基本情報

所属
近畿大学 生物理工学部 遺伝子工学科 講師
学位
博士(理学)(大阪大学)

通称等の別名
Taka Saito
研究者番号
60741494
J-GLOBAL ID
201501086669926763

外部リンク

線虫を使って、減数分裂期の染色体動態の分子メカニズムを研究しています。減数分裂期組換えに異常のある変異体を取得し、その表現型解析や原因遺伝子産物の機能解析を行います。高解像度蛍光顕微鏡を用いた染色体ダイナミクスの解析やSNPマーカーを用いた組換え頻度の測定などを行う事で、ホリデイジャンクションと呼ばれる組換え中間体を解離させるのに必要な多重ヌクレエース複合体(HIM-18/SLX4, SLX-1, MUS-81, XPF-1)を発見しました。今後の課題は、HIM-18複合体がどのように交差型組換えの数を分布を制御しているのかを解明することです。この研究は染色体不安定性を伴う癌の発症メカニズムや老化、不妊の原因解明につながります。

論文

  19

MISC

  32

講演・口頭発表等

  87

所属学協会

  2

共同研究・競争的資金等の研究課題

  7

メディア報道

  2

その他

  1
  • 2019年4月 - 2019年4月
    近畿大学学内研究助成金 奨励研究助成金 SR14 研究内容: 線虫を用いてシロアリ駆除剤の生殖細胞に与える影響を分子レベルで解析する。