橋本敬

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/19 20:50
 
アバター
研究者氏名
橋本敬
 
ハシモトタカシ
eメール
hashjaist.ac.jp
URL
http://www.jaist.ac.jp/ks/labs/hashimoto/
所属
北陸先端科学技術大学院大学
部署
知識科学系
職名
教授
学位
博士(学術)(東京大学大学院)
その他の所属
サービスサイエンス研究センター

プロフィール

複雑系の観点から言語の起源・進化,コミュニケーションのダイナミクス,社会制度の生成・デザインの研究を行い,知識の創造・共有・活用を解明する知識科学の構築を目指す.

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
北陸先端科学技術大学院大学 知識科学系 教授
 
2009年4月
 - 
2017年3月
北陸先端科学技術大学院大学 知識科学研究科 教授
 
2014年7月
 - 
2015年3月
Telecom ParisTech Visiting Researcher
 
2006年4月
 - 
2009年3月
北陸先端科学技術大学院大学 知識科学研究科 准教授
 
1999年4月
 - 
2006年3月
北陸先端科学技術大学院大学 知識科学研究科 助教授
 

論文

 
Toya G, Hashimoto T
Frontiers in Psychology   9 1-17   2018年9月   [査読有り]
It has been suggested that hierarchically structured symbols, a remarkable feature of human language, are produced via the operation of recursive combination. Recursive combination is frequently observed in human behavior, not only in language but...
Fujiwara Masayuki, Hashimoto Takashi, Li Guanhong, Okuda Jiro, Konno Takeshi, Samejima Kazuyuki, and Morita Junya
The Booklet of Analysis and Modeling of Complex Oscillatory Systems (AMCOS)   48   2018年3月   [査読有り]
Shoji Nagataki,Masayoshi Shibata,Takashi Hashimoto,Tatsuya Kashiwabata,Takeshi Konno,Hideki Ohira,Toshihiko Miura,Shinichi Kubota
Proceedings of the XIX International Conference on Human Computer Interaction, Interacción 2018, Palma, Spain, September 12-14, 2018   24:1-24:5   2018年   [査読有り]
Neural implementation and evolutionary simulation of building hierarchical structure
Genta Toya, Rie Asano and Takashi Hashimoto
The Proceedings of the 28th Annual Conference of the Japanese Neural Network Society   160-161   2018年   [査読有り]
Changes in phase synchronization of EEG during development of symbolic communication systems., In J. M. Delgado-Garc_a, X. Pan, R. S_nchez-Campusano, & R. Wang (Eds.)
Masayuki Fujiwara, Takashi Hashimoto, Guanhong Li, Jiro Okuda, Takeshi Konno, Kazuyuki Samejima, Junya Morita
Advances in Cognitive Neurodynamics(VI): Proceedings of the 6th International Conference on Cognitive Neurodynamics _ 2017   327-333   2018年   [査読有り]
Phase Synchrony in Symbolic Communication: Effect of Order of Messaging Bearing Intention
Masayuki Fujiwara, Takashi Hashimoto, Guanhong Li, Jiro Okuda, Takeshi Konno, Kazuyuki Samejima, and Junya Morita
Proceedins of The 20th Annual International Conference of the Japanese Society for Language Sceiences   40-41   2018年   [査読有り]
Similarity of characters affects attrition of orthographic skill in logographic written language: Case of Japanese-speaking native Chinese in Japan
Ahemaiti Milayi , Takashi Hashimoto
Proceedins of The 20th Annual International Conference of the Japanese Society for Language Sceiences   156-159   2018年   [査読有り]
Genta Toya, Rie Asano, and Takashi Hashimoto
The Program and Abstract Booklet of EVOSLACE: Workshop on the emergence and evolution of social learning, communication, language and culture in natural and artificial agents in ALIFE 2018   21   2018年   [査読有り]
Attrition of orthographic skill in logographic written language: Case of Japanese-speaking native Chinese in Japan
Milayi Ahemaiti and Takashi Hashimoto
知識共創   8 V15-1-V15-2   2018年   [査読有り]
原子力発電施設職員の世代継承性を改善するためのプログラム開発
趙巧,樽田泰宜,小林重人,橋本敬
知識共創   8 V13-1-V13-2   2018年   [査読有り]
道徳多様化メカニズムの解明のためのシミュレーションによる生物進化と文化進化における多様化パターン分析の提案
赤池敬,橋本敬
知識共創   8 V8-1-V8-2   2018年   [査読有り]
高齢者が支え合うコミュニティ形成モデルの研究
張玥,小林重人,橋本敬
知識共創   8 V7-1-V7-2   2018年   [査読有り]
記号コミュニケーション課題におけるコミュニティ抽出法を用いた脳波位相同期ネットワーク構造の解析
藤原正幸, 橋本敬, 李冠宏, 奥田次郎, 金野武司, 鮫島和行, 森田純哉
知識共創   8 IV3-1-IV3-8   2018年   [査読有り]
マンガを用いた創作タスクによる日本語オノトペの暗黙的ニュアンス習得方法の開発
練原_,橋本敬
知識共創   8 III4-1-III4-10   2018年   [査読有り]
日中言語の同形複合動詞に表れる認知の違い:意味範疇・意味拡張の分析
高明君,本田弘之,橋本敬
知識共創   8 III3-1-III3-10   2018年   [査読有り]
ロボットは道徳的な行為主体になり得るか,<個性>を持ち得るか
橋本敬,金野武司,長滝祥司,大平英樹,入江諒,河上章太郎,佐藤拓磨,加藤樹里,柏端達也,三浦俊彦,久保田進一,柴田正良
日本認知科学会第35回大会発表論文集   958-960   2018年   [査読有り]
Takashi Hashimoto, Makoto Nishibe
Evolutionary and Institutional Economics Review   14(1) 1-27   2017年6月   [査読有り]
Masayuki Fujiwara,Takashi Hashimoto,Guanhong Li,Jiro Okuda,Takeshi Konno,Kazuyuki Samejima,Junya Morita
Proceedings of the 39th Annual Meeting of the Cognitive Science Society, CogSci 2017, London, UK, 16-29 July 2017      2017年   [査読有り]
Shoji Nagataki,Masayoshi Shibata,Tatsuya Kashiwabata,Takashi Hashimoto,Takeshi Konno,Hideki Ohira,Toshihiko Miura,Shinichi Kubota
Proceedings of the 39th Annual Meeting of the Cognitive Science Society, CogSci 2017, London, UK, 16-29 July 2017      2017年   [査読有り]
Genta Toya,Takashi Hashimoto
Proceedings of the 39th Annual Meeting of the Cognitive Science Society, CogSci 2017, London, UK, 16-29 July 2017      2017年   [査読有り]
Implicit memory processing in the formation of a shared communication system
Junya Morita, Takeshi Konno, Jiro Okuda, Kazuyuki Samejima, Guanhong Li, Masayuki Fujiwara and Takashi Hashimoto
Proceedings of the 15th International Conference on Cognitive Modeling, 2017   6pages   2017年   [査読有り]
Considering provision of global public goods with community task game, in Masayuki Tadokoro, Susumu Egashira, and Kazuya Yamamoto (Editors)
Takashi Hashimoto , Hiroaki Yamada
Emerging Risks in a World of Heterogeneity   175-196   2017年   [査読有り]
Genta Toya,Takashi Hashimoto
Proceedings of the Fourteenth European Conference Artificial Life, ECAL 2017, Lyon, France, September 4-8, 2017   396-403   2017年   [査読有り]
Changes in phase synchronization of EEG during development of symbolic communication systems
Masayuki Fujiwara, Takashi Hashimoto, Guanhong Li, Jiro Okuda, Takeshi Konno, Kazuyuki Samejima and Junya Morita
The 6th International Conference on Cognitive Neurodynamics Program & Abstract Book   113   2017年   [査読有り]
Attrition in Logographic Language: Case of Chinese Speaker in Japan
MILAYI Ahemaiti, HASHIMOTO Takashi
知識共創   7 V16-1   2017年   [査読有り]
記号コミュニケーション課題における成功・失敗ペア間の脳波位相同期構造の比較
藤原正幸,橋本敬,李冠宏,奥田次郎,金野武司,鮫島和行,森田純哉
知識共創   7 V15-1   2017年   [査読有り]
マンガを用いた創作タスクによる日本語オノマトペの暗黙的ニュアンスの習得方法
練原_,橋本敬
知識共創   7 V7-1   2017年   [査読有り]
日中言語の認知の違い:同形複合動詞の認知言語学的対照分析の提案
高明君,橋本敬
知識共創   7 V6-1   2017年   [査読有り]
人とのインタラクションで認識されるロボットの個性の数値化手法の提案,
捧文人,橋本敬
知識共創   7 V4-1   2017年   [査読有り]
シビックテックにおける技術者と地域住民の協働実現に向けたCode for America へのヒアリング調査分析
大西翔太,小林重人,橋本敬
知識共創   7 V3-1   2017年   [査読有り]
2つの再帰「階層的埋め込み」「自己参照」:その適応的機能の差異とヒトにおける実現
外谷弦太,橋本敬
日本認知科学会第34回大会(JCSS2017)予稿集   622-624   2017年   [査読有り]
Li Guanhong, Konno Takeshi, Okuda Jiro, Hashimoto Takashi
ADVANCES IN COGNITIVE NEURODYNAMICS (V)   565-571   2016年   [査読有り]
解釈学的循環と暗黙的認識による言語コミュニケーションの概念化
前田聡,橋本敬
知識共創   6 v12-1   2016年   [査読有り]
Tianjiao Wang and Takashi Hashimoto
言語処理学会第22回年次大会発表論文集   131-134   2016年   [査読有り]
記号コミュニケーション理解のための脳波位相同期ネットワークによる二者間相関解析の提案
藤原正幸,橋本敬
知識共創   6 VII-1-VII-1-6   2016年   [査読有り]
共通ポイントによる地域包括ケアシステム財源問題の解決策
岩田俊裕,橋本敬
知識共創   6 V5-1   2016年   [査読有り]
人工言語の共創課題を用いたことばへの気づきの誘発に関する試み
金野武司,橋本敬
知識共創   6 III4-1-III4-12   2016年   [査読有り]
小林重人,吉田昌幸,橋本敬
シミュレーション&ゲーミング]   23(2) 1-11   2015年3月   [査読有り]
Japanese onomatopoeia is an important element to express feelings and experiences lively. It is very difficult for Japanese learners to acquire onomatopoeia, especially, its nuance. In this paper, based on traditional L2 learning theories, we prop...
小林重人,吉田昌幸,橋本敬
シミュレーション&ゲーミング]   23(2) 1-11   2015年3月   [査読有り]
In order to investigate the formation mechanism of community activity, we constructed an agent-based model based on a scenario driven by subjective norm and self-efficacy utilizing a community task game. The model demonstrated the spontaneous form...
小林重人, 吉田昌幸, 橋本敬
シミュレーション&ゲーミング   23(2) 1-11   2015年3月   [査読有り]
山田広明, 橋本敬
人工知能学会論文誌(Web)   30(2) 491-497 (J-STAGE)-497   2015年1月   [査読有り]
In order to investigate the formation mechanism of community activity, we constructed an agent-based model based on a scenario driven by subjective norm and self-efficacy utilizing a community task game. The model demonstrated the spontaneous form...
楊碩, 橋本敬, 李冠宏, 李暁燕
人工知能学会論文誌(Web)   30(1) 331-339 (J-STAGE)-339   2015年1月   [査読有り]
Japanese onomatopoeia is an important element to express feelings and experiences lively. It is very difficult for Japanese learners to acquire onomatopoeia, especially, its nuance. In this paper, based on traditional L2 learning theories, we prop...
Tsuda I, Yamaguchi Y, Hashimoto T, Okuda J, Kawasaki M, Nagasaka Y
Neuroscience research   90 51-55   2015年1月   [査読有り]
Okuda Jiro, Suzuki Maki, Konno Takeshi, Morita Junya, Hashimoto Takashi
ADVANCES IN COGNITIVE NEURODYNAMICS (IV)   537-541   2015年   [査読有り]
Hashimoto Takashi, Konno Takeshi, Morita Junya
ADVANCES IN COGNITIVE NEURODYNAMICS (IV)   447-451   2015年   [査読有り]
An EEG study of the role of human mirror neuron system during associative learning
Guanhong Li, Takeshi Konno, Jiro Okuda, and Takashi Hashimoto
Tokyo Lectures in Language Evolution: Booklet of poster and talk abstracts, The Japan Evolutionary Linguistics Forum   32   2015年   [査読有り]
Computational study about evolutionary process and adaptability of recursive operation in behavioral level
Toya Genta and Takashi Hashimoto
Tokyo Lectures in Language Evolution: Booklet of poster and talk abstracts, The Japan Evolutionary Linguistics Forum   36   2015年   [査読有り]
Conceptualization for sharing images in displaced communication: A comparative analysis of hearing and deaf communities
Kaori Tamura, Tomohiro Okada, Mayumi Bono, and Takashi Hashimoto
Tokyo Lectures in Language Evolution: Booklet of poster and talk abstracts, The Japan Evolutionary Linguistics Forum   37   2015年   [査読有り]
Computational study on evolution and adaptability of recursive operations
Genta Toya and Takashi Hashimoto
Proceedings of the 20th International Symposium on Artificial Life and Robotics (AROB15)   68-73   2015年   [査読有り]
言語における回帰の適応性に関する考察:物体操作の進化シミュレーションの帰結より
外谷弦太,橋本敬
言語科学会第17回年次国際大会予稿集   208-209   2015年   [査読有り]
ミラーニューロンシステムの活動と記号コミュニケーションシステムの形成との関係についての脳波研究
李冠宏, 金野武司, 奥田次郎, 橋本敬
日本認知科学会第32回大会予稿集   604-609   2015年   [査読有り]
小坂満隆,橋本敬
横幹   8(2) 46-49   2014年10月   [査読有り]
In this paper, the School of knowledge science in JAIST (Japan Advanced Institute of Science and Technology) is introduced as a successful example of transdisciplinary education and human resources development. Knowledge science is an important t...
小坂満隆, 橋本敬
横幹   8(2) 46-49   2014年10月   [査読有り]
In this paper, the School of knowledge science in JAIST (Japan Advanced Institute of Science and Technology) is introduced as a successful example of transdisciplinary education and human resources development. Knowledge science is an important t...
Takeshi Konno,Shoji Nagataki,Masayoshi Shibata,Takashi Hashimoto,Hideki Ohira
Proceedings of the 36th Annual Meeting of the Cognitive Science Society, CogSci 2014, Quebec City, Canada, July 23-26, 2014      2014年   [査読有り]
Stability of dominant state and dynamics of learning in stochastic model of collective decision making
Akira Masumi , Takashi Hashimoto
Proceedings of The Nineteenth International Symposium on Artificial Life and Robotics 2014 (AROB 19th 2014)      2014年   [査読有り]
Kaori Tamura , Takashi Hashimoto
The Evolution of Language: Proceedings of the 10th International Conference EVOLANG 10   326-333   2014年   [査読有り]
言語とコミュニケーションの創発に対する複雑系アプローチとはなにか
橋本敬
計測と制御   53(9) 789-793   2014年   [査読有り]
言語的コミュニケーションシステムの創発に関する実験的アプローチ
金野武司, 森田純哉, 橋本敬
計測と制御   53(9) 801-807   2014年   [査読有り]
外国語使用時における客体的自覚の変化について
馬思維,橋本敬
知識共創   4    2014年   [査読有り]
Takeshi Konno,Junya Morita,Takashi Hashimoto
Proceedings of the 35th Annual Meeting of the Cognitive Science Society, CogSci 2013, Berlin, Germany, July 31 - August 3, 2013      2013年   [査読有り]
Guanhong Li,Takashi Hashimoto,Jiro Okuda
Proceedings of the 35th Annual Meeting of the Cognitive Science Society, CogSci 2013, Berlin, Germany, July 31 - August 3, 2013      2013年   [査読有り]
Shoji Nagataki,Masayoshi Shibata,Takeshi Konno,Takashi Hashimoto,Hideki Ohira
Proceedings of the 35th Annual Meeting of the Cognitive Science Society, CogSci 2013, Berlin, Germany, July 31 - August 3, 2013      2013年   [査読有り]
Kaori Tamura,Takashi Hashimoto
Proceedings of the 35th Annual Meeting of the Cognitive Science Society, CogSci 2013, Berlin, Germany, July 31 - August 3, 2013      2013年   [査読有り]
コミュニケーションシステムの形成過程に見る知識共創の基盤
金野武司,森田純哉,橋本敬
知識共創   3 III8-1-III8-10   2013年   [査読有り]
Kobayashi, K., Hashimoto, T., Kurita, S., and Nishibe, M.
Proceedings of the 2nd International Conference on Complementary Currency Systems. International Institute of Social Studies in The Hague   1-12   2013年   [査読有り]
Differentiation through symbolic communication
Takuma Torii and Takashi Hashimoto
Advances in Cognitive Neurodynamics (III)   523-530   2013年   [査読有り]
Symbol communication systems integrate implicit information in coordination tasks
Takeshi Konno, Junya Morita and Takashi Hashimoto
Advances in Cognitive Neurodynamics (III)   453-460   2013年   [査読有り]
Guanhong Li,Takashi Hashimoto
Proceedings of the 34th Annual Meeting of the Cognitive Science Society, CogSci 2012, Sapporo, Japan, August 1-4, 2012      2012年   [査読有り]
Junya Morita,Takeshi Konno,Takashi Hashimoto
Proceedings of the 34th Annual Meeting of the Cognitive Science Society, CogSci 2012, Sapporo, Japan, August 1-4, 2012      2012年   [査読有り]
Kaori Tamura,Takashi Hashimoto
Proceedings of the 34th Annual Meeting of the Cognitive Science Society, CogSci 2012, Sapporo, Japan, August 1-4, 2012      2012年   [査読有り]
Takeshi Konno,Junya Morita,Akihito Kishino,Takashi Hashimoto,Jiro Okuda,Maki Suzuki
Proceedings of the 34th Annual Meeting of the Cognitive Science Society, CogSci 2012, Sapporo, Japan, August 1-4, 2012   2735   2012年   [査読有り]
コミュニケーション成立の観察実験に基づく認知モデルの設計
森田純哉,金野武司,橋本敬
日本認知科学会第28回大会論文集   45-52   2012年   [査読有り]
How is pragmatic grounding formed in the symbolic communication systems?
Takeshi Konno, Junya Morita and Takashi Hashimoto
Proceedings of the 9th International Conference (EVOLANG9)   482-483   2012年   [査読有り]
Takuma Torii,Takashi Hashimoto
6TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON SOFT COMPUTING AND INTELLIGENT SYSTEMS, AND THE 13TH INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON ADVANCED INTELLIGENT SYSTEMS   896-901   2012年   [査読有り]
知識処理機構としての市場制度−サーキットブレーカー制度を例として−
小林重人, 橋本敬
知識共創, vol.2   2    2012年   [査読有り]
Circulation mechanism of community currency in hilly and mountainous area: An agent-based simulation study
Shigeto Kobayashi, Yusuke Takahashi and Takashi Hashimoto
Proceedings of The 8th Conference of the European Social Simulation Association (ESSA 8th '12)   169-174   2012年   [査読有り]
Hashimoto T, Konno T
Physics of life reviews   8(4) 365-366   2011年12月   [査読有り]
Benefits and limits of circuit breaker−Institutional design using artificial futures market−
Shigeto Kobayashi, Takashi Hashimoto
Evolutionary and Institutional Economics Review   7(2) 355-372   2011年   [査読有り]
Torii Takuma, Hashimoto Takashi
INTERNATIONAL JOURNAL OF BIO-INSPIRED COMPUTATION   3(3) 168-178   2011年   [査読有り]
An experiment with human-robot interaction to study intentional agency in joint visual attention
Takeshi Konno and Takashi Hashimoto
Proceedings of the 9th IEEE International Conference on Development and Learning, ICDL9   101    2010年   [査読有り]
Hashimoto Takashi, Nakatsuka Masaya, Konno Takeshi
EVOLUTION OF LANGUAGE, PROCEEDINGS   184-191   2010年   [査読有り]
Hashimoto Takashi, Warashina Katsuhide, Yamauchi Hajime
INTELLIGENT DATA ANALYSIS   14(4) 497-514   2010年   [査読有り]
Yamauchi H, Hashimoto T
Artificial life   16(4) 271-287   2010年   [査読有り]
Joint attention realized in a robot with intentional agency
Shoji Nagataki, Masayoshi Shibata, Takeshi Konno, Takashi Hashimoto and H. Hattori
Proceedings of the European Conference on Complex Systems, (ECCS2010), CD-ROM Track D:Complexity and Computer Science   59    2010年   [査読有り]
意図的な共同注視行動を獲得する人工システムの構築とその検証方法
金野武司, 橋本敬
インタラクション2010ディジタル予稿集      2010年   [査読有り]
Analysis of institutional evolution in circuit breakers using the concepts of replicator and interactor
Shigeto Kobayashi, Takashi Hashimoto
Evolutionary and Institutional Economics Review   7(1) 101-112   2010年   [査読有り]
社会活動による貨幣意識の差異−地域通貨関係者と金融関係者の比較から−
小林重人*,西部忠*,栗田健一,橋本敬
企業研究   17 73-91   2010年   [査読有り]
Proceedings of the 9th International Conference (EVOLANG9)   352-359   2010年   [査読有り]
Makoto Nakamura,Takashi Hashimoto,Satoshi Tojo
SASO: 2009 3RD IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON SELF-ADAPTIVE AND SELF-ORGANIZING SYSTEMS   293-+   2009年   [査読有り]
Analysis of institutional evolution in circuit breakers using the concepts of replicator and interactor
Shigeto Kobayashi and Takashi Hashimoto
Proceedings of the Ninth Asia-Pacific Conference on Complex Systems (Complex '09)   300-307   2009年   [査読有り]
Access log analysis of magnet effect in circuit breaker
Shigeto Kobayashi and Takashi Hashimoto
Proceedings of the Ninth Asia-Pacific Conference on Complex Systems (Complex '09)   80-86   2009年   [査読有り]
Modeling generation of novel expressions and meanings in symbolic communication
Takuma Torii and Takashi Hashimoto
Proceedings of the 9th Asia-Pacific Conference on Complex Systems (Complex09)   108-115   2009年   [査読有り]
Coalition and dilemma in a three-person game
Takashi Hashimoto, Yasuhiro Uehara
Evolutionary and Institutional Economics Review   6(2) 185-200   2009年   [査読有り]
Nakamura Makoto, Hashimoto Takashi, Tojo Satoshi
LANGUAGE AND AUTOMATA THEORY AND APPLICATIONS   5457 614-+   2009年   [査読有り]
Ryusuke Fujisawa , Takashi Hashimoto
Artificial Life and Robotics   13(2) 575-584   2008年   [査読有り]
Nakamura Makoto, Hashimoto Takashi, Tojo Satoshi
SASO 2008: SECOND IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON SELF-ADAPTIVE AND SELF-ORGANIZING SYSTEMS, PROCEEDINGS   459-+   2008年   [査読有り]
Fujisawa Ryusuke, Imamura Hikaru, Hashimoto Takashi, Matsuno Fumitoshi
2008 IEEE/RSJ INTERNATIONAL CONFERENCE ON ROBOTS AND INTELLIGENT SYSTEMS, VOLS 1-3, CONFERENCE PROCEEDINGS   1391-+   2008年   [査読有り]
Hashimoto Takashi, Warashina Katsuhide
PRICAI 2008: TRENDS IN ARTIFICIAL INTELLIGENCE   5351 152-163   2008年   [査読有り]
Evolutionary constructive approach for dynamic systems
Takashi Hashimoto, Takashi Sato, Masaya Nakatsuka and Masanori Fujimoto
Recent Advances in Modelling and Simulation   111-136   2008年   [査読有り]
Unidirectional meaning change with metaphoric and metonymic inferencing
Takashi Hashimoto and Masaya Nakatsuka
The Evolution of Language, Proceedings of the 7th International Conference (EVOLANG7)   433-434   2008年   [査読有り]

書籍等出版物

 
予測が作る社会
山口富子,橋本敬
2018年   
言語と身体性
今井 むつみ, 佐治 伸郎, 山崎 由美子(生物心理学), 浅野 倫子, 渡邊 淳司, 大槻 美佳, 松井 智子, 喜多 壮太郎, 安西 祐一郎, 岡田 浩之, 橋本 敬, 増田 貴彦
岩波書店   2014年   ISBN:9.784E+12
川越 敏司, 瀧澤 弘和, 下川 哲矢, 大平 英樹, 吉田 敬, 大坪 庸介, 八木 紀一郎, 橋本 敬 (担当:共著, 範囲:「自然化すれども還元せず−複雑系科学の立場から」(第8章))
河出書房新社   2013年6月   ISBN:4309246214
今井 むつみ, 佐治 伸郎, 山崎 由美子(生物心理学), 浅野 倫子, 渡邊 淳司, 大槻 美佳, 松井 智子, 喜多 壮太郎, 安西 祐一郎, 岡田 浩之, 橋本 敬, 増田 貴彦
岩波書店   2014年   ISBN:9784000113717
江頭進・澤邊紀生・橋本敬・西部忠・吉田雅明 (担当:共編者)
日本経済評論社   2010年9月   ISBN:4818821187

Misc

 
田中孝治, 田中孝治, CHEN Wei, DAM Hieu‐Chi, 小林重人, 橋本敬, 橋本敬, 池田満, 池田満
電子情報通信学会論文誌 D(Web)   J101-D(6) 830‐842 (WEB ONLY)   2018年6月
橋本 敬
研究技術計画 = The journal of science policy and research management   33(3) 243-255   2018年
Genta Toya and Takashi Hashimoto
Frontiers in Psychology   9(1512) 1-17   2018年
ソーシャル物理学「良いアイデアはいかに広がるか」の新しい科学(書籍紹介)
橋本敬
サービソロジー   5(2) 36   2018年
構造と意味を繋ぐ言語システムによる記号の接地・脱接地
橋本敬
日本認知科学会第35回大会発表論文集   318-321   2018年
藤原正幸, 橋本敬, 李冠宏, 奥田次郎, 金野武司, 鮫島和行, 森田純哉
日本神経回路学会全国大会講演論文集   27th 53‐54   2017年9月
大西 翔太, 小林 重人, 橋本 敬
地域活性学会研究大会論文集   9 26-29   2017年9月
前田 聡, 橋本 敬
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   116(524) 17-22   2017年3月
前田聡, 橋本敬
電子情報通信学会技術研究報告   116(524(HCS2016 90-118)) 17‐22   2017年3月
森田純哉, 金野武司, 奥田次郎, 鮫島和行, LI Guanhong, 藤原正幸, 橋本敬
日本認知科学会大会発表論文集(CD-ROM)   34th 770‐772   2017年
外谷弦太, 浅野莉絵, 橋本敬
日本認知科学会大会発表論文集(CD-ROM)   34th 622‐624   2017年
シビックテックイベントにおける参加者の協働促進に向けたゲームの実践と評価
大西翔太,小林重人,橋本敬
人工知能学会第3回市民共創知研究会(SIG-CCI)みらいらぼなごや予稿集   34-41   2017年
須藤洸基, 橋本敬, 東条敏
計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会講演論文集(CD-ROM)   2016 ROMBUNNO.GS13‐1   2016年12月
藤原正幸, 橋本敬, 李冠宏, 奥田次郎, 金野武司, 鮫島和行, 森田純哉
計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会講演論文集(CD-ROM)   2016 ROMBUNNO.GS13‐13   2016年12月
鮫島和行, 金野武司, LI Adam, 奥田次郎, 森田純哉, 橋本敬
情報処理学会研究報告(Web)   2016(MPS-111) Vol.2016‐MPS‐111,No.5,1‐6 (WEB ONLY)   2016年12月
外谷弦太, 橋本敬
日本進化学会大会プログラム・講演要旨集(Web)   18th ROMBUNNO.O‐2D‐1 (WEB ONLY)   2016年8月
橋本敬
日本進化学会大会プログラム・講演要旨集(Web)   18th ROMBUNNO.W1‐3 (WEB ONLY)   2016年8月
Koji Tanaka, Hieu Chi Dam, Shigeto Kobayashi, Takashi Hashimoto, Mitsuru Ikeda
Procedia Computer Science   99 146-156   2016年1月
© 2016 The Author(s). The development of metacognitive skills is important to train people to work in the knowledge society, which requires the creation of value. However, within the limited period of university education, it is not reasonable to ...
田村 香織, 橋本 敬
計測と制御   53(9) 808-814   2016年
金野武司, 橋本敬, 奥田次郎, 鮫島和行, LI Guanhong
日本認知科学会大会発表論文集(CD-ROM)   33rd ROMBUNNO.OS01‐5   2016年
金野 武司, 森田 純哉, 橋本 敬
計測と制御   53(9) 801-807   2016年
石上将也, 橋本敬
計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会講演論文集(CD-ROM)   2015 ROMBUNNO.GS13-10   2015年11月
橋本敬
日本認知科学会大会発表論文集(CD-ROM)   32nd ROMBUNNO.OS02-3   2015年
金野武司, 橋本敬, LI Guanhong, 奥田次郎
日本認知科学会大会発表論文集(CD-ROM)   32nd ROMBUNNO.P2‐26   2015年
描画コミュニケーションにおける比喩の使用 -聴者・ろう者を対象に-
田村香織,岡田智裕,坊農真弓,橋本敬
言語科学会第17回年次国際大会予稿集   187-188   2015年
金野武司, 橋本敬, 森田純哉
計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会講演論文集(CD-ROM)   2014 ROMBUNNO.SS3-9   2014年11月
外谷弦太, 橋本敬
計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会講演論文集(CD-ROM)   2014 ROMBUNNO.SS3-6   2014年11月
山田広明, 橋本敬
人工知能学会全国大会論文集(CD-ROM)   28th(6) ROMBUNNO.2G5-2-4   2014年9月
楊碩, 橋本敬, 李冠宏, 李暁燕
言語処理学会年次大会発表論文集(Web)   20th P2-12 (WEB ONLY)   2014年
馬思維, 橋本敬, 金野武司
言語処理学会年次大会発表論文集(Web)   20th P5-17 (WEB ONLY)   2014年
山田 広明, 橋本 敬
JSAI大会論文集   2014(0) 2G52-2G52   2014年
<p>コミュニティ活動の形成はいかにして起こるのか.我々は,規範意識により誘発された一時的な参加行動が成功体験を通して繋ぎ止められ,新たな参加者の増加がさらに周囲の同調的な行動を誘発していくという一連の連鎖がカギであると考えている.以上の仮説を検討するために行った計算機実験の結果は,仮説を支持するものであった.活動の形成と拡大を促進する方略を検討した実験結果を加え,効果的な制度設計について議論をする.</p>
Institutional design for community activity driven by vicarious experience
Hiroaki Yamada, Takashi Hashimoto
International School on Knowledge Co-Creation 2014   30   2014年
上海銀行間取引金利の安定性に関するシミュレーション―エージェント・ベース・シミュレーションを用いた中央銀行の金融政策支援に向けて―
楊洋,橋本敬
進化経済学会第18回大会発表論文集   427-446   2014年
言語コミュニケーションにおける超越性の成立に関する実験的アプローチ
田村香織,橋本敬
計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2014講演論文集      2014年
小林 重人, 吉田 昌幸, 橋本 敬
シミュレーション&ゲーミング = Studies in simulation and gaming   23(2) 1-11   2013年12月
地域経済とコミュニティ活性化のための手段として地域通貨が再注目されているが,地域通貨が特定の箇所に滞留して広く流通せず,当初の目的を達せないまま終わる事例が多い.我々は,地域通貨が有する言語的機能から,地域を重視する価値観や地域通貨の使用習慣といった地域住民の内部ルールに着目してきた.本論文では,内部ルールの影響も含めた地域通貨の流通メカニズムを,ゲーミングとマルチエージェントシミュレーションの2つの手法を組み合わせることで明らかにする.ゲーミングの結果から,地域通貨導入によってゲーム参加...
森田純哉, 金野武司, 橋本敬
人工知能学会全国大会論文集(CD-ROM)   27th(10) ROMBUNNO.3H3-OS-05B-3-4   2013年11月
山田広明, 橋本敬
計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会講演論文集(CD-ROM)   2013 ROMBUNNO.SS12-6   2013年11月
辻野正訓, 白岩正三, 橋本敬
運輸政策研究   16(2) 014-021   2013年7月
辻野正訓, 白岩正三, 橋本敬
運輸政策研究   16(2) 14-21   2013年7月
金野武司, 森田純哉, 橋本敬
日本認知科学会大会発表論文集(CD-ROM)   30th(3) ROMBUNNO.O1-4-24   2013年4月
山田広明, 橋本敬
情報処理学会研究報告(CD-ROM)   2012(6) ROMBUNNO.MPS-92,NO.28   2013年4月
山田 広明, 橋本 敬
研究報告数理モデル化と問題解決(MPS)   2013(28) 1-2   2013年2月
生活の質を総合的に向上させるためには,人々の自律的な健康行動を実現する必要がある.一方で,人々の健康行動を長期的に適正化するためには,社会的要因や社会的相互作用からの影響を考慮する必要がある.本論では,自律的な意志に基づく共助行動が定着する条件を検討するために,集団的健康行動の視点に基づいたエージェントベースドモデルを提案する.提案するモデルの特性は,義務的動機から参加する人々に支えられる共助行動は定着しやすいが,自律的動機から参加する人々に支えられる共助行動は定着しにくいという現実の現象...
李 冠宏, 橋本 敬
JSAI大会論文集   2013(0) 3J3OS20b3-3J3OS20b3   2013年
<p>To study the emergence of symbolic communication system, Konno et al. has proposed and carried out an experimental approach involving coordination game. We simulate the experiment with agent based modelling and reinforcement learning, and found...
金野武司, 森田純哉, 橋本敬
人工知能学会全国大会論文集(CD-ROM)   27th ROMBUNNO.3J3-OS-20B-4-4   2013年
田村 香織, 橋本 敬
JSAI大会論文集   2013(0) 3J4OS20c1-3J4OS20c1   2013年
<p>その場にない対象について表現し伝え理解できるという超越的コミュニケーションについて、描画コミュニケーション実験で調べた。この実験では、送り手が目の前にない対象を描画し、受け手は描画から対象が何かを返答する。これを繰り返すことで、両者は「自分に関する仮説を持った相手」に関する仮説という入れ子を深めていく。この過程の分析から、コミュニケーションにおける自己他者モデルの形成と超越性との関係を議論する。</p>
田村香織, 橋本敬
人工知能学会全国大会論文集(CD-ROM)   27th ROMBUNNO.3J4-OS-20C-1-4   2013年
金野 武司, 森田 純哉, 橋本 敬
JSAI大会論文集   2013(0) 3J3OS20b4-3J3OS20b4   2013年
<p>調整課題を解くことを通して人工言語が作られる実験課題によりコミュニケーションシステムの成立過程を調べた.記号使用と行動の移動情報量は課題に成功する二者間で減少して行く.一方,一人の記号と行動の間など自己内では有意な変化は生じないが,一貫して不成功ペアより低い.これらの結果より,コミュニケーションシステムの成立において,自己内で意味を確立することと,自他間で調整・融合することとの関係を議論する.</p>
山田広明, 橋本敬
人工知能学会全国大会論文集(CD-ROM)   27th ROMBUNNO.1I5-OS-11C-2-4   2013年
山田 広明, 橋本 敬
JSAI大会論文集   2013(0) 1I5OS11c2-1I5OS11c2   2013年
<p>生活の質を総合的に向上させるためには,人々の自律的な意志で健康が守られる社会を作る必要がある.しかし人々に適切な動機付けを作りそれを社会的な定着させることは容易ではない.我々は,各主体の動機状態とその社会的相互作用に注目し,共助行動の集団内での定着を検討するためのエージェントモデルを構築した.発表では,モデル上での介入シナリオの検討を通して,自律的健康行動を促進するための制度設計について議論する.</p>
森田純哉, 金野武司, 橋本敬
人工知能学会全国大会論文集(CD-ROM)   27th ROMBUNNO.3H3-OS-05B-3-4   2013年
森田 純哉, 金野 武司, 橋本 敬
JSAI大会論文集   2013(0) 3H3OS05b3-3H3OS05b3   2013年
<p>2者間でコミュニケーションのシステムが成立する過程を検討した。Galantucci (2005) による協調ゲームを課題とし、認知アーキテクチャ(ACT-R: Anderson, 2007)を用いることで、 行動実験の結果を再現し、脳活動を予測するモデルを構築した。結果、コミュニケーションシステムの形成にともなう前頭前野の活動低下、課題条件の途中変更による前頭前野の再活性化が予測された。</p>
金野武司, 森田純哉, 橋本敬
日本認知科学会大会発表論文集(CD-ROM)   30th ROMBUNNO.O1-4-24   2013年
山田広明, 橋本敬
人工知能学会全国大会論文集(CD-ROM)   27th(10) ROMBUNNO.1I5-OS-11C-2-4   2013年
田村香織, 橋本敬
人工知能学会全国大会論文集(CD-ROM)   27th(10) ROMBUNNO.3J4-OS-20C-1-4   2013年
金野武司, 森田純哉, 橋本敬
人工知能学会全国大会論文集(CD-ROM)   27th(2) ROMBUNNO.3J3-OS-20B-4-4   2013年
自律的健康行動の設計に向けて: ヘルスケイパビリティ・アプローチへの課題と戦略
山田広明,橋本敬
知識共創, vol.3   3 v2-1   2013年
地域通貨ゲームはどのような教育効果を持つか
小林重人, 吉田昌幸, 橋本敬
進化経済学論集   17    2013年
自律的なコミュニティ活動を促す社会的要因―エージェントシミュレーションとデータ分析による検討―
山田広明, 橋本敬, 立瀬剛志,須永恭子
第54回日本社会医学会総会講演集   150-151   2013年
西部 忠, 橋本 敬, 小林 重人, 栗田 健一, 宮﨑 義久, 廣田 裕之
Discussion Paper, Series B   104 1-79   2012年5月
私たちは2011年2月21日より25日まで,ブラジル・セアラ州フォルタレザ郊外パルメイラ地区にあるパルマス銀行を訪問して,その設立者,従業員,近隣小売業者などの関係者にインタビューを行い,同銀行の沿革や特徴,および,その近隣の経済社会への影響を調査した。本調査報告書の目的は,このインタビューの内容を参照可能な一次資料として記録し,公刊することにある。
高橋佑輔, 小林重人, 橋本敬
情報処理学会研究報告(CD-ROM)   2011(6) ROMBUNNO.MPS-87,NO.26   2012年4月
橋本 敬, 西部 忠
經濟學研究 = Economic Studies   61(4) 131-151   2012年3月
従来のゲーム理論的制度研究では,制度変化はゲーム形式の外生的変化(North, 1990;Hurwicz, 1996) か,外生的ショックによるゲームの均衡の変化(Lewis, 1969; Aoki, 1996;Young, 1998) とみなされてきた.これらの制度観はいずれも静的で, 実際の社会で見られる内生的制度変化を取り扱うことはできない.後者のアプローチは,制度的補完性により複数の制度システムが安定的に維持されることを記述しているが,その変化はこの補完性を覆すほど大きな外生的ショ...
橋本 敬, 西部 忠
經濟學研究   61(4) 131-151   2012年3月
本論文は, 制度の多様性と内生的変化を示す制度生態系を記述する数理モデルとして「ルール生態系ダイナミクス」(Rule Ecology Dynamics: RED)を提示し, それが経済社会進化の態様記述や政策展開に対して持つ経済学的含意を論じる。まず, 戦略ルール(ミクロ主体の内部ルール)とゲームルール(外なる制度)を経済社会の複製子(If-then ルール)と再定義し, 制度を, ミクロ主体の認識・思考・行動とマクロ的な社会的帰結をメゾレベルで媒介する, ミクロ主体によって共有されたルー...
高橋 佑輔, 小林 重人, 橋本 敬
研究報告数理モデル化と問題解決(MPS)   2012(26) 1-6   2012年2月
中山間地域における地域通貨の流通メカニズムをエージェントベースシミュレーションにより調べた.本稿では,中山間地域の特性を考えて,地域通貨の使用習慣と地域重視の価値観という要因に着目したモデル化を行っている.様々な条件におけるエージェントの購入行動を分析することにより,プレミアム,地域通貨による給与支払と有償ボランティアがあれば,ボランティア,価値観,使用習慣,地域通貨残高の間にフィードバックループが形成され,域内での購入割合が上昇するという流通メカニズムが働くことが明らかになった.The ...
岡ノ谷一夫, 橋本敬, 上田雅信, 水本正晴, 大谷卓史, 藤田耕司, 池内正幸
日本認知科学会大会発表論文集(CD-ROM)   29th ROMBUNNO.WS4   2012年
高橋 佑輔, 小林 重人, 橋本 敬
進化経済学論集   16 735-754   2012年
中山間地域における地域通貨の流通メカニズムをマルチ・エージェント・シミュレーションを用いて分析する.事例として長岡市川口地区を取り上げる.
小林 重人, 橋本 敬, 西部 忠
進化経済学論集   16 529-544   2012年
ブラジル・フォルタレザにおけるパルマス銀行を事例にして,コミュニティバンクと住民組織による地域活性化のメカニズムを制度生態系として分析する
Constructive modeling of gramaticalization for the origin and evolution of language
Takashi Hashimoto, Masaya Nakatsuka and Takeshi Konno
Future Trends in the Biology of Language   53-81   2012年
進化言語学における構成論と実験の論理
橋本敬
日本認知科学会第29回大会論文集   43   2012年
サービス・オートポイエーシス・システム:生成的コミュニケーションに基づいたサービスの複雑システム論へ向けて
橋本敬
JAISTサービス・イノベーションレポート   3 23-26   2012年
橋本 敬
日本語学   30(13) 54-64   2011年11月
小林 重人, 栗田 健一, 西部 忠, 橋本 敬
Discussion Paper, Series B   96 1-17   2011年7月
金野武司, 森田純哉, 橋本敬
電子情報通信学会技術研究報告   110(400(NLC2010 30-44)) 49-54   2011年1月
相互作用を通じてコミュニケーションが成立する過程とそこで働くメカニズムを調べるため,抽象的な少数の図形記号を組み合わせたメッセージの送受信を通じて調整課題を解くという実験を行った.この実験では,記号のルールに何の取り決めもない状態から,結果的にコミュニケーションシステムが形成され調整課題が解けるようになることが観察された.この形成過程を分析した結果,コミュニケーションシステムは記号のルールには表れないプラグマティクスと記号のルールとの相互循環的なプロセスを経て形成されていることが示唆された.
金野武司, 森田純哉, 橋本敬
電子情報通信学会技術研究報告   110(400(NLC2010 30-44)) 49-54   2011年1月
相互作用を通じてコミュニケーションが成立する過程とそこで働くメカニズムを調べるため,抽象的な少数の図形記号を組み合わせたメッセージの送受信を通じて調整課題を解くという実験を行った.この実験では,記号のルールに何の取り決めもない状態から,結果的にコミュニケーションシステムが形成され調整課題が解けるようになることが観察された.この形成過程を分析した結果,コミュニケーションシステムは記号のルールには表れないプラグマティクスと記号のルールとの相互循環的なプロセスを経て形成されていることが示唆された.
森田純哉, 金野武司, 橋本敬
日本認知科学会大会発表論文集(CD-ROM)   28th ROMBUNNO.O2-3   2011年
進化言語学におけるシミュレーションの特徴と役割 ―合成性と文法化のシミュレーションから言語の起源・進化へ―
橋本敬
KLS31: Proceedings of the Thirty-Fifth Annual Meeting of The Kansai Linguistic Society   263-273   2011年
基軸通貨の生成・崩壊および安定化メカニズム
辻野正訓,橋本敬
進化経済学会論集第15集   15 294-337   2011年
地域通貨流通実験にみるミクロ・メゾ・マクロ・ループの流れ
小林重人,栗田健一,西部忠,橋本敬
進化経済学会論集第15集   15 624-639   2011年
制度生態系の理論モデルとその経済学的インプリケーション
橋本敬,西部忠
進化経済学会論集   15 605-623   2011年
動的関係性を考慮した国際通貨モデルの分析
辻野正訓,橋本敬
第14回知識科学シンポジウム論文集   120   2011年
概念合成への力学系アプローチ
鳥居拓馬,橋本敬
第14回知識科学シンポジウム論文集   119   2011年
Tetsunari Inamura, Tomohiro Shibata, Hideaki Sena, Takashi Hashimoto, Nobuyuki Kawai, Takahiro Miyashita, Yoshiki Sakurai, Masahiro Shimizu, Mihoko Otake, Koh Hosoda, Satoshi Umeda, Kentaro Inui, Yuichiro Yoshikawa
2010 IEEE/SICE International Symposium on System Integration: SI International 2010 - The 3rd Symposium on System Integration, SII 2010, Proceedings   212-217   2010年12月
Understanding mechanisms of intelligence of human beings and animals is one of the most important approaches to develop intelligent robot systems. Since the mechanisms of such real-life intelligent systems are so complex, physical interactions bet...
R. Matoba, S. Sakamoto, T. Hashimoto
Proceedings of the 15th International Symposium on Artificial Life and Robotics, AROB 15th'10   302-305   2010年12月
In the actual world, we often happen to meet a state which contains several meanings. In this paper, we call this phenomenon multiple cognition of meanings. Under an environment of multiple cognition, language needs to distinguish "A do B" from "B...
辻野正訓, 橋本敬
情報処理学会研究報告(CD-ROM)   2010(3) ROMBUNNO.MPS-80,NO.11   2010年10月
辻野 正訓, 橋本 敬
研究報告数理モデル化と問題解決(MPS)   2010(11) 1-6   2010年9月
貨幣の生成崩壊を示した安冨のモデルに流動性選好と地政学的関係を導入した国際金融市場モデルにより,基軸通貨の生成・崩壊と安定化のメカニズムを調べる.このモデルでは基軸通貨の生成・崩壊がべき乗則に従うことを示す.そして,地政学的非対称性により通貨の市場性に階層構造が生じ,高い市場性を持つ通貨が流動性選好によりさらに欲求されやすくなる,という国際通貨や基軸通貨の安定化メカニズムを示す.The mechanisms of emergence, collapse and stabilization ...
鳥居拓馬, 橋本敬
電子情報通信学会技術研究報告   110(122(NLP2010 29-47)) 39-42   2010年7月
記号コミュニケーションは新しい表現・意味の生成と共有の連鎖プロセスとみなせる.本研究では,主体を離散的な記号システムと連続的な意味づけシステムの結合システムとしてモデル化した.それぞれ,書き換えルールシステムとニューラルネットで実装した.そして,コミュニケーションを表現のやりとり(記号列の変換)と意味づけ(ニューラルネットの内部ダイナミクス)の連鎖過程としシミュレーションした.その結果,記号システムでは汎化したルールを拡大適用することで新しい表現(記号列)が生成され,また,意味づけシステム...
橋本敬, 稲邑哲也, 柴田智広, 瀬名秀明
日本ロボット学会誌   28(4) 407-412   2010年5月
社会的生物であるヒトが持つ社会的知能とはどのようなものか,それはいかにしてできたかという問いは,人間や生命の謎に挑む新しい総合科学である「ロボティック・サイエンス」の中でも最重要な問いの一つである.すでに,この問いを追求する科学として社会的知能発生学(sociointelligenesis)の研究が進められている.社会的知能発生学の目標は,社会的知能を理解したい,社会的知能をそれ自体だけではなくその発生から理解し,究極的には社会的知能発生学の理論を作るということである.また,社会的知能を持...
橋本敬, 稲邑哲也, 柴田智広, 瀬名秀明
日本ロボット学会誌   28(4) 407-412   2010年5月
社会的生物であるヒトが持つ社会的知能とはどのようなものか,それはいかにしてできたかという問いは,人間や生命の謎に挑む新しい総合科学である「ロボティック・サイエンス」の中でも最重要な問いの一つである.すでに,この問いを追求する科学として社会的知能発生学(sociointelligenesis)の研究が進められている.社会的知能発生学の目標は,社会的知能を理解したい,社会的知能をそれ自体だけではなくその発生から理解し,究極的には社会的知能発生学の理論を作るということである.また,社会的知能を持...
鳥居拓馬, 橋本敬
人工知能学会全国大会論文集(CD-ROM)   24th ROMBUNNO.1I2-OS1B-10-3   2010年
金野武司, 橋本敬
人工知能学会全国大会論文集(CD-ROM)   24th ROMBUNNO.1I2-OS1B-7   2010年
鳥居 拓馬, 橋本 敬
JSAI大会論文集   2010(0) 1I2OS1b10-1I2OS1b10   2010年
<p>記号コミュニケーションは意味共有と新しい表現・意味の生成が生じる動的過程と捉えることができる.この動的過程を理解するため,離散的な記号操作系と連続的な意味づけ系の相互作用システムとして主体をモデル化し,新しい表現や意味の生成メカニズムをシミュレーション分析した.その結果,多様な意 味づけに起因して,新しい表現や意味が連鎖的に生成されうることを示す.</p>
金野 武司, 橋本 敬
JSAI大会論文集   2010(0) 1I2OS1b7-1I2OS1b7   2010年
<p>ヒト言語は,共通語彙を使った他者との意思疎通を適応価にして文化進化的に形成されてきたと考えられる.それと同時に,言語の文法的規則の獲得には言語表現の変化が伴ってきたはずである.本研究では世代間の言語伝達過程で文法的な言語が形成される計算モデルを用いて,言語変化と共通語彙形成の両立には,表現の保存よりも規則の一般化を優先する能力と同音異義語の生成を抑止する能力が重要な役割を果たすことを示唆する.</p>
橋本 敬, 稲邑 哲也, 柴田 智広, 瀬名 秀明
ロボット学会誌   28(4) 407-412   2010年

講演・口頭発表等

 
創発と暗黙的認識 [招待有り]
橋本敬
メタファー研究会夏の陣&京都言語学コロキアム「比喩と創造性」   2018年7月28日   
Emergent constructive approach to Evolinguistics: On intention sharing and hierarchy formation [招待有り]
Takashi Hashimoto
EVOSLACE: Workshop on the Emergence and Evolution of Social Learning, Communication, Language and Culture in Natural and Artificial Agents (Workshop in ALIFE2018)   2018年7月25日   
Takashi Hashimoto
Workshop "the (co-)evolution of genes, languages, and music from data analyses to theoretical models"   2018年7月17日   
人工知能が開くこれからの社会と税理士の役割 [招待有り]
橋本敬
TKC北陸会生涯研修   2018年7月5日   
Recognition of agency and morality in robots: Effect of reasoning and bodily coordination [招待有り]
Takashi Hashimoto
International Symposium for “Potentials and Perspectives of Communication among Humans and Agents Including Robots and Animals”   2018年5月22日   

担当経験のある科目