YOSHIO TAKASHI

J-GLOBAL         Last updated: Dec 13, 2018 at 12:36
 
Avatar
Name
YOSHIO TAKASHI
Research funding number
20510332

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Yamanouchi Y, Sukegawa T, Inagaki A, Inada T, Yoshio T, Yoshimura R, Iwata N
The international journal of neuropsychopharmacology   20(7) 548-549   Jul 2017   [Refereed]
Uno J, Obara K, Suzuki H, Miyatani S, Chino D, Yoshio T, Tanaka Y
Pharmacology   99(1-2) 89-98   2017   [Refereed]
[Individually Safe and Realistic Correction of Antipsychotic Polypharmacy and High-dose Regimens in Japanese Patients with Chronic Schizophrenia: The SCAP method].
Yamanouchi Y, Sukegawa T, Inagaki A, Inada T, Yoshio T, Yoshimura R, Iwata N
Seishin shinkeigaku zasshi = Psychiatria et neurologia Japonica   117(4) 305-311   2015   [Refereed]
Yamanouchi Y, Sukegawa T, Inagaki A, Inada T, Yoshio T, Yoshimura R, Iwata N
The international journal of neuropsychopharmacology   18(5)    Dec 2014   [Refereed]
Sukegawa T, Inagaki A, Yamanouchi Y, Inada T, Yoshio T, Yoshimura R, Iwata N
BMC psychiatry   14 103   Apr 2014   [Refereed]

Misc

 
費用効用分析による精神科病棟薬剤業務の薬剤経済学的有用性評価
村田 篤信, 五十嵐 中, 橋本 亮太, 桑原 秀徳, 谷藤 弘淳, 林 貴史, 三輪 高市, 善本 正樹, 吉尾 隆
日本病院薬剤師会雑誌   54(7) 835-840   Jul 2018
精神科病棟薬剤業務(以下、本業務)では、抗精神病薬処方適正化への貢献が求められるが、獲得できる健康アウトカムや経済効果は不明である。本研究では、協和病院の治療成績に基づき、抗精神病薬単剤化を100件達成時の経済効果と獲得質調整生存年(quality adjusted life year:以下、QALY)を、費用効用分析により算出した。そして、薬剤総合評価調整加算対象の抗精神病薬減量時を想定し、本業務に関連する診療報酬額の増分費用効果比(incremental cost-effectiven...
【外来・病棟でよくみる精神症状対応マニュアル】 (第1章)押さえておきたい向精神薬の基本 向精神薬の減薬・減量と離脱症状
吉尾 隆
薬事   60(10) 1826-1831   Jul 2018
<Key Points>・抗精神病薬の減薬・減量は、コリン作動性離脱とドパミン作動性離脱に注意しながら緩徐に行い、クロルプロマジン換算で25mg/週以下の減量速度が提案されている。・抗うつ薬の減薬・減量は、セロトニン作動性離脱やコリン作動性離脱に注意しながら緩徐に行うことが推奨されており、離脱症状は各薬剤の消失半減期および患者の代謝により異なることに注意する。・リチウムの減薬・減量による離脱症状は報告されていないが、中止による再燃に注意し、他の向精神薬と同様に緩徐に減量していく必要がある。...
急性薬物中毒症例における定性分析結果が入院期間に与える影響
花井 雄貴, 松尾 和廣, 青山 剛一, 小川 隆之, 草野 歩, 鈴木 銀河, 一林 亮, 本多 満, 吉尾 隆, 西澤 健司
中毒研究   31(2) 249-249   Jul 2018
薬物血中濃度を臨床に活用する方策 ボリコナゾールを自施設で測定するメリット
花井 雄貴, 松尾 和廣, 草野 歩, 吉尾 隆, 西澤 健司
感染症学雑誌   92(3) 412-412   May 2018
薬物血中濃度を臨床に活用する方策 ボリコナゾールを自施設で測定するメリット
花井 雄貴, 松尾 和廣, 草野 歩, 吉尾 隆, 西澤 健司
日本化学療法学会雑誌   66(3) 402-402   May 2018