基本情報

所属
独立行政法人日本学術振興会 特別研究員(PD)
一橋大学 社会学研究科 特別研究員
ピッツバーグ大学 哲学科 客員研究員
学位
博士(2021年3月 東京大学)

連絡先
transcendental.idealist.matsuigmail.com
ORCID ID
 https://orcid.org/0000-0002-0526-2144
J-GLOBAL ID
201701011975499432
researchmap会員ID
B000283501

外部リンク

何かが意味をもつとはどういうことか、意味を分析したり変化させたりするにはどうすればよいのかという問題意識のもと、言語哲学哲学の方法論(メタ哲学)、それらの歴史を中心とした20世紀哲学史の研究を行っています。博士論文 "Inference, Meaning, and Conceptual Change: Wilfrid Sellars and the Dynamics of the Space of Reasons" では、推論主義的意味論の先駆者である米国の哲学者ウィルフリッド・セラーズ(1912–1989)の言語哲学を、特に言葉の意味の変化概念の改訂といった問題に焦点を当てて再構成し検討しました。2021年度からは「概念の規範的研究のための意味論的・語用論的基盤構築」という研究課題のもとで、概念の評価や改訂をめぐる理論的・実践的問題に取り組むとともに、そうした問題が哲学の方法論に対してもちうる含意についても検討を行っています。現在は米国のピッツバーグ大学に滞在しています。

各領域における研究の概要については以下のとおりです。

1. 言語哲学

2. 哲学の方法論(メタ哲学)

  • アプリオリな知識や分析的真理(意味による真理)の可能性、概念の評価や改訂をめぐる理論的問題(概念工学・概念倫理学の理論的基盤)などを中心に研究を行ってきました。主要な業績として前掲の学会発表 "Inferentialism and Conceptual Engineering"; "Inferentialism, Conceptual Engineering, and the Limits of Conceptual Revision" (2021) などがあります。また、最近は概念の系譜学や実験哲学などの経験的なアプローチにも関心をもっています。

3. 20世紀哲学史

  • 戦後のアメリカ哲学(分析哲学)、戦前のドイツ語圏の哲学(論理実証主義、現象学、新カント派)、そしてそれらの関係の歴史的研究を、とくに言語哲学や哲学の方法論の歴史という観点から行ってきました。主要な業績として論文「フッサールにおける本質認識とそのアプリオリ性」(『哲學』68、2017年)があるほか、前掲論文 "Inferentialism and Semantic Externalism" も歴史的な議論を多く含みます。
  • 最近は哲学の制度化・カノン形成のプロセスや、ポストコロニアル的な観点からの哲学史の見直しにも関心をもっています。2019年にはティルブルフ大学で開催された哲学のカノンの見直しをめぐるオータムスクール Beyond the Canon に参加しました。哲学のカノンの見直しは、2021年度に担当した哲学概論(一橋大学)で一回を割いて取り上げるなど、教育活動に取り入れています。

学歴

  1

論文

  5

主要な講演・口頭発表等

  19

MISC

  2

担当経験のある科目(授業)

  1

共同研究・競争的資金等の研究課題

  6

学術貢献活動

  5

その他

  6