MISC

2018年2月

【IBDの内視鏡的粘膜治癒-評価法と臨床的意義】 潰瘍性大腸炎の内視鏡的重症度評価 NBI拡大内視鏡所見からみた重症度

胃と腸
  • 渡辺 憲治
  • ,
  • 樋田 信幸
  • ,
  • 宮嵜 孝子
  • ,
  • 藤森 絢子
  • ,
  • 小柴 良司
  • ,
  • 藤本 晃士
  • ,
  • 佐藤 寿行
  • ,
  • 木田 裕子
  • ,
  • 河合 幹夫
  • ,
  • 上小鶴 孝二
  • ,
  • 高川 哲也
  • ,
  • 横山 陽子
  • ,
  • 中村 志郎

53
2
開始ページ
177
終了ページ
181
記述言語
日本語
掲載種別
DOI
10.11477/mf.1403201281
出版者・発行元
(株)医学書院

潰瘍性大腸炎(UC)の疾患活動性をNBI拡大内視鏡観察する場合,白色光観察に対して上乗せ効果が期待されるものとして,血管所見が挙げられる.高度な粘膜治癒が達成されたUC粘膜のNBI拡大内視鏡所見は,蜂巣状構造を呈する.寛解期UC粘膜のNBI拡大観察所見で,蜂巣状構造以外の所見を細分化して,予後との関連を検討した報告は乏しい.NBI拡大内視鏡観察は点の観察となるため,組織学的活動性との関連についての報告がみられる.しかし,UCは面の拡がりを病理学的特徴とする疾患であり,拡大内視鏡で観察した部位が,大腸全体の疾患活動性をどの程度担保するのかが課題となる.(著者抄録)

リンク情報
DOI
https://doi.org/10.11477/mf.1403201281

エクスポート
BibTeX RIS