眞田 尚久

J-GLOBALへ         更新日: 19/08/02 11:01
 
アバター
研究者氏名
眞田 尚久
 
サナダ タカヒサ
所属
関西医科大学
部署
医学部
職名
助教
学位
博士(工学)(大阪大学)

プロフィール

 左右の網膜に投影される2つの2次元像から、私たちが知覚しているリアルな3次元世界を脳がどのように再構成しているのかに興味を持ち、両眼視差による奥行き知覚、3次元面の傾き選択性、奥行き方向の運動、色情報の脳内表現、複雑運動、視覚運動による質感表現について研究を行っています。

2006年3月 大阪大学大学院基礎工学研究科博士後期課程修了 博士(工学)
2006年4月 - 2007年6月 同大学 非常勤研究員
2007年7月 - 2013年3月 米国 University of Rochester 博士研究員
2013年4月 - 2017年3月 自然科学研究機構 生理学研究所 感覚認知情報研究部門 特任助教
2013年5月 - 2017年3月 総合研究大学院大学 生命科学研究科 助教(併任)
2017年4月 - 関西医科大学 医学部 生理学講座(旧生理学第二講座) 助教
専攻:神経生理学

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
関西医科大学 医学部 生理学講座 助教
 
2013年5月
 - 
2017年3月
総合研究大学院大学 生命科学研究科 助教
 
2013年4月
 - 
2017年3月
生理学研究所 感覚認知情報研究部門 特任助教
 
2007年7月
 - 
2013年3月
University of Rochester Center for Visual Science Post-doctoral research associate
 
2006年4月
 - 
2007年6月
大阪大学 生命機能研究科 非常勤研究員
 

学歴

 
2001年4月
 - 
2006年3月
大阪大学大学院 基礎工学研究科 システム人間系 生物工学分野 博士後期課程 
 
1999年4月
 - 
2001年3月
電気通信大学大学院 情報システム学研究科 博士前期課程 
 

受賞

 
2013年8月
包括脳ネットワーク 若手優秀発表賞 サルMT野における奥行き運動(Motion-in-depth)知覚の神経基盤
 

論文

 
Sanada T.M., Namima T., Komatsu H
J Neurophysiology   116(5) 2163-2172   2016年11月   [査読有り]
Sasaki K., S., Kimura R., Ninomiya T., Tabuchi Y., Tanaka H., Fukui M., Asada Y. C., Arai T., Inagaki M., Nakazono T., Baba M., Kato D., Nishimoto S., Sanada T. M., Tani T., Imamura K., Tanaka S., and Ohzawa I.
Scientific Reports   5 16712   2015年11月   [査読有り]
Sanada TM, DeAngelis GC.
J Neurosci.   34(47) 15508-15521   2014年11月   [査読有り]
Sanada TM, Nguyenkim JD, Deangelis GC
Journal of neurophysiology   107 2109-2122   2012年4月   [査読有り]
Ninomiya T, Sanada TM, Ohzawa I
Journal of neurophysiology   107 2220-2231   2012年4月   [査読有り]
Sanada TM, Ohzawa I
Journal of neurophysiology   95 2768-2786   2006年5月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
Representation of spatial feature of complex motion in areas MT and FST.
Takahisa M. Sanada
APCV 2019 Asia-Pacific Conference on Vision   2019年7月29日   
サルFST野における複雑運動刺激に対する反応特性
眞田尚久, 河邉隆寛, 西田 眞也, 小松英彦
第42回日本神経科学学会   2019年7月26日   
サルMT野における複雑運動刺激に対する反応特性
Sanada T.,M., Kawabe T., Nishida S.. Komatsu H.,
第41回 日本神経科学学会   2018年   
視覚運動による質感表現への生理学的アプローチ
眞田尚久, 河邉隆寛, 西田 眞也, 小松英彦
質感のつどい第3回公開フォーラム   2017年   
複雑運動刺激に対する MT 野細胞の応答特性
眞田尚久, 河邉隆寛, 西田 眞也, 小松英彦,
第21回視覚科学フォーラム   2017年   
Chromatic interaction profile in macaque area V4
眞田尚久, 小松英彦
46th Annual Meeting of the Society for Neuroscience   2016年   
V4野細胞における色の相互作用特性は単色に対する応答では説明できない
眞田尚久, 小松英彦
第39回 日本神経科学学会   2016年   
Neural mechanisms for three-dimensional motion selectivity in macaque area MT
Takahisa M. Sanada Gregory C. DeAngelis
The Second CiNet Conference -- International Symposium on Neural Mechanisms of Vision and Cognition   2015年   
Neural response to color combinations in macaque area V4
眞田尚久, 小松英彦
International Color Vision Society (ICVS 2015)   2015年   
Selectivity to color combination in macaque area V4
Sanada T., M., Komatsu H
第38回 日本神経科学学会   2015年7月   
 
Neural mechanisms underlying motion-in-depth selectivity in macaque area MT [招待有り]
Sanada T. M., DeAngelis G. C.
APCV   2014年   
サルMT野における奥行き運動(Motion-in-depth)選択性とそのメカニズム [招待有り]
眞田 尚久
生理研研究会   2013年9月12日   
サルMT野における奥行き運動(Motion-in-depth)知覚の神経基盤
眞田尚久, Gregory C. DeAngelis
2013年度 包括脳ネットワーク夏のワークショップ   2013年8月31日   
サルMT野における奥行き運動(Motion-in-depth)知覚の神経基盤
眞田尚久, Gregory C. DeAngelis
視覚科学フォーラム   2013年8月6日   
サルMT野における奥行き運動(Motion-in-depth)に対する選択性 [招待有り]
眞田 尚久
眞田 尚久   2012年8月   
Motion-in-depth selectivity in macaque area MT,
Sanada T. M. and DeAngelis G.C
CVS symposium   2012年6月   
Representation of motion-in-depth in macaque area MT
Sanada T. M., and DeAngelis G. C.
Annual Meeting of the Society for Neuroscience,   2012年   
Linear combination of disparity and velocity gradient cues to 3D surface orientation by macaque MT neurons
Sanada T. M., Nguyenkim J. D., DeAngelis G.C
38th Annual Meeting of the Society for Neuroscience   2008年   
初期視覚野における立体面傾き選択性の神経メカニズム [招待有り]
眞田尚久, 大澤五住
第84回日本生理学会大会 シンポジウム「脳の中の三次元表現 − 心理、生理、臨床からのアプローチ」   2007年   

競争的資金等の研究課題

 
液体粘性知覚の神経メカニズムの解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業,新学術領域研究(研究領域提案型)
研究期間: 2018年4月 - 2020年3月    代表者: 眞田 尚久
大脳皮質MT野神経細胞による知覚手がかりの統合機構の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業,基盤研究(C)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 眞田 尚久
液体粘性知覚の神経メカニズムの解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業,新学術領域研究(研究領域提案型)
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 眞田 尚久
内藤記念科学振興財団: 海外留学助成
研究期間: 2007年7月 - 2008年6月    代表者: 眞田 尚久

担当経験のある科目

 
 

委員歴

 
2018年4月
 - 
現在
視覚科学フォーラム  運営委員
 
2019年6月
 - 
2019年7月
APCV(Asia-Pacific Conference on Vision) 2019  査読委員
 
2016年4月
 - 
2018年3月
視覚科学フォーラム  運営委員
 

特許

 
特許5305366号 : 画像特徴抽出装置、画像特徴抽出方法、画像認識装置、及び画像認識方法
大澤五住、新井稔也、眞田尚久

社会貢献活動

 
生理学研究所市民講座「脳の不思議とサイエンス」 色彩を科学するー色知覚を作り出す脳の仕組みー
【講師】  2016年7月 - 2016年7月

Misc

 
朝田 雄介, 眞田 尚久, 大澤 五住
電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング   107(542) 227-230   2008年3月
初期視覚野では左右視野の情報は別々の脳半球で処理されているにも関わらず、私たちは継ぎ目のない世界を知覚することができる。大脳は脳梁を介し視野情報を統合していると考えられている。左右視野の縫合に初期視覚野の神経細胞が果たしている役割を調べるために、脳梁を介し結合する神経細胞の受容野構造を逆相関法により計測した。その結果、受容野のON領域とON領域(あるいはOFF領域とOFF領域)が空間的に重なるものだけでなく、ON領域とOFF領域が重なるものもあることがわかった。
大橋 俊彦, 真田 尚久, 川村 智一, 木村 達洋, 早坂 明哲, 山崎 清之, 岡本 克郎
東海大学紀要. 開発工学部   9 223-226   2000年3月
Three-dimensional perception is based on binocular vision. When different images are presented to both eye, binocular rivalry occurs. The purpose of this study is to investigate the interaction of the 3D-stereovision and the visual conflict caused...
真田 尚久, 出澤 正徳, 北岡 明佳
Sensing and perception   7 11-16   2000年3月
大橋 俊彦, 真田 尚久, 川村 智一, 早坂 明哲, 木村 達洋, 山崎 清之, 岡本 克郎
人間工学   35 232-233   1999年5月