基本情報

所属
University of Oxford Departmental Lecturer in Civil Engineering Fluid Mechanics
学位
Ph.D.(University of Southampton)

J-GLOBAL ID
200901086269016094

外部リンク

2008年3月より約3年間、米国NASAエイムズ研究所にて乱流計算の研究に従事。
紹介記事:https://www.jsme.or.jp/ted/NL62/TED-Plaza_Nishino.htm

2011年2月より英国オックスフォード大学にて潮流・海流発電の流体力学的効率について研究。2012年、従来の理論限界効率(ベッツ限界:59.3%)を上回る潮流発電の理論限界効率(79.8%:但し無限に広い浅水中に複数のタービンを並べる場合)を発表(Journal of Fluid Mechanics 708, 596-606)。

2014年5月、英国クランフィールド大学にて流体力学講師に就任。潮流・海流発電や洋上風力などの再生可能エネルギー関連のテーマを中心に幅広く研究。

2018年9月、英国オックスフォード大学にて特任講師(土木流体力学)に就任。

委員歴

  2

論文

  7

MISC

  20