Takao Hayashi

J-GLOBAL         Last updated: Oct 1, 2018 at 13:07
 
Avatar
Name
Takao Hayashi
E-mail
takao918med.teikyo-u.ac.jp
Affiliation
Teikyo University

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Akemi Wakayama, Sachiko Nishina, Atsushi Miki, Takashi Utsumi, Jun Sugasawa, Takao Hayashi, Miho Sato, Akiko Kimura, Takashi Fujikado
Japanese Journal of Ophthalmology   62 531-536   Sep 2018
© 2018, Japanese Ophthalmological Society. Purpose: To investigate the incidence rate and side effects of topical atropine sulfate and cyclopentolate hydrochloride for cycloplegia in children aged 15 years or under. Methods: This prospective study...
Yoshinori Sato, Hiroyasu Tsukaguchi, Hiroyuki Morita, Koichiro Higasa, Koichiro Higasa, Mai Thi Nhu Tran, Michito Hamada, Toshiaki Usui, Toshiaki Usui, Naoki Morito, Shoichiro Horita, Takao Hayashi, Junko Takagi, Izumi Yamaguchi, Huan Thanh Nguyen, Masayo Harada, Kiyoko Inui, Yuichi Maruta, Yoshihiko Inoue, Fumihiko Koiwa, Hiroshi Sato, Fumihiko Matsuda, Shinya Ayabe, Seiya Mizuno, Fumihiro Sugiyama, Satoru Takahashi, Satoru Takahashi, Satoru Takahashi, Satoru Takahashi, Ashio Yoshimura, Ashio Yoshimura
Kidney International   94 396-407   Aug 2018
© 2018 Focal segmental glomerulosclerosis (FSGS) is a leading cause of end-stage renal disease in children and adults. Genetic factors significantly contribute to early-onset FSGS, but the etiologies of most adult cases remain unknown. Genetic stu...
外転神経麻痺の術式および矯正効果の評価
越智 正登, 林 孝雄, 渡邊 恵美子, 太根 ゆさ, 矢倉 和磨, 溝田 淳
眼科   60(6) 639-644   Jun 2018
<文献概要>目的 外転神経麻痺の原因を検索し,麻痺性内斜視に対して行った手術の治療効果を検討した。対象と方法 2009年5月から2014年9月までに帝京大学医学部附属病院眼科で手術を行い,経過観察可能であった39例である。治療効果を調べるために術前,術後3ヵ月での斜視角を大型弱視鏡で測定し,術前との角度変化を後ろ向きに検討した。長期経過観察可能であった症例に対しては,最終観察時での角度を検討した。結果 原因疾患では頭蓋内病変術後が最多であった。全症例39例のうち完全麻痺は18例,不全麻痺は...
林 孝雄
臨床眼科   72(3) 393-399   Mar 2018
目的:後天性の滑車神経麻痺と成人の先天上斜筋麻痺に対する健眼の下直筋手術の長期経過の報告。対象と方法:過去38ヵ月間に当科で上斜筋麻痺と診断され,手術を受けた126例中,後天性の滑車神経麻痺と成人の先天上斜筋麻痺で健眼の下直筋手術を1回のみ施行し,4年間の経過が追えた14例を対象とした。診療録の記述に基づき,術前,術後3ヵ月と4年の上下と回旋眼位を検索した。結果:第1眼位での上下偏位の平均値は,術前10.1°であり,術後3ヵ月で0.7°,4年後に1.8°と有意に改善した。回旋偏位の平均値は...
斜視手術による外眼筋操作が眼球光学系の光学特性に与える影響についての研究
谷 翔弥, 箕田 春香, 臼井 千惠, 林 孝雄
眼科臨床紀要   11(2) 106-111   Feb 2018
目的:斜視手術前後の高次収差変化に関する報告は少ない。そこで、斜視手術が眼球光学系に与える影響について、術式別に比較・検討を行った。対象および方法:対象は帝京大学医学部附属病院にて2015年9月3日〜2016年8月25日までに、初回斜視手術を施行した89例111眼である。高次収差の測定にはTOPCON社製のWave-Front Analyzer KR-1W(以下;WF)を用い、眼球および角膜の乱視、全高次収差、3次収差、4次収差を手術1ヵ月前、手術翌日、手術2週間後、3ヵ月後、6ヵ月後に測...
林 孝雄
Equilibrium Research   77(1) 38-42   Feb 2018
Duane症候群に合併する弱視の検討
臼井 千惠, 林 孝雄
眼科臨床紀要   11(1) 49-54   Jan 2018
目的:Duane症候群に合併する弱視について、視覚感受性期内の症例を機能弱視の定義で分類し、視機能を検討した。対象および方法:1996〜2016年に帝京大学医学部附属病院眼科外来を初診した194例のうち初診時年齢9歳未満の132例を対象とし、弱視頻度と屈折度、生視角、代償性頭位、両眼視機能等の特徴を調べた。結果:弱視は14例10.6%で、内訳は不同視弱視4例、屈折異常弱視1例、斜視弱視9例であった。等価球面値、不同視差、斜視角は弱視のない症例に比べ弱視症例が有意に大きく(p<0.05)、そ...
林 孝雄
眼科臨床紀要   11(1) 20-26   Jan 2018
目的:Duane症候群の受診理由や手術に至った臨床的背景と手術効果について過去のデータを調べ、治療戦略を検討した。対象:1996年1月〜2016年12月までの21年間に帝京大学眼科を受診したDuane症候群194例である。結果:受診理由は眼球運動異常が82例(42.3%)と最多で、病態では頭位異常が120例(61.9%)にみられ、手術も顔回しの症例に対して施行されることが多かった。全体では、内・外斜視の97例中43例に手術が行われており、術式は、第1眼位の矯正を目的とした患眼の内・外直筋後...
【眼科治療の進歩】 視神経・その他の疾患 斜視治療の進歩 ボツリヌス治療と筋移動術
林 孝雄
医学のあゆみ   262(10) 985-989   Sep 2017
斜視は多様なうえに、個人個人で程度が違うので、どれひとつ取っても同じ斜視はない。斜視に対する治療は、非観血的治療として屈折矯正、プリズム療法などが従来からあるが、2年前から待望のボツリヌス治療がわが国でも行えるようになり、治療の進歩につながることが期待されている。手術に関しては、近年開発されてきた後天固定内斜視に対する上・外直筋縫着術や、回旋斜視に対する上下直筋の水平移動術などが盛んに行われるようになり、その有効性も多数報告されてきている。なかでも、回旋斜視に対する手術では、本人の複視の自...
三田 萌, 河野 和恵, 玉井 希恵, 中村 杏子, 市川 良和, 中村 桂三, 石田 政弘, 林 孝雄
臨床眼科   71(8) 1233-1237   Aug 2017
目的:開口により片眼の眼瞼下垂が生じる逆Marcus Gunn現象の1乳児の報告。症例:生後10ヵ月の男児が右眼の眼瞼下垂で受診した。既往歴には問題がなく,在胎40週で吸引分娩で出生した。哺乳などで開口したときに右眼の眼瞼下垂が増悪し,ほとんど閉瞼するとのことであった。所見と経過:右眼は固視不良で,左眼を遮閉すると嫌悪反射を示した。眼瞼運動は正常で,右上眼瞼は左方視で下垂,右方視で軽快,下方視で後退した。Bell現象はなかった。以上より逆Marcus Gunn現象と診断した。左眼の終日遮閉...
調節麻痺薬の使用に関する施設基準および副作用に関する調査 多施設共同研究
若山 曉美, 仁科 幸子, 三木 淳司, 内海 隆, 菅澤 淳, 林 孝雄, 佐藤 美保, 木村 亜紀子, 不二門 尚
日本眼科学会雑誌   121(7) 529-534   Jul 2017
目的:15歳以下の小児に対する調節麻痺薬使用に関する施設基準および副作用について検討する.対象と方法:日本弱視斜視学会理事および本学会に専門申請のあった眼科医が所属する178施設を対象にアンケート調査を実施した.結果:回収率は65.2%で,使用率はアトロピン硫酸塩では86.2%,シクロペントラート塩酸塩は96.6%であった.点眼方法は,アトロピン硫酸塩は1日2回7日間,濃度は0.50%または1.00%,1.00%のみ使用が合わせて72.0%を占めた.シクロペントラート塩酸塩は「5分間隔で2...
【斜視手術エキスパートの技とコツ】 再手術
林 孝雄
眼科グラフィック   6(3) 258-262   Jun 2017
Cyclophorometerを用いた上下回旋斜視に対する術中の筋移動量調整
太根 ゆさ, 林 孝雄, 寺内 岳, 平石 剛宏, 佐々木 翔, 溝田 淳
眼科臨床紀要   10(3) 236-239   Mar 2017
背景:我々は、上下回旋斜視に対する上下直筋水平移動手術で、術中に筋を仮縫合した状態で上下偏位や複視の自覚を確認し、術量の調整を行っている。近年我々が開発した回旋偏位測定装置"Cyclophorometer"(以下;本装置)を用いて、さらに良好な結果が得られるようになったので、有用であった症例を報告する。症例:症例1;37歳男性、右眼上直筋麻痺。大型弱視鏡で15°右下斜視、本装置での外方回旋は6°であった。通常1筋幅移動あたり約6°の回旋矯正効果があるとされるが、短縮による眼球の内旋強化効果...
Kakeru Sasaki, Kakeru Sasaki, Katsuhiko Kobayashi, Chie Usui, Takao Hayashi, Takao Hayashi, Makoto Kawashima, Yusa Tane, Atsushi Mizota
Clinical and Experimental Optometry   100 69-72   Jan 2017
© 2016 Optometry Australia Background: We have developed a new aniseikonia testing method based on the space eikonometry (ATSE) principle. The purpose of this study was to compare aniseikonia obtained by the ATSE to that of the conventional new an...
小鷲 宏昭, 小谷 香奈, 安達 恵利香, 西岡 大輔, 林 孝雄
日本視能訓練士協会誌   45 173-177   Dec 2016
【目的】交代性上斜位(Dissociated Vertical Deviation:以下DVD)の上転の誘因は様々である。今回我々は、心理的動揺により上転が誘発されるDVDを経験したので報告する。【症例】6歳、男児。時々、左眼が上転するとの主訴で来院した。初診時、視力は両眼とも1.5(矯正不能)。前眼部、中間透光体、眼底に異常所見は認められなかった。両眼視は良好で、検査・診察時に眼位・眼球運動の異常はみられなかった。会計時に左眼上斜視を認めたが、すぐに正位となってしまい定量は困難であった。...
中川 真紀, 臼井 千惠, 林 孝雄
日本視能訓練士協会誌   45 47-50   Dec 2016
特異な眼振を示した2症例を経験したので報告する。症例1:10歳、男児。幼少時からの眼振で、夕方になると揺れが強くなり疲れるとの訴えで受診。視力は両眼(1.2)。眼位はわずかに外斜位で眼球運動は異常なし。右方静止位の衝動眼振があり、目に力を入れると眼振を止められるため、サーチコイル法で眼振を自在に制御できること、眼振静止時はわずかに輻湊していることを確認した。症例2:15歳、女子。9歳から近方視時に眼振が起こるとの訴えで受診。視力は両眼1.5。眼位・眼球運動は異常なし。サーチコイル法では眼前...
【斜視診断の基本】 回旋斜視
林 孝雄
あたらしい眼科   33(12) 1725-1728   Dec 2016
【斜視のアジャスタブル手術】 アジャスタブル手術の実際(2)
林 孝雄
眼科グラフィック   5(3) 250-253   Jun 2016
受傷後2年以上の経過で複視が自然回復した外転神経麻痺の一例
太根 ゆさ, 林 孝雄, 溝田 淳
眼科臨床紀要   9(3) 248-252   Mar 2016
緒言:交通外傷後に発症し症状固定したと思われた外転神経麻痺が、受傷後2年以上で複視の改善を得た症例を経験したので報告する。症例:29歳男性。2011年11月バイク事故で受傷し右外転神経麻痺を生じた。2012年1月、大型弱視鏡で+50°以上の内斜視を認め手術も念頭に経過観察を行ったが、同年3月+38°、5月+25°、9月+16°となり、外転制限も改善した。以後3ヵ月ごとにさらに1°ずつ減少し、外転+13°まで減少した2013年4月、ほぼ症状固定したと考え複視改善が得られるプリズム眼鏡を作製し...
林 孝雄
眼科   58(3) 259-264   Mar 2016
眼科医の手引 最近の回旋斜視への対応 新しい回旋測定装置の応用
林 孝雄
日本の眼科   87(2) 181-182   Feb 2016
佐々木 翔, 林 孝雄, 金子 博行, 佐々木 梢, 臼井 千惠
日本視能訓練士協会誌   44 51-56   Dec 2015
【目的】斜視手術中に測定が可能な新しい回旋偏位測定装置「Cyclophorometer」を開発し、麻痺性斜視に対して術中に回旋偏位を測定した。斜視手術中に回旋偏位の測定を行う意義、および術後の経過について検討したので報告する。【対象・方法】回旋複視を自覚する斜視患者7例(男性3例、女性4例、平均年齢57.6歳)を対象とした。斜視の内訳は片眼上斜筋麻痺3例、片眼上直筋麻痺1例、片眼動眼神経麻痺1例、球後麻酔後の眼球運動障害1例、原因不明1例であった。各症例に対し、斜視手術前、術中、術終了時、...
新しい回旋偏位測定装置「Cyclophorometer」の臨床使用
佐々木 翔, 林 孝雄, 臼井 千惠
眼科臨床紀要   8(5) 343-346   May 2015
目的:むき眼位における回旋偏位を簡便に、体位を問わず測定可能な回旋偏位測定装置「Cyclophorometer」を開発し、臨床使用したので報告する。対象および方法:対象は第1眼位で回旋偏位を認める斜視患者10名(19〜80歳)である。Cyclophorometerと大型弱視鏡で9方向むき眼位における回旋偏位を測定し、両者の測定値の差について検討を行った。結果:Cyclophorometerと大型弱視鏡の測定値の差(平均±標準偏差)は、固視眼を基点として正面視で+0.3±1.1°、内方視で+...
【眼科診療のエッセンスQ&A】 弱視・斜視と視機能 弱視・斜視編(Q10) 代償不全性上斜筋麻痺と滑車神経麻痺の鑑別について教えてください
林 孝雄
あたらしい眼科   31(臨増) 196-197   Dec 2014
佐々木 翔, 林 孝雄, 金子 博行, 中川 真紀, 臼井 千惠
日本視能訓練士協会誌   43 205-211   Dec 2014
【目的】手術室で使用可能な回旋偏位測定装置(以下、本装置)を試作した。本装置の使用経験を、若干の知見と共に報告する。【対象・方法】1.健常者20名、回旋斜視患者20名を対象に、大型弱視鏡および本装置による座位および仰臥位での回旋偏位をそれぞれ測定し、両者を比較した。2.回旋複視を自覚する両眼上斜筋麻痺患者1名(以下、本症例)を対象に、本装置を用いて術前、術中、術後にそれぞれ回旋偏位を測定し、大型弱視鏡による検査結果と比較した。【結果】1.健常者20名の結果(平均値±標準偏差)は、大型弱視鏡...
林孝雄
眼科手術   27(3) 383-385   Jul 2014
手術手技のコツ 日本で考案された筋移動術のコツ 原田-伊藤法
林 孝雄
眼科手術   27(3) 383-385   Jul 2014
林孝雄
眼科   56(7) 819-824   Jun 2014
【斜視治療入門編】 上下斜筋手術手技
林 孝雄
眼科   56(7) 819-824   Jun 2014
林孝雄
眼科   56(6) 733-737   May 2014
斜視と関連疾患 Duane症候群の診断と治療
林 孝雄
眼科   56(6) 733-737   May 2014
佐々木翔, 林孝雄, 金子博行, 中川真紀, 臼井千惠
眼科臨床紀要   7(2) 100-104   Feb 2014
三浦彩加, 中川真紀, 臼井千惠, 林孝雄
眼科臨床紀要   7(2) 119-122   Feb 2014
仁科幸子, 大庭正裕, 村木早苗, 林孝雄
眼科手術   27(1) 83-87   Jan 2014
金子博行, 林孝雄, 佐々木翔, 寺内岳, 川嶋真
眼科手術   27 112   Dec 2013
田巻梢, 中川真紀, 林孝雄, 金子博行
Jpn Orthopt J   42 97-101   Dec 2013
三富健人, 小林義治, 林孝雄, 池田結佳, 小鷲宏昭, 清水香奈, 露無陽子, 中島貴友, 中込亮太, 加藤可奈子, 倉橋一成, 松岡久美子
Jpn Orthopt J   42 201-206   Dec 2013
NISHINA SACHIKO, WAKAYAMA AKEMI, MIKI ATSUSHI, UTSUMI TAKASHI, RA KINEI, HAYASHI TAKAO, USUI CHIE, OTSUKI HIROSHI, MIYATA MANABU, SATO MIHO, MIMURA OSAMU, KIMURA AKIKO, SUGASAWA JUN, NAKAMURA KEIKO, FUJIKADO TAKASHI
日本眼科学会雑誌   117(12) 971-982   Dec 2013
秋山優子, 大熊志保, 平石剛宏, 金子博行, 林孝雄, 溝田淳
Jpn Orthopt J   41 119-122   Jan 2013
石川敦, 平石剛宏, 林孝雄
眼科臨床紀要   5(11) 1036-1038   Nov 2012
林孝雄
眼科   54(4) 393-398   Apr 2012
林孝雄
眼科臨床紀要   5(1) 33-37   Jan 2012
そう圭徹, 平石剛宏, 増子徹, 溝田淳, 林孝雄
眼科臨床紀要   4(12) 1169-1171   Dec 2011
林孝雄
臨床眼科   65(11) 408-414   Oct 2011
伊東希恵, 中村桂三, 河野和恵, 高橋萌, 石川敦, 石田政弘, 林孝雄
眼科臨床紀要   4(1) 59-62   Jan 2011
河口充, 松岡久美子, 池田結佳, 小鷲宏昭, 露無陽子, 清水香奈, 中島貴友, 中込亮太, 渡部可奈子, 林孝雄
眼科臨床紀要   3(2) 188-192   Feb 2010
加藤彩子, 箕田春香, 中川真紀, 臼井千惠, 林孝雄
眼科臨床紀要   3(1) 56-60   Jan 2010
兵藤維, 臼井千惠, 小林義治, 落合淳一, 林孝雄, 坂上達志
眼科臨床紀要   2(3) 243-248   Mar 2009
CHIBA EMIKO, NAKAGAWA MAKI, USUI CHIE, HAYASHI TAKAO
Jpn Orthopt J   37 85-90   Oct 2008
兵藤維, 臼井千惠, 落合淳一, 林孝雄, 坂上達志, 小林義治
日本弱視斜視学会雑誌   35 82-87   Jun 2008
兵藤維, 臼井千惠, 落合淳一, 林孝雄, 坂上達志, 小林義治
眼科臨床紀要   1(3) 247-252   Mar 2008
林孝雄, 坂上達志, 臼井千惠, 久保田伸枝, 丸尾敏夫
眼科臨床医報   101(12) 1148-1150   Dec 2007
坂上達志, 林孝雄, 久保田伸枝, 丸尾敏夫
眼科臨床医報   101(12) 1143-1147   Dec 2007
林孝雄
Jpn Orthopt J   36 21-24   Oct 2007
林孝雄
日本の眼科   78(2) 149-153   Feb 2007
平野佳代子, 林孝雄, 坂上達志, 臼井千惠, 中川真紀
眼科臨床医報   101(1) 60-63   Jan 2007
HYODO YUI, USUI CHIE, NAKAGAWA MAKI, HAYASHI TAKAO
Jpn Orthopt J   35 107-112   Aug 2006
高橋麻穂, 平石剛宏, 林孝雄, 坂上達志
眼科臨床医報   100(8) 569-572   Aug 2006
佐野海, 臼井千惠, 高橋麻穂, 林孝雄, 坂上達志, 小林義治
日本弱視斜視学会雑誌   33 68-71   Jun 2006
佐野海, 臼井千恵, 高橋麻穂, 林孝雄, 坂上達志, 小林義治
眼科臨床医報   100(3) 190-193   Mar 2006
長谷川二三代, 林孝雄, 市川早百合
日本弱視斜視学会雑誌   32 128-131   Dec 2005
林孝雄, 長谷川二三代, 中川真紀, 臼井千恵, 久保田伸枝
日本弱視斜視学会雑誌   32 81-83   Dec 2005
臼井千恵, 林孝雄, 箕田春香
Jpn Orthopt J   34 169-197   Sep 2005
長谷川二三代, 林孝雄, 市川早百合
眼科臨床医報   99(5) 402-405   May 2005
林孝雄, 長谷川二三代, 中川真紀, 臼井千恵, 久保田伸枝
眼科臨床医報   99(4) 300-302   Apr 2005
林孝雄
眼科手術   17(4) 477-481   Oct 2004
MINODA HARUKA, HAYASHI TAKAO, NAKAGAWA MAKI
Jpn Orthopt J   33 79-85   Aug 2004
林孝雄, 長谷川二三代, 臼井千恵, 久保田伸枝
眼科臨床医報   98(4) 319-322   Apr 2004
臼井千恵, 林孝雄, 久保田伸枝
眼科臨床医報   97(6) 472-477   Jun 2003
横山雅子, 中川真紀, 久保田伸枝, 林孝雄, 生田由美
眼科臨床医報   97(6) 462-466   Jun 2003
HAYASHI TAKAO, HASEGAWA FUMIYO, USUI CHIE, KUBOTA NOBUE
日本眼科学会雑誌   107(5) 265-272   May 2003
HASEGAWA NAOMI, NAKAGAWA MAKI, HAYASHI TAKAO
Jpn Orthopt J   31 191-198   Aug 2002
内田陽子, 生田由美, 久保田伸枝, 林孝雄
日本弱視斜視学会雑誌   29 1-6   Jul 2002
林孝雄, 長谷川二三代, 片桐美和, 臼井千恵, 久保田伸枝
日本弱視斜視学会雑誌   29 57-59   Jul 2002

Misc

 
西田変法が有効であった上直筋麻痺の一例
寺内 岳, 林 孝雄, 太根 ゆき, 溝田 淳
眼科臨床紀要   11(4) 296-296   Apr 2018
上下直筋水平移動術における上下偏位矯正量別の手術効果
太根 ゆさ, 林 孝雄, 寺内 岳, 溝田 淳
眼科臨床紀要   11(4) 297-297   Apr 2018
遠視性不同視弱視の中心窩網膜における経時的変化
渡部 維, 臼井 千恵, 林 孝雄
眼科臨床紀要   11(4) 299-299   Apr 2018
Marfan症候群による両眼水晶体亜脱臼に伴い自覚的及び他覚的屈折値が顕著に異なる小児の視力不良症例
南波 久貴, 矢倉 和磨, 林 孝雄, 溝田 淳
眼科臨床紀要   11(2) 149-149   Feb 2018
大学教育におけるカラーユニバーサルデザインの現状と展望
小鷲 宏昭, 大野 恵梨, 瀧川 流星, 田中 絵理, 須田 美香, 林 孝雄
学校保健研究   59(Suppl.) 123-123   Nov 2017
調節麻痺薬の使用に関する施設基準および副作用に関する調査 多施設共同研究
若山 曉美, 仁科 幸子, 三木 淳司, 内海 隆, 菅澤 淳, 林 孝雄, 佐藤 美保, 木村 亜紀子, 不二門 尚
日本眼科学会雑誌   120(10) 696-697   Oct 2016
林孝雄
眼科   55(13) 1619-1631   Dec 2013
佐々木翔, 林孝雄, 金子博行, 中川真紀, 臼井千恵
日本視能矯正学会プログラム・抄録集   54th 53   2013
林孝雄
眼科手術   26 192   Dec 2012
田巻梢, 中川真紀, 林孝雄, 金子博行
日本視能矯正学会プログラム・抄録集   53rd 52   2012
秋山優子, 林孝雄
眼科臨床紀要   4(1) 79   Jan 2011
石川敦, 平石剛宏, 林孝雄
眼科臨床紀要   4(1) 79   Jan 2011
秋山優子, 平石剛宏, 大熊志保, 金子博行, 林孝雄, 溝田淳
日本視能矯正学会プログラム・抄録集   52nd 57   2011
林孝雄, 丸尾敏夫
眼科   52(4) 359-386   Apr 2010
林孝雄
眼科プラクティス   29 122-135   Sep 2009
林孝雄
眼科プラクティス   29 182-185   Sep 2009
林孝雄
日本眼科学会雑誌   113 80   Mar 2009
林孝雄
眼科プラクティス   25 20-31   Jan 2009
林孝雄
日本視能矯正学会プログラム・抄録集   50th 34-35   2009
そう圭徹, 平石剛宏, 林孝雄
日本視能矯正学会プログラム・抄録集   50th 100   2009
林孝雄, 丸尾敏夫
眼科   50(11) 1653-1682   Oct 2008
林孝雄
眼科プラクティス   23 538-540   Sep 2008
林孝雄
眼科臨床紀要   1(7) 709   Jul 2008
林孝雄
眼科プラクティス   20 88-89   Mar 2008
林孝雄
眼科プラクティス   20 102-103   Mar 2008
林孝雄
眼科臨床紀要   1(3) 293   Mar 2008
林孝雄, 丸尾敏夫
眼科   50(1) 3-28   Jan 2008
久保田伸枝, 小鷲宏昭, 露無陽子, 清水香奈, 坂上達志, 林孝雄
眼科臨床医報   101(11) 1141   Nov 2007
兵藤維, 臼井千惠, 落合淳一, 林孝雄, 坂上達志, 小林義治
日本弱視斜視学会報   44(1) 78   Jun 2007
林孝雄
眼科臨床医報   101(4) 542   Apr 2007
林孝雄
日本眼科学会雑誌   111 111   Mar 2007
千葉恵美子, 中川真紀, 臼井千惠, 林孝雄
日本視能矯正学会プログラム・抄録集   48th 54   2007
HAYASHI TAKAO, MARUO TOSHIO
眼科   48(8) 1079-1109   Aug 2006
平野佳代子, 林孝雄, 坂上達志, 臼井千恵, 中川真紀
日本弱視斜視学会報   43(1) 53   Apr 2006
林孝雄
日本弱視斜視学会報   42(3) 3-5   Mar 2006
林孝雄
日本視能矯正学会プログラム・抄録集   47th 37   2006
林孝雄, 臼井千恵, 中川真紀, 坂上達志, 久保田伸枝, 丸尾敏夫
日本弱視斜視学会報   42(1) 66   May 2005
佐野海, 臼井千恵, 高橋麻穂, 林孝雄, 坂上達志, 小林義治
日本弱視斜視学会報   42(1) 67   May 2005
林孝雄
日本弱視斜視学会報   42(1) 72   May 2005
兵藤維, 臼井千惠, 中川真紀, 林孝雄
日本視能矯正学会プログラム・抄録集   46th 53   2005
HAYASHI TAKAO, MARUO TOSHIO
眼科   46(13) 1795-1824   Dec 2004
箕田春香, 林孝雄, 中川真紀
日本視能矯正学会プログラム・抄録集   44th 52   Nov 2003
林孝雄
眼科診療プラクティス   6(11) 34   Nov 2003
林孝雄, 丸尾敏夫
眼科   45(8) 1099-1133   Aug 2003
林孝雄, 丸尾敏夫
眼科   44(12) 1715-1748   Nov 2002
臼井千恵, 林孝雄, 久保田伸枝
日本弱視斜視学会報   39(1) 63   May 2002
林孝雄, 長谷川二三代, 臼井千恵, 久保田伸枝
日本弱視斜視学会報   39(1) 43   May 2002
横山雅子, 中川真紀, 久保田伸枝, 林孝雄, 生田由美
日本弱視斜視学会報   39(1) 61   May 2002
林孝雄
週刊薬事新報   (2211) 473-479   Apr 2002
林孝雄, 丸尾敏夫
眼科   44(1) 1-37   Jan 2002
長谷川尚美, 中川真紀, 林孝雄
日本視能矯正学会プログラム・抄録集   42nd 77   Nov 2001
内田陽子, 生田由美, 久保田伸枝, 林孝雄
日本弱視斜視学会報   38(1) 47   May 2001
林孝雄, 長谷川二三代, 片桐美和, 臼井千恵, 久保田伸枝
日本弱視斜視学会報   38(1) 73   May 2001
林孝雄
日本弱視斜視学会報   38(1) 32   May 2001
林孝雄
眼科診療プラクティス   4(2) 36-39   Feb 2001
藤本百合子, 中川真紀, 林孝雄
日本視能矯正学会プログラム・抄録集   41st 80   Nov 2000
林孝雄, 丸尾敏夫
眼科   42(10) 1197-1234   Oct 2000
清水由紀, 中川真紀, 林孝雄, 久保田伸枝
日本弱視斜視学会報   37(1) 43   May 2000
林孝雄, 丸尾敏夫
眼科   42(4) 351-379   Apr 2000
HAYASHI TAKAO
眼科   41(10) 1361-1367   Sep 1999
HAYASHI TAKAO, MARUO TOSHIO
眼科   40(12) 1541-1570   Nov 1998
HAYASHI TAKAO
日本臨床   55 397-399   Mar 1997
HAYASHI TAKAO, IWASHIGE HIROYASU
あたらしい眼科   13 89-91   Dec 1996