共同研究・競争的資金等の研究課題

2014年4月 - 2017年9月

少数言語のドキュメンテーションと、エチオピア諸言語のダイナミズムに関する調査研究

日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)
  • 乾 秀行
  • ,
  • 小脇 光男
  • ,
  • 池田 潤
  • ,
  • 高橋 洋成
  • ,
  • 柘植 洋一
  • ,
  • 仲尾 周一郎
  • ,
  • 二ノ宮 崇司
  • ,
  • 岩月 真也
  • ,
  • 吉野 浩志
  • ,
  • 原 将吾

課題番号
26300022
配分額
(総額)
15,990,000円
(直接経費)
12,300,000円
(間接経費)
3,690,000円

エチオピアの少数言語の文法記述とドキュメンテーションを作成するため、アジスアベバ大学のエチオピア人研究者と共同で現地調査を行い、オモ系(バスケト語、ディメ語、ハマル語、カラ語)、セム系(マスカン語)、クシ系(アルボレ語、ハディーヤ語、アッレ語)、ナイルサハラ系(ニャンガトム語、コウェグ語、ベルタ語)の使用状況を記録した動画・音声データ(モノローグ、民話、なぞなぞ)を収集し、動画編集ソフトELANを使ってIPA転写、語釈、翻訳をつけた。
言語ダイナミズムの分析をするため、エチオピア学研究所図書館で少数言語の文献資料を集めると共に、エチオピアの少数言語の母語教育について調査し、データベース化した。