共同研究・競争的資金等の研究課題

2016年4月 - 2019年3月

分子イメージングを用いた新たな腫瘍バイオマーカーの開発

日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)
  • 橋本 順
  • ,
  • 高原 太郎
  • ,
  • 風間 俊基

課題番号
16K10296
配分額
(総額)
4,940,000円
(直接経費)
3,800,000円
(間接経費)
1,140,000円

腫瘍の辺縁部分並びに中心部分の差異を画像的に評価し、新たなバイオマーカーの開発を企図した。腫瘍の辺縁から数ミリを辺縁部分、残りを中心部分にわけて画像解析するソフトウェアを開発した。乳房腫瘤症例で解析を行い、乳がんでは腫瘍の悪性度と中心部辺縁部のADC値の差に有意な相関関係が見られた。また、乳房腫瘤の良悪性鑑別においても有用であることがわかった。
研究の過程で脂肪のADC値が問題となり、それが非常に低値であることを確認した。また、このことを利用して拡散強調画像で問題になる脂肪抑制不良によるアーチファクトを軽減する方法を開発し、それにより診断精度が向上することを示した。

リンク情報
URL
https://kaken.nii.ac.jp/file/KAKENHI-PROJECT-16K10296/16K10296seika.pdf