Ogihara Takuo

J-GLOBAL         Last updated: Jul 17, 2019 at 15:29
 
Avatar
Name
Ogihara Takuo
E-mail
togiharatakasaki-u.ac.jp
Affiliation
Takasaki University of Health and Welfare
Section
Faculty of Pharmacy

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Mizoi Kenta, Takahashi Masato, Sakai Sachiko, Ogihara Takuo, Haba Masami, Hosokawa Masakiyo
XENOBIOTICA      Jun 2019   [Refereed]
Ogihara T, Hosono M, Kojima H
Nihon yakurigaku zasshi. Folia pharmacologica Japonica   153(5) 235-241   2019   [Refereed]
Kasahara F, Kato T, Idota Y, Takahashi H, Kakinuma C, Yano K, Arakawa H, Hara K, Miyajima C, Ogihara T
Biological & pharmaceutical bulletin   42(3) 365-372   Mar 2019   [Refereed]
Masuo Y, Ohba Y, Yamada K, Al-Shammari AH, Seba N, Nakamichi N, Ogihara T, Kunishima M, Kato Y
Pharmaceutical research   35(11) 224   Oct 2018   [Refereed]
Specified Kiwifruit Extract Blocks Increase of Body Weight and Visceral Fat in High-fat-diet-fed Mice Inhibiting Intestial Lipase.
S. Iwata, T. Kato, A. Yokoyama, J. Hirota、T. Ogihara
Food Science and Technology Research   25(2) 295-302   2019   [Refereed]
Kato T, Idota Y, Shiragami K, Koike M, Nishibori F, Tomokane M, Seki T, Itabashi K, Hakoda K, Takahashi H, Yano K, Kobayashi T, Obara N, Ogihara T
Biological & pharmaceutical bulletin   41(9) 1367-1371   Sep 2018   [Refereed]
Idota Y, Kato T, Shiragami K, Koike M, Yokoyama A, Takahashi H, Yano K, Ogihara T
Biological & pharmaceutical bulletin   41(9) 1362-1366   Sep 2018   [Refereed]
Morimoto K, Tominaga Y, Agatsuma Y, Miyamoto M, Kashiwagura S, Takahashi A, Sano Y, Yano K, Kakinuma C, Ogihara T, Tomita M
Biopharmaceutics & drug disposition   39(7) 328-334   Jul 2018   [Refereed]
Koyama S, Arakawa H, Itoh M, Masuda N, Yano K, Kojima H, Ogihara T
Biopharmaceutics & drug disposition   39(4) 187-195   Apr 2018   [Refereed]
Tomono T, Machida T, Kamioka H, Shibasaki Y, Yano K, Ogihara T
PloS one   13(7) e0200015   Jul 2018   [Refereed]
Yano K, Tomono T, Ogihara T
Biological & pharmaceutical bulletin   41(1) 11-19   Jan 2018   [Refereed]
Effect of Soba Noodles Containing Calcium Alginate on Postprandial Blood Glucose Level-A Randomized, Double-blind, Crossover Clinical Trial-
Jpn. Pharmacol Ther.   46(12) 2075-2082   2018   [Refereed]
Yano K, Shimizu S, Tomono T, Ogihara T
Journal of pharmaceutical sciences   106(9) 2650-2656   Sep 2017   [Refereed]
Effect of Chinese Noodles Containing Calcium Alginate on Postprandial Blood Glucose Level-A Randomized, Double-blind, Crossover Clinical Trial-
Jpn. Pharmacol Ther   46(12) 2083-2089   2018   [Refereed]
Tomono T, Yano K, Ogihara T
Journal of pharmaceutical sciences   106(9) 2642-2649   Sep 2017   [Refereed]
Arakawa H, Kamioka H, Jomura T, Koyama S, Idota Y, Yano K, Kojima H, Ogihara T
Biological & pharmaceutical bulletin   40(7) 967-974   Jul 2017   [Refereed]
EFFECT OF THE KIWIFRUIT EXTRACT (ACTANNINE (R); ACT) ON THE INTESTINAL LIPID ABSORPTION
Iwata Satomi, Kato Takako, Yokoyama Akari, Ogihara Takuo
ANNALS OF NUTRITION AND METABOLISM   71 1182   2017   [Refereed]
Ogihara T, Arakawa H, Jomura T, Idota Y, Koyama S, Yano K, Kojima H
The Journal of toxicological sciences   42(4) 499-507   Aug 2017   [Refereed]
Tomono T, Kajita M, Yano K, Ogihara T
Biochemical and biophysical research communications   476(4) 183-187   Aug 2016   [Refereed]
Yano K, Otsuka K, Kato Y, Kawabata H, Ohmori S, Arakawa H, Ogihara T
The Journal of pharmacy and pharmacology   68(3) 361-367   Mar 2016   [Refereed]
Effect of Phosphate Binder on the Intestinal Absorption of Antihypertensive Drugs.
K. Yano, T. Tomono, M. Kanagawa, S. Akiyama, T. Ogihara
J Community Pharm. Pharm. Sci.   9(2) 239-245   2017   [Refereed]
Arakawa H, Ohmachi T, Ichiba K, Kamioka H, Tomono T, Kanagawa M, Idota Y, Hatano Y, Yano K, Morimoto K, Ogihara T
Journal of pharmaceutical sciences   105(1) 339-342   Jan 2016   [Refereed]
Arakawa H, Kamioka H, Kanagawa M, Hatano Y, Idota Y, Yano K, Morimoto K, Ogihara T
Biopharmaceutics & drug disposition   37(1) 39-45   Jan 2016   [Refereed]
Idota Y, Kogure Y, Kato T, Yano K, Arakawa H, Miyajima C, Kasahara F, Ogihara T
Biological & pharmaceutical bulletin   39(11) 1893-1896   Nov 2016   [Refereed]
Ono Asami, Tomono Takumi, Ogihara Takuo, Terada Katsuhide, Sugano Kiyohiko
ADMET AND DMPK   4(4) 335-360   2016   [Refereed]
Idota Y, Kogure Y, Kato T, Ogawa M, Kobayashi S, Kakinuma C, Yano K, Arakawa H, Miyajima C, Kasahara F, Ogihara T
Biological & pharmaceutical bulletin   39(1) 62-67   Jan 2016   [Refereed]
Yano K, Mita S, Morimoto K, Haraguchi T, Arakawa H, Yoshida M, Yamashita F, Uchida T, Ogihara T
Journal of pharmaceutical sciences   104(9) 2789-2794   Sep 2015   [Refereed]
Investigation of biopharmaceutical and physicochemical drug properties suitable for orally disintegrating tables.
Asami Ono, Takumi Tomono, Takuo Ogihara, Katsuhide Terada, Kiyohiko Sugano
ADMET & DMPK   4(4) 335-360   2016   [Refereed]
Morimoto K, Nagaoka K, Nagai A, Kashii H, Hosokawa M, Takahashi Y, Ogihara T, Kubota M
BMC neurology   15 130   Aug 2015   [Refereed]
P-GLYCOPROTEIN PLAYS A KEY ROLE IN THE CONTRACTIONARY EFFECTS AGAINST BRAIN INFARCTION OF CILNIDIPINE
Tomono Takumi, Yano Kentaro, Motegi Toshimitsu, Takimoto Shinobu, Hagiwara Mihoko, Idota Yoko, Kano Takashi, Arakawa Hiroshi, Morimoto Kaori, Kakinuma Chihaya, Takahara Akira, Ogihara Takuo
DRUG METABOLISM REVIEWS   47 280   Nov 2015   [Refereed]
Tomono T, Otsuka K, Yano K, Kanagawa M, Arakawa H, Ogihara T
Biological & pharmaceutical bulletin   38(12) 1960-1963   Dec 2015   [Refereed]
Arakawa H, Saito S, Kanagawa M, Kamioka H, Yano K, Morimoto K, Ogihara T
Drug metabolism and pharmacokinetics   29(6) 470-474   Dec 2014   [Refereed]
Nekohashi M, Ogawa M, Ogihara T, Nakazawa K, Kato H, Misaka T, Abe K, Kobayashi S
PloS one   9(5) e97901   May 2014   [Refereed]
Ohkura T, Ohta K, Nagao T, Kusumoto K, Koeda A, Ueda T, Jomura T, Ikeya T, Ozeki E, Wada K, Naitoh K, Inoue Y, Takahashi N, Iwai H, Arakawa H, Ogihara T
Drug metabolism and pharmacokinetics   29(5) 373-378   Oct 2014   [Refereed]
Utility of human hepatocyte spheroids for evaluation of hepatotoxicity.
Ogihara T, Iwai H, Inoue Y, Katagi J, Matsumoto N, Motoi-Ohtsuji M, Kakiki M, Kaneda S, Nagao T, Kusumoto K, Ozeki E, Jomura T, Tanaka S, Ueda T, Ohta K, Ohkura T, Arakawa H, Nagai D.
Fundam. Toxicol. Sci.   2 41-48   2015   [Refereed]
Zhang P, Idota Y, Yano K, Negishi M, Kawabata H, Arakawa H, Morimoto K, Tsuji A, Ogihara T
Biological & pharmaceutical bulletin   37(4) 604-607   Apr 2014   [Refereed]
Yano K, Takimoto S, Motegi T, Tomono T, Hagiwara M, Idota Y, Morimoto K, Takahara A, Ogihara T
Drug metabolism and pharmacokinetics   29(3) 254-258   Jun 2014   [Refereed]
Yano K, Tomono T, Sakai R, Kano T, Morimoto K, Kato Y, Ogihara T
Journal of pharmaceutical sciences   102(8) 2875-2881   Aug 2013   [Refereed]
Ogihara T
Biological & pharmaceutical bulletin   36(5) 691   May 2013   [Refereed]
Idota Y, Harada H, Tomono T, Morimoto K, Kobayashi S, Kakinuma C, Miyajima C, Kasahara F, Ogihara T
Biological & pharmaceutical bulletin   36(3) 485-491   Mar 2013   [Refereed]
Wada S, Kano T, Mita S, Idota Y, Morimoto K, Yamashita F, Ogihara T
Drug metabolism and pharmacokinetics   28(2) 98-103   Apr 2013   [Refereed]
Bahar FG, Ohura K, Ogihara T, Imai T
Journal of pharmaceutical sciences   101(10) 3979-3988   Oct 2012   [Refereed]
Kobayashi S, Nagai T, Konishi Y, Tanabe S, Morimoto K, Ogihara T
The Journal of pharmacy and pharmacology   64(1) 52-60   Jan 2012   [Refereed]
Ogihara Takuo
DRUG METABOLISM AND PHARMACOKINETICS   28(1) 3   Feb 2013   [Refereed]
Morimoto K, Nagami T, Matsumoto N, Wada S, Kano T, Kakinuma C, Ogihara T
The Journal of toxicological sciences   37(6) 1217-1223   Dec 2012   [Refereed]
Clinical impact and evidence of pharmacokinetic change by genetic polymorphism.
Ogihara T
Drug metabolism and pharmacokinetics   28(1) 3   2013   [Refereed]
Kano T, Wada S, Morimoto K, Kato Y, Ogihara T
Journal of pharmaceutical sciences   100(12) 5308-5314   Dec 2011   [Refereed]
Morimoto K, Kishimura K, Nagami T, Kodama N, Ogama Y, Yokoyama M, Toda S, Chiyoda T, Shimada R, Inano A, Kano T, Tamai I, Ogihara T
Journal of pharmaceutical sciences   100(9) 3854-3861   Sep 2011   [Refereed]
Kano T, Kakinuma C, Wada S, Morimoto K, Ogihara T
Drug metabolism and pharmacokinetics   26(1) 79-86   2011   [Refereed]
Ogihara T, Kano T, Wagatsuma T, Wada S, Yabuuchi H, Enomoto S, Morimoto K, Shirasaka Y, Kobayashi S, Tamai I
Drug metabolism and disposition: the biological fate of chemicals   37(8) 1676-1681   Aug 2009   [Refereed]
Kano T, Kato Y, Ito K, Ogihara T, Kubo Y, Tsuji A
Drug metabolism and disposition: the biological fate of chemicals   37(5) 1009-1016   May 2009   [Refereed]
Ogihara T, Kano T, Kakinuma C
Arzneimittel-Forschung   59(6) 283-288   2009   [Refereed]
Interaction of milk with the intestinal PEPT1-mediated absorption of oseltamivir in rats and humans
Morimoto Kaori, Kishimura Kozue, Tosaka Megumi, Asamizu Hideaki, Nagami Takaaki, Kodama Nao, Kano Takashi, Tamai Ikumi, Ogihara Takuo
DRUG METABOLISM REVIEWS   43 202   Nov 2011   [Refereed]
Segmental differences of P-glycoprotein activity and its regulatory factors in the small intestine of rats
Wada Sho, Kano Takashi, Kanamoto Lisa, Kakinuma Chihaya, Morimoto Kaori, Ogihara Takuo
DRUG METABOLISM REVIEWS   43 86-87   May 2011   [Refereed]
Oseltamivir (Tamiflu (TM)) Is a Substrate of PEPT1
Ogihara Takuo, Kano Takashi, Wagatsuma Tamae, Wada Sho, Yabuuchi Hikaru, Emonoto Shigeki, Shirasaka Yoshiyuki, Morimoto Kaori, Kobayashi Shoko, Tamai Ikumi
DRUG METABOLISM REVIEWS   41 114-115   Aug 2009   [Refereed]
Morimoto K, Nakakariya M, Shirasaka Y, Kakinuma C, Fujita T, Tamai I, Ogihara T
Drug metabolism and disposition: the biological fate of chemicals   36(1) 6-9   Jan 2008   [Refereed]
CONTROLLED BRAIN EXPOSURE OF OSELTAMIVIR BY DRUG TRANSPORTERS
Morimoto Kaori, Shirasaka Yoshiyuki, Enomoto Shigeki, Yabuuchi Hikaru, Tamai Ikumi, Ogihara Takuo
DRUG METABOLISM REVIEWS   40 212-213   2008   [Refereed]
Nishimura T, Kubo Y, Kato Y, Sai Y, Ogihara T, Tsuji A
Pharmaceutical research   24(1) 90-98   Jan 2007   [Refereed]
Akada Y, Mori R, Matsuura K, Suzuki K, Kato K, Kamiya M, Naba H, Kurokawa M, Ogihara T, Kato Y, Yamasaki F, Yamamoto I
Journal of pharmacological sciences   102(2) 205-212   Oct 2006   [Refereed]
Oseltamivir (Tamiflu (TM)) efflux transport at the blood-brain barrier via P-glycoprotein
Morimoto Kaori, Nakakariya Masanori, Kanauchi Itaru, Shirasaka Yoshiyuki, Tamai Ikumi, Ogihara Takuo
YAKUGAKU ZASSHI-JOURNAL OF THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN   127 111-112   2007   [Refereed]
Ogihara T, Kamiya M, Ozawa M, Fujita T, Yamamoto A, Yamashita S, Ohnishi S, Isomura Y
Drug metabolism and pharmacokinetics   21(3) 238-244   Jun 2006   [Refereed]
Kasahara T, Tomita K, Murano H, Harada T, Tsubakimoto K, Ogihara T, Ohnishi S, Kakinuma C
Toxicological sciences : an official journal of the Society of Toxicology   90(1) 133-141   Mar 2006   [Refereed]
Naba H, Kakinuma C, Ohnishi S, Ogihara T
Biochemical and biophysical research communications   340(1) 215-220   Feb 2006   [Refereed]
Eisai hyperbilirubinemic rat (EHBR) as an animal model affording high drug-exposure in toxicity studies on organic anions.
Naba H, Kuwayama C, Kakinuma C, Ohnishi S, Ogihara T
Drug metabolism and pharmacokinetics   19(5) 339-351   Oct 2004   [Refereed]
Nishimura T, Kato Y, Sai Y, Ogihara T, Tsuji A
Journal of pharmaceutical sciences   93(10) 2558-2566   Oct 2004   [Refereed]
Shiraishi T, Suzuyama K, Okamoto H, Mineta T, Tabuchi K, Nakayama K, Shimizu Y, Tohma J, Ogihara T, Naba H, Mochizuki H, Nagata S
Biochemical and biophysical research communications   322(1) 197-202   Sep 2004   [Refereed]
Ogihara T, Matsumoto S, Ohnishi S
The Journal of pharmacy and pharmacology   56(1) 79-84   Jan 2004   [Refereed]
Studies on the metabolic fate of M17055, a novel diuretic (4): species difference in metabolic pathway and identification of human CYP isoform responsible for the metabolism of M17055.
Nakajima H, Nakanishi T, Nakai K, Matsumoto S, Ida K, Ogihara T, Ohzawa N
Drug metabolism and pharmacokinetics   17(1) 60-74   2002   [Refereed]

Misc

 
創薬シリーズ 創薬研究の新潮流 ヒト肝細胞の3次元培養スフェロイドモデルの新展開
荻原 琢男, 細野 麻友, 小島 肇
日本薬理学雑誌   153(5) 235-241   May 2019
3次元(3D)培養肝細胞スフェロイドが、薬物代謝、毒性および酵素誘導の新しい評価として注目されている。ヒト肝細胞をスフェロイド用プレートに播種し細胞形態およびアルブミン分泌を検討したところ、肝細胞スフェロイドは播種後21日間維持されることが確認された。このスフェロイドに薬物を曝露した結果、第I相および第II相酵素による連続的な代謝反応およびヒト特有の代謝反応が認められた。また、このスフェロイドを用いて肝毒性を評価した結果、アルブミン分泌の50%阻害濃度は従来評価法よりも低く、従来評価法が肝...
Idota Yoko, Hagiwara Takehiro, Saito Sachi, Itai Shingo, Sai Yoshimichi, Ogihara Takuo
Japanese Journal of Hospital Pharmacy   40(5) 304-309   May 2014
In this study, we examined the stability of Artist, Ubretid, Cardenalin, J Zoloft, Nu-Lotan, Micardis and Renivace tablets after removal from the press through package (PTP). Stability information for these tablets after removal from PTP is insuff...
MIZOI Kenta, HOSONO Mayu, MATSUMOTO Eiko, YANO Kentaro, SHIMOI Akihito, KOJIMA Hajime, OGIHARA Takuo
Annual Meeting of the Japanese Society of Toxicology   46(0) P-240   2019
<p>[in Japanese] </p>
荻原 琢男
食品と開発   51(1) 7-10   Jan 2016
酸化マグネシウムとともに簡易懸濁したときのACE阻害薬の安定性
加部 春香, 高野 由博, 井戸田 陽子, 矢野 健太郎, 荻原 琢男
日本薬剤学会年会講演要旨集   33年会 213-213   May 2018
荻原 琢男
医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス   47(12) 842-847   Dec 2016
HDAC阻害薬EntinostatはEMTに伴うP-gpの機能亢進を抑制する
町田 幸也, 伴野 拓巳, 矢野 健太郎, 荻原 琢男
日本薬剤学会年会講演要旨集   32年会 148-148   May 2017
ラットにおけるアルギン酸カルシウムによる血中トリグリセリドおよび体脂肪重量増加抑制効果の検討
藤井 健太, 井戸田 陽子, 加藤 多佳子, 横山 朱里, 矢野 健太郎, 柿沼 千早, 宮島 千尋, 笠原 文善, 荻原 琢男
日本薬学会年会要旨集   137年会(3) 164-164   Mar 2017
ASAMIZU Hideaki, MORIMOTO Kaori, KUBOTA Masaya, NAGAMI Takaaki, NAGAOKA Kei, NAGAI Akira, KOHIYAMA Chihiro, YOSHIDA Aya, MASUDA Hitomi, KANO Takashi, HOSOKAWA Masakiyo, OGIHARA Takuo
Annual Meeting of the Japanese Society of Toxicology   39(0) P-76   Jul 2012
【目的】Oseltamivir(OST)は肝代謝により活性本体であるcarboxylate体(OSTC)を生じる経口抗インフルエンザ薬である。本研究では,OST服用により精神症状をきたした15歳女児の血漿および脳脊髄液中薬物濃度の測定と薬物動態関連および副作用感受性遺伝子の解析を行うことにより原因を推定した。なお,患者はOST 2 mg/kgを12時間毎に5回服用し,初回投与時から精神症状を繰り返し発症したが,間欠期には正常応答が可能であった。また,症状発生時の脳波はインフルエンザ脳症とは...
脳虚血時におけるシルニジピンの脳内移行性に対するP糖タンパク質の関与
荻原 琢男, 萩原 美帆子, 高原 章
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   35回 505-505   Sep 2012
土井 信幸, 秋山 滋男, 矢野 健太郎, 高橋 恵美利, 小見 暁子, 井戸田 陽子, 荻原 琢男
医療薬学   42(9) 651-658   Sep 2016
使用感を考慮したラタノプロスト点眼薬の先発医薬品と後発医薬品について比較検討した。薬学部4年生59例(20歳代)を対象に、各種ラタノプロスト点眼薬の使用感に関するアンケート調査を行った。各製剤の1滴の平均重量は、先発医薬品(ファイザー)と比較して、後発医薬品(あすか製薬、ニプロ、日東メディック)の3製剤については有意に大きかった。スクイズ力は最小であったファイザーの製剤と比較して、後発医薬品は約1.5〜5倍であった。先発医薬品(ファイザー)と比較して、後発医薬品(あすか製薬、科研製薬、ニプ...
城村 友子, 荒川 大, 上岡 宏紀, 荻原 琢男
The Journal of Toxicological Sciences   41(Suppl.) S335-S335   Jun 2016
【諸言】肝代謝酵素の誘導は,併用薬や誘導薬物自身の血中濃度を低下させるため,それらの薬理作用の減弱をもたらす.また,肝毒性は活性代謝物に起因することが多いことから,酵素誘導状態では肝毒性が増強される可能性がある.一方,ヒト肝細胞の三次元培養法は,従来の単層培養法やヒト肝がん由来細胞を用いた系では困難であった抱合系2次代謝物の追跡,薬物に長期に暴露されることによってはじめて検出される肝毒性の検討などに有用である1,2.そこで,今回我々は,ヒト肝細胞の三次元培養による酵素...
抗うつ薬のQT延長症候群発生リスクの比較検討
橋場 弘武, 矢野 健太郎, 伴野 拓巳, 金川 雅彦, 荻原 琢男
日本病院薬剤師会雑誌   52(9) 1148-1152   Sep 2016
抗うつ薬によるQT延長症候群の発生リスクを推測するうえで、QT延長の主要な原因であるK+チャネル阻害作用に基づいた安全係数が有用ではないかと考え、検討した。日本で市販されている抗うつ薬のうちselective serotonin reuptake inhibitor(SSRI)、serotonin and norepinephrine reuptake inhibitor(SNRI)およびnoradrenergic and specific serotonergic antidepress...
Snail過剰発現によるEMTはHCC827細胞におけるBCRPの発現を低下させる
伴野 拓巳, 矢野 健太郎, 荻原 琢男
日本薬剤学会年会講演要旨集   31年会 120-120   May 2016
OGIHARA Takuo
薬剤学 = The archives of practical pharmacy   68(4) 235-238   Jul 2008
ペプチドトランスポーターによって特異的に輸送される新規がん診断プローブの設計とその有用性
山田 浩行, 荒川 大, 阿部 良華, 矢野 健太郎, 熊本 卓哉, 荻原 琢男
日本薬剤学会年会講演要旨集   31年会 182-182   May 2016
OGIHARA Takuo
Journal of Pharmaceutical Science and Technology, Japan   66(4) 261-266   Jul 2006
肺腺がん細胞へのアデノウイルス感染はAktのリン酸化を介してP-gpの発現を亢進する
柴崎 由実, 伴野 拓巳, 矢野 健太郎, 荻原 琢男
日本薬剤学会年会講演要旨集   31年会 220-220   May 2016
肺腺がん細胞へのアデノウイルス感染はP-糖タンパク質の機能を亢進させる
伴野 拓巳, 柴崎 由実, 矢野 健太郎, 荒川 大, 荻原 琢男
日本薬学会年会要旨集   136年会(3) 58-58   Mar 2016
ヒト腎臓がん細胞のP-gpおよびMRPs輸送機能における足場タンパクの関与
加藤 木綿子, 矢野 健太郎, 井戸田 陽子, 荒川 大, 荻原 琢男
日本薬学会年会要旨集   136年会(4) 54-54   Mar 2016
荻原 琢男, 井戸田 陽子, 加藤 多佳子, 矢野 健太郎, 荒川 大, 安竹 良礼, 宮島 千尋, 笠原 文善
The Journal of Toxicological Sciences   40(Suppl.) S234-S234   Jun 2015
【目的】アルギン酸(Alginic acid :Alg)は天然の藻類に含まれる多糖類であり,食品添加物や健康食品あるいは医薬品の原料として広く使用されている.また,そのナトリウム塩(Na-Alg)はストロンチウム(Sr)の体内取り込みを低減させ,体外排泄を促進する作用を有することが報告されている1,2).さらに我々は,アルギン酸のカルシウム塩(Ca-Alg)がSrのみならずセシウム(Cs)に対しても同様な効果を有することを明らかにした3).もし他...
ラタノプロスト点眼液における製剤学的特性および使用感の比較検討
木村 陽祐, 秋山 滋男, 矢野 健太郎, 井戸田 陽子, 高橋 恵美利, 小見 暁子, 土井 信幸, 荻原 琢男
日本薬学会年会要旨集   136年会(4) 152-152   Mar 2016
城村 友子, 小関 恵美子, 畑野 泰子, 荒川 大, 荻原 琢男, 安全性評価研究会in vitro肝代謝・毒性分科会
The Journal of Toxicological Sciences   40(Suppl.) S307-S307   Jun 2015
【諸言】我々は今までに,ヒト肝細胞を用いたスフェロイド(3次元)培養法を利用することにより,薬物の肝毒性を感度よく検出できる評価系を報告した1.しかしながらこの系では,肝細胞をプレートに固定するためのフィーダー細胞の毒性も上乗せされ,的確な肝毒性の評価が妨害されることがある.そこで今回,フィーダー細胞なしの条件でスフェロイド培養法を行い,肝毒性マーカーの検出を検討した.<br>【方法】凍結ヒト初代肝細胞(ベクトン・ディッキンソン)を96ウェルパターニングプレート(Ce...
インドキシル硫酸の代償性排泄経路としての消化管分泌の関与
富永 雄太, 森本 かおり, 宮本 将成, 柏倉 正太, 高橋 昂, 佐野 芳美, 矢野 健太郎, 荻原 琢男, 富田 幹雄
日本腎臓病薬物療法学会誌   4(2) S170-S170   Sep 2015
エイコサペンタエン酸エチル(EPA-E)の生体内動態
荻原 琢男, 畑野 泰子
脂質栄養学   24(1) 21-32   Mar 2015
エイコサペンタエン酸(EPA)のエチルエステル体(EPA-E)の投与により、体内のEPA/アラキドン酸(AA)比が上昇し、AAから生成されるトロンボキサンA2などがEPAから生成されるトロンボキサンA3などに置き換わることで、血小板凝集抑制作用などの薬理作用が発現する。医薬品として市販されている高純度EPA-Eを例として、経口投与されたω-3脂肪酸の生体内動態について概説した。
荻原 琢男
イルシー   (120) 30-35   Feb 2015
今なお、肝毒性は医薬品の市場販売中止の大きな要因である。この肝毒性は親化合物だけでなくそれらの代謝物および代謝中間体によっても生じることが知られており、医薬品候補薬物の肝毒性や肝代謝は、多くの製薬会社ではヒト初代培養肝細胞を使用したin vitro試験系によって評価されている。しかしながら従来の評価方法は、肝代謝酵素の活性の維持が短期間であり、薬物暴露の期間が制限されているなど、いくつかの欠点を有している。したがって、比較的長期間肝臓の機能が維持される三次元(3D)培養の肝細胞(肝細胞スフ...
ヒト初代肝細胞の三次元培養系を用いた薬物代謝酵素誘導の評価
上岡 宏規, 荒川 大, 畑野 泰子, 矢野 健太郎, 荻原 琢男
日本薬学会年会要旨集   135年会(4) 74-74   Mar 2015
Ogihara Takuo, Hatano Yasuko
Journal of Lipid Nutrition   24(1) 21-32   2015
Eicosapentaenoic acid ethyl ester (EPA-E) with a high degree of purity is marketed as a medical supply. In vivo pharmacokinetics of EPA-E is examined in detail via animal experiments. Orally administered eicosapentaenoic acid (EPA) is found in tri...
消化管P-糖タンパク質の輸送機能に対するゴマリグナンの影響
大塚 杏磨, 伴野 拓巳, 矢野 健太郎, 金川 雅彦, 荒川 大, 荻原 琢男
日本薬学会年会要旨集   135年会(4) 76-76   Mar 2015
楠元 久美子, 片木 淳, 長井 大地, 小枝 暁子, 長尾 卓也, 丸谷 小百合, 城村 友子, 王鞍 孝子, 松本 範人, 荻原 琢男, 鰐渕 英機
The Journal of Toxicological Sciences   39(Suppl.) S293-S293   Jul 2014
医薬品などの化学物質が生体に吸収された場合,肝臓は高い濃度で曝露されるとともに代謝を行う。このため非常に毒性が発現し易い臓器である。これまでも種々の動物を用い毒性の評価が試みられてきたが,種差の違いによりヒトにおける適切な毒性評価がなされなかった場合も確認されている。一方,ヒト肝細胞等を用いた評価系の検討も実施され,懸濁あるいは2次元平面培養したin vitro評価も実施されてきたが,長期間代謝能を維持した状態で培養することが難しい点などから,ヒト特有の毒性の検出も含め評価が...
荻原 琢男, 井戸田 陽子, 木暮 悠美, 原田 瞳, 河合 妙子, 矢野 健太郎, 柿沼 千早, 宮島 千尋, 笠原 文善
The Journal of Toxicological Sciences   39(Suppl.) S330-S330   Jul 2014
【目的】アルギン酸(Alginic acid :Alg)は天然の藻類に含まれる多糖類であり,食品添加物や健康食品あるいは医薬品の原料として使用されている.また,そのナトリウム塩(Na-Alg)はストロンチウム(Sr)の体内取り込みを低減させる作用を有することが報告されている.しかしながらNa-Algの服用はナトリウムの過剰摂取に繋がる可能性があるため,Algの他の塩においても同様なSr吸収抑制効果が認められ,さらにSrに対してだけでなくセシウム(Cs)などの他の重金属においても同様な作用が...
脂質の生体内ADME(吸収から排泄まで) 生理活性物質としてのω3脂肪酸の生体内動態
荻原 琢男
脂質栄養学   23(2) 139-139   Aug 2014
薬物の苦味によるP-糖タンパクの基質認識性の予測
三田 鈴音, 矢野 健太郎, 荒川 大, 原口 珠実, 吉田 都, 内田 享弘, 荻原 琢男
日本薬剤学会年会講演要旨集   29年会 215-215   May 2014
補完医療におけるクスリと農科学の融合 海藻成分アルギン酸の重金属との選択的親和性を介した補完医療への応用
荻原 琢男, 井戸田 陽子
応用薬理   85(1-2) 42-42   Aug 2013
OGIHARA Takuo, IDOTA Yoko
Annual Meeting of the Japanese Society of Toxicology   40(0)    2013
 薬物の体内動態は代謝の受けやすさに大きく影響されるため,多くの製薬企業においては創薬の初期段階で代謝安定性試験を導入している.一般に代謝安定性試験には肝ミクロソーム系や単離肝細胞が用いられる.肝ミクロソーム系はCYPなどのPhaseⅠ活性およびグルクロン酸抱合などのPhase Ⅱ活性を同時に測定することは困難であるが,いずれの種についても実験材料を容易に入手でき,HTS化にも向いていることから汎用されている.肝細胞系はPhaseⅠ活性およびPhase Ⅱ活性,さらにさまざまなトランスポー...
In vitroを用いた創薬安全性評価とその外挿性 In vitroによる薬物代謝スクリーニングの現状と留意点
荻原 琢男, 井戸田 陽子
The Journal of Toxicological Sciences   38(Suppl.) S154-S154   Jun 2013
OGIHARA Takuo, KAWAHARA Masami, ISHIDA Tatsuhiro
薬剤学 = The archives of practical pharmacy   72(3) 134-137   May 2012
グルコースとPEPT1基質薬物の消化管吸収過程における相互作用
一場 紀子, 大町 太一, 森本 かおり, 矢野 健太郎, 荻原 琢男
日本薬剤学会年会講演要旨集   28年会 354-354   Apr 2013
Kodama Nao, Kanamoto Lisa, Kano Takashi, Kaneko Masafumi, Morimoto Kaori, Ogihara Takuo
Iryo Yakugaku (Japanese Journal of Pharmaceutical Health Care and Sciences)   38(4) 228-236   2012
The overall quality of generic drugs (GE) was assessed by sensory evaluation (questionnaire survey) taken by the patient side, a composition analysis by the pharmacist side, and a questionnaire by medical manufacturers, using an icosapentaenoic ac...
ジェネリック医薬品の品質評価 イコサペント酸エチル製剤における官能試験および成分分析試験
小玉 菜央, 金本 理沙, 叶 隆, 金子 雅文, 森本 かおり, 荻原 琢男
医療薬学   38(4) 228-236   Apr 2012
ジェネリック医薬品(GE)の品質評価について、イコサペント酸エチル製剤における官能試験および成分分析試験について報告した。包装開封時に感じる臭気の属性を臭気分析試験によって解析し、カプセル内容物の臭気と比較した。先発品としてエパデールS(M1、M2)、GEとして比較的標準製剤の動態パラメータが先発品値と近い値を示したA社の2ロット(A1、A2)と、動態パラメータが先発品メーカーの値と大きく異なった2ロット(B1、B2)を用いた。GEの2製品ではほぼ40%、先発品でも10%が、開封時に臭気を...
脳虚血時におけるシルニジピンの脳保護作用とP-糖タンパク質の関与
荻原 琢男, 瀧本 紫乃芙, 茂木 利充, 井戸田 陽子, 叶 隆, 森本 かおり, 高原 章, 柿沼 千早
日本薬学会年会要旨集   132年会(4) 271-271   Mar 2012
小林 彰子, 森本 かおり, 荻原 琢男
Bio industry   28(10) 30-35   Oct 2011
OGIHARA Takuo
薬剤学 = The archives of practical pharmacy   71(4) 218-222   Jul 2011
永見 高輝, 森本 かおり, 松本 法子, 岸村 梢江, 叶 隆, 柿沼 千早, 荻原 琢男
The Journal of Toxicological Sciences   36(Suppl.) S137-S137   Jun 2011
【目的】現在までに,抗インフルエンザ薬オセルタミビル(商品名:タミフル,OST)を服用した若年者の異常行動が報告されているが,その異常行動とOST服用との因果関係については解明されていない.一方我々は,今までにOSTがP-糖タンパク(P-gp)の良好な基質であることを見出し,OSTの脳内移行には血液脳関門に存在するP-gpが関与することを指摘した1).本研究では,報告されている異常行動がOSTやその活性代謝物(Ro64-0802)の脳内移行性および局在性,さらに血液脳...
医薬品添付文書中の薬物動態パラメータの研究 ジェネリック医薬品の生物学的同等性試験における薬物動態パラメータの試験間および試験内変動の解析
小玉 菜央, 金本 理沙, 叶 隆, 岡田 裕子, 森本 かおり, 崔 吉道, 荻原 琢男
医療薬学   37(9) 543-550   Sep 2011
本邦で市販されているジェネリック医薬品(GE)を対象に、その同等性試験における標準製剤の薬物動態パラメータについて試験間及び試験内変動を調査し、各薬物間で比較した。併せてこれらの変動を統計学的に処理し、妥当とされる変動の範囲を検討し、更に薬物の物性的、薬物動態的特徴から推測される変動要因について考察した。調査したGE33品目の同等性試験における標準製剤のCmax中、試験間変動が最も多かったイコサペント酸エチルと最も小さかったテオフィリン製剤の標準製剤のパラメータを比較した。GE33品目全体...
Kodama Nao, Kanamoto Lisa, Kano Takashi, Okada Yuko, Morimoto Kaori, Sai Yoshimichi, Ogihara Takuo
Japanese Journal of Hospital Pharmacy   37(9) 543-550   2011
The inter- and intra-trial variability of maximum plasma concentration, a pharmacokinetics parameter of standard products, was investigated for various generic products (GEs) in biological equivalence clinical studies. A correlation between such v...
小腸のP-糖タンパク発現部位差におけるradixinの寄与
叶 隆, 和田 翔, 酒井 理予, 森本 かおり, 加藤 将夫, 荻原 琢男
日本薬剤学会年会講演要旨集   26年会 119-119   May 2011
医薬品添付文書の薬物動態パラメータの研究 医薬品の血中濃度半減期と作用持続時間は相関するか?
荻原 琢男, 叶 隆, 森本 かおり, 河原 昌美
新薬と臨牀   59(4) 524-532   Apr 2010
循環器系経口医薬品の半減期および1日の投与回数を調査してその相関性を解析し、血中半減期の長い医薬品と作用持続時間の関係について検討した。血中半減期は1日1回投与の医薬品では平均9.1時間、1日2回投与の医薬品では、半減期が著しく長い2品目を除いた場合では平均6.0時間、1日3回投与の医薬品では平均6.7時間であり、1日の投与回数と血中半減期は相関せず、半減期の長い医薬品が必ずしも作用持続時間が長いとは限らないものと考えられた。これらが相関しない要因として、調査対象の医薬品のなかにプロドラッ...
Kano Takashi, Wada Sho, Kanamoto Lisa, Morimoto Kaori, Kakinuma Chihaya, Ogihara Takuo
Abstracts of JSSX meeting   25(0) 145-145   2010
ラット全小腸連続ループ法によるP-糖タンパクの発現量および活性の部位差の解析
和田 翔, 叶 隆, 金本 理沙, 森本 かおり, 柿沼 千早, 荻原 琢男
薬剤学: 生命とくすり   70(Suppl.) 119-119   Apr 2010
Ogihara Takuo
Abstracts of JSSX meeting   25(0) 42-42   2010
消化管吸収過程における薬物とミルクのペプチドトランスポーター(PEPT1)を介した相互作用の解析
小林 彰子, 我妻 瑶恵, 森本 かおり, 叶 隆, 和田 翔, 白坂 善之, 玉井 郁巳, 荻原 琢男
薬剤学: 生命とくすり   70(Suppl.) 218-218   Apr 2010
リン脂質ポリマーを用いた薬物の吸収改善の検討
叶 隆, 森本 かおり, 横山 晶一, 和田 翔, 柿沼 千早, 荻原 琢男
Drug Delivery System   24(3) 351-351   Jun 2009
食事由来ペプチドがヒトペプチドトランスポーターPEPT1に基質認識される薬物の消化管吸収に与える影響
小林 彰子, 我妻 瑶恵, 叶 隆, 和田 翔, 薮内 光, 白坂 善之, 森本 かおり, 玉井 郁巳, 荻原 琢男
日本栄養・食糧学会大会講演要旨集   63回 149-149   May 2009
経口剤開発のstrategy ヒト吸収性の定量的予測に必要な情報・理論・手法 In vivoデータベースからのアニマルスケールアップとその問題点
荻原 琢男, 高橋 雅行
薬剤学: 生命とくすり   69(Suppl.) 24-24   Apr 2009
オセルタミビルのPEPT1基質認識性と消化管吸収における食事由来ペプチドの影響
我妻 瑶恵, 叶 隆, 和田 翔, 薮内 光, 白坂 善之, 森本 かおり, 小林 彰子, 玉井 郁巳, 荻原 琢男
薬剤学: 生命とくすり   69(Suppl.) 158-158   Apr 2009
カルニチン/有機カチオントランスポーターOCTN2の腎臓におけるCephaloridine排出トランスポーターとしての役割
叶 隆, 加藤 将夫, 伊藤 公裕, 荻原 琢男, 久保 義行, 辻 彰
薬剤学: 生命とくすり   69(Suppl.) 159-159   Apr 2009
フォーカスグループ(FG)活動の新しい動き
山下 富義, 小口 敏夫, 荻原 琢男, 岡本 浩一, 森下 真莉子, 宇都口 直樹, 前田 和哉, 杉林 堅次, 並木 徳之, 高倉 喜信, 将来ビジョン委
薬剤学: 生命とくすり   69(Suppl.) 186-186   Apr 2009
Kano Takashi, Morimoto Kaori, Sugiura Tomoko, Kato Yukio, Ogihara Takuo
Abstracts of JSSX meeting   24(0) 196-196   2009
新規溶解剤MPCポリマーを用いた医薬品の吸収改善の検討
叶 隆, 森本 かおり, 横山 晶一, 和田 翔, 柿沼 千早, 荻原 琢男
薬剤学: 生命とくすり   69(Suppl.) 208-208   Apr 2009
オセルタミビルはヒトペプチドトランスポーターPEPT1の基質である
荻原 琢男, 叶 隆, 我妻 瑶恵, 和田 翔, 薮内 光, 白坂 義之, 森本 かおり, 小林 彰子, 玉井 郁巳
日本薬学会年会要旨集   129年会(4) 164-164   Mar 2009
荻原 琢男, 叶 隆, 山田 和典, 和田 翔, 森本 かおり
新薬と臨牀   57(9) 1468-1475   Sep 2008
薬剤師を対象に、医薬品添付文書中の動態パラメータ各項目の活用度と満足度についてアンケートを実施し、併せて経口の循環器系医薬品とTDM対象薬の添付文書中の動態パラメータ記載頻度を調査し、比較・考察した。薬剤師を対象としたアンケートでは重視している項目として、「血中濃度半減期」、「最高血中濃度到達時間」および「食事の影響」などが、また、さらに充実してほしい項目としては「食事の影響」、「作用持続時間」、「乳汁中への移行性」および「高齢者におけるパラメータ変動」などが挙げられた。添付文書中の動態パ...
服用者および調剤者の立場からの円形錠と割線入り楕円錠の比較検討
荻原 琢男, 森本 かおり, 叶 隆, 毎田 千恵子, 宮本 悦子
診療と新薬   45(10) 999-1005   Oct 2008
市販医薬品(降圧薬シルニジピン製剤;アテレック錠)で形状変更された事例に基づき、円形錠と割線入り楕円錠のそれぞれのプラセボ錠を用い、服用者(患者)の立場からの扱いやすさ・服用しやすさ、あるいは調剤者(薬剤師)の立場からの扱いやすさを比較検討した。服用者の立場からの実際の「割りやすさ」は割線入り楕円錠のほうが有利であった。また「見た目の大きさ・飲みやすさ」だけでなく、実際の「つまみやすさ・飲みやすさ」においても割線入り楕円錠のほうが好まれた。調剤者の立場からこれら2種のプラセボ錠に分割操作を...
荻原 琢男, 森本 かおり, 柿沼 千早, 白坂 善之, 榎本 茂樹, 薮内 光, 玉井 郁巳
The Journal of Toxicological Sciences   33(Suppl.) S170-S170   Jun 2008
【目的】中枢性副作用が懸念される医薬品の中枢移行調節機構を明確にすることは、医薬品の適正使用上重要である。本研究では、抗インフルエンザウィルス薬オセルタミビル(タミフルTM)およびその活性代謝物(Ro64-0802)の血液脳関門(BBB)透過性に対するトランスポーターの影響について、P-gpを中心に検討を行った。1)【方法】P-gpを強制発現させたSf9細胞(MDR1-Sf9)ベシクルを用いてATPase活性を測定し、また、P-gpを強制発現させ...
荻原 琢男, 日本薬剤学会将来ビジョン委員会
薬剤学: 生命とくすり   67(Suppl.) 369-369   May 2007
トランスポーター研究の新展開 創薬におけるトランスポーター研究の重要性(創薬研究者の立場から)
荻原 琢男
薬剤学: 生命とくすり   68(Suppl.) 26-26   Apr 2008
笠原 利彦, 椿本 圭祐, 宮内 慎, 荻原 琢男, 大西 修平
The Journal of Toxicological Sciences   31(Suppl.) S202-S202   Jun 2006
【目的】我々は, 前回の本学会で, 培養細胞を用い蛍光標識リン脂質(NBD-PC)の取り込み量から、フォスフォリピドーシス(PL)の感度および精度の高い迅速な測定系(HTS-PL-assay)を確立し, 報告した。本研究では、このHTS-PL-assayをより再現性が高く安定した測定系にするためにプロトコールの詳細について検討を行った。【検討項目】_丸1_播種細胞数(5000, 20000, 40000個/well)、_丸2_NBD-PC取り込み後の洗浄培養時間(0, 1, 2, 4, 8...
消化管吸収 それでもトランスポーターは働いている 消化管吸収におけるtransporterの寄与 医薬品開発における評価法と問題点
荻原 琢男
日本薬学会年会要旨集   127年会(1) 101-101   Mar 2007
OKUDAIRA Noriko, OGIHARA Takuo
Drug Delivery System   21(2) 134-141   Mar 2006
In addition to nutrients, influx transporters expressed on the apical membrane of intestinal epithelial cells accept various drugs as substrates. For example, peptide transporter 1 (PEPT1) has been found to be one of the most versatile influx tran...
OGIHARA Takuo, OKUDAIRA Noriko
Drug Delivery System   21(2) 142-152   Mar 2006
Drug efflux transporters, such as P-glycoprotein (P-gp) and breast cancer resistance protein (BCRP), are expressed not only in resistant tumor cells, but also in many normal tissues, including the epithelial apical membrane of the intestine. Thus,...
イコサペント酸エチル(EPA-E)のプラバスタチン誘発性横紋筋融解症に対する軽減効果 毒性動物モデルの構築とその応用
那波 弘康, 桑山 知登世, 中久木 正則, 柿沼 千早, 大西 修平, 荻原 琢男
薬理と治療   34(5) 467-478   May 2006
Sprague-Dawleyラットを起源とし,有機アニオン性化合物の胆汁排泄を担うトランスポーター(Mrp2)が先天的に欠損した高ビリルビン血症ラットEisai hyperbilirubinemic rat(EHBR)は,プラバスタチンのようなMrp2の基質となる化合物の胆汁排泄の低下や血中濃度の上昇が認められることに着目し,プラバスタチン誘発性横紋筋融解症のモデル動物としての可能性について検討した.さらに,EHBR評価モデルを用いてプラバスタチン誘発性横紋筋融解症に及ぼすEPA-Eの影響...
Nishikawa Satoyo, Yamamoto Akira, Ogihara Takuo, Fujita Takuya
Abstracts of Annual meeting of Japanese Society for the Study of Xenobiotics   21(0) 253-253   2006
【薬物の生体膜輸送特性とDDS】 消化管トランスポーターを意識した医薬品開発 Influx transporter
奥平 典子, 荻原 琢男
Drug Delivery System   21(2) 134-141   Mar 2006
消化管上皮細胞には栄養物質や薬物を取り込むinflux transporterが発現している.Peptide transporter1(PEPT1)のような薬物も基質とするトランスポーターは,経口吸収性改善の手段として,また,グルコース,コレステロールなど内因性物質のトランスポーターは,高脂血症や糖尿病治療薬の創薬ターゲットとして魅力的な研究対象である.本稿では,企業研究の立場からinflux transporterの最近の知見をレビューする(著者抄録)
OGIHARA Takuo
Journal of Pharmaceutical Science and Technology, Japan   65(5) 305-307   Sep 2005
【薬物の生体膜輸送特性とDDS】 消化管トランスポーターを意識した医薬品開発 Efflux transporter
荻原 琢男, 奥平 典子
Drug Delivery System   21(2) 142-152   Mar 2006
消化管上皮細胞のmucosal membraneには,生体が"異物・毒物"と認識する化合物から自身を守るバリアー機能の一つとしてefflux transporterが備わっている.最近,P-糖蛋白(P-gp)やbreast cancer resistance protein(BCRP)などのefflux transporterが,薬物の消化管吸収に与える影響を無視できない事例が報告されるようになった.企業における経口剤の探索・開発研究においても,医薬品の吸収率や薬物間相互作用への影響が懸念...
宮内 慎, 笠原 利彦, 小澤 誠, 村野 弘行, 荻原 琢男, 大西 修平
日本トキシコロジー学会学術年会プログラム・要旨集   32回(0) 221-221   Jun 2005
【目的】創薬初期の化合物選択において培養細胞を用いた細胞毒性試験は有効であるが,使用細胞株,試験法によって結果が異なることがある。今回我々は,探索段階における細胞毒性試験の実施を目的として,8種類の細胞株,ヒトおよびラット初代肝細胞を用いて4つのアッセイ法を実施し,感度,操作性,操作時間およびバラツキについて比較・検証したので報告する。【方法】由来の異なる8種類の細胞株(CHO,CHL,HepG2,ARLJ 301-3,ACHN,NRK-52E,Caco-2,IEC-6),ヒトおよびラット...
笠原 利彦, 冨田 和夫, 小澤 誠, 村野 弘行, 原田 剛, 荻原 琢男, 柿沼 千早, 大西 修平
日本トキシコロジー学会学術年会プログラム・要旨集   32回(0) 239-239   Jun 2005
【目的】薬物誘導性フォスフォリピドーシス(PL)は, リン脂質がライソソームに蓄積し細胞内封入体(ラメラボディー)を形成する現象であり, ライソソームの腫大や他のオルガネラの障害を引き起こし, 細胞死にまで至ることがあることから毒性学的に重要な所見である。従来,PLの検出法は動物に薬物を反復投与し, 臓器の電顕標本にてラメラボディーを確認していたが, 少量の多検体を短時間で評価する手法としては不向きである。そこで本研究では, 培養細胞を用い, 蛍光標識リン脂質(NBD-PC)の取り込み量か...
有機アニオン性薬物の消化管吸収におけるOrganic Anion Transporting Polypeptideの関与
西村 友宏, 大竹 亨, 内海 理恵, 久保 義行, 加藤 将夫, 荻原 琢男, 辻 彰
薬剤学: 生命とくすり   65(Suppl.) 68-68   Mar 2005
TANAKA Hiroyuki, KAMI Hideaki, NAKAI Kiyohiko, OONISHI Syuuhei, OOZAWA Nobuo, OGIHARA Takuo
薬剤学 = The archives of practical pharmacy   61(3) 79-85   Sep 2001
<p>Pharmacokinetics profiles of Ara-A (vidarabine) after a single dermal application to rats at a dosage of 10 mg Ara-A/kg as a cream formulation containing [3H] Ara-A were compared with those of Ara-A ointment. Using whole-body autorad...
新規ループ利尿薬M17055のCaco-2細胞における取込み機構と有機アニオントランスポーターOATP-Bの寄与
西村 友宏, 金子 洋介, 崔 吉道, 加藤 将夫, 荻原 琢男, 辻 彰
日本薬学会年会要旨集   124年会(4) 71-71   Mar 2004
Nishimura Tomohiro, Kato Yukio, Kubo Yoshiyuki, Sai Yoshimichi, Ogihara Takuo, Tsuji Akira
Abstracts of Annual meeting of Japanese Society for the Study of Xenobiotics   19(0) 134-134   2004
Ogihara Takuo
Abstracts of Annual meeting of Japanese Society for the Study of Xenobiotics   19(0) 34-34   2004
田中 博之, 上 秀明, 中井 清彦, 荻原 琢男, 大澤 伸雄
薬剤学: 生命とくすり   61(Suppl.) 208-208   Mar 2001
高力価可溶型FasリガンドによるC6髄膜播種モデルの治療
白石 哲也, 鈴山 堅志, 上田 茂雄, 岡本 浩昌, 田渕 和雄, 清水 雄介, 中山 和行, 下井 昭仁, 難波 弘康, 荻原 琢男
Brain Tumor Pathology   19(Suppl.) 105-105   May 2002
NAKAJIMA Hiroyuki, NAKANISHI Takeshi, NABA Hiroyasu, TANAKA Hiroyuki, IDA Keiichi, OGIHARA Takuo, OHZAWA Nobuo
Drug Metabolism and Pharmacokinetics   16(4) 304-313   2001
The plasma level and excretion of radioactivity were studied following a single intravenous administration of [14C]M17055 to male and female rats, and a female dog.<BR> 1. After a single intravenous administration to male and female rat...
[3H]Ara-Aクリーム及び[3H]Ara-A軟膏の生体内動態の比較 ラット経皮投与後の表皮内放射能濃度推移
田中 博之, 上 秀明, 中井 清彦, 大西 修平, 大澤 伸雄, 荻原 琢男
薬剤学: 生命とくすり   61(3) 79-85   Sep 2001
Ara-Aクリームと軟膏剤とを比較する為ラットを用い,全身オートラジオグラフィ,投与部位の表皮内及び血漿中の放射能濃度推移を検討した.投与開始後4時間ではクリーム・軟膏共に放射能の殆どは投与部位周辺の皮膚表面に溜まっていた.表皮内では最高放射能到達時間は軟膏で6.0±2.2,クリームで5.3±2.1時間であった.放射能濃度-時間曲線下面積は軟膏の1.01倍であった.血漿中では,軟膏及びクリームを10mg/kgの用量で24時間経皮投与した場合の放射能濃度は,投与開始後48時間迄の全ての測定時...
新規利尿薬M17055の生体内動態(第1報) [14C]M17055単回静脈内投与時のラット及びイヌにおける血中濃度及び排泄
中嶌 裕之, 中西 猛, 那波 弘康, 田中 博之, 井田 圭一, 荻原 琢男, 大澤 伸雄
薬物動態   16(4) 304-313   Aug 2001
[14C]M17055を雌雄のラット及び雌のイヌに単回静脈内投与し,放射能の血中濃度及び排泄について検討した.0.3,0.1,1及び3mg/kg静脈内投与した時,ラットにおける血漿中の放射能濃度はいずれも3相性で速やかに低下した.0.3mgでは雌雄間でAUCは同様の値を示した,T1/2αは雌が雄の1/2以下の値を示した.0.1,1,及び3mg/kgのAUCは概ね投与量に比例した値を示した.1mg/kg静脈内投与した時の雌イヌにおける血漿中放射濃度は3相性で推移し,投与後24時間には投与後5...
抗うつ薬マレイン酸セチプチリンのヒト肝チトクロームP450活性に対する影響 マレイン酸フルボキサミンとの比較
松本 茂樹, 長野 朋子, 弓矢 康伸, 荻原 琢男, 大澤 伸雄
薬理と治療   29(1) 45-50   Jan 2001
五つのチトクロームP450(CYP)分子種活性に対するセチプチリンの阻害作用を検討し,フルボキサミンと比較した.その結果,セチプチリンはCYP2D6活性を阻害したものの,それ以外の分子種に対しては顕著な阻害作用を示さなかった.一方,フルボキサミンは同じ濃度範囲で5種類全ての分子種の活性を用量依存的に阻害した.フルボキサミンが今回検討した5種類のCYPに対して阻害作用を示した濃度は,実際の臨床用量における肝臓中薬物濃度以下か或いは近い濃度であると考えられた.一方,セチプチリンでは唯一阻害が認...
荻原 琢男
薬物動態   12(Suppl.) 196-196   Oct 1997
荻原 琢男
薬物動態   10(Suppl.) 284-284   Oct 1995
薬剤学,製剤学,病院薬学 新しい有機カチオン輸送担体OCTNはカルニチンも運ぶ!?
荻原 琢男
ファルマシア   36(8) 725-726   Aug 2000
TAKANAGA Hitomi, INABA Shin-ichi, MAEDA Hiroshi, OGIHARA Takuo, SAI Yoshimichi, TAMAI Ikumi, TSUJI Akira, HIGASHIDA Haruhiro
薬物動態 = Xenobiotic metabolism and disposition   10 72-75   Oct 1995
消化管アニオン交換輸送系の基質認識・輸送特性
荻原 琢男, 玉井 郁巳, 辻 彰
薬物動態   13(Suppl.) S217-S217   Oct 1998
TAKANAGA Hitomi, INABA Shin-ichi, MAEDA Hiroshi, OGIHARA Takuo, SAI Yoshimichi, TAMAI Ikumi, TSUJI Akira, HIGASHIDA Haruhiro
Drug Metabolism and Pharmacokinetics   10(0) 72-75   1995
We have isolated a cDNA clone from a rat small intestinal library which encodes a functional monocarboxylate transporter (ratMCTl). The cDNA of MCT1 in chinese hamster ovary (CHO) cells was used to screen the cDNA library. The ratMCT1 cDNA predict...
Ulinastatinのラット腎臓における代謝
横山 徹, 荻原 琢男, 長澤 勝亮, 景安 淳, 大澤 伸雄, 伊佐次 三津子, 星田 恒太郎
日本薬学会年会要旨集   118年会(4) 42-42   Mar 1998
OHZAWA Nobuo, TSUCHIYA Tokuhiro, EGAWA Seiichiro, OGIHARA Takuo, TANAKA Hiroyuki, IDA Keiichi
Drug Metabolism and Pharmacokinetics   8(3) 323-331   1993
The plasma concentration, distrib ution and metabolism of [14C]miconazole ([14C])MCZ) were studied after application of [14C]MCZ gel (10mg/kg of miconazole) to oral mucosa of male rats.<BR> 1. After application, th...
ISHIGURO JUNZO, TADA TOSHITO, OGIHARA TAKUO, MIZOTA MASAHIRO, MIZUGUCHI KIYOSHI, OHZAWA NOBUO, KOSUZUME HIROSHI, AIZAWA NOBORU
Chemical & pharmaceutical bulletin   36(6) 2158-2167   Jun 1988
The metabolism of ethyl eicosapentaenoate (EPA-E) was investigated in rats in vivo and in vitro with uniformly labelled ^<14>C-EPA-E, and the antithrombotic properties of major metabolites of EPA-E in rabbits were examined.When ^<14>C-EPA-E was ad...
石黒 淳三, 多田 俊人, 荻原 琢男
薬学雑誌   108(3) 239-245   Mar 1988
ラット肝のミクロゾーム,ミトコンドリア及びペルオキシゾームの薬物代謝酵素系及び脂肪酸代謝酵素系に及ぼすエイコサペンタエン酸エチル(EPA-E)及び代謝物ドコサヘキサエン酸(DHA)投与の影響を検討した.EPA-E及びDHAは5%アラビアゴム水溶液に乳濁させ,その30 mg/3 ml/kgを1回もしくは1日1回14日間反復経口投与した.その結果,EPA-E又はDHAの単回もしくは14日間反復投与群において,肝重量/体重比,ミクロゾーム,ミトコンドリア及びペルオキシゾームの各顆粒画分の蛋白量は...
ISHIGURO JUNZO, TADA TOSHITO, OGIHARA TAKUO, MIZOTA MASAHIRO, MIZUGUCHI KIYOSHI, OHZAWA NOBUO, KOSUZUME HIROSHI, AIZAWA NOBORU
Chemical and Pharmaceutical Bulletin   36(6) 2158-2167   1988
The metabolism of ethyl eicosapentaenoate (EPA-E) was investigated in rats in vivo and in vitro with uniformly labelled 14C-EPA-E, and the antithrombotic properties of major metabolites of EPA-E in rabbits were examined.When 14</SU...
Ulinastatinのウサギにおける関節腔内投与後の生体内動態
大沢 伸雄, 高橋 靖雄, 荻原 琢男
薬物代謝と薬効・毒性シンポジウム講演要旨集   21回 67-68   Sep 1990