髙木 正稔

J-GLOBALへ         更新日: 20/01/17 02:59
 
アバター
研究者氏名
髙木 正稔
 
タカギ マサトシ
URL
http://www.tmd.ac.jp/med/ped/index.html
所属
東京医科歯科大学
部署
大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 発生発達病態学
職名
准教授
学位
博士(医学)(順天堂大学)
科研費研究者番号
10406267

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2019年11月
 - 
現在
東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 発生発達病態学 准教授
 
2018年7月
 - 
2019年10月
東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 生体環境応答学講座 発生発達病態学分野 准教授
 
2015年7月
 - 
2018年6月
東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 寄附講座 茨城県小児・周産期地域医療学講座 准教授
 
2010年4月
 - 
2015年6月
東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 発生発達病態学 講師
 
2007年4月
 - 
2010年3月
東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 発生発達病態学 助教
 

委員歴

 
 
   
 
日本小児血液・がん学会  評議員
 
 
   
 
日本血液学会  評議員
 
 
   
 
日本癌学会  評議員
 
 
   
 
日本小児科学会  代議員
 

受賞

 
2018年11月
日本小児血液・がん学会 第8回日本小児血液・がん学術賞 Loss of DNA Damage Response in Neuroblastoma andUtility of a PARP Inhibitor
受賞者: 高木正稔
 
2016年3月
東京都医師会 医学研究奨励賞 毛細血管拡張性運動失調症における耐糖能異常の解明
受賞者: 高木正稔
 
2014年
東京医科歯科大学 東京医科歯科大学 最優秀研究賞
 
2011年
東京医科歯科大学 東京医科歯科大学 学術奨励賞
 
2011年
日本小児科学会 日本小児科学会 学術研究賞
 

論文

 
Setsuko Hasegawa, Satoko Kumada, Naoyuki Tanuma, Atsumi Tsuji-Hosokawa, Ayako Kashimada, Tomoko Mizuno, Kengo Moriyama, Yuji Sugawara, Ikuko Shirai, Yohane Miyata, Hiroya Nishida, Hideaki Mashimo, Takeshi Hasegawa, Takatoshi Hosokawa, Hiroaki Hisakawa, Mitsugu Uematsu, Akio Fujine, Rie Miyata, Hiroshi Sakuma, Kenichi Kashimada, Kohsuke Imai, Tomohiro Morio, Masaharu Hayashi, Shuki Mizutani, Masatoshi Takagi
Pediatr Neurol   100 60-66   2019年11月   [査読有り]
Ataxia telangiectasia is an autosomal recessive disorder characterized by cerebellar ataxia, telangiectases, immune defects, and a predisposition to malignancy. Quality of life is severely impaired by neurological symptoms. However, curative optio...
Sutani A, Miyakawa Y, Tsuji-Hosokawa A, Nomura R, Nakagawa R, Nakajima K, Maru M, Aoki Y, Takasawa K, Takagi M, Imai K, Kashimada K, Morio T
Clinical pediatric endocrinology : case reports and clinical investigations : official journal of the Japanese Society for Pediatric Endocrinology   28(4) 105-112   2019年10月   [査読有り]
Atsushi Watanabe, Takeshi Inukai, Keiko Kagami, Masako Abe, Masatoshi Takagi, Takashi Fukushima, Hiroko Fukushima, Toru Nanmoku, Kiminori Terui, Tatsuya Ito, Tsutomu Toki, Etsuro Ito, Junya Fujimura, Hiroaki Goto, Mikiya Endo, Thomas Look, Mark Kamps, Masayoshi Minegishi, Junko Takita, Toshiya Inaba, Hiroyuki Takahashi, Akira Ohara, Daisuke Harama, Tamao Shinohara, Shinpei Somazu, Hiroko Oshiro, Koshi Akahane, Kumiko Goi, Kanji Sugita
Cancer Med   8(11) 5274-5288   2019年9月   [査読有り]
t(17;19)(q21-q22;p13), responsible for TCF3-HLF fusion, is a rare translocation in childhood B-cell precursor acute lymphoblastic leukemia(BCP-ALL). t(1;19)(q23;p13), producing TCF3-PBX1 fusion, is a common translocation in childhood BCP-ALL. Prog...
Tomoko Mizuno, Ayako Kashimada, Toshihiro Nomura, Kengo Moriyama, Haruna Yokoyama, Setsuko Hasegawa, Masatoshi Takagi, Shuki Mizutani
Brain Dev   41(7) 630-633   2019年8月   [査読有り]
Spinocerebellar ataxia type 5 (SCA5), a dominant spinocerebellar ataxia is caused by spectrin beta nonerythrocytic 2 gene (SPTBN2) mutation. It typically consists of a slow progressive cerebellar ataxia with an onset principally in adulthood. Here...
Akihiro Hoshino, Hirokazu Kanegane, Masanori Nishi, Ikuya Tsuge, Kiriko Tokuda, Ichiro Kobayashi, Kohsuke Imai, Tomohiro Morio, Masatoshi Takagi
Clin Immunol   203 9-13   2019年6月   [査読有り]
Immune dysregulation, polyendocrinopathy, enteropathy, X-linked (IPEX) syndrome is one of the inborn errors of immunity, characterized by impaired function of the regulatory T cells. Clinical manifestations of IPEX syndrome are characterized by va...

Misc

 
Takeshi Isoda, Tomohiro Morio, Masatoshi Takagi
Cancer Sci   110(8) 2328-2336   2019年8月   [査読有り]
Changes of nuclear localization of lineage-specific genes from a transcriptionally inert to permissive environment are a crucial step in establishing the identity of a cell. Noncoding RNA transcription-mediated genome folding and activation of tar...
PARPとPARGを標的とする抗がん剤のバイオマーカー
荒木智徳, 佐々木由香, 小野寺貴恵, 園田悠紀, 鳥谷直紀, 石飛俊介, 今道祥二, 高木正稔, 益谷美都子
BIO Clinica   34(9) 951-958   2019年8月
SIFD症候群の分子病態
廣木遥, 高木正稔
血液内科   78(6) 888-892   2019年6月
日本におけるパリビズマブの使用に関するコンセンサスガイドライン
岡田賢司, 水野美穂子, 森内浩幸, 楠田聡, 森岡一朗, 森雅亮, 岡本圭祐, 岡田邦之, 吉原重美, 山岸敬幸, 横山詩子, 久保田知洋, 工藤寿子, 高木正稔, 伊藤秀一, 金森豊, 笹原洋二, 日本小児科学会予防接種・感染症対策委員会「日本におけるパリビズマブの使用に関するガイドライン」改訂検討ワーキンググループ, 日本小児科学会, 日本新生児成育医学会, 日本小児感染症学会, 日本小児呼吸器学会, 日本小児循環器学会, 日本小児リウマチ学会, 日本小児血液・がん学会, 日本小児腎臓病学会, 日本小児外科学会, 日本免疫不全・自己炎症学会
日本小児科学会雑誌   123(5) 807-813   2019年5月
原発性免疫不全症と造血器腫瘍
金兼弘和, 星野顕宏, 高木正稔
臨床血液   59(11) 2459-2467   2018年11月

書籍等出版物

 
原発性免疫不全症候群診療の手引き
高木正稔, 森尾友宏 (担当:共著, 範囲:毛細血管拡張性運動失調症(A-T))
診断と治療社   2017年4月   
造血器腫瘍アトラス 改訂第5版
磯田健志, 高木正稔, 水谷修紀 (担当:共編者, 範囲:ATM欠損における染色体転座の発生機構)
日本医事新報社   2016年8月   ISBN:978-4-7849-4082-0
小児科 6月号
金兼弘和, 高木正稔, 吉田雅幸 (担当:分担執筆, 範囲:血液・免疫疾患の遺伝相談)
金原出版株式会社   2016年6月   
新領域別症候群シリーズ No36 免疫症候群Ⅲ(第2版)
水谷修紀, 高木正稔 (担当:分担執筆, 範囲:毛細血管拡張性運動失調)
日本臨牀社   2016年3月   
新領域別症候群シリーズ No36 免疫症候群Ⅲ(第2版)
高木正稔, 水谷修紀 (担当:分担執筆, 範囲:毛細血管拡張性運動失調症様疾患1型)
日本臨牀社   2016年3月   

講演・口頭発表等

 
非血縁者間骨髄移植後早期にバンコマイシン自然耐性腸球菌性髄膜炎に罹患した活性型P13Kδ症候群2型の1例
Maho Hatano, Takahiro Tomoda, Tsubasa Okano, Issei Nunoda, Aoi Morishita, Kento Inoue, Motoi Yamashita, Akifumi Endo, Takahiro Kamiya, Takeshi Isoda, Masakatsu Yanagimachi, Masatoshi Takagi, Hirokazu Kanegane, Keisuke Okuno, Kohsuke Imai, Tomohiro Morio
第61回日本小児血液・がん学会学術集会   2019年11月16日   
ドナーリンパ球輸注により寛解導入及び1年間の寛解を維持できた再発性T細胞型急性リンパ性白血病症例
井上健斗, 神谷尚宏, 井上真依子, 星野顕宏, 磯田健志, 柳町昌克, 今井耕輔, 金兼弘和, 高木正稔, 森尾友宏
第61回日本小児血液・がん学会学術集会   2019年11月16日   
骨髄移植後のIgG2選択的低値時に発症した侵襲性肺炎球菌感染症
坂川由里歌, 友田昂宏, 岡野翼, 森下あおい, 井上健斗, 山下基, 遠藤明史, 磯田健志, 神谷尚宏, 柳町昌克, 高木正稔, 金兼弘和, 今井耕輔, 竹下健一, 石和田稔彦, 森尾友宏
第61回日本小児血液・がん学会学術集会   2019年11月16日   
免疫不全患者に対するマルチレックスPCR法を用いた呼吸器感染症早期診断の臨床的有用性の検討
遠藤明史,今井耕輔,井上健斗,岡野翼,清水則夫,寺田尚美,森下あおい,友田昴宏,山下基,柳田昌克,磯田健志,神谷尚宏,高木正稔,金兼弘和,森尾友宏
第61回日本小児血液・がん学会学術集会   2019年11月16日   
B前駆細胞性急性リンパ性白血病の移植後再発に対して、GVHDの治療を行いながらBlinatumomabを使用した一例
森下あおい, 磯田健志, 山下基, 神谷尚宏, 岡野翼, 友田昂宏, 遠藤明史, 柳町昌克, 今井耕輔, 金兼弘和, 高木正稔, 森尾友宏
第61回日本小児血液・がん学会学術集会   2019年11月15日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
小児白血病の発症要因および生存者の医学的・社会的予後に関する包括的な疫学研究
文部科学省/日本学術振興会: 
代表者: 浦山 ケビン
原発性免疫不全症候群の診断基準・重症度分類および診療ガイドラインの確立に関する研究
厚生労働省: 
代表者: 野々山 恵章
小児急性リンパ性白血病発症にかかわる遺伝学的背景の検討
文部科学省/日本学術振興会: 
代表者: 高木 正稔
小児白血病の病態の背景にある生殖細胞系列の分子遺伝学的基盤の解明(研究分担者)
日本医療研究開発機構: 臨床ゲノム情報統合データベース整備事業
研究期間: 2019年4月 - 現在    代表者: 加藤元博
小児急性リンパ性白血病発症にかかわる遺伝学的背景の検討(代表)
文部科学省: 基盤研究(B)
研究期間: 2019年4月 - 現在    代表者: 高木正稔

社会貢献活動

 
(高木正稔)「はしりたい~難病A-Tと向き合う母子(おやこ)の絆~」
【取材協力】  テレビ朝日(制作:青森朝日放送)  テレメンタリー2019  2019年1月17日
(高木正稔) A-T毛細血管拡張性運動失調症
【取材協力】  読売新聞社  読売新聞  2018年2月10日
(高木正稔) A-T毛細血管拡張性運動失調症
【取材協力】  青森朝日放送  スーパーJチャンネルABA  2018年2月10日

その他

 
2017年12月   「小児の難治性腫瘍 神経芽腫におけるDNA損傷修復機構の異常を発見し、PARP阻害剤オラパリブによる治療の可能性を示しました。これを受けて難治性小児悪性固形腫瘍患者を対象にオラパリブ錠の安全性を確認する第Ⅰ相試験を世界で初めて実施します」
Journal of the National Cancer Institute
2017年7月   難治性小児悪性固形腫瘍患者を対象にPARP阻害剤オラパリブ錠の安全性を確認する医師主導治験(第Ⅰ相試験)を開始します。(髙木正稔)
治験開始
2016年12月   「2つの新たな原発性免疫不全症:TNFAIP3変異による自己免疫性リンパ増殖症候群とIKZF1変異による自己免疫疾患を伴う無ガンマグロブリン血症を発見」-免疫不全症や自己免疫疾患の新規治療法開発への期待-
jourenal of Aiiergy andClinical Immunology