共同研究・競争的資金等の研究課題

2016年8月 - 2018年3月

き裂面の接触による分調波発生現象に対する非線形定常振動解析を用いた定量的評価

日本学術振興会  科学研究費助成事業 研究活動スタート支援
  • 丸山 泰蔵

課題番号
16H07235
配分額
(総額)
2,470,000円
(直接経費)
1,900,000円
(間接経費)
570,000円

構造物・機械の超音波を用いた非破壊検査手法の一つである非線形超音波法についての研究を実施した.非線形超音波法において,入射波の二分の一の周波数成分を含む受信波が得られる場合があり,その解析のための新たな数値シミュレーション手法を開発した.開発した手法を用い,き裂が部材に存在することによる共振特性の変化,及びき裂面の接触の相互作用に起因して,特定の条件下で局所的に複雑な共振現象が発生することを確認した.これは分数調波共振と呼ばれる現象であり,この現象によって入射波の二分の一の周波数成分を有する散乱波が発生し得ることがわかった.

リンク情報
Kaken Url
https://kaken.nii.ac.jp/file/KAKENHI-PROJECT-16H07235/16H07235seika.pdf