飯田高大

J-GLOBALへ         更新日: 16/04/20 19:32
 
アバター
研究者氏名
飯田高大
 
イイダ タカヒロ
URL
http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/90455189
所属
北海道大学
部署
水産学部 附属練習船うしお丸
職名
助教
学位
博士(水産科学)、2007年(北海道大学)

プロフィール

研究課題と活動状況: 近年、地球温暖化の鍵を握る大気中の二酸化炭素の濃度が上昇を続けている。この二酸化炭素の上昇を予測する上で現在最も重要とされているのは、大気から海洋・海洋から大気への二酸化炭素のフラックスである。この二酸化炭素のフラックスは、海洋の植物プランクトンが光合成を行うことによる炭素固定量(基礎生産量)に左右される。南極・北極の両極域は非常に高い基礎生産力を持つため、極域の生物生産の時空間変動が地球規模の炭素循環に大きな影響を与えることは自明である。以上のような観点から、南極・北極の植物プランクトン種、生物生産力の長期的な時空間変動と、気候変動に関連した変動要因に関する研究をbi-polarな視点で進めている。

また、ベーリング海・北極海では、しばしば大規模な円石藻類の大発生が発生している。円石藻類は細胞の周囲に炭酸カルシウムの殻を形成する。海水中において円石藻類が炭酸カルシウムを形成することにより海水中のアルカリ度が低下する。そのことにより海水中における炭酸系の平衡から海洋から大気へ二酸化炭素が放出されることで、植物プランクトン全体による基礎生産力の変動とともに、特定の植物プランクトンの挙動が地球規模の炭素循環に寄与することが指摘されている。リモートセンシング及び海洋光学観測を用い、人工衛星から全球的な円石藻類分布のモニタリング手法を開発し、全球的な炭素循環を明らかにする上で一助となる研究を行っている。

極域観測歴: 2001年6月~8月:ベーリング海(北海道大学練習船 おしょろ丸)、
2002年6月~8月:ベーリング海(北海道大学練習船 おしょろ丸)、
2003年3月:アラスカ湾(米国アラスカ大学海洋研究所 調査船Alpha Helix)、
2003年7月~8月:ベーリング海 (北海道大学練習船 おしょろ丸)、
2004年8月:ベーリング海(海洋研究開発機構研究船 みらい)、
2005年7月~8月:ベーリング海(北海道大学練習船 おしょろ丸)、
2006年8月~9月:オホーツク海(ロシア極東水理気象研究所 調査船クロモフ号)
2007年~2008年 JARE49夏隊 生態系モニタリング
2008年~2009年 JARE50夏隊 生態系モニタリング
2011年~2012年 JARE53夏隊同行者
2012年~2013年 JARE54夏隊同行者
2013年 GRENE北極研究観測事業(おしょろ丸)
2014年 JARE55夏隊 基本観測(海洋物理・化学)
2015年 JARE56夏隊 基本観測(海洋物理・化学)

研究分野

 
 

経歴

 
2016年
 - 
現在
北海道大学 水産学部 助教
 
2015年
 - 
2016年
北海道大学 水産学部おしょろ丸 航海士
 
2006年
 - 
2007年
日本学術振興会 特別研究員
 
2007年
 - 
2015年
国立極地研究所 助教
 

学歴

 
2002年
 - 
2003年
アラスカ大学フェアバンクス校 国際北極圏研究センター(IARC)  
 
2004年
 - 
2007年
北海道大学大学院 水産科学研究科  
 

委員歴

 
2014年
 - 
2014年
The Fifth Symposium on Polar Science Organizing Committee
 
2010年
 - 
2010年
Xth SCAR International Biology Symposium, Local Organizing Committee
 
2012年
 - 
2013年
Third International Symposium on the Arctic Research, Local Organizing Committee
 
2013年
 - 
2013年
International Forum on "Polar Data Activities in Global Data System", Local Organizing Committee
 
2013年
 - 
現在
SOOS Data Management Sub-Committee menber
 

受賞

 
2005年
Best poster award in GCCA6 (2005)
 
2001年
Best presentation award in PICES annual meeting (2001)
 

論文

 
Takahashi A, Ito M, Suzuki Y, Watanuki Y, Thiebot JB, Yamamoto T, Iida T, Trathan P, Niizuma Y, Kuwae T
Marine Ecology Progress Series   in press    2015年   [査読有り]
グリーンランド北西部沿岸の海洋環境
大橋良彦、飯田高大、杉山慎
北海道の雪氷   33 85-88   2014年
Andrew J. Constable, Jessica Melbourne-Thomas, Stuart P. Corney, Kevin R. Arrigo, Christophe Barbraud, David K.A. Barnes, Nathaniel L. Bindoff, Philip W. Boyd, Angelika Brand, Daniel P. Costa, Andrew T. Davidson, Hugh W. Ducklow, Louise Emmerson, Mitsuo Fukuchi, Julian Gutt, Mark A. Hindel, Eileen E. Hofmann, Graham W. Hosie, Takahiro Iida, Sarah Jacob, Nadine M. Johnston, So Kawaguchi, Philippe Koubbi, Mary-Anne Lea, Azwianewi Makhado, Rob A. Massom, Klaus Meiners, Michael P. Meredith, Eugene J. Murphy, Stephen Nicol, Kate Richerson, Martin J. Riddle, Stephen R. Rintoul, Walker O. Smith Jr., Colin Southwell, Jonathon S. Stark, Michael Sumner, Kerrie M. Swadling, Kunio T. Takahashi, Phil N. Trathan, Dirk C. Welsford, Henri Weimerskirch, Karen J. Westwood, Barbara C. Wienecke, Dieter Wolf-Gladrow, Simon W. Wright, Jose C. Xavier, Philippe Ziegler
Grobal Change Biology   20, 3004–3025, doi: 10.1111/gc    2014年   [査読有り]
Takao, S., Iida, T., Isada, T., Saitoh, S., Hirata, T. and Suzuki, K.
Progress in Oceanography   126 233-241   2014年   [査読有り]
Isada, T.. Iida, T., Liu, H., Saitoh, S.-I., Nishioka, J., Nakatsuka, T., Suzuki, S.
Journal of Geophysical Research: Oceans   Volume 118, Issue 4,-1995–2013   2013年   [査読有り]
Iida, T., Odate, T. and Fukuchi, M.
PLoS ONE   8(8): e71766. doi:10.-1371/journal.pone.0071766   2013年   [査読有り]
Ojima, M., Takahashi, K. T.,Iida, T., Odate, T. and Fukuchi, M.
Polar Biology   doi:10.1007/s00300-013-1348-y   2013年   [査読有り]
Iida, T., Mizobata, M. and Saitoh, S. I.
Continental Shelf Research   34, 7-17   2012年   [査読有り]
高橋邦夫・飯田高大・橋田 元・小達恒夫
南極資料   Vol.56, No.3, 447-455   2012年   [査読有り]
Yamamoto, T., Takahashi, A., Oka, N., Iida, T., Katsumata, N., Sato, K., Trathan, P. N.
Marine Ecology Progress Series   Vol.424: 191-204   2011年   [査読有り]
Tukimat, L. S.-I. Saitoh, T.Iida, H. Hirawake and K. Iida
Estuarine, Coastal and Shelf Science   78, 2, 237-456   2008年   [査読有り]
ベーリング海における植物プランクトンの時空間変動-春季ケイ藻ブルームと夏季から秋季の円石藻類ブルーム-
飯田高大、溝端浩平、齊藤誠一
月刊海洋   No.50, 127-137   2008年
夏季のオホーツク海および千島列島海域における基礎生産過程の特徴
鈴木光次, 伊佐田智規, Hongbin Liu, 飯田高大
月刊海洋   No.50, 99-106   2008年
工藤栄、田邊優貴子、飯田高大、辻本惠、小川麻里、伊村智
南極資料   Vol.52, No.3, 421-436   2008年   [査読有り]
Jin M., C. Deal, J. Wang, V. Alexander, R. Gradinger, S. Saitoh, T. Iida, Z. Wan and P. Stabeno
Geophys. Res. Lett.   34, L06612   2007年   [査読有り]
Temporal and spatial variations of chlorophyll-a concentration and primary production over the Bering Sea
Rho T., S. Saitoh, T. E. Whiteledge, H. Kiyofuji, T.Iida and K.Mizobata
Proceedings of Global Change and Connection to the Arctic   82-85   2006年
The mechanism of temporal and spatial variability of phytoplankton in the Bering Sea and the Okhotsk Sea using satellite observation and ecosystem modeling
Iida T. and S. Saitoh
Proceedings of Global Change and Connection to the Arctic   87-90   2005年
Iida T., S. Saitoh and K. Mizobata
Remote Sensing of the Atmosphere, Ocean, Environment, and Space, SPIE   Vol. 4892, 233-240   2003年

Misc

 
Oceanographic Data of the 52nd Japanese Antarctic Research Expedition (JARE) acquired on board the training and research vessel, Umitaka Maru in the Indian sector of the Southern Ocean during 2010/2011 austral summer
Moteki, M., Shimada, K., Iida, T., Takasawa, N., Kitade, K., Hashihama, F., Amakasu, K., Kasajima, Y., Ono, A., Hosaka, T., Uchiyama, K., Kitazawa, A., Yonemoto, H., Miyazaki, T., Sekiya, C., Sakaguti, M., Kurihara, Y., Kitano, Y., Fujiwara, H., Katsumi, K. and Ishimaru, T.
JARE Data Report, Oceanography   33    2014年
Biogeochemical data and chlorophyll a concentrations of phytoplankton during a cruise of the 53rd Japanese Antarctic Research Expedition in the austral summer of 2011-2012
Takahashi, K. T., Iida, T., Nishioka, J. and Odate, T.
JARE Data Report, Marine biology   44 1-19   2014年
Biogeochemical data of the 52nd Japanese Antarctic Research Expedition in austral summer of 2010 - 2011
Iida, T., Odate, T. Nishioka, J., Takamura, T. and Fukuchi, M.
JARE data reports   321   2012年
Chlorophyll a concentration of phytoplankton during a cruise of the 51st Japanese Antarctic Research Expedition in 2009–2010
Iida, T., Shinagawa, H.
JARE data reports   No.319, Marine Biology 42   2011年
Chlorophyll a concentration of phytoplankton durring cruises of the 49th and 50th Japanese Antarctic Research Expedition in 2007-2009
Iida, T., Fukuchi, M.
JARE data reports   No.316, Marine biology 40   2010年

講演・口頭発表等

 
Changes of phytoplankton composition in the Indian Ocean Sector of Southern Ocean using long-term monitoring datasets
飯田高大
SCAR open science conference, Auckland   2014年8月   
Long-term trends of nutrients and apparent oxygen utilization south of the Polar Front in Southern Ocean intermediate water from 1965 to 2008
Takahiro IIDA
Ocean Science Meeting, Honolulu   2014年2月   
南極海・海氷生態系の機能と構造の理解を目指して ~砕氷船を用いた生物観測~
飯田高大
国立極地研究所共同研究集会   2013年10月   
Interannual variability of coccolithophore in response to changes in water column stability in the eastern Bering Sea
Iida, T., Mizobata, K., Saitoh, S.-I.
ESSAS Annual Science Meeting, Hakodate, Japan, January 7 – 9   2013年   
南大洋の植物プランクトン分布とサイズ組成の季節変動
飯田高大、小達恒夫
2013年度日本海洋学会春季大会   2013年   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
海氷融解による生態系の変化が物質循環に与える影響ー豪州砕氷船による国際南極観測ー
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(B)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 飯田高大
南極海洋生態系センティネル研究-事前観測-
日本学術振興会: 科学研究費補助金  基盤研究(A)
研究期間: 2012年 - 2017年    代表者: 小達恒夫
極域海洋の海洋表層環境変動と大型捕食動物の生態応答解明
宇宙航空研究開発機構: GCOM-C研究公募
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 飯田高大
海洋表層の環境変動に対する中深層性大型捕食動物の生態応答の解明
日本学術振興会: 科学研究費補助金  基盤研究(A)
研究期間: 2011年 - 2015年    代表者: 高橋 晃周
高解像度海色センサーを用いた極域沿岸における海洋➖海氷生態系の時空間変動解析
宇宙航空研究開発機構: GCOM-C研究公募
研究期間: 2009年 - 2013年    代表者: 飯田高大
南極海におけるペンギン類の長期生態変動メカニズムの解明
日本学術振興会: 科学研究費補助金  基盤研究(B)
研究期間: 2008年 - 2011年    代表者: 高橋 晃周
極域海洋における衛星と船舶観測を組み合わせた植物プランクトン群集分類手法の開発
日本学術振興会: 科学研究費補助金 若手研究(スタートアップ)
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 飯田高大
衛星データを用いた高精度・高解像度の海洋二酸化炭素分圧推定法の開発
情報システム研究機構 新領域融合研究センタ: 融合研究シーズ
研究期間: 2007年 - 2007年    代表者: 飯田高大
衛星観測と海洋観測を組み合わせた円石藻類ブルームモニタリング手法の開発
日本学術振興会: 科学研究費補助金 (特別研究員奨励費)
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 飯田高大

社会貢献活動

 
世界南極の日
【講師, 企画】  Meets Vision  2014年10月
親子サイエンスワクワクセミナー
【講師】  アイモールみよし  2014年8月
岐阜県白川村立白川小中学校
【講師】  2013年11月
【企画, 運営参加・支援】  2013年11月

その他

 
21世紀を迎えた現在、地球温暖化・オゾン層破壊・海洋汚染等の環境問題が深刻化している。このような地球レベルの問題を抱えながら、地球楓ハの7割以上を占める海洋と地球環境変動との関わりは未だ理解されていない。特に人間活動域から遠く離れ、地球環境変動の影響を最も顕著に受ける南極海域南大洋では、観測の困難さから未解明の部分が数多く残る地域である。しかし近年、人工衛星から地球楓ハを観測するリモートセンシング技術が急速に発達し、我々の地球に関する情報収集能力が増大した。特に直接観測に困難が伴う極域ではその成果は非常に大きなものであった。さらに近年のコンピュータサイエンスの急速な発達により、収集した情報の処理能力も増大し、新しいサイエンスフィールドが構築されている。長期のデータ蓄積が必要な南極地域モニタリングにおいて衛星観測は海洋環境を瞬時に広域を繰り返し観測でき、様々な時空間スケールで海洋の諸現象を捉えることができることから、地球環境変動機構解明に非常に有用な道具である。このような趨勢の中で、これからの地球環境南極地域研究には衛星による水温、海上風、海面高度、海氷分布、植物プランクトン、水蒸気量などの情報利用なしで成り立たない状況である。これらのことを鑑み、今後の研究は衛星リモートセンシングと従来の現場観測等を組み合わせた、海洋環境を多面的かつ総合的に探求する新しい海洋環境変動解析手法を確立し、海洋環境変動への新しい方法論を展開したいと考えている。