高瀬 克範

J-GLOBALへ         更新日: 18/02/15 09:16
 
アバター
研究者氏名
高瀬 克範
 
タカセ カツノリ
eメール
takaselet.hokudai.ac.jp
URL
http://hoppo-let-hokudai.com/
所属
北海道大学
部署
大学院文学研究科 歴史地域文化学専攻 北方文化論講座
職名
助教授・准教授
学位
博士(文学)(甲第5315号)(北海道大学), 修士(文学)(北海道大学)
科研費研究者番号
00347254
ORCID ID
0000-0002-1539-321X

プロフィール

1974年,札幌生。1992年,札幌南高卒。1996年,北海道大学文学部史学科日本史学専攻課程卒。2001年,北海道大学大学院文学研究科博士課程修了。博士(文学)(北海道大学)。財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センター文化財調査員(2001〜2002年),東京都立大学人文学部史学科助手(2002〜2007年),明治大学文学部史学科考古学専攻専任講師(2007〜2009年),同大准教授(2009〜2011年),北海道大学大学院文学研究科准教授(2011年〜)。

研究分野

 
 

経歴

 
2011年4月
 - 
現在
北海道大学大学院文学研究科 准教授
 
2017年10月
 - 
現在
米国ワシントン大学 人類学部 客員研究員
 
2009年4月
 - 
2011年3月
明治大学 文学部 准教授
 
2007年4月
 - 
2009年3月
明治大学 文学部 専任講師
 
2002年4月
 - 
2007年3月
東京都立大学 人文学部 助手
 
2001年4月
 - 
2002年3月
財団法人岩手県文化振興事業団 埋蔵文化財センター 文化財調査員
 

学歴

 
1998年4月
 - 
2001年3月
北海道大学 大学院文学研究科 博士後期課程 日本史学
 
1996年4月
 - 
1998年3月
北海道大学 大学院文学研究科 修士課程 日本史学
 
1993年4月
 - 
1996年3月
北海道大学 文学部 史学科日本史学専攻課程
 
1992年4月
 - 
1993年3月
北海道大学 文I系 
 

委員歴

 
2016年4月
 - 
現在
北海道大学大学院文学研究科北方研究教育センター運営委員会  委員
 
2016年4月
 - 
現在
北海道教育委員会   北海道東部の竪穴住居群調査懇談会委員
 
2016年3月
 - 
現在
北海道大学総合博物館運営委員会  学術標本検討専門委員会委員
 
2015年4月
 - 
現在
北海道大学北極域研究センター  兼務教員
 
2015年4月
 - 
現在
北海道大学埋蔵文化財調査センター運営委員会  委員
 
2015年4月
 - 
現在
北海道大学埋蔵文化財調査センター運営委員会専門部会  部会員
 
2013年5月
 - 
2017年5月
北海道考古学会  運営委員
 
2015年7月
 - 
2017年7月
北大史学会  運営委員会委員長
 
2015年4月
 - 
2017年3月
北海道大学大学院文学研究科  広報誌専門部会員
 
2011年4月
 - 
2016年3月
明治大学日本古代学研究所  2011〜2015年度 学外重点共同研究者
 

受賞

 
2017年1月
北海道大学 研究総長賞
 

論文

 
Новые категории керамики найдзи с северных курил и южной камчатки
Такасэ, К.
IX Диковские Читения: Материалы Научно-Практической Конференции   98-101   2017年10月
弥生文化と砂沢遺跡
高瀬 克範
砂沢遺跡シンポジウム   1-10   2017年9月   [招待有り]
Археологические исследования на острове Шумшу в 2016 году
Такасэ К., Шубина О.А., Фицхью Б., Этниер М., Тэзука К., Самарин И.А., Марков И.Г., Шепова А.Л.
Вестник Сахалинского Музея   (24) 21-35   2017年8月
千島列島進出集団における居住範囲の変異とその背景
高瀬 克範
理論考古学の実践I 理論篇(同成社)   370-394   2017年6月   [招待有り]
レプリカ法を用いた縄文・続縄文・擦文土器の研究―札幌市出土土器を中心に―
高瀬 克範
SEEDS CONTACT(東京大学大学院人文社会系研究科)   (4) 11-13   2017年5月   [招待有り]
クリル第一海峡
高瀬 克範
北方博物館交流   (29) 表紙裏-表紙裏   2017年3月   [査読有り]
石狩紅葉山49号遺跡出土剥片石器の使用痕分析
高瀬 克範
北海道考古学   (53) 111-130   2017年3月   [査読有り]
二軒在家原田頭遺跡・上人見遺跡出土スクレイパーB類の使用痕分析
高瀬 克範
西横野中部地区遺跡群 二軒在家原田頭遺跡 行田二本杉原東遺跡 第3分冊』(安中市教育委員会)   1209-1216   2017年3月   [招待有り]
札幌市K39遺跡事務局非常用自家発電設備地点から検出された種子
高瀬 克範
北大構内の遺跡XXIII   29-31   2017年3月   [招待有り]
柳田國男旧蔵考古資料の概要
工藤雄一郎・設楽博己・高瀬克範・熊木俊朗・福田正広・山田康弘・大澤正吾
国立歴史民俗博物館研究報告   (202) 27-99   2017年3月   [査読有り][招待有り]
弥生文化の北の隣人—続縄文文化—
高瀬 克範
弥生時代って,どんな時代だったのか?(朝倉書店)   114-136   2017年3月   [招待有り]
柳田國男旧蔵考古資料における石器の使用痕分析
高瀬 克範
国立歴史民俗博物館研究報告   (202) 137-156   2017年3月   [査読有り][招待有り]
「みちのくの遠賀川」再考
高瀬 克範
季刊考古学   138 59-62   2017年2月   [招待有り]
Preliminary Report of Archaeological Investigations on Shumshu Island, the Northern Kuril Islands
Takase, K., K. Tezuka, O. Shubina, I. Samarin, B. Fitzhugh, M. Etnier, I. Markov, and A. Shepova
18th Annual Meeting of Research Associate of North Asia   49-52   2017年2月
二〇一六年,北千島調査行
高瀬 克範
北方博物館交流   (29) 7-13   2017年3月   [招待有り]
An overview on archaeological materials in Kunio Yanagita collection
Kudo, Y., H. Shitara, K. Takase, T. Kumaki, M. Fukuda, Y. Yamada and S. Osawa
Bulletin of National Museum of Japanese History   202 27-99   2017年   [査読有り]
本州島東北部における稲作の開始とその考古学的位置づけ
高瀬 克範
弥生時代研究会シンポジウム 仙台平野に弥生文化はなかったのか—藤尾慎一郎氏の新説講演と意見交換—   57-62   2016年11月   [招待有り]
斜里町オショコマナイ河口東遺跡出土石器の使用痕分析
高瀬 克範
斜里町立知床博物館研究報告   38 33-39   2016年6月
石器の利用法からみた柳田國男旧蔵考古資料
高瀬 克範
柳田國男と考古学(設楽博己・工藤雄一郎編,新泉社)   37-39   2016年5月
資源利用から見た縄文文化と続縄文文化
高瀬 克範
縄文時代の食と住まい(小林謙一編,同成社)   51-78   2016年4月   [招待有り]
2015年度研究大会報告
高瀬 克範
北海道考古学   (52) 85-88   2016年3月
レプリカ法からみた種子コンプレックスの「北海道的特徴」
高瀬 克範
SEEDS CONTACT(Graduate School of Humanities and Sociology, The University of Tokyo   (3) 4-5   2016年3月
A study on pottery from Southern Kamchatka in T. M. Dikova and N. N. Dikov collections
Takase, Katsunori and A. I. Lebedintsev
Journal of the Graduate School of Letters   11 9-36   2016年3月
Archaeology along the coast of the Okhotsk Sea: Achievements, problems and perspectives
Katsunori Takase
Proceedings of the 30th International Abashiri Symposium [the 30th Anniversary Meeting] Study of Northern Peoples for 30 Years; Progress, Challenges and Roles of Museums   39-46   2016年3月   [招待有り]
Archaeological materials from the Kuril Islands and Sakhalin housed in Hokkaido University Natural History Museum (Botanic Garden)
Katsunori Takase
Ученые Запиский Сахалинского Государственного Университета   (11&12) 132-143   2015年10月   [招待有り]
2015年度研究大会概要「「サハリン・千島ルート」再考」
高瀬 克範
北海道考古学だより   8-9   2015年7月
稲作農耕の受容と農耕文化の形成
高瀬 克範
東北の古代史2 倭国の形成と東北(藤沢敦編,吉川弘文館)   11-43   2015年10月   [招待有り]
コラム 石器の使用痕分析
高瀬 克範
東北の古代史2 倭国の形成と東北(藤沢敦編,吉川弘文館)   162-163   2015年10月   [招待有り]
コラム 14 C年代測定法
高瀬 克範
東北の古代史2 倭国の形成と東北(藤沢敦編,吉川弘文館)   44-45   2015年10月   [招待有り]
序言—趣旨説明をかねて—
高瀬 克範
「サハリン・千島ルート」再考   2-3   2015年5月
Микроскопическое исследование каменных скребков с. о. Шумшу (Северны Курильские острова)
Takacэ, K.
VIII Диковские Чтеиня   122-124   2015年4月   [査読有り]
論文紹介 A・V・プタシンスキー2013「中山英司—カムチャツカ古代史の研究者—」『第三〇回クラシェニンニコフ・リーディングス』,二三六-二三七頁,カムチャツカ郷土学術図書館。
高瀬 克範
北方博物館交流   (27) 23-23   2015年3月
柳田國男の収集した考古資料
設楽博己・工藤雄一郎・熊木俊朗・高瀬克範・福田正宏・山田康弘・林正之
日本考古学協会第81回総会研究発表要旨   74-75   2015年5月
カムチャツカ最大の考古コレクションを訪ねて
高瀬 克範
北方博物館交流   (27) 17-23   2015年3月
オホーツク海北岸・カムチャツカ半島からみた「サハリン・千島ルート」
高瀬 克範
「サハリン・千島ルート」再考(北海道考古学会)   61-94   2015年5月
カムチャツカ半島南部出土内耳土器とその千島アイヌ史上の意義
高瀬 克範
論集忍路子   (IV) 17-45   2015年4月   [査読有り]
北海道虻田郡豊浦町礼文華遺跡の第3次調査第1〜3シーズン概要報告
小杉 康・高瀬克範・渡邊つづり・神田いずみ
北海道考古学   (51) 85-94   2015年3月   [査読有り]
大学病院ゼミナール棟地点出土石器の使用痕分析
高瀬 克範
北大構内の遺跡XXI   144-147   2015年3月
小出館遺跡出土の炭化種子
高瀬 克範
小出館遺跡平成25年度緊急発掘調査報告書(大船渡市教育委員会)   55-68   2015年3月
宮城県山元町中筋遺跡出土石器の使用痕分析
高瀬 克範
中筋遺跡—常磐自動車道(県境〜山元間)建設工事に係る発掘調査報告書V—   235-244   2015年3月
宮城県山元町中筋遺跡出土土器の圧痕分析
高瀬 克範
中筋遺跡—常磐自動車道(県境〜山元間)建設工事に係る発掘調査報告書V—   227-233   2015年3月
Use-wear analysis of stone tools from the coast of Karaga Bay, Northeastern Kamchatka, Russia
Katsunori Takase
Journal of the Graduate School of Letters   (10) 13-25   2015年3月
北上川流域における続縄文系石器の使用痕分析
高瀬 克範
古墳と続縄文文化(高志書院)   195-210   2014年10月   [招待有り]
縄文文化の土地・資源利用の相対化
高瀬 克範
中央大学学術シンポジウム考古学の地平をのぞむ 縄文時代の食と居住〜考古学と関連科学の研究成果から〜   40-53   2014年7月   [招待有り]
田んぼのある村,ない村
高瀬 克範
弥生ってなに?(国立歴史民俗博物館)   101-101   2014年7月   [招待有り]
仙台市高田B遺跡
高瀬 克範
弥生ってなに?(国立歴史民俗博物館)   98-98   2014年7月   [招待有り]
田舎館村垂柳遺跡
高瀬 克範
弥生ってなに?(国立歴史民俗博物館)   94-94   2014年7月   [招待有り]
八戸市荒谷遺跡
高瀬 克範
弥生ってなに?(国立歴史民俗博物館)   93-93   2014年7月   [招待有り]
弘前市砂沢遺跡
高瀬 克範
弥生ってなに?(国立歴史民俗博物館)   89-89   2014年7月   [招待有り]
続縄文文化の生業
高瀬 克範
週刊 新発見!日本の歴史(朝日新聞出版)   -5   2014年6月   [招待有り]

Misc

 
千島アイヌ史の考古学的研究
高瀬 克範
国際学術研究助成研究成果報告書(公益財団法人平和中島財団)   63-65   2016年10月
韓國考古環境研究所を訪ねて
高瀬克範
石器使用痕研究会会報   (7) 6-6   2007年
コラム ペトロパヴロフスク・カムチャツキーでの経験
高瀬克範
考古学集刊   (3) 41-42   2007年
考古学の真価を問う―捏造事件以後の方向性
高瀬克範
東京都立大学歴史学研究室談話会 談話会会報   1-5   2003年

書籍等出版物

 
北海道猿払村エサヌカ2遺跡出土の考古資料
高瀬 克範
北海道大学大学院文学研究科考古学研究室   2017年9月   
江豚沢II
高瀬 克範 (担当:編者)
江豚沢遺跡調査グループ   2016年3月   
千島列島出土考古資料目録
高瀬 克範・加藤 克 (担当:共著)
北海道大学北方生物圏フィールド科学センター植物園   2016年2月   
「サハリン・千島ルート」再考
高瀬 克範 (担当:編者)
北海道考古学会   2015年5月   
論集忍路子IV
高瀬 克範 (担当:編者)
忍路子研究会   2015年4月   
江豚沢I
江豚沢遺跡調査グループ   2012年3月   
論集忍路子III
高瀬 克範 (担当:編者)
忍路子研究会   2010年4月   
青森県むつ市江豚沢遺跡発掘調査概報(2008年度)
高瀬 克範 (担当:編者)
江豚沢遺跡調査グループ   2009年3月   
青森県むつ市江豚沢遺跡発掘調査概報(2007年度)
高瀬 克範 (担当:編者)
江豚沢遺跡調査グループ   2008年3月   
ナルィチェヴォ9遺跡発掘調査報告書 Pезультаты раскопок на Налычево-9 (2006-2007 гг.)
A・V・プタシンスキー,高瀬 克範 (担当:共著)
江豚沢遺跡調査グループ   2008年3月   
青森県むつ市江豚沢遺跡発掘調査概報(2006年度)
高瀬 克範 (担当:編者)
江豚沢遺跡調査グループ   2007年3月   
青森県むつ市江豚沢遺跡発掘調査概報(2005年度)
高瀬 克範 (担当:編者)
江豚沢遺跡調査グループ   2006年4月   
東北日本先史時代における栽培作物利用の変遷と特質
首都大学東京   2006年3月   
本州島東北部の弥生社会誌
六一書房   2004年5月   ISBN:978-4947743220
平成15年度町内遺跡発掘調査報告書 一戸城跡・御所野遺跡・野里遺跡
久保田太一・高瀬 克範 (担当:共編者)
2004年3月   
青森県むつ市江豚沢遺跡発掘調査概報(2003年度)
高瀬 克範 (担当:編者)
江豚沢遺跡調査グループ   2004年3月   
和野I遺跡発掘調査報告書
赤石 登・高瀬 克範 (担当:編者)
財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センター   2004年3月   

講演・口頭発表等

 
Yayoi and Epi-Jomon interaction in NE Japan [招待有り]
Katsunori Takase
University of Toroto Mississauga Insructional Building   2018年2月9日   
Revisiting the subsistence and the settlement system of the Epi-Jomon culture, Hokkaido, Northern Japan
Katsunori Takase
FAALS (Department of Anthropology, University of Washington)   2017年11月17日   
Did Holocene variability in Aleutian low dynamics force oscillations in marine ecosystems and human subsistence harvesters?, GSA Annual Meeting in Seattle, Washington, USA.
Fitzhugh, Ben, Jason Addison, William Brown, Bruce P. Finney, N. Harada, Nicole Misarti, Kana Nagashima, Katsunori Takase and Andrew Tremayne
The Geological Society of America Annual Meeting in Seattle, Washington, USA.   2017年10月10日   
弥生文化と砂沢遺跡 [招待有り]
高瀬 克範
砂沢遺跡シンポジウム 弥生最北・東日本最古の水田の実像を追う   2017年9月30日   
К вопросу о хронологии ымыяхтахской и сугуннахской пережиточно-ымыяхтахской культур и этнической принадлежности их носителей
Дьяконов, В. М. и К. Такасэ
Международный научно-практический конференция “Народы Дальнего Востока России: проблемы комплексной реконструкции исторического прошлого”, 5 сентября, Северо-Восточный федеральный университет имени М. К. Аммосова, Институт гуманитарных исследований и проб   2017年9月4日   
世界有数の過酷な海と島に生きる—千島の歴史にまなぶ—
高瀬 克範
海の宝をめぐる人と環境 海と日本PROJECT(紀伊國屋書店札幌本店)   2017年7月16日   
Integrating human paleodemography and ecology around the North Pacific Rim
Ben Fitzhugh, William Brown, Nicole Misarti, Katsunori Takase, and Andrew Tremayne
2017 ESSAS (Ecosystem Studies of Subarctic and Arctic Seas) Open Science Meeting (13 June), Tromsø, Norway.   2017年6月13日   
青森・宮城県におけるレプリカ法調査成果 [招待有り]
高瀬 克範
JSPS 科研費16H03503「冷温帯地域における稲作の歴史的展開」ワークショップ「北東北の稲作文化再考」   2017年6月12日   
Preliminary Report on Archaeological Investigations on Shumshu Island, the Northern Kuril Islands. 18th Annual Meeting of Research Association of North Asia (19 February), Sapporo Gakuin University.
Takase, K., K. Tezuka, O. Shubina, I. Samarin, B. Fitzhugh, M. Etnier, A. Shepova, and I. Markov
18th Annual Meeting of Research Association of North Asia   2017年2月19日   
続縄文文化と東北弥生文化の交流 [招待有り]
高瀬 克範
是川縄文館考古学講座(平成 28 年度後期)   2017年1月14日   
本州北端における縄文・弥生変革期と北海道 [招待有り]
高瀬 克範
平成 28 年度(仮称)丘珠縄文遺跡公園整備事業 丘珠縄文遺跡フォーラム   2016年12月17日   
カムチャツカ,北千島の竪穴群 [招待有り]
高瀬 克範
北海道教育委員会竪穴懇談会   2016年12月13日   
本州島東北部における稲作の開始とその考古学的位置づけ
高瀬 克範
弥生時代研究会仙台平野に弥生文化はなかったのか-藤尾慎一郎氏の新説講演と意見交換-   2016年11月20日   
縄文のくらしと石器—石狩紅葉山49号遺跡出土の石器使用痕分析からわかること— [招待有り]
高瀬 克範
石狩市市制施行20周年記念事業講演会   2016年11月3日   
掘り出された札幌の文化財 [招待有り]
高瀬 克範
さっぽろ市民カレッジ2016ちえりあ学習ボランティア企画講座 今話題の縄文から擦文文化〜発掘された遺跡は時代を写す〜(札幌市埋蔵文化財センター)   2016年6月30日   
北海道島における動植物利用の類型と持続性 [招待有り]
高瀬 克範
小規模経済プロジェクト長期変化班班会議(総合地球環境科学研究所)   2016年6月26日   
石錐の使用方法を解明する—千歳市キウス4・美々4遺跡の事例分析—
高瀬 克範
北海道考古学会月例研究会   2016年6月18日   
縄文文化から続縄文文化に生じた社会変化〜丘珠縄文遺跡の意義〜 [招待有り]
高瀬 克範
さっぽろ市民カレッジ2016ちえりあ学習ボランティア企画講座 今話題の縄文から擦文文化〜発掘された遺跡は時代を写す〜(札幌市生涯学習センター)   2016年6月23日   
ステン・ベルグマンコレクション(ストックホルム)の日本・千島・カムチャツカ出土考古資料
高瀬 克範
北海道考古学会月例研究会   2016年3月19日   
Archaeology along the coast of the Okhotsk Sea: Achievements and perspectives [招待有り]
The 30th International Abashiri Symposium Study of Northern Peoples for 30 Years; Progress, Challenges and Roles of Museums   2015年11月25日   
Subsistence, Land Use and Resistance to Natural Disaster of the Prehistoric Society: A Case Study in Northern Japan
Katsunori Takase
「考古学からみた気候変動と食の多様性をテーマとした歴史生態学の国際ワークショップ」   2015年7月30日   
初めて明らかになったT.M.ヂコヴァ,N.N.ヂコフ・コレクションの内耳土器の全体像とその意義
高瀬 克範
北海道考古学会月例研究会   2015年1月24日   
北日本における縄文文化の終末と丘珠縄文遺跡の意義
高瀬 克範
公開シンポジウム 是川石器時代遺跡と丘珠縄文遺跡   2014年12月20日   
北海道,農耕ことはじめ
高瀬 克範
オフィスギャザリング   2014年10月15日   
日本列島,農耕ことはじめ [招待有り]
高瀬 克範
オフィスギャザリング   2014年10月6日   
ロシア平原における中石器の利用法―モスクワ州域出土資料の使用痕分析―
高瀬 克範
北海道考古学会月例研究会   2014年6月21日   
ロシア沿海地方北部の青銅器文化
臼杵 勲・Yu.Nikitin・高瀬克範
第15回北アジア調査研究報告会   2014年3月2日   
資源・土地利用からみた続縄文文化の性格
高瀬 克範
北方島文化研究会   2014年2月22日   
縄文文化の土地・資源利用の相対化 [招待有り]
高瀬 克範
中央大学学術シンポジウム 考古学の地平をのぞむ 縄文文化の食と居住-考古学と関連科学の研究成果から-   2013年9月28日   
北の大地を掘る・みる・聞く—最新考古学事情—
高瀬 克範
北大人文学カフェ   2013年7月20日   
キウス4遺跡と縄文後期集落・墓地研究
高瀬 克範
国立歴史民俗博物館共同研究 縄文時代における社会複雑化地域多様化の研究   2013年6月30日   
レプリカ法からみた日本列島東部縄文晩期〜弥生・続縄文文化期の栽培植物利用
高瀬 克範
北海道考古学会2013年度研究大会 先史時代の植物利用戦略—栽培植物から見た考古学研究—   2013年5月11日   
南カムチャツカおよび北千島における内耳土器の型式分類と年代
高瀬 克範
北方島文化研究会   2013年4月6日   
伊那盆地における縄文時代晩期の雑穀
高瀬 克範
国立歴史民俗博物館展示プロジェクト「弥生ってなに!?(仮称)」   2013年3月31日   
ヨーロッパロシアにおける中石器の使用痕分析
高瀬 克範
第18回石器使用痕研究会   2013年3月30日   
ロシア・モスクワ州における中石器の利用法解明
高瀬 克範
平成24年度総長室事業推進経費(公募型プロジェクト研究等支援経費)「若手研究者自立支援」研究成果発表会   2013年3月22日   
H317遺跡の調査成果の位置付け
高瀬克範
仮称)古代の里整備基本構想検討委員会   2012年   
高緯度地域の資源利用―東北・北海道・千島・カムチャツカ―
高瀬克範
第9回鳥取大学と鳥取県合同シンポジウム 湖山池をめぐる歴史的環境   2012年   
初期農耕社会の穀物収穫行為―石器使用痕分析による日本列島と韓半島の比較研究―
高瀬克範
北大史学会月例研究会   2012年   
ギョイテペ遺跡出土石器使用痕分析結果報告
高瀬克範
第86回アルジャジーラ研究会   2012年   
柳田国男コレクション中の石器の使用痕分析
高瀬克範
公募型共同研究「柳田国男収集考古資料の研究」研究会   2012年   
札幌市K39遺跡出土石器の使用痕分析
高瀬克範
石器使用痕研究会   2012年   
弥生と続縄文
高瀬克範
国立歴史民俗博物館基幹研究・研究会,農耕社会の成立と展開−弥生時代像の再構築―   2012年   
カムチャツカ半島南部出土土器の年代
高瀬克範
北海道考古学会月例研究会   2012年   
秋田の弥生稲作研究,最前線
高瀬克範
船川港築港100周年記念行事男鹿市文化財シンポジウム 秋田の米づくりはじまる―2000年前から現代へ―   2012年   
韓国青銅器時代における異形石器の使用痕分析
高瀬克範
石器使用痕研究会   2012年   
縄文晩期〜弥生時代移行期の栽培植物
高瀬克範
日本考古学協会   2011年   
Spatial Diversity and Temporal Change of Plant Use in Sagami Province, Classical Japan: An Archaeological Approach
高瀬克範
Meiji University-USC Faculty and Graduate Student Research Exchange   2010年   
アジアから日本文化の源流を探る 東アジアのなかの縄文・弥生文化―原日本の形成―
高瀬克範
かわさき市民アカデミー   2010年   
関東平野北部弥生時代の「打製石斧」の使用痕
第15回石器使用痕研究会   2010年   
青森県域における生業と地域構成-「弥生文化」の広がりを考えるために-
国立歴史民俗博物館基幹研究・研究会,農耕社会の成立と展開−弥生時代像の再構築—,   2010年   
青森県むつ市江豚沢遺跡の発掘調査(2003-2009)
第11回北アジア調査研究報告会   2010年   
レプリカ法による先史時代植物利用の研究
高瀬克範
2009年度考古学実習成果報告会   2009年   
考古学からみた先史時代の植物利用
高瀬克範
高等学校出張授業   2009年   
Prehistoric and Protohistoric Plant Use in the Japanese Archipelago
Meiji University Premodern Japan Exchange   2009年   
東日本弥生農耕の新展開
考古学ゼミナール 古代農耕の新視点   2009年   
石製収穫具の使用痕分析-日本列島弥生時代と朝鮮半島青銅器時代の比較-
国立歴史民俗博物館基幹研究・研究会,農耕社会の成立と展開−弥生時代像の再構築—   2009年   
ロシア連邦カムチャツカ地方アナヴガイ2遺跡の調査
第10回北アジア調査研究報告会   2009年   
レプリカ法による先史時代植物利用の研究
高瀬克範
2008年度考古学実習成果報告会   2008年   
神奈川県横浜市大塚・歳勝土遺跡の見学―弥生時代集落復元の手法を考える―
高瀬克範
雑穀研究会   2008年   
先史時代の植物利用再考
高瀬克範
明治大学博物館友の会講演会 日本考古学2008   2008年   
古コリャーク文化の掻器
高瀬克範
どんぐり会   2008年   
縄文・弥生時代の雑穀利用
弥生シンポジウム 食べ物からみた徳島の弥生時代徳島   2008年   
Archaeobotany of Barnyard Millet (Echinochloa) in the Jomon Period
Society for East Asian Archaeology   2008年   
弥生時代研究の到達点と課題―岩手県内における今後の調査を念頭において―
高瀬克範
財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センター平成19年度 埋蔵文化財発掘調査技術講習会   2007年   
実験考古学を通してみた歴史研究の魅力
高瀬克範
高等学校出張授業   2007年   
本州島東北部における縄文・弥生期の出土種子
高瀬克範
日本考古学協会2007年度熊本大会   2007年   
掻器の運動方向に関する一考察―北海道島後期旧石器時代前半期の資料を中心に―
高瀬克範
どんぐり会   2007年   
弥生収穫具研究の最前線―使い方からみた日本列島の特色―
高瀬克範
明治大学博物館友の会講演会 日本考古学2007   2007年   
Use angle and motional direction of endscrapers
高瀬克範
72nd Society of American Archaeology Annual Meeting   2007年   
カムチャツカ州アヴァチャ9およびナルィチェヴォ9遺跡の調査
高瀬克範
北アジア調査研究報告会   2007年   
住居跡覆土の水洗―縄文期の炭化種子検出を目的としたウォーター・フローテーションの現状と課題―
高瀬克範
縄文集落研究の新地平4―竪穴住居・集落調査のリサーチデザイン―   2006年   
東アジアにおける初期農耕社会の石製収穫具―日本列島と朝鮮半島を中心に―
高瀬克範
メトロポリタン史学会   2006年   
儀礼と交換―弥生?期の秋田平野から津軽平野の事例―
高瀬克範
考古学研究会   2006年   
2005年度 青森県江豚沢遺跡の炭素14年代測定
高瀬克範
第8回AMSシンポジウム   2006年   
カムチャッカ半島東海岸,ナルィチェヴォ9遺跡の発掘調査
高瀬克範
第7回北アジア調査研究報告会   2006年   
Hideworking in Post-socialism
World Archaeology Congress Osaka 2006   2006年   
カムチャッカ半島東海岸,ナルィチェヴォ9遺跡の発掘調査
高瀬克範
集落研究会   2005年   
スクレイパーの運動方向と作業角度を考える
高瀬克範
北アジア調査研究報告会   2005年   
Implications of hideworking ethnoarchaeology for the modern socio-economic studies: a case of the Kamchatka peninsula
3rd conference on “Shirokogorov Studies”   2005年   
炭化種子研究の課題
高瀬克範
中部弥生時代研究会   2004年   
日本列島東部弥生時代・続縄文期研究の自画像
高瀬克範
弥生社会談話会   2004年   
カムチャッカ半島における皮革加工
高瀬克範
石器使用痕研究会   2004年   
日本列島東北部における弥生・続縄文期の食糧資源利用―
高瀬克範
大学合同シンポジウム   2003年   
考古学における社会関係論の整理―生産・流通論に関連して―
高瀬克範
弥生社会談話会   2003年   
縄文・弥生社会研究における「集団」の編成・関係について
高瀬克範
弥生社会談話会   2003年   
北海道嶋木遺跡出土石器の使用痕」
高瀬克範
石器使用痕研究会   2003年   
続縄文恵山式と東北弥生文化
高瀬克範
考古学研究会東京例会   2003年   
東北地方の弥生時代研究略史
高瀬克範
弥生社会談話会   2002年   
東北日本における弥生・続縄文の生業
高瀬克範
東京大学文学部公開セミナー   2002年   
論評 秋山浩三1999近畿における弥生化の具体像
高瀬克範
弥生社会談話会   2002年   
弥生時代の石製農具 東北・北海道
高瀬克範
石器使用痕研究会   2002年   
東北地方北部弥生時代のスクレイパー類について
高瀬克範
石器使用痕研究会   2000年   
弥生時代のコメをめぐる問題
高瀬克範
北大史学会   1999年   
恵山式土器群における成立・拡散の背景
高瀬克範
北海道考古学会   1997年   
恵山文化の魚形石器について
高瀬克範
北海道考古学会   1996年   
恵山文化の魚形石器の機能・用途
高瀬克範
北海道考古学会   1996年   
神奈川県横浜市大塚・歳勝土遺跡の見学―弥生時代研究における遺跡・遺構情報のもつ意義を考える―
高瀬克範
2008年度考古学実習成果報告会   2008年12月   
京都府京都市深草遺跡・大阪府大阪市瓜破遺跡出土石庖丁の使用痕分析
高瀬克範
2008年度考古学実習成果報告会   2008年12月   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
千島アイヌの起源と経済史に関する考古学的研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金基盤研究(A)一般
研究期間: 2015年4月 - 2020年3月    代表者: 高瀬 克範
東日本における食糧生産の開始と展開の研究―レプリカ法を中心として―
日本学術振興会: 科学研究費補助金基盤研究(A)一般
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 設楽博己
冷温帯地域における稲作の歴史的展開
日本学術振興会: 科学研究費補助金基盤研究(B)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 上條信彦
北海道の先史時代における資源減少に関する考古学的検討
日本学術振興会: 外国人招へい研究者 (Prof. Ben Fitzhugh, University of Washington)
研究期間: 2018年4月 - 2018年7月    代表者: 高瀬 克範
千島アイヌの起源と経済史に関する考古学的研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金国際共同研究強化
研究期間: 2016年12月 - 2018年3月    代表者: 高瀬 克範
初期遊牧国家の比較考古学的研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金基盤研究(A)一般
研究期間: 2014年4月 - 2018年3月    代表者: 臼杵 勲
北海道大学外国人招へい教員 (Prof. G. W. Crawford, University of Toronto Mississauga)
北海道大学: 北海道大学外国人招へい教員
研究期間: 2017年1月 - 2017年3月    代表者: 高瀬 克範
千島アイヌ史の考古学的研究
平和中島財団: 外国人研究者等招致助成 (Prof. A. Ptashinsky, Kamchatka State University)
研究期間: 2015年6月 - 2015年6月    代表者: 高瀬 克範
千島・北海道東部出土遺物を用いた複合的な資料情報の収集・活用に関する基礎研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金基盤研究(C)
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 加藤 克
植物・土器・人骨の分析を中心とした日本列島農耕文化複合の形成に関する基礎的研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金基盤研究(A)一般
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 設楽博己
柳田国男収集考古資料の研究
国立歴史民俗博物館: 公募型共同研究
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 設楽博己
カムチャツカ半島出土土器の年代学的研究
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(A))
研究期間: 2010年 - 2013年    代表者: 高瀬克範
ロシア・モスクワ州における中石器の利用法解明
北海道大学: 総長室事業推進経費(公募型プロジェクト研究等支援経費)若手研究者自立支援
研究期間: 2012年 - 2012年    代表者: 高瀬克範
北海道とカムチャツカ間における先史時代の文化交流に関する研究
日本学術振興会: 外国人研究者招聘事業(短期)(Prof. A. V. Ptashinsky, Kamchatka State University)
研究期間: 2012年1月 - 2012年1月    代表者: 高瀬克範
弥生時代における地域複合体論の構築
明治大学人文科学研究所: 個人研究1種
研究期間: 2010年 - 2011年    代表者: 高瀬克範
レプリカ・セム法による極東地域先史時代の植物栽培化過程の実証的研究
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A)一般
研究期間: 2008年 - 2011年    代表者: 小畑弘己
北端の「弥生文化」の生業と社会組織に関する研究
明治大学大学院: 研究科共同研究
研究期間: 2009年 - 2009年    代表者: 高瀬克範
下北半島初期農耕社会における環境・資源利用に関する考古学的研究
明治大学人文科学研究所: 個人研究第1種
研究期間: 2008年 - 2009年    代表者: 高瀬克範
カムチャツカ半島先史考古学の再構築
明治大学: 若手研究
研究期間: 2008年 - 2008年    代表者: 高瀬克範
皮革加工技術と社会主義の民族考古学
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究B)
研究期間: 2006年 - 2008年    代表者: 高瀬克範
実験考古学による遺跡発見器具の効力と資源利用に関する研究
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究A(2)
研究期間: 2004年 - 2007年    代表者: 山田昌久
北海道における古代から近世の遺跡の暦年代
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究B(2))
研究期間: 2004年 - 2007年    代表者: 臼杵 勲
下北半島における初期農耕集落の考古学的研究」
福武学術文化振興財団: 福武学術文化振興財団研究助成
研究期間: 2006年 - 2006年    代表者: 高瀬克範
カムチャッカ半島南部遺跡の年代学的研究
パレオ・ラボ: 若手研究者を支援する研究助成
研究期間: 2006年 - 2006年    代表者: 高瀬克範
東北日本先史時代における栽培作物利用の変遷と特質
文部科学省: 学研究費補助金(若手研究B)
研究期間: 2003年 - 2005年    代表者: 高瀬克範
青森県むつ市江豚沢(ふぐさわ)遺跡の発掘調査
財団法人高梨学術奨励基金: 財団法人高梨学術奨励基金
研究期間: 2004年 - 2004年    代表者: 高瀬克範
関東・東北弥生土器と北海道続縄文土器の広域編年
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究B(2))
研究期間: 2004年 - 2004年    代表者: 石川日出志
東北地方北部における弥生時代遺跡の発掘調査
財団法人高梨学術奨励基金: 財団法人高梨学術奨励基金
研究期間: 2003年 - 2003年    代表者: 高瀬克範
極東古集団の形成・統合
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A)一般)
研究期間: 2009年 - 2001年    代表者: 臼杵 勲
石器使用痕分析による「亀ヶ岡文化」の解体と弥生文化の成立要因に関する研究
日本科学協会: 
研究期間: 2000年 - 2000年    代表者: 高瀬克範
東北地方における稲作開始期の集落再編の特質
財団法人高梨学術奨励基金: 財団法人高梨学術奨励基金
研究期間: 1999年 - 1999年    代表者: 高瀬克範
東北地方における弥生文化の伝播経路の研究
財団法人高梨学術奨励基金: 財団法人高梨学術奨励基金
研究期間: 1998年 - 1998年    代表者: 高瀬克範
縄文時代中期中葉における円筒・大木式土器の胎土分析
財団法人高梨学術奨励基金: 財団法人高梨学術奨励基金
研究期間: 1997年 - 1997年    代表者: 高瀬克範