共同研究・競争的資金等の研究課題

2012年4月 - 2015年3月

三角格子マルチフェロイクスにおける電気磁気相関物性

日本学術振興会  科学研究費助成事業 特別研究員奨励費
  • 車地 崇

課題番号
12J05696
配分額
(総額)
3,000,000円
(直接経費)
3,000,000円

本年度前半は前年度から引き続き極性磁性体M2Mo3O8の電気磁気応答を研究した。M = Feの系にZnをドープし、磁性相を反強磁性から強磁性へ制御するとともに、巨大な線形ME効果のシグナルを広範囲に制御することに成功した。線形のME効果は古く知られている効果であるにもかかわらず、その微視的起源が十分解明しておらず、応用へ向けたシグナルの巨大化に関して難点が多かったが、本研究結果はこれを克服しうる成果である。
また同研究室の学振特別研究員井手上敏也氏との共同研究で当該物質のフェリ磁性相で従来の20倍の大きさのシグナルの熱ホール効果を観測した。極性をもった結晶構造と異方性の高いスピンとの強い結合がシグナルの増大につながったと考えている。熱ホール現象をスピントロニクスデバイスに応用する際、巨大シグナルであることは不可欠の要素であり、本研究結果の意義は大きい。
本年度後半ではテラヘルツ~遠赤外領域の非自明な磁気励起の探究に取り組んでおり、予備的段階であるがエレクトロマグノンの観測にも成功した。スピンが互いに平行な共線的磁気構造をもつマルチフェロイクスでのエレクトロマグノンの観測はデラフォサイト構造をとるCuFeO2でしか知られていなく、エレクトロマグノン励起を有する物質の種類を広げることに成功した。またエレクトロマグノンを含む電気磁気励起を利用して、新規光学応答の探究にも取り組む準備ができた。つまり非相反的光学応答の一つであるジョーンズ複屈折という固体中ではまだ観測されたことのない現象を観測するうえで重要な進展である。