花川 隆

J-GLOBALへ         更新日: 13/08/07 08:50
 

プロフィール

磁気共鳴画像、脳波、経頭蓋磁気刺激などの非侵襲脳計測法や脳刺激法を組み合わせ、脳内ネットワークの時間的変化を計測する多次元イメージング手法を開発しています。脳内ネットワーク可塑性の理解に基づき、brain-machine interfaceなどの神経疾患の新しい治療法・診断法の開発を行い、精神・神経疾患の医療水準の向上に貢献したいと考えています。

研究分野

 
 

経歴

 
2013年6月
 - 
現在
(独)国立精神・神経医療研究センター脳病態統合イメージングセンター 先進脳画像研究部 部長
 
2011年7月
 - 
2013年5月
(独) 国立精神・神経医療研究センター脳病態統合イメージングセンター 分子イメージング研究部 部長
 
2010年4月
 - 
2011年6月
(独)国立精神・神経医療研究センター神経研究所 室長
 
2008年10月
 - 
現在
科学技術振興機構さきがけ研究 研究者
 
2005年11月
 - 
2010年3月
国立精神・神経センター神経研究所 室長
 

論文

 
Hakamata Y, Izawa S, Sato E, Komi S, Murayama N, Moriguchi Y, Hanakawa T, Inoue Y, Tagaya H
Journal of affective disorders      2013年7月   [査読有り]
Kasahara K, Tanaka S, Hanakawa T, Senoo A, Honda M
Neuroscience letters   545 86-90   2013年6月   [査読有り]
Mitsueda-Ono T, Ikeda A, Sawamoto N, Aso T, Hanakawa T, Kinoshita M, Matsumoto R, Mikuni N, Amano S, Fukuyama H, Takahashi R
Internal medicine (Tokyo, Japan)   52(8) 877-885   2013年   [査読有り]
Tanaka T, Takano Y, Tanaka S, Hironaka N, Kobayashi K, Hanakawa T, Watanabe K, Honda M
Frontiers in systems neuroscience   7 6   2013年   [査読有り]
Tanaka S, Ikeda H, Kasahara K, Kato R, Tsubomi H, Sugawara SK, Mori M, Hanakawa T, Sadato N, Honda M, Watanabe K
PloS one   8 e66998   2013年   [査読有り]
Omata K, Hanakawa T, Morimoto M, Honda M
PloS one   8 e66869   2013年   [査読有り]
Takahashi M, Takeda K, Otaka Y, Osu R, Hanakawa T, Gouko M, Ito K
Journal of neuroengineering and rehabilitation   9 56   2012年8月   [査読有り]
Hanakawa T
Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association   17 331-335   2012年5月   [査読有り]
Tsubomi H, Ikeda T, Hanakawa T, Hirose N, Fukuyama H, Osaka N
Journal of cognitive neuroscience   24 496-506   2012年2月   [査読有り]
Aihara T, Takeda Y, Takeda K, Yasuda W, Sato T, Otaka Y, Hanakawa T, Honda M, Liu M, Kawato M, Sato MA, Osu R
NeuroImage   59 4006-4021   2012年2月   [査読有り]
Yoshimura N, Dasalla CS, Hanakawa T, Sato MA, Koike Y
NeuroImage   59 1324-1337   2012年1月   [査読有り]
Tanaka S, Seki K, Hanakawa T, Harada M, Sugawara SK, Sadato N, Watanabe K, Honda M
Frontiers in psychology   3 315   2012年   [査読有り]
Single session of transcranial direct-current stimulation transiently increases knee extensor force in patients with hemiparetic stroke
Tanaka S, Takeda K, Otaka Y, Kita K, Osu R, Honda M, Sadato N, Hanakawa T*, Watanabe K* (* equal contribution)
Neurorehabil Neural Repair   25(6) 565-569   2011年7月   [査読有り]
Hanakawa T
Neurosci Res   70(2) 144-154   2011年6月   [査読有り][招待有り]
Time course and spatial distribution of fMRI signal changes during single-pulse transcranial magnetic stimulation to the primary motor cortex.
Shitara H, Shinozaki T, Takagishi K, Honda M, Hanakawa T
NeuroImage   56(3) 1469-1479   2011年6月   [査読有り]
Importance of precentral gyrus in human kinesthesia: A single case study.
Naito E, Matsumoto R, Hagura N, Oouchida Y, Tomimoto H, Hanakawa T
Neurocase   17(2) 133-147   2011年   [査読有り]
Aso K, Hanakawa T, Aso T, Fukuyama H
Journal of cognitive neuroscience   22(12) 2913-2925   2010年1月   [査読有り]
Oshio R, Tanaka S, Sadato N, Sokabe M, Hanakawa T, Honda M
NeuroImage   49 1108-1115   2010年1月   [査読有り]
Iseki K, Hanakawa T, Hashikawa K, Tomimoto H, Nankaku M, Yamauchi H, Hallett M, Fukuyama H
NeuroImage   49 1659-1666   2010年1月   [査読有り]
Tanaka S, Honda M, Hanakawa T, Cohen LG
Cerebral cortex (New York, N.Y. : 1991)      2009年12月   [査読有り]

Misc

 
花川隆
Equilibrium Research   68(3) 176-182   2009年
Neurophysiological studies on quadruped animals have indicated the importance of the basal ganglia-brainstem system for the neural control of gait. However, recent advances in neuroimaging techniques have also begun to shed light on the role of th...
井内盛遠, 松本理器, 澤本伸克, 花川隆, 浦山慎一, 美馬達哉, 三國信啓, 穴見公隆, 粟屋智就, 加藤竹雄, 高橋良輔, 池田昭夫, 福山秀直
てんかん研究   25(3)    2007年9月
花川隆
計測と制御 = Journal of the Society of Instrument and Control Engineers   46(10) 790-795   2007年1月
山本哲也, 高橋成子, 花川隆, 浦山慎一, 福山秀直, 江島義道
電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理   106(143) 23-28   2006年6月
立体運動効果とは、前額平行面内において視軸について回転する2次元の視覚刺激によって、あたかも3次元の物体が運動しているかのように知覚される現象である。これを刺激に用いることによって、奥行き、運動、形態の3つの情報処理を分離することが可能である。本研究では、運動と形態が奥行き知覚に対してどのように寄与するかを明らかにするために、fMRI実験を行った。その結果、MT+、LO、V3Bを含む後頭側頭領域は、奥行きの抽出に重要な役割を果たしていることが示唆された。DIPSM、DIPSAを含む背側頭頂...