福田孝一

J-GLOBALへ         更新日: 19/10/25 09:53
 
アバター
研究者氏名
福田孝一
URL
http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/50253414
所属
熊本大学
部署
生命科学研究部 形態構築学 (医学部解剖学)
職名
教授
学位
医学博士

研究分野

 
 

経歴

 
2010年
 - 
現在
熊本大学大学院生命科学研究部 教授
 
2008年
 - 
2010年
九州大学 医学(系)研究科(研究院) 准教授
 
2007年
 - 
2008年
九州大学 大学院・医学研究院 准教授
 
2007年
   
 
九州大学 医学(系)研究科(研究院) 助教授
 
2005年
 - 
2006年
九州大学 大学院医学研究院 講師
 

論文

 
Three divisions of the mouse caudal striatum differ in the proportions of dopamine D1 and D2 receptor-expressing cells, distribution of dopaminergic axons, and composition of cholinergic and GABAergic interneurons.
Brain Structure and Function   in press    2019年   [査読有り]
Internal structure of the rat subiculum characterized by diverse immunoreactivities and septotemporal differences
Yoshihisa Ishihara, Takaichi Fukuda, Fumi Sato
Neuroscience Research   in press    2019年   [査読有り]
Gap junctions interconnect different subtypes of parvalbumin-positive interneurons in barrels and septa with connectivity unique to each subtype
Naoki Shigematsu, Akinori Nishi, Takaichi Fukuda
Cerebral Cortex   29(4) 1414-1429   2019年4月   [査読有り]
Ancient Pelvis Reconstruction From Collapsed Component Bones Using Statistical Shape Models
Ken’ichi Morooka, Ryota Matsubara, Shoko Miyauchi Takaichi Fukuda, Takeshi Sugii, Ryo Kurazume
Machine Vision and Applications   30(1) 59-69   2019年2月   [査読有り]
Striosomes-based map of the mouse striatum that is conformable to both cortical afferent topography and uneven distributions of dopamine D1 and D2 receptor-expressing cells
Miyamoto Y, Katayama S, Shigematsu N, Nishi A, Fukuda T
Brain Structure and Function   223(9) 4275-4291   2018年12月   [査読有り]
Miyauchi S, Morooka K, Tsuji T, Miyagi Y, Fukuda T, Kurazume R
Computer Methods and Programs in Biomedicine   157 237-250   2018年4月   [査読有り]
Islam MS, Wei FY, Ohta K, Shigematsu N, Fukuda T, Tomizawa K, Yoshizawa T, Yamagata K
Biochem Biophys Res Commun   495(1) 261-266   2018年1月   [査読有り]
Tanoue H, Morinaga J, Yoshizawa T, Yugami M, Itoh H, Nakamura T, Uehara Y, Masuda T, Odagiri H, Sugizaki T, Kadomatsu T, Miyata K, Endo M, Terada K, Ochi H, Takeda S, Yamagata K, Fukuda T, Mizuta H, Oike Y.
Osteoarthritis and Cartilage   26 108-117   2018年1月   [査読有り]
Pharmacological properties of SAK3, a novel T-type voltage-gated Ca2+ channel enhancer.
Yabuki Y, Matsuo K, Isumi H, Hga H, Yoshida T, Wakamori M, Kakei A, Sakimura K, Fukuda T, Fukunaga K
Neuropharmacology   117 1-13   2017年   [査読有り]
Shigematsu N, Ueta Y, Mohamed AA, Hatada S, Fukuda T, Kubota Y, Kawaguchi Y
Cerebral Cortex   26 2689-2704   2016年   [査読有り]
Ishihara Y, Fukuda T
Neuroscience   337 242-266   2016年   [査読有り]
Miyauchi S, Morooka K, Tsuiji T, Miyagi Y, Fukuda T, Kurazume R
Lecture Notes in Computer Science   10126 39-50   2016年   [査読有り]
Miyamoto Y, Fukuda T
Neuroscience Research   94 37-49   2015年   [査読有り]
Yoshizawa T, Karim MF, Sato Y, Senokuchi T, Miyata K, Fukuda T, Go C, Tasaki M, Uchimura K, Kadomatsu T, Tian Z, Smolka S, Sawa T, Takeya M, Tomizawa K, Ando Y, Araki E, Akaike T, Braun T, Oike Y, Bober E, Yamagata K
Cell Metabolism   19 712-721   2014年   [査読有り]
Ninomiya S, Esumi S, Ohta K, Fukuda T, Ito T, Imayoshi I, Kageyama R, Ikeda T, Itohara S, Tamamaki N
Neuroscience Research   75 121-129   2013年   [査読有り]
Shioda N, Beppu H, Fukuda T, Li E, Kitajima I, Fukunaga K
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   31(1) 346-358   2011年1月   [査読有り]
Cho KH, Jang JH, Jang HJ, Kim MJ, Yoon SH, Fukuda T, Tennigkeit F, Singer W, Rhie DJ
Journal of neurophysiology   104(2) 840-853   2010年8月   [査読有り]
Saiga T, Fukuda T, Matsumoto M, Tada H, Okano HJ, Okano H, Nakayama KI
Molecular and cellular biology   29(13) 3529-3543   2009年7月   [査読有り]
Fukuda T
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   29 1235-1243   2009年1月   [査読有り]
Sakae N, Yamasaki N, Kitaichi K, Fukuda T, Yamada M, Yoshikawa H, Hiranita T, Tatsumi Y, Kira J, Yamamoto T, Miyakawa T, Nakayama KI
Human molecular genetics   17 3191-3203   2008年10月   [査読有り]
Nishi A, Kuroiwa M, Miller DB, O'Callaghan JP, Bateup HS, Shuto T, Sotogaku N, Fukuda T, Heintz N, Greengard P, Snyder GL
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   28 10460-10471   2008年10月   [査読有り]
Shigematsu N, Fukuda T, Yamamoto T, Nishioku T, Yamaguchi T, Himeno M, Nakayama KI, Tsukuba T, Kadowaki T, Okamoto K, Higuchi S, Yamamoto K
Journal of neurochemistry   105(4) 1394-1404   2008年5月   [査読有り]
Shigematsu N, Yamamoto K, Higuchi S, Fukuda T
Brain research   1198 55-67   2008年3月   [査読有り]
Fukuda T
The Neuroscientist : a review journal bringing neurobiology, neurology and psychiatry   13 199-207   2007年6月   [査読有り]

Misc

 
大脳皮質ニューロンの分子マーカー
福田孝一
Clinical Neuroscience   28(12) 1348-1551   2010年12月   [依頼有り]
ギャップ結合による神経細胞ネットワーク
福田孝一
顕微鏡   43(3) 188-197   2008年   [依頼有り]

講演・口頭発表等

 
Dopamine D1 receptor/cAMP?PKA signaling is differently regulated in subregions of the striatum.
Sugiyama K, Kuroiwa M. Shuto T, Fukuda T, Nishi A
Neuroscience 2019   2019年10月20日   
海馬と新皮質の制御系を構成するGABAニューロンがギャップ結合を介して連結するネットワークを既知の神経回路にいかに組み込むか? [招待有り]
福田孝一
第124回日本解剖学会総会・全国学術集会   2019年3月28日   
体性感覚野ミニバレル領域におけるパルブアルブミン陽性ニューロンの分布と形態の3次元的解析
重松直樹、福田孝一
第124回日本解剖学会総会・全国学術集会   2019年3月29日   
中枢神経系におけるVGAT欠損は致死性の発生異常を起こす
江角重行、那須誠、諸岡研人、大篭友博、柳川右千夫、崎村健司、石龍徳、神野尚三、玉巻伸章、福田孝一
第124回日本解剖学会総会・全国学術集会   2019年3月28日   
マウス線条体および脚内核におけるCB1 receptorの免疫組織化学的特徴
宮本雄太、福田孝一
第124回日本解剖学会総会・全国学術集会   2019年3月28日   

競争的資金等の研究課題

 
Gap junctionが形成する樹状突起の網を脳の神経回路に正しく組み込む
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2018年4月 - 2022年3月    代表者: 福田孝一
脳内の秩序的構成原理と並立して同じ組織空間を共有する無秩序構成原理の解明
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤C 特設)
研究期間: 2016年7月 - 2019年3月    代表者: 福田孝一
体性感覚野ミニバレル領域の形態学的特徴が同領域の予想外の重要性を示唆する可能性
文部科学省: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 福田孝一
大脳皮質神経回路の不可欠な構成要素としてのギャップ結合性神経細胞連結の解明
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究B)
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 福田孝一
ヒト大脳半球完全連続切片標本に基づきヒト脳を直接調べヒト脳固有の構造を発見する
文部科学省: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 福田孝一
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月    代表者: 福田孝一
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2006年 - 2008年    代表者: 福田孝一
神経細胞どうしの連絡は通常化学シナプスで行われますが、その連絡は間接的です。ギャップ結合(電気シナプス)は細胞質どうしを直接連結するため、結合した神経細胞の電気的活動が同期し、そのことが脳の高次機能にも重要と考えられています。本研究では大脳皮質連合野や線条体において、ギャップ結合による密なネットワークの存在を初めて実証しました。特にギャップ結合ネットワークの三次元構造やダイナミックな性質を、世界で初めて目に見える形で示しました。
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2005年 - 2005年    代表者: 福田孝一
平成17年度は本研究計画の最初の年にあたり、目的を達成するために必要な最初の検討課題について着実な成果をおさめた。線条体、扁桃体、前障を含む連続切片を作成し、GABAニューロンのマーカーであるパルブアルブミン(PV)およびコネキシン36(Cx36)に対する抗体を用いて蛍光二重免疫組織化学染色を行った。各領域でPVニューロンの樹状突起間にCx36陽性の点状染色が認められることを、共焦点レーザー顕微鏡観察により確かめた。さらに私が大脳皮質で確立した方法に基づき、共焦点レーザー顕微鏡で同定した点...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2003年 - 2005年    代表者: 福田孝一
平成15年度から17年度までの三年間の研究により、研究目標であったギャップ結合による大脳皮質抑制性神経細胞の3次元的構造と機能への関連性について、以下に述べるようにほぼその目的を達成できた。ギャップ結合が抑制性神経細胞間に存在することは既に明らかにされていたが、その局所的な存在だけではなく、神経細胞がギャップ結合を介してどのようなネットワークを形成しているのかということは、当初方法論的にも困難な課題であった。この問題を解明する上で、研究経過中に確立した、コネキシン36の免疫組織化学染色を利...
視覚皮質におけるギャップ結合のトポロジー解析
Max Planck Institute: マックスプランク協会研究奨学金
研究期間: 2003年 - 2003年    代表者: 福田孝一