千原 崇裕

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/09 23:59
 
アバター
研究者氏名
千原 崇裕
URL
http://chihara-lab.hiroshima-u.ac.jp
所属
広島大学
部署
大学院理学研究科
職名
教授 
学位
博士〔理学)

プロフィール

遺伝学・発生学・細胞生物学・生化学・ゲノミクス的手法を駆使することにより神経回路形成を生体内で統合的に解明することを目指しています。具体的には、ショウジョウバエの神経回路の形成過程をモデルシステムとし、「神経回路形成・機能を制御する分子・細胞ロジック」を「生体内1細胞レベルの解像度」で解明することを目指しています。更に、生物の生活環境がどのように神経機能に影響を与えるか、そしてそれがどのように個体生理機能(個体行動や個体老化)を制御するのかに関しても研究しています。

研究分野

 
 

経歴

 
2016年3月
 - 
現在
広島大学 大学院理学研究科生物科学専攻 教授
 
2013年10月
 - 
2016年3月
東京大学 薬学研究科(研究院) 准教授
 
2010年8月
 - 
2013年9月
東京大学 薬学研究科(研究院) 講師
 
2009年10月
 - 
2013年3月
科学技術振興機構 さきがけ研究者(兼任)
 
2007年4月
 - 
2010年7月
東京大学 薬学研究科(研究院) 助教
 

論文

 
Arii J, Watanabe M, Maeda F, Tokai-Nishizumi N, Chihara T, Miura M, Maruzuru Y, Koyanagi N, Kato A, Kawaguchi Y
Nature communications   9(1) 3379   2018年8月   [査読有り]
Anzo M, Sekine S, Makihara S, Chao K, Miura M, Chihara T
Genes & development   31(10) 1054-1065   2017年5月   [査読有り]
Sakuma C, Chihara T
Neural regeneration research   12(4) 578-579   2017年4月   [査読有り]
Matsukawa K, Hashimoto T, Matsumoto T, Ihara R, Chihara T, Miura M, Wakabayashi T, Iwatsubo T
The Journal of biological chemistry   291(45) 23464-23476   2016年11月   [査読有り]
Miyake N, Fukai R, Ohba C, Chihara T, Miura M, Shimizu H, Kakita A, Imagawa E, Shiina M, Ogata K, Okuno-Yuguchi J, Fueki N, Ogiso Y, Suzumura H, Watabe Y, Imataka G, Leong HY, Fattal-Valevski A, Kramer U, Miyatake S, Kato M, Okamoto N, Sato Y, Mitsuhashi S, Nishino I, Kaneko N, Nishiyama A, Tamura T, Mizuguchi T, Nakashima M, Tanaka F, Saitsu H, Matsumoto N
American journal of human genetics   99(4) 950-961   2016年10月   [査読有り]
Okumura M, Chihara T
Neural regeneration research   11(9) 1394-1395   2016年9月   [査読有り]
Sakuma C, Saito Y, Umehara T, Kamimura K, Maeda N, Mosca TJ, Miura M, Chihara T
Cell reports   16(9) 2289-2297   2016年8月   [査読有り]
Kashio S, Obata F, Zhang L, Katsuyama T, Chihara T, Miura M
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   113(7) 1835-1840   2016年2月   [査読有り]
Okumura M, Kato T, Miura M, Chihara T
Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms   21(1) 53-64   2016年1月   [査読有り]
Sakuma C, Okumura M, Umehara T, Miura M, Chihara T
Scientific reports   5 17769   2015年12月   [査読有り]
Okumura M, Miura M, Chihara T
Neural regeneration research   10(9) 1388-1389   2015年9月   [査読有り]
Okumura M, Sakuma C, Miura M, Chihara T
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   35(5) 1979-1990   2015年2月   [査読有り]
Sakuma C, Kawauchi T, Haraguchi S, Shikanai M, Yamaguchi Y, Gelfand VI, Luo L, Miura M, Chihara T
Nature communications   5 5180   2014年10月   [査読有り]
Chihara T, Kitabayashi A, Morimoto M, Takeuchi K, Masuyama K, Tonoki A, Davis RL, Wang JW, Miura M
PLoS genetics   10(6) e1004437   2014年6月   [査読有り]
[Meigo, an endoplasmic reticulum protein controls the amount and quality of membrane proteins regulating dendrite targeting].
Chihara T
Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society   86(2) 259-264   2014年4月   [査読有り]
Development of olfactory projection neuron dendrites that contribute to wiring specificity of the Drosophila olfactory circuit.
Sakuma C, Anzo M, Miura M, Chihara T
Genes & genetic systems   89(1) 17-26   2014年   [査読有り]
Ihara R, Matsukawa K, Nagata Y, Kunugi H, Tsuji S, Chihara T, Kuranaga E, Miura M, Wakabayashi T, Hashimoto T, Iwatsubo T
Human molecular genetics   22(22) 4474-4484   2013年11月   [査読有り]
Sekine SU, Haraguchi S, Chao K, Kato T, Luo L, Miura M, Chihara T
Nature neuroscience   16(6) 683-691   2013年6月   [査読有り]
Ishida Y, Sekine Y, Oguchi H, Chihara T, Miura M, Ichijo H, Takeda K
PloS one   7(2) e30265   2012年   [査読有り]
Tea JS, Chihara T, Luo L
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   30(29) 9939-9946   2010年7月   [査読有り]

Misc

 
小胞輸送・微小管安定性・Hippoシグナル経路に関わるハブタンパク質Strip
佐久間知佐子、千原崇裕
生化学      2017年
細胞内輸送に関わる新しい分子Strip
佐久間知佐子、千原崇裕
医学のあゆみ   254 1185-1186   2015年   [依頼有り]
膜タンパク質を一網打尽:小胞体分子Meigoによる樹状突起ターゲティング制御機構
千原崇裕
生化学   86 259-264   2014年   [依頼有り]
小胞体タンパク質MeigoはEphrinの蛋白質量およびN-結合型糖鎖修飾を介し樹状突起のターゲティングにおける特異性を制御する
関根清薫、千原崇裕
ライフサイエンス新着論文レビュー   http://first.lifesciencedb.jp/   2013年   [依頼有り]
樹状突起はミトコンドリア不全に敏感!? 神経突起の形を制御するタンパク質合成とミトコンドリア
千原崇裕
細胞工学   26(9) 1048-1049   2007年   [依頼有り]

競争的資金等の研究課題

 
Strip-Hippoシグナル経路を軸とした神経シナプス制御の分子基盤
日本学術振興会: 基盤研究(B)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 千原 崇裕
脳神経回路構築原理の理解に向けた遺伝学的基盤技術開発と整備
熊本大学発生医学研究所: 研究経費・旅費支援
研究期間: 2016年 - 2016年    代表者: 千原崇裕
Strip-Hippo経路による神経シナプス制御の分子基盤解明
熊薬研究助成会: 熊薬研究助成 -基礎的研究に対する助成-
研究期間: 2016年 - 2016年    代表者: 千原崇裕
日本学術振興会: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月    代表者: 千原 崇裕
日本学術振興会: 科学研究費補助金(若手研究(A))
研究期間: 2011年4月 - 2015年3月    代表者: 千原 崇裕
Ephrin/Ephシグナルは、進化的に保存された双方向性のシグナル伝達機構であり、網膜-視蓋間の軸索投射、血管・体節形成など様々な発生現象を制御する。私は、独自に単離した糖核酸輸送体Meigoの分子遺伝学的解析を通して、「N型糖鎖修飾によってEphrin/Ephシグナルは制御されている」という仮説を導き出している。よって本研究では、ショウジョウバエの遺伝学、ゲノム工学、生化学、光科学的手法を最大限に活用することによって、本仮説を実験的に検証し、「生体内におけるEphrin/Ephシグナル...
神経系におけるN型糖鎖修飾の機能的基質探索と生理機能解明
内藤記念科学振興財団: 奨励金・研究助成
研究期間: 2015年 - 2015年    代表者: 千原崇裕
脳神経地図の形成と認識を司る分子基盤解明
独立行政法人科学技術振興機構(JST): 戦略的創造研究推進事業(さきがけ)
研究期間: 2009年10月 - 2013年3月    代表者: 千原 崇裕
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月    代表者: 千原 崇裕
神経細胞は高度に極性化した細胞突起(軸索・樹状突起)を有し、それぞれの突起を適切に配線することによって脳のような複雑な神経回路網を作りだしている。近年、このように複雑かつ巨大な神経細胞の突起形成における「メンブレントラフィック(細胞膜・蛋白質などの細胞内輸送システム)」の役割に注目が集まっている。これまで私はショウジョウバエの遺伝学を用いて、神経形態・回路形成に異常を示す新規メンブレントラフィック関連変異体dogiを得ることに成功している。よって本研究では、このdogi変異体を中心とした分...
新規小胞輸送調節因子Dogiによる細胞骨格調節、及び細胞極性化機構の解明
熊本大学発生医学研究所: 研究経費・旅費支援
研究期間: 2013年 - 2013年    代表者: 千原崇裕
脳神経地図の形成を制御する分子基盤解明
上原記念生命科学財団: 研究助成金
研究期間: 2011年 - 2011年    代表者: 千原崇裕

委員歴

 
2017年8月
 - 
現在
文部科学省(研究振興局)  学術調査官