橋本 大志

J-GLOBALへ         更新日: 19/09/19 02:49
 
アバター
研究者氏名
橋本 大志
URL
https://www.nipr.ac.jp/research/group/spuas.html
所属
国立極地研究所
職名
助教
学位
博士(情報学)(京都大学)
ORCID ID
0000-0002-7082-9530

研究分野

 
 
  • 電気電子工学 / 計測工学 / レーダー信号処理

経歴

 
2019年9月
 - 
現在
EISCAT Scientific Association Headquarters
 
2019年7月
 - 
現在
国立極地研究所 国際北極環境研究センター
 
2019年5月
 - 
現在
国立極地研究所 宙空圏研究グループ 助教
 
2019年5月
 - 
現在
国立大学法人 総合研究大学院大学 複合科学研究科 極域科学専攻 助教
 
2016年12月
 - 
2019年4月
京都大学 大学院情報学研究科 助教
 
2016年8月
 - 
2018年3月
第58次日本南極地域観測隊 大型大気レーダー(PANSY) 越冬隊員
 
2016年10月
 - 
2016年12月
京都大学 大学院情報学研究科 特定助教
 
2012年6月
 - 
2014年3月
第54次日本南極地域観測隊 大型大気レーダー(PANSY) 越冬隊員
 

学歴

 
2012年4月
 - 
2016年9月
京都大学 大学院情報学研究科 通信情報システム専攻 博士課程
 
2010年4月
 - 
2012年3月
京都大学 大学院情報学研究科 通信情報システム専攻 修士課程
 
2005年4月
 - 
2010年3月
京都大学 工学部 電気電子工学科
 

論文

 
Taishi Hashimoto, Akinori Saito, Koji Nishimura, Masaki Tsutsumi, Kaoru Sato, Toru Sato
Journal of Atmospheric and Oceanic Technology   36(9) 1881-1888   2019年9月   [査読有り]
The Program of the Antarctic Syowa Mesosphere–Stratosphere–Troposphere/Incoherent Scatter (PANSY) radar is a large atmospheric radar located at the Antarctic Syowa Station (69.01°S, 39.59°E). The PANSY radar performed the first incoherent scatter ...
Taishi Hashimoto, Koji Nishimura, Masaki Tsutsumi, Kaoru Sato, Toru Sato
Journal of Atmospheric and Oceanic Technology   34(5) 1139-1153   2017年3月   [査読有り]
This paper presents a novel method for the automatic determination of the diagonal-loading level for robust adaptive beamforming on radar wind profilers. This method balances the degradation of the signal-to-interference ratio with that of the sig...
Taishi Hashimoto, Koji Nishimura, Toru Sato
IEICE TRANSACTIONS on Communications   E99-B(12) 2583-2591   2016年12月   [査読有り]
The design and performance evaluation is presented of a partially adaptive array that suppresses clutter from low elevation angles in atmospheric radar observations. The norm-constrained and directionally constrained minimization of power (NC-DCMP...
橋本 大志
学位論文(京都大学)      2016年9月
 現代の気象予測は、多数の実観測値とそれらを初期値とする地球大気の数値モデルを組み合わせた数値予報が主流である。数値予報においては初期値を元に変動を積分して未来の解を得るため、初期値に含まれるわずかな誤差が予報に大きな影響を与える。従って高精度な初期値を得ることは気象予測精度の改善に不可欠である。数値予報の重要な初期値の一つである風速の値は、大気レーダーやウィンドプロファイラーなどのドップラーレーダーを用いた大気のリモートセンシングによって得られる。近年これらのドップラーレーダーでは複数の...
Taishi Hashimoto, Koji Nishimura, Masaki Tsutsumi, Toru Sato
35(10) 2749-2757   2014年5月   [査読有り]
Strong meteor trail echoes are interferences in the wind velocity estimates made from mesosphere radar observations. Contaminated spectra are detected by their discontinuity and are removed at the risk of greater fluctuations of spectra, leading t...

講演・口頭発表等

 
橋本 大志
39th International Conference on Radar Meteorology   2019年9月19日   
橋本 大志、齋藤昭則、西村 耕司、堤 雅基、佐藤 薫、佐藤 亨
日本地球惑星科学連合2019年大会   2019年5月31日   日本地球惑星科学連合
PANSYレーダーは南極昭和基地に設置された大型のVHF帯大気レーダーである。本レーダーは対流圏・成層圏・中間圏の観測を行うMSTレーダーとしての機能に加え、電離圏非干渉性散乱(IS)を用いて地表100㎞から500㎞にかけてのプラズマ物理量を観測することが可能であり、2015年に南極では初となる電離圏IS観測に成功した。

PANSYレーダーの電離圏観測が既存のより高い周波数を用いるISレーダーとは異なる点として、E層の沿磁力線不均一(FAI)エコーによる干渉が挙げられる。すなわち極域でV...
橋本 大志、西村耕司、堤雅基、中村卓司、佐藤亨、佐藤薫
第9回極域科学シンポジウム   2018年12月6日   
橋本大志、齊藤昭則、西村耕司、堤雅基、佐藤薫、佐藤亨
第12回MUレーダー・赤道大気レーダーシンポジウム   2018年9月5日   
Taishi Hashimoto, Koji Nishimura, Masaki Tsutsumi, Toru Sato, and Kaoru Sato
AOGS2018 (Asia Oceania Geosciences Society 15th Annual Meeting)   2018年6月7日   
The Program of the Antarctic Syowa MST/IS radar (the PANSY radar) started its continuous full-system operation in October 2015. This presentation shows the recent scientific and engineering results from the PANSY radar, including the international...
Taishi Hashimoto, Koji Nishimura, Masaki Tsutsumi, Kaoru Sato, and Toru Sato
MST15 (15th International Workshop on Technical and Scientific Aspects of MST Radar)   2017年5月29日   
Taishi Hashimoto, Koji Nishimura, Masaki Tsutsumi, Kaoru Sato, and Toru Sato
ISWA (International Symposium on the Whole Atmosphere)   2016年9月15日   
橋本 大志、西村耕司、佐藤亨、佐藤薫、堤雅基
地球電磁気・地球惑星圏学会 第138回総会・講演会   2015年11月1日   
Taishi Hashimoto, Koji Nishimura, and Toru Sato
ISEC2015 (2015 International Symposium on Earth-Science Challenges)   2015年9月22日   
Taishi Hashimoto, Koji Nishimura, Masaki Tsutsumi, Toru Sato, and Kaoru Sato
AMS RADARCON 2015 (The 37th Conference on Radar Meteorology)   2015年9月15日   
橋本 大志、西村耕司、堤雅基、佐藤亨、佐藤薫
第8回MUレーダー・赤道大気レーダーシンポジウム   2014年9月17日   
Taishi Hashimoto, Koji Nishimura, Masaki Tsutsumi, and Toru Sato
MST14 (The 14th International Workshop on Technical and Scientific Aspects of MST Radar)   2014年5月30日   
Taishi Hashimoto, Koji Nishimura, Kaoru Sato, and Toru Sato
MST13 (The 13th International Workshop on Technical and Scientific Aspects of MST radar)   2012年3月19日   

Misc

 
橋本 大志、藤原 聖二、江尻 省
第16回南極設営シンポジウム      2019年6月

競争的資金等の研究課題

 
小型無人航空機を用いた大型アンテナの遠方界放射パターン測定
情報・システム研究機構: 未来投資型プロジェクト2019FS
研究期間: 2019年7月 - 2020年3月    代表者: 橋本 大志

社会貢献活動

 
波動を操ろう
【講師】  国立極地研究所  めざせ!極地の研究者  (南極・北極科学館)  2019年7月25日