避の制御(Control of Dendritic Avoidance by 7-pass Transmembrane Cadherin in Drosophila Sensory Neurons)
碓井 理夫, 堀内 伸也, 岩崎 慎治, 中村 友紀, 木村 宏史, 上村 匡
日本発生生物学会・日本細胞生物学会合同大会要旨集   40回・59回 170-170   2007年5月
FRAP法によるラメリポディア内アクチン線維の動態の解析
渡邉 琢也, 大橋 一正, 丹羽 隆介, 上村 匡, 水野 健作
日本細胞生物学会大会講演要旨集   56回 XXXVI-XXXVI   2003年5月
Invivo或いはorganotypic cultureにおける神経細胞の追跡 感覚細胞のクラス特異的な樹状突起のパターン形成
上村 匡
日本細胞生物学会大会講演要旨集   56回 1-1   2003年5月
細胞骨格と細胞運動 LIMキナーゼとSSHによるラメリポディア内のアクチン線維ターンオーバーの制御
渡邉 琢也, 大橋 一正, 丹羽 隆介, 上村 匡, 水野 健作
日本細胞生物学会大会講演要旨集   56回 16-16   2003年5月
マウスSlingshotファミリーの発現分布と機能解析
太田 裕作, 高坂 和芳, 大橋 一正, 大橋 恭子[永田], 島 康之, 丹羽 隆介, 上村 匡, 水野 健作
日本細胞生物学会大会講演要旨集   56回 26-26   2003年5月
細胞質分裂におけるコフィリンのリン酸化と活性制御
梶 紀子, 執印 美加, 大橋 一正, 丹羽 隆介, 上村 匡, 水野 健作
日本細胞生物学会大会講演要旨集   56回 26-26   2003年5月
細胞骨格のダイナミズムに支配される形態形成 ADF/Cofilinを脱リン酸化する新規ホスファターゼファミリーSlingshotによるアクチン再構築の制御(Control of Actin Reorganization by Slingshot, a Novel Family of Phosphatases that Dephosphorylate ADF/Cofilin)
丹羽 隆介, 永田 恭子[大橋], 竹市 雅俊, 水野 健作, 上村 匡
日本発生生物学会大会講演要旨集   35回 61-62   2002年5月
神経突起のパターン形成における7回膜貫通型カドヘリンFlamingoの役割
木村 宏史, 碓井 理夫, 上村 匡
日本発生生物学会大会講演要旨集   35回 258-258   2002年5月
神経細胞の移動とかたち作りのメカニズム 7回膜貫通型カドヘリンによる,上皮細胞と神経細胞のパターン形成
上村 匡
日本細胞生物学会大会講演要旨集   54回 7-7   2001年5月

書籍等出版物

 
「脳神経化学: 脳はいま化学の言葉でどこまで語れるか (森泰生/尾藤晴彦(編))」
碓井理夫、服部佑佳子、上村 匡 (担当:分担執筆, 範囲:第20章 「樹状突起パターンを調節する細胞外因性および神経活動に依存したメカニズム」)
化学同人   2018年3月   ISBN:978-4759817263
The Cadherin Superfamily: Key Regulators of Animal Development and Physiology(S. Suzuki and S. Hirano eds.)
Dongbo Shi, Masaki Arata, Tadao Usui, Toshihiko Fujimori, and Tadashi Uemura (担当:分担執筆, 範囲:Chapter 10 (p251-275)Seven-pass transmembrane cadherin CELSRs, and Fat4 and Dchs1 cadherins: from planar cell polarity to three-dimensional organ architecture.)
Springer   2016年6月   ISBN:978-4-431-56031-9
この章ではカドヘリンスーパーファミリーの中で、非典型カドヘリンである7回膜貫通領域を有するCELSRと(ショウジョウバエホモログはUsui et al., 1999で報告されたFlamingo)、同じく非典型カドヘリンであるFatおよびDachsousについて解説しています。キイロショウジョウバエを用いた分子遺伝学によりこれらのタンパク質が同定され、今日ではこれらの相同タンパク質が多種の動物の様々な器官の発生過程に重要な役割を果たすことが分かっています。発生過程において、細胞は集団としてダ...
生命科学 第14章 生殖
上村 匡
東京化学同人、編集:柳田充弘・佐藤文彦・石川冬木,p136-141   2004年   
生命科学 第15章 卵から成体へ
上村 匡
東京化学同人、編集:柳田充弘・佐藤文彦・石川冬木,p142-151   2004年   
細胞の突起形成を調節するシグナル伝達経路 ―平面内細胞極性と神経突起の伸長―。シリーズ・バイオサイエンスの新世紀・第9巻・シグナル伝達 ―細胞運命と細胞機能を制御する仕組み―
上村 匡
東京化学同人、編集:西田栄介、大野茂男,第12章 p172-184   2001年   
ショウジョウバエの分子生物学
上村 匡
東京化学同人   1999年   ISBN:4807904957

講演・口頭発表等

 
Systemic TGFβ/Activin signaling governs adaptive metabolic responses to nutrient balances of Drosophila species.
上村 匡
第2回京都生体質量分析研究会シンポジウム   2018年2月3日   京都生体質量分析研究会
個体の成長と成熟を司る栄養応答システムの解明新学術創成研究機構。 [招待有り]
上村 匡
革新的統合バイオ研究コア 栄養・代謝研究ワークショップ「生体トランジスタシスを司る栄養応答システムの動作基盤」   2018年1月26日   金沢大学 新学術創成研究機構 革新的統合バイオ研究コア 栄養・代謝研究ユニット
個体成長において栄養バランス変化への適応を支える全身性シグナル経路
上村 匡
第40回日本分子生物学会年会(2017年度生命科学系学会合同年次大会 (ConBio2017)), ワークショップ   2017年12月9日   日本分子生物学会
The molecular basis of distinct adaptive responses to nutrient balances between generalist and specialist species.
上村 匡
第3回国際昆虫ホルモンワークショップ:伝統的研究から高次生命現象理解と応用科学展開への挑戦   2017年7月9日   International Insect Hormone Workshop/丹羽 隆介(筑波大学生命環境系・准教授)
The molecular basis of distinct adaptive responses to nutrient balances between generalist and specialist species
上村 匡
EMBO|EMBL Symposium "Metabolism in Time and Space: Emerging Links to Cellular and Developmental Programs"   2017年5月11日   European Molecular Biology Laboratory
Nutri-developmental biology:栄養バランス変化に適応して成長するシステムの追究 [招待有り]
上村 匡
第7回HiHA Workshop   2016年9月23日   HiHA 広島大学健康長寿研究拠点
栄養バランス依存的な個体成長システム—種間比較マルチオミックス解析—
上村 匡
生物資源ゲノム解析拠点シンポジウム・研究発表会「NGS情報をどう活かすか、基礎から応用まで」   2016年9月6日   東京農業大学
Tadashi Uemura. Deciphering the molecular basis of responses to nutrient balances governing animal growth [招待有り]
上村 匡
Duke Nus Medical School NBD Invited Speaker Seminar,   2016年7月15日   
The molecular basis of distinct dietary responses to nutrient balances for animal growth between Drosophila generalist and specialist species.
上村 匡
CDB symposium"Size in Development: Growth, Shape and Allometry"   2016年3月28日   理化学研究所 多細胞システム形成研究センター(CDB)
栄養バランスの変化に適応して発生する生体システムとは. [招待有り]
上村 匡
東京大学分子細胞生物学研究所セミナー   2016年1月25日   東京大学分子細胞生物学研究所
Interorgan communication controlling size of neuronal dendritic arbors in response to nutritional restriction
上村 匡
The CDB Symposium 2015 "Time in Development"   2015年3月23日   理化学研究所 多細胞システム形成研究センター(RIKEN CDB)
Making a sensory system: a transcriptional program, scaling growth,and polymodality [招待有り]
上村 匡
NTU College of Medicine Seminar   2014年12月23日   Department and Graduate Institute of Microbiology, College of Medicine, National Taiwan University
Making a sensory system: a transcriptional program, scaling growth, and polymodality [招待有り]
上村 匡
ICOB Seminar   2014年12月22日   Institute of Cellular and Organismic Biology,Academia Sinica
遺伝学的摂動を用いた樹状突起ジオメトリーの演算原理の追究
上村 匡
包括脳ネットワーク 2014年冬のシンポジウム   2014年12月13日   包括脳ネットワーク
遺伝学的摂動を用いた樹状突起ジオメトリーの演算原理の追究
上村 匡
包括脳ネットワーク 2014年冬のシンポジウム   2014年12月11日   
神経細胞樹状突起のスケーリング成長
上村 匡
第37回日本分子生物学会年会   2014年11月26日   日本分子生物学会
New horizons of planar polarity [招待有り]
上村 匡
The Company of Biologists Workshop "Coordinating postmitotic cells in tissue remodeling"   2014年5月21日   The Company of Biologists
Coordinating postmitotic cells in tissue remodeling - Scaling of neuronal dendritic arbors and collective epithelial cell migration - [招待有り]
上村 匡
Genes to Cells Seminar   2014年5月16日   Cancer Research UK London Research Institute
CHORD regulates scaling of dendritic arbors with body size. [招待有り]
上村 匡
Behavioral Neurogenetics of larval Drosophila: Molecules, Circuits, Computation & Robotics   2014年3月11日   Behavioral Neurogenetics of larval Drosophila
Linking body size to morphology of neuronal dendritic arbors in adults. [招待有り]
上村 匡
ASCB Annual Meeting   2013年12月15日   The American Society for Cell Biology
Scaling Dendritic Arbors of Adult Neurons
上村 匡
2nd Asia-Pacific Drosophila Research Conference(APDRC2)   2013年5月13日   Asia-Pacific Drosophila Research Conference
Dendritic arborization: input processing, life-long maintenance, and allometry [招待有り]
上村 匡
Linda Buck 博士招聘高等研国際シンポジウム 「感覚受容と神経回路」 International Symposium on “Sensory Systems and Neural Circuits”   2013年2月11日   財団法人国際高等研究所
遺伝子ネットワークから細胞ジオメトリーを解く [招待有り]
上村 匡
数学・数理科学と諸科学・産業との連携研究ワークショップ   2012年11月2日   文部科学省
Linking global tissue asymmetry to cell polarity in 2D or 3D tissue architectureLinking global tissue asymmetry to cell polarity in 2D or 3D tissue architecture [招待有り]
上村 匡
The Young Scientists' Colloquia   2012年4月13日   
The Seven-pass transmembrane cadherin: multiple missions in vivo in “Frontiers in Science – a symposium supported by HFSP” [招待有り]
上村 匡
第34回日本分子生物学会大会   2011年12月14日   日本分子生物学会
Linking global tissue asymmetry to cell polarity. [招待有り]
上村 匡
Developmental Control of Sex, Growth and Cellular Fate   2011年10月11日   
Linking global tissue asymmetry to cell polarity [招待有り]
上村 匡
Exciting Biology Series: “Cellular development: Biology at the interface”   2011年9月29日   
Linking global tissue asymmetry to cell polarity on the plane in “Cytoskeleton: Basic, Progress, and Future” [招待有り]
上村 匡
第63回日本細胞生物学会年会   2011年6月27日   第63回日本細胞生物学会
平面内細胞極性における非典型的カドヘリンの機能解析 [招待有り]
上村 匡
神戸大学大学院医学研究科セミナー   2011年4月15日   神戸大学大学院医学研究科
動物体内での小胞輸送の定量的解析—平面内細胞極性を舞台として—
上村 匡
新学術領域研究「細胞内ロジスティクス」班会議   2009年11月9日   新学術領域研究